みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2013年10月

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2013/10/31(木)
今日はカポエイラパフォーマンスを友だちといっしょにしました。
パフォーマンスは、1ばん目が「ビンゲイラ」と言ういつもよりゆっくりな
カポエイラをやって2ばん目はがっきのはっぴょうで、
3ばん目はふつうのみんながやっている「ヘジョナウ」ふつうに言うと
カポエイラヘジョナウ」と言うものをやりました
さいごの4ばん目はフロレイオと言う大わざや、
アクロバット、けりあいもしておまつり見たいにやりました。
今日はまたふつうのれんしゅうもやってカポエイラの1日見たいでした。

メイア・ルーア・ジ・フレンチ

お友達とパウマ(手拍子)もするぜ!

燃え尽きた後。

日記1

日記2
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 新宿 ブラジル パフォーマンス こども 子供 四谷

2013/10/23(水)
Bom diaaaaaa!!!

蝶(超)久しぶりの登場!覚えてますか、Borboletaことボルボです。

突然ですが、今年も秋田の季節がやってきました◎

というのも、毎年この時期にカポエイラヘジョナウジャパオン(以下CRJ)のバチザードが秋田と東京で開催されるのです!
実は、CRJの最高師範であるメストゥレバンバはうちのメストゥレトニーの先生であり竜太先生や他の先生達もメストゥレバンバの生徒だったということで、私たちはとても深い関係なのであります!

そして私は黄緑帯の年から秋田バチザードに参加させていただいており、なんと今年で三回目~♪

去年、一昨年は竜太先生始め仲良し女子メンバーもいてワイワイガヤガヤ楽しい秋田旅行を満喫しておりましたが、今年はいつものメンバーも先生達もイベントや都合で行けず、秋田初参加の黄帯の可児さん・緑帯の恭介くんと参加することに><
行きも帰りも別行動のバラバラな三人、、しかも上帯の人いない、、大丈夫か?!とか心配もありつつの参加でした。

が、今年の秋田遠征は今までとはまた違った、とても素敵な遠征になったのでしたー

なまはげ (375x500)


当日私は仙台から秋田へ向かったので秋田駅で恭介くんと合流&CRJ秋田支部のマミさんと待ち合わせ。
私を始め車いっぱいに他のメンバーを乗せて会場まで送ってくれるとのこと。ありがたや~
しかも、時間なくて秋田満喫できないだろうからせめてもと秋田こまち100%で握ったおにぎりを用意してくれていたのです(ToT)!!ありがたや~
しかも、マミさんが昇段するって私その場で知りました!!
というか、当日朝着いたバス組の人たちを温泉とか連れてって会場まで送りーの、直前到着の私たちの為にそんなおもてなしーので、自分のことも大変なのに本当にありがとうございました!!!!

しかもマミさんが昇段するってすごいことじゃないか!!
それに他の秋田お馴染みの人たちも昇段するんだろうなと一層楽しみに会場へGO~

まずは朝到着し温泉に浸かってとろけた可児さんと合流。
三人でメストゥレに挨拶しに行ったらさっそく大歓迎ハグ!
「グルーポテンポ~」って言ってテンポの人たちが来たのをめっちゃ嬉しがってくれて、それだけでも行った甲斐がありました◎
そして後藤さん始め皆さんお変わりなく元気そうでよかったです♪

で、いよいよバチザード開始!
可児さん120%- (500x333)

(゜∇゜ ;)エッ!?

可児さん120% (500x333)

..... エ━━(;;゜д゜)━━ッ!!???

まさかの可児さん登場。

通常、初めて帯をもらう人や次の帯に昇段する人とは各団体の先生クラスの人がジョーゴの相手をして祝福したりするんですが、メストゥレは今日は特別みんなで作り上げたいという思いだったそうです。
ということで可児さんはめちゃくちゃ沢山ジョーゴしてました(笑)

そんな可児さんを見ながら、先生達はいつも当たり前のように他団体のバチザードで色んな人の相手をしているけど、先生として、お祝いする人としてジョーゴの相手するというのはただ一生懸命ジョーゴするのとは違って大変なことなんだなぁとしみじみ思いました。

そんな中いよいよ青帯の昇段へ。
今回黄帯から青帯になる方が一人。山形から仙台までカポエィラ練習の為に通っているとのこと。
とても大変なことですよね、すごいです!!

そこでメストゥレバンバが青帯を掲げて話をしました。

この帯はこれまでとは違うんだと。青になるというのはResponsabilidade(責任)を持つことなのだと。
歌とか楽器とか歴史とか言語をより学ばなければいけないのはもちろん、色んな団体のバチザードとかにたくさん行きなさいと。
そして行った先では自分の団体の代表として責任を持って振る舞えるようにと。

秋田に来たのは三度目ですが、そういえばこういう帯の話を聞いたのは私は初めてだなと思いながら、でも、あれ?この話最近誰かから聞いたな...と思ったら、竜太先生でした。
秋田の3~4日前の誕生日ホーダの後に、竜太先生がみんなに向けて本当に同じ話をしていたんです。ビックリしました。
その偶然のつながりを見つけたのが嬉しくてバチザード後の打ち上げでメストゥレに興奮して話したら、そりゃそうだと言うんです。
なぜなら同じことをトニー達(他の生徒含む)にもずっと言ってきたんだからだって。
Grande familiaだからって何度も言っていて、偶然じゃなかったつながりに感動しました。

って話を、今度は竜太先生にも言ったら、「あったり前じゃんー」と返ってきました(笑)
その当たり前のつながりに私もつながってるんだなと再確認できた素敵な体験でした。

で、昇段の大トリは勿論マミさんです!

メストゥレと!
マミさん昇段 (500x333)

後藤先生と!
後藤さんとマミさん (500x333)

秋田・仙台のメンバーみんなもマミさんの昇段を本当に喜んでましたね~

そしてパチリ。恒例のあのポーズ☆

バンバポーズin秋田 (500x316)


皆さん本当におめでとうございます!!

って終わったらみんなで打ち上げ~~(>▼<)ノ

去年と同じ貸切のお店でどんちゃん!

打ち上げでは秋田のみなさんが、去年とか一昨年に来たメンバーや先生達に会いたかったーと口々に言ってくれて、愛されてるなぁととても嬉しくなりました(ToT)

そして私はというと、しょっぱなからカプーの月さんとメストゥレを囲んでめっちゃ色んな話してました。
今年多かった怪我のことや、ブラジル行きの話、さっきの竜太先生の話もそうだし、果ては恭介くんを交えて
ちょっとここでは言えない話などなど。。

秋田に来てなかったらこんなに沢山話せなかったと思う。
話せたというかコミュニケーションというか、一緒にいて共に時間を共有できたということが良かった。

「秋田、、ありがとう!!!」

● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

って、まだ続くんです~~! てへ。

だって秋田の次は東京でバチザードがあるじゃないですか!!

の前に、私たちテンポの練習にメストゥレバンバが来てくれて毎年恒例のワークショップ開催♪

テンポのメンバーもCRJメンバーも入り混じり、毎年そうですがとても沢山の人でしたね!

正太郎先生楽しそう (500x333)


↑そう、正太郎先生も竜太先生もメストゥレバンバの前では生徒なのでとても嬉しそう☆

ハステイラ (500x333)


↑練習内容は詳しくは書けませんが、帯関係なくハステイラ(転ばせ技)と攻撃の応酬でした(^_^;;

サプライズ昇段 (500x333)


↑そして最後にホーダ!というところでサプライズで昇段ホーダとなりました!
素敵ですね~

Firmesaとジョーゴ (500x333)


↑その後はホーダとなりまして、私は秋田から参加していた帯なしのFirmesaくん(このアペリードはワークショップ後に東京で開催されたCRJのバチザードで竜太先生が相手をして付けたあだ名です!)とジョーゴ♪

そして最後にはやっぱり、、

あれ、やらないのかな? (500x323)


あれっ(笑)
この写真ではやってませんが、このあとメストゥレ愛用Galaxyで例のポーズをパチリと撮りました☆

あ~楽しかった!

そして恒例のサイゼリヤで打ち上げ!!!

サイゼリヤに行く途中、私はやっぱりメストゥレと一緒に色々話をしたのでした。

というのも、練習中にメストゥレがハステイラについて話していたことについて聞きたいことがあったからです。。

メストゥレ曰く、昔はみんな当たり前のようにハスティラをして転んでそこからまた攻撃してまたハステイラして転んでというジョーゴ(組手)をしていたと。
今では他団体のホーダやイベントで相手にハステイラしたら喧嘩ジョーゴの合図だと思われるくらいだけど、別に昔はハステイラされてもまたそこから攻撃を繰り出してジョーゴするのが当たり前だったから恨みが残るようなものではなかったと。
またそういうジョーゴでは移動もあまりないしジンガもあまりしないと。

ワークショップはワークショップでとても楽しかったし言っていることも納得でしたが、私はジンガをいっぱいしたり移動するのも好きなのですがどうでしょう?と聞きたかったのです。

で、サイゼリヤはトニーの店だとかアルコール飲む前には必ずコップ一杯の水を飲むんだといつも言ってることとか話しながら、聞いてみました。

そしたら、どっちも経験だって。どっちかじゃなくてどっちもやりなさいって。解決ー!!!

とかなんとか言いながらサイゼリヤ着いたら、ズバリ秋田にいたメンバー+良先生だったのでCRJの人たちと「デジャヴュ!?」って言ってましたw

その後竜太先生到着。
メストゥレバンバ+良先生+竜太先生という濃いぃトリオでブラジルでの出来事や昔のカポエィラ話をしていて、私にとっては出てくる登場人物も話でちょっと聞いたかも?っていう感じだったけど、話自体がめっちゃ面白かった!

メストゥレめっちゃ疲れてるって言ってて本当に疲れてると思うのに、ずっとしゃべって余計疲れるよねと思いつつ、本当に楽しい時間でした☆

そう、サイゼリヤに行くときにメストゥレに言った話で、今回秋田でもワークショップでも(後日開催のバチザードでも!)メストゥレが最初に歌うクアドラは「Menio quem foi seu Mestre..」だったんです。
で、私はこのクアドラ好きなんです。
そしてメストゥレバンバの歌い方も好きだったし、歌いだしで、まさにメストゥレが「お前のメストゥレは誰だった?」って歌いかけるのってかっこよくないですか?!

って私は単純に興奮してたのですが、なんだか今年メストゥレバンバと思いがけなく沢山の時間とたくさんのおしゃべりを共有できたことを振り返ると、まさにこのクアドラで歌われている内容にリンクするなぁと思ったのでした。

メストゥレバンバは私の先生ではないけれど、でも私の先生の先生だし。
そして大事なことは練習場所にだけあるものでもないんだよなと。
一緒に過ごす時間の中に、ぽろっと大事なことを感じたりするんだよなと思った2013年の秋なのでした。


ってことは話してはいないけど、サイゼリヤでわいわいしていたら突然道の向こうから、、

セブン


マジか!!
新宿深夜にウルトラセブン登場(笑)!!

彼は悠々とサイゼリヤ前を通り過ぎていきました。

そしてその後はこのネタで延々と話が膨らみ、新宿の夜は更けてゆくのでした...ちゃんちゃん!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2013/10/12(土)
バンコクへ飛ぶ


サワディークラップ!


ドリアン・タルタルーガ


タイ王国 全図

マダガスカルを離れ、経由地のタイの首都バンコクにやってきました。
(マダガスカルへは日本から直行便はないので、バンコク経由が一般的です。)

前回のマダガスカル編は⇒コチラ。

タイと言えばドリアン!

タイは南国!タイといえばやっぱりドリアンですよね。

マンゴー安いです

美味しいマンゴーも安く食べれます。

みなさん普通にバンコクと言いますが、実はバンコクの正式名称は、

กรุงเทพมหานคร อมรรัตนโกสินทร์ มหินทรายุธยา มหาดิลกภพ นพรัตน์ราชธานีบุรีรมย์ อุดมราชนิเวศน์มหาสถาน อมรพิมานอวตารสถิต สักกะทัตติยวิษณุกรรมประสิทธิ์(クルンテープ・マハナコーンアモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタナラーチャタニーブリーロム・ウドンラーチャニウチェットマハーサターン・アモーンラピーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット)

「イン神(インドラ、帝釈天)がウィッサヌカム神(ヴィシュヌカルマ神)に命じてお作りになった、神が権化としてお住みになる、多くの大宮殿を持ち、九宝のように楽しい王の都、最高・偉大な地、イン神の戦争のない平和な、イン神の不滅の宝石のような、偉大な天使の都。」

といいます。

長いですね!

現在はこの略称として「クルンテープ(天使の都)」と言うのが一般的だそうです。

大都会 バンコク

さて、大都会バンコクですが、「水の都」とも言われ、現在もチャオプラヤ川が輸送手段として使われています。

チャオプラヤ・エキスプレス路線図
チャオプラヤ・エキスプレスに乗る

それでは運河巡りといきましょう!チャオプラヤーエキスプレスに乗ります。

バンコク市内

バンコクは慢性的な交通渋滞の街なのですが、運河は渋滞知らず。

船内

チャオプラヤー川を往く

いいですねー。スイスイ進みます。

しばらく進むと、向こう岸に暁の寺「ワット・アルン」が見えてきましたよ!

ワット・アルンを望む

「チャオプラヤー川に仏教寺院に船」というコントラストが、「水の都バンコク」らしくてとってもいいですね!
チャオプラヤーエキスプレスは数十円で乗れますし、手軽に運河巡りが楽しめます。
バンコクに来た際にはぜひ乗ってみてください。

・・・・・・・ここからカポエィラのお話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、バンコクで訪問した、カポエィラ団体はこちら。

Movimento Simples de Capoeira

『Movimento Simpres de Capoeira Thailand』(旧名:Bantus Capoeira Thailand)
URL: https://www.facebook.com/capoeirabkk

練習場所は高架鉄道BTSのアソーク駅からすぐ、タイムズスクエアビルの9Fです。

BTSアソーク駅
タイムズスクエア外観

さっそく9Fにあがってみるとこんな感じの場所へ。

9Fに向かうとこんな感じ

カポエィラ?」と尋ねると、「おお!連絡くれた人だね。ようこそ!」と素敵な回答が。

バンコクでも無事に現地団体との接触に成功したのでありました。

しかもこの日は、普段マレーシアのクアラルンプールにある、

「Movimento Simpres de Capoeira Malaysia」で指導している、

Professor Rafaelがバンコクでwork shopをする日だったので、

私もwork shopに参加することになりました。ラッキーですね!

Professor Rafael

Le Studio Art of Dance 入口

練習場所である「Le Studio Art of Dance」の中に入るとこんな感じ。

中はこんな感じ
準備体操

準備体操して、work shopが始まります!


内容はメイア・ルーア・ジ・フレンチ左右連続20回にケイシャーダ左右連続20回や、

ここでもエスキーヴァ・ジ・フレンチ

マダガスカルに続き、エスキーヴァ・ジ・フレンチでケイシャーダを避けて、
そこから素早くコンパッソで反撃といった、中々体力の使う内容でした。

二人組で練習
厳しく指導します

Professor Rafaelからは「遅い!もっと早く反撃しろ!」「ブラジルだともっと近距離でやってるぞ!」

等々と激が飛びます。

しばらく休憩がないので、みなさんクタクタです。

ようやくの休憩の時に、タイ人指導者のvasuさんが「ヨクガンバッタネー」と日本語で言ってくれました。

こちらの団体では現在も日本人が在籍してますし、数年前にはバンコクに駐在中だった、

CRJの吉岡さんが指導していたこともあり、みなさんとっても日本人にフレンドリーでした。これは嬉しいですね。

最後はホーダ!

work shopの最後はホーダです!

バンコクでもある日本人カポエィリスタが参戦します!

マダガスカルからの時差ボケを吹っ飛ばして、

ここバンコクでも、ある日本人カポエィリスタがホーダに参加します!

シバータで攻撃
おなじみホーダジガンチ
バンコクでもJOGO!

ここぞとばかり何人とジョーゴします!

さらにJOGO
ネガチーヴァで攻める
vasuさんとJOGO
vasuさんとJOGO(ワイド)

さらに、ビリンバウもやりますよ!

ビリンバウもやりました
カメラ目線

海外ホーダでのビリンバウ初登場です!

この日の練習で、何度か組んだXUXAともジョーゴ!

XUXAとJOGO
マルテーロで攻撃

(ちなみに・・・)

BantusのバチザードでXUXAと再会!

彼とは1ヶ月後、東京で行われた「バントゥス・カポエィラ東京」のバチザードで再会しました。

来てると知らなかったので、現地でびっくり!

こうゆう縁ってつながってるんですよ!読者のみなさん。


練習後にみんなでピザを食べました!

ホーダも終わって、練習後はみなさんとピザを食べました~。

バンコクでもカポエィラ出来て大満足です。

バンコクは近いですし、ぜひ皆さんも訪問してみてください。

タイ観光にカポエィラ!いいですね!!

Movimento simples de capoeira のみなさんと

コップ クン クラップ! Movimento Simpres de Capoeira Thailand!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いや~、タルタルーガ、バンコクでも練習出来て、すっかり満喫してしまいました。

その帰り道で、ふと見るとこんな看板が。

通りにマッサージ屋さんが
足マッサージ 1時間750円

「Foot Massage 1hour 250B 」

足マッサージ1時間250バーツ(約750円)。これは安い!

今日も沢山ジンガしたり蹴ったりして、足を酷使してますからね。

これは行くしかないですね!

こんにちは、サワディークラップ!足マッサージお願いします!

お店の人「OKナ~!」

足マッサージをお願いします

さっそく足マッサージしてもらいます。


・・・・・・・。






・・・・・・・・・・・。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。












痛い痛い!



痛い痛い痛い!



あ゛~



というわけで、2013年夏のカポエィラ団体訪問終わり!


パイ レーゥ ナ クラップ!































と、思いきや。

最後はいつものアイツですね。読者のみなさん。



話はマダガスカルに戻って、モロンダバという海沿いの街に行った時の話。

モロンダバ

マダガスカル航空 国内線

高地だった首都アンタナナリボから一転、こちら港町で暑いです。

ビーチもある

こんなアフリカらしい光景も。頭に器用に荷物を乗せてます。

アフリカらしい風景

マダガスカルと言えば、前回のキツネザルも有名ですが、もうひとつ有名なものが。


バオバブの木

それは「バオバブ(Baobab)」です!

世界に10種あるバオバブのうち、8種がマダガスカルに存在して、そのうちの7種が固有種です。

バオバブの並木道

ここモロンダバには有名なバオバブの並木道があります。

バオバブが並ぶ

近くで見るとホントに大きいですね!

サン・テグジュペリの『星の王子さま』では、星を破壊する巨木として描かれてますが、

ある日本人カポエィリスタはこれに対し・・・






バオバベイラ

バナネイラ!でなくて、バオバブだから、 『バオバベイラ(Baobabeira)』!


からの!




アウー・バチドゥ=バオバブスペシャル

はい!いつものアレです。今回はバオバブスペシャルで締めます。


おかげさまで今回もマダガスカルにバンコクと、他団体2か所も訪問出来ました。

この「外国でカポエィラ」シリーズを見て、バンコクはもちろん、マダガスカルに行く人が出てくれたら嬉しいですね!

次の訪問地はどこでしょうか?また次回をお楽しみに!

A bientot!



夕暮れのバオバブ街道

P.S. 夕暮れのバオバブ街道はこんな感じ。とっても幻想的ですね!


関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ バンコク タイ

2013/10/01(火)
お久しぶりです~
ドイツはデュッセルドルフにきてからはや2ヶ月。
こちらでも日本と同じく(ほぼ仕事そっちのけで(笑)、って程ではないにしても)カポエイラ三昧です。
こちらではBiriba Brasil の Dusseldorf支部とKrefeld支部でトレーニング。
何ですが日記は先週末こちらの練習仲間と参加したコントラメストレ Macumba 開催の
Capoeira Reversao NijmegenのWork Shop & Batizado y Troca de Cordasについて



場所はオランダのNijmegen,1世紀ごろにローマの前線基地があった歴史のある街。
Town Nijmegen

で、こちらのBatizado y Troca de Cordasは通常泊まりがけのイベントのようで、合わせて
カポエイラワークショップが開催されるのが常のようです。ワークショップの先生はその団体の
先生だったり他の団体の先生だったりと色々。
集まったのはオランダははじめドイツ・フランス・オーストリア・イタリアの色々な団体。

20日金曜日、仕事もフレックスで早めに切り上げそそくさと電車におりNijmegenに向かう。
仕事場からは電車で1時間半くらい。金曜日のプログラムはNijmegenの隣町Cuijkでスタート。
駅に着き地図を頼りに練習に向かうとなにやらビリンバウの音が。
ちょうとCuijkのCenterで行われている最初のRodaに間に合いそのままPalma とCorro でアゲていく。
Roda Cuijk

そしてCuijkの体育館に移動し最初のWork Shop 開始。
初日のWork Shop はレベルわけ無でMestre Claudio 自らご指導。
1st WS


Work Shop 終了後にDusseldorfで一緒にトレーニングしている仲間たち到着。
(車の席がなかったのと自分だけ職場が離れていたので実は抜け駆けして先に到着していた)
で、飯からの、Welcome Party。ということでBarでBrasilian Live Musicで激しく踊る。
Live Music


ちなみに宿泊は体育館。
もちろん個人でホテル泊まるのは自由だが、こちらでは開催元が宿泊できるところを確保するのが
常とのこと。地元の小学校でマットしいてみんなで寝袋で雑魚寝。で自分は寝袋必要と聞いておらず
(聞いてても持ってなかったのですが)毛布借りて寝ました。まだ冬やなくて一安心。
でも困ったのは踊って汗かきまくってもシャワー浴びれないことですね。
Sleeping


2日目NimegenのCenterのRodaで開始。
基本Rodaは上帯だけがでる感じなのですが最後はRodaもばらけて自由に広がってJogo。
自分もドイツの他団体のおねーちゃんとJogo。
そこからちょっと町を観光し体育館に移動し Parcassion Work Shop からの Capoeira Work Shop ふたつ。
二日目からは4つにレベルわけしてのWork Shop、自分は初級で参加。
その日はオランダにきた初めてのブラジル人の先生によるトレーニング。
20何年オランダで教えているとのこと。
WS 2

で、最後の子どものBatizado / Troca de Cordas からのParty。
昼も食べるタイミング逃したの晩御飯のファジョアータが激旨。
でこの日も踊りまくって体育館で爆睡。

ちなみに両日ともBrasilian Live Music から本気の生サンバでした~
で最後はRODA。お酒入ってるのも関係なし。
もちろんこれは完全上帯のみ。
Samba

Roda Party


3日目はマクレレ Work Shop からの Capoeira Work Shop ふたつ。
この日はどちらもCapoeira Brasil のプロフェソーラにご指導頂きました。
プラハから来たプロフェソーラ Pimenta のテンションはやばかった。
なにかにつけてAdoro (ハートって意味?)と叫ばせてました。
WS 3-1
WS 3-2



最終日の日曜日はドイツの大統領選だったのでBatizado / Troca de Cordasは最後までみれず。
3日間一緒に練習していた人たちの昇段式だったので残念でしたが帰路の途につく。
10月末には同じ感じで自分がお世話になっているBirba Brasil のWorkshp があるので今か楽しみ。

ちなみにApellidoのAlto-Astral は馬鹿受けでした。
ええApellidoやな~と。Party のときめっちゃ踊らされましたが(笑)

最後に今Dusseldorfで一緒に練習しているPreguiçosoと。
黄色帯(うちのグループと同じ位のレベルかな)なんですけど無口ないのでApellidoは怠け者。
Me & Preguicoso
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ドイツ

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド