みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2010年06月

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2010/06/29(火)
カポエイラテンポは、今までけっこう色んなところでパフォーマンスをして来たと思うんですけど、今回はちょっと変わった面白いお祭りでのパフォーマンスに参加してきました。

浦和美園にある埼玉スタジアム2002で開催された「ぐるぐる回る」フェス。
前身は、テンポの練習場でもある芸能花伝舎で行われていた「廃校フェス」だとのこと。
フェス好きの私としては、もちろん参加するでしょう。
しかし、ぐるぐるって?

スタジアムや東京ドーム、はたまた両国の国技館などに足を運んだことのある方ならお分かりかと思いますが、ああいう所って、観客席をぐるっと囲むように外側の回廊がありますよね。
売店とかちょっとしたレストランがある所です。

埼玉スタジアム

今回のフェスは、なんとメインのスタジアムは使わず、あの狭い回廊のみを使われていました。
その中にも大きめなステージが1つあって、そこでは渋さ知らズや七尾旅人などメジャーなアーティストがステージをやるのですが、その他多くはインディーズのアーティスト。
(※超余談ですが私、渋さ知らズのステージに立ったことがあるのです、唯一の自慢話すみません)

回廊にはDJブースやライブペインティング、ライブ、アート作品、ショップなどが所狭しと並び、その名の通り、そこをぐるぐるぐるぐるぐるぐる回りながら鑑賞するのです。

前置きが長くなりましたが、今回テンポが参加したのはNYU!さんという女性DJの回す音楽に合わせてのパフォーマンス@Loop Stage
竜太先生を初め、赤帯のそうそうたる皆さんが集まったので、私は今回ビデオ撮影班でした。

NYU!さん

さて本番は時間が30分もあるということで、DJが10分ほど経過し、徐々にお客さんも集まった所に突然飛び入り、そのままパフォーマンス。
最初からトップスピードで飛ばす竜太先生たち、ジョーゴしつつソロをやったり、突然ゆっくりになったりと緩急つけながら続きます。

カツオ
飛ぶ竜太
林たかゆき
飛ぶカツオ

私はビデオ持っていたので声を上げることはできませんでしたけど、そして周りのお客さん達も若干おとなしめではありましたが、恒例のアルマーダ蹴り合いや、技のオンパレードに小声で(すげー・・・)(速えー・・・)(何じゃこりゃ・・・)と口々にしていらっしゃったのを聞き逃しませんでした(笑)


20分以上も動き続けた皆さん、最後のフロレイオはさすがにクタクタだったようですが、たくさんの拍手を頂いて無事にパフォーマンスが終わりました。
その後のレッスンや月例ホーダもあったのに、本当に皆さんお疲れさまでした。
パフォーマンスの度にいつも思うのですが、これを機会にいろんな人がカポエイラに興味を持って、そして始めてくれると嬉しいなーと思います。

終了後


出番の後、私は少し残って会場をぐるぐる散策してきました。
そこで100人ビートルズというおもしろ企画に参加してきたのですが、それもまた長くなるので、ご興味ある方がいれば個人的にお話いたします(笑)
関連記事
2010/06/27(日)
黄緑帯の松田です。

今日はホーダに参加しました。

客席から

来月はいよいよブラジルから先生が来てバチザードも行われるので、
心なしか皆の士気も高まっている感じがしました。
また、新メンバーや素晴らしいゲストもたくさんいました。

とにかく、ホーダの始まりの新鮮なこの感じが、
僕はとても好きなんですね。

また、この日は予期せぬ事がいくつかありました。

まず、自分の奥さんの両親が大阪から遊びに来ていた事がきっかけで
3人してカポエィラ・テンポのホーダを見に来てくれた事。
珍しい・・・そして嬉しい事です!

3人とも最後まで見てくれて、
カポエィラを面白いと言ってくれた。
特に、上手な人が経験の浅い人の力を引き出すような、
そんなジョーゴが印象的だったのだそうな。

続いて、ホーダ中に自分と花村さんの緑帯の
アヴァリアサオン(昇段試験)が行われた事。
試験はいつも突然やって来る事はわかっていましたが、まさかのホーダ中の試験。

終わったあとかな

転がされる男

試験はとても緊張しました。
でも、割とバチザード当日にも近いような感覚で、
メンバーの皆にもお客さんにも見守られ、
先生レベルの方々にジョーゴの相手をしていただいた。
考えてみればこんなラッキーな事はありません。

そして、花村さん共々なんとか合格を頂きました。嬉しい限りです。
皆さんありがとうございました。

しかしもちろん、これで終わりではないですよね。
「帯は目標ではなく過程」
と、実はこれを意識しすぎて、逆に必死すぎないように努力?していた節も
あったのですが、こうして緑帯の合格をもらったからには、
誰が見ても緑帯だと思えるような、そんなカポエィリスタになりたいです。

もうあっという間に、フラカォンもトニーも来ますし、
バチザードも始まりますし。

▼バチザード&トロッカ ジ コルダス
http://capoeira-jp.com/batizado08/index.htm

以上、とにかく頑張りますー、のホーダでした。

マクレレーもした
飛ぶショウイチ
とも
バチザードでやる子供ダンス
謎
関連記事
2010/06/25(金)
6月23日にメンバー入りをしました、山内章恵です。
支部は東新宿に決めましたが、土曜日は今までと同じように新宿支部の練習に参加していきますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

思えばカポエイラを始めたのが昨年10月。そのころとくらべると生活のリズムはずいぶん変わりました。
仕事の疲労で土日は部屋からいっさい出なかった私が、今では毎日カポエイラをしたくてたまらないのですから。

カポエイラをはじめたきっかけはテンポのムービーでした。空を華麗に舞う様をくいいるように観て、「かっこいいな~できたらいいな~」と単純に思ったことを今でも思い出します。

その反面、昨日のメンバー入り試験はもうほんとうにひどいものでした。日曜日に個人レッスンが受けられることになったので、二度とあんな動きにならないために、きちんと復習します。

直近の目標は7月の練習を乗り切ること、前に突っ込んでしまう癖をなおすこと、それから両親にカポエイラをしていることを話すことです。
どれも苦労が予想されますが・・・

日記を書いている今、グラスに水が注がれるように安堵感と疲労感と期待感がからだとこころの中に満ちてきています。あのメンバー入り試験の情けない自分を、今日からの自分で助けてあげられるように、そしてメンバーとして自信を持ってカポエイラの動作も歌も楽器もできるようになれたらと思います。

先生方、直前のメンバー入りにて多々ご迷惑をおかけいたしますが足手まといにならないようにがんばります。
先輩方、いろいろ質問してお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。
皆様、若輩者ではございますが、今後ともよろしくお願いいたします!
関連記事
2010/06/25(金)
正直、間に合うとは思っていませんでした。
先生方、一緒に練習してくださった方々本当にありがとうございます。

最初は、楽しくて練習中、ついニヤニヤして前歯が乾きっぱなし。
途中からは、完全にカポエィラ中毒です。

ぎりぎりでメンバーになったので、本当に短期間でいろいろ覚えていかないといけないです。ご迷惑をおかけますが、よろしくお願いいたします!


支部を選ぶのは、とても迷いました。
最後のほうは、週2~3新宿、週2東新宿、週1渋谷で教えていただきました。違う支部で、違うところを指摘していただき、大変勉強になりました。
それが、かえって支部を選ぶのに迷うことに。。。

本当にグダグダ悩んでました。
結局、自分がどういう風にやっていきたいと考えると、
流れるように動き続けたい、と。

じゃ、苦手なステップや低い体勢からのつなぎを滑らかにしたい。
それで、一番それらの練習が多い、東新宿にしました。

さいごに
わたしは、友人からサルと呼ばれているので(サルサ中毒の時期があり)、
マカーコができるようになりたいなぁ。

明日からまた練習がんばります。
関連記事
2010/06/22(火)
こんにちは、東新宿支部メンバーの迎田です。名前で言うよりも「ロボット」と言ったほうが誰だかわかるかもしれませんね。1ヶ月は早く感じます。
今年は自分にとって「チャレンジ」の年なので、参加できるならぜひと他団体のバチザードに参加することにしました!

実はこの1ヶ月で就職活動を合わせて愛知に行くのは3回目です。しかも場所は来年働くかもしれない岡崎で、さらにプロフェソールのあだ名がホボー(ロボット)ということで縁を感じました。

今回参加された方は竜太先生、その先生、かずさん、空悟君、なおさん、えがみさん、私で7人だったので車での移動でした。空悟君以外は運転免許持っていたのですが私はペーパーだったので運転できずとても申し訳なかったです(しかも少し寝てしまいました)
迎田そらへ

車の中では、皆さんの話が面白く、楽しいひとときを過ごすことができました。また、空悟君がやっている携帯ゲームを毎回竜太先生が覗き込んでいるのが印象的でした。(しかし、ゲーム機も進化したもんだ)

会場に着く前に昼食をとりましたが、そこのうなぎは浜名湖産なのかどうか?という疑問がでてきて(大人の事情で)空悟君が店員に質問したところ、台湾産だったので残念でした。(ちなみに私が注文したのは「うなスパ」といううなぎのパスタ。味は...)

4時間近くの移動を終え会場に到着。途端に雨が降り出し、「帰ろうか」と竜太先生が言ったので一同爆笑しました。

開始時刻より遅れて到着したのですが、会場も始まったばかりみたいでトイレで着替えて中に合流しました。事前に聞いてはいたのですがブラジル人が多く、一瞬ここは日本なのかと思うことがありました。
最初に見たのはアンゴーラでした。そして次に先生の紹介があり、帯の順番で先生とジョーゴです。中の動きは激しく、活気を感じました。子供たちが目を輝かせながら動いている姿は心が洗われるようでした。また先生同士の華麗で白熱したジョーゴは圧倒されるものがありました。
その後、サンバとマクレレーです。どの団体の方も積極的に参加しており、どんどん会場が盛り上がっていくのが伝わってきました。
マクレレーマシーン

そして、ホーダです。まずは女性の方々(その先生、かずさん、なおさん)が中で入っていきました。空悟君も中に入っていき、人がどんどん入れ替わっていきます。そんな空気に圧倒されていたのですが、その先生たちに導かれてなんとか先に進みスタンバイ。いよいよ中へ!...と思った瞬間に終了。うーん残念!
終了後はさっきまで白熱して緊迫した雰囲気とは違い、どの団体の方も笑顔であいさつを交わして話をしているのを見て、笹森先生がおっしゃっていた「人と人とのつながり」を肌で感じました。

そして帰路へ。帰りでも皆さんのお話が楽しく、なぞなぞやなぞかけ、バチザード後の感想などを聞かせていだだきました。(なぞかけで無茶振りされたときはビビリました)
また心地がよく、思わず眠ってしまいましたが(すみません、運転している方いるのに)写メの音がしたのですが気のせいでしょうか?夜も海老名で夕食を。ザボンラーメンなるものがとんこつと魚介が効いておいしそうでした。

今回はカポエィラをやっていなければできない貴重な体験をすることができました。またイベントがあれば積極的に参加したいと思います。

最後に、ご指導くださった竜太先生をはじめ、楽しいお話と何もわからない私にアドバイスしてくださったその先生、かずさん、なおさん、活気をくれた空悟君、積極的に運転してくださったえがみさん、ありがとうございました。また前日にアドバイスをしてくださった笹森先生と気にかけてくださったさとうさんに感謝しています。
関連記事

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド