みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2009年10月

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2009/10/31(土)
みなさん、こんにちは!

新たなポル語関連のワークショップ開催のご連絡です!!

カポエィラには幾つかスタイルがあります。
私たちが今テンポで練習しているのはRegional(ヘジォナウ)という
スタイルで、メストレ・ビンバが作り上げたものです。

今回はそのメストレ・ビンバの生涯についてブラジルで制作された
ポルトガル語のドキュメンタリーDVDを日本語で解説します!

bimba.jpg


違法だったカポエィラをどの様に広め、
国技として認められるまでに至ったのか。
ビンバのカポエィラへの情熱、哲学がどの様なものだったかを、
最後の時までをビンバと共に過ごした弟子や
家族のインタビューを交えつつ、当時の貴重な映像と共に
紹介していきます。





実際にメストレ・ビンバの映像が収録されている
貴重なDVDですので、この機会に是非みなさん
私たちが練習しているRegional(ヘジォナウ)を
作り上げたメストレ・ビンバについて知ってみましょう!!

それと、ワークショップの後にカレーが無料でついてきます!
知識を深めた後は、みんなでワイワイ、カレーを食べましょう!

■日時: 10/31(土)15:30~17:30(2時間)
■場所: 柏木地域センター(調理室)
■アクセス:JR 「新宿駅」 徒歩18分
      東京メトロ 丸ノ内線 「西新宿駅」 徒歩10分
■内容: メストレ・ビンバの生涯についてのDVDを日本語で解説
■料金: 1,500円
■定員: 32名
■備考: ワークショップの後、カレーが無料でついてきます。
■申込方法: メール( gentil@tari.jp )にて以下の項目を書き添えてお申し込み下さい。
* お名前
* もし所属しているカポエィラの団体があればその団体名
* ご連絡先(e-mail)
お申し込み後、こちらから確認の返信メールをお送りします。
※定員に達した場合は締め切らせていただきますので、ご了承下さい。
関連記事
2009/10/31(土)
中西です。どうも。

水曜日は、新スケジュールになってから
入門者以外も練習に参加可能になったので、顔を出してみました。

実は、ユニフォームを着てカポエィラをするのは、
黄緑帯をいただいた9月のバチザード以来、約1ヶ月半ぶり。
というのも、だましだまし使ってきた左手首がついに悲鳴をあげて、
お湯を張った洗面器が持てなくなったので、こりゃいかんと思い、リハビリに専念してました。
リハビリ中は、ホーダの動画を見たり、帯を眺めたりして
かなり悶々とすごしていたように思います。。。

まだ、完治はしてませんが、どうしてもいただいた帯を着けて
カポエィラをしたいという気持ちが抑えられず、見切り発車してしまいました。

練習自体は、柔軟で息が切れ、シバータで足がつり、と散々でしたが、
何でしょう、終わったあとのこのさわやかな疲労感。そして、ビールが旨い!
やっぱ、カポエィラ最高です。

しかし、2日後、さわやかな疲労感は、
恐ろしい全身筋肉痛に変わるのでした。。。

これからは、手首と相談して、
徐々に練習に参加する頻度を上げていきたいと思います。


長期離脱している方も
(自分の場合、期間的にはそんなに長期でもないかもしれませんが、気分的にはかなり長期)
どしどし気軽に復活していきましょう!

きっと、テンポは暖かく迎えてくれますよ。

※手首弱い人はサポーターして下さい~!俺も最初のころ、1年ぐらいはずっとスケーター用の、ごっついサポーターしていました。竜太。
Amazonで買えるリストガード
関連記事
2009/10/28(水)
毎週練習ホーダを楽しみにしていた緑帯のさちです。

実は今日は練習ホーダがひとまず最終日。
がーーーーーん。
個人的にとても残念で仕方ありません!!

だってだって、
私はこの練習ホーダでカポエィラの音楽の楽しさを実感出来たんだもの…
そして歌を少しずつ覚え、クアドラを歌わせて頂いたり、
コーラスだけでなくソロを歌う勇気を持つ事が出来たのです。

しかも失敗もしながらたくさんの事を学びました。
ジョーゴをしながらもビリンバウのテンポや旋律に耳を傾け、それに合ったジョーゴをする。

ホーダを作っている時も、バテリアの様子を見たり、
ホーダが左右均等でなかったら自分が移動してバランス取ったり…

まだまだぼーっとして多々気づかなかったり、
バテリアの交代するタイミングが悪かったりと、
毎回反省することが多いですが、
当初より周りを見たり感じたりする事が出来るようになったのは、
この練習ホーダのおかげだと思ってます。

そんな練習ホーダがひとまずなくなってしまいますが、
月曜日の練習後半は練習ホーダのようにやるそうなのでので少しほっとしましたぁ!
あーーー良かった。


で、練習ホーダへの熱い思いはここまでにして…

この日の練習では、ウォーミングアップを担当させて頂きました。
竜太先生了承のもと、
エアロビクスのレッスンでやっているウォーミングアップを
15分程やらせていただきました。
私、前に立ってリードをするとスイッチが入るんです。。。
たぶんいつものわたしと変わります(笑)

ウォーミングアップは、徐々に筋温(体温じゃなく筋肉の温度)を上昇させ、
関節の可動域を無理なく少しずつ広げることにより、
メインの動きのパフォーマンス力を上げるための準備、そして何よりも怪我障害の防止です。

そのため、常に足を動かし体の中でも比較的大きい筋肉を動かす事で
効率よく筋温を上げていきます。
そして体に対して色んな面を使いながら関節をあらゆる方向に動かし、
動的ストレッチや静的ストレッチを混ぜながら行っていきました。
そしてリズムに乗りながらステップ踏みながら皆で楽しく!!


そして、スイッチと言えば・・・
今日の練習で
クアドラをハイテンションに歌う。(普通に歌うのとハイテンションに歌う歌い方の違い)
ジョーゴしている最中にフロレイオになった時のメリハリの付け方。
をやりました。
ハイテンションにクワドラを歌う見本を竜太先生が見せてくれました。
そんな竜太先生を見れて感激。

要は、スイッチの切り替えとメリハリが大切ということ。
(※個人的に黄緑帯の中1のえみりちゃんが「テンションあげていこーーー」ってシュールな感じで言ったのが今日の私のつぼでした。)

ほんと毎回、勉強になるな~と改めて感じた一日でした。
関連記事
2009/10/26(月)
カポエィラで検索するとやたらと仮面ライダーWが引っ掛かりません?

って事で調べてみたら、Youtubeに動画が!すぐ削除されるでしょうが、こちらですー。



なんかダンスしながら闘うって展開で、カポエィラの技が出てきたりするのですね。
って言うかカポエィラの技と言うかブレイキンの技と言うか。

しかしこれやられちゃったらカポエィラ・テンポメンバーにして、TARZAN腹筋選手権チャンピオンにして、
某超有名テーマパークダンサーにして、仮面ライダーになりたくて上京してきた(たしか)、
カツオはショックじゃないですか。

早く俺が2秒で考えた、アフリカから連れてこられた奴隷の血を引く仮面ライダーブラックアマゾンの企画書を持っていかないと!

ちなみに敵役のラーメンズ片桐さんはスポルティーバの企画で
うちでカポエィラ体験した事あります。
逆じゃん。


あとそんな俺がTwitterはじめてみました。飽きませんように。
http://twitter.com/Lyuuta_Capoeira
関連記事
2009/10/26(月)
10/22(木)に柏木でワークショップを指導したメストゥレ・バンバの団体、
カポエィラ・ヘジォナウ・ジャパォンのバチザードが
日曜日に行われたのでテンポのメンバーでお祝いをしに行ってきました。

新しく帯をもらったみなさん、また次の段階に進まれたみなさん、
おめでとうございます~!!

このメストゥレ・バンバはあのメストゥレ・ビンバが開いた道場を
メストゥレ・ヴェフメーリョ27より受け継いで今もその道場を守っています。
私たちの団体、カポエィラ・テンポは実はここと兄弟関係にあります。

さて、今回私は朝のワークショップとバチザードでの通訳を依頼されたので、
私一人、10時半のワークショップからの参加です。

メストゥレ・バンバのワークショップの特徴は5~7個程の動きを
繋げて、一連の動きの流れを作ります。
そしてそれを体が覚えるまでひたすら練習。

当たり前の事ですが、その基本の動きの反復が大事なんだと
改めて痛感しました。

私は通訳として参加していたので、実際には動いていません。
なので動きをずっと見て暗記しようと心掛けました。
物覚えが悪い私なので、集中して頑張りましたよ。
なんとか(?)覚えられたはず!

通訳中、寒くなるので練習中ずっと前でバテリーアが弾いている音楽に
合わせて手拍子したり、体を動かしまくっていました。
地味~にしか温まらないのでこれでもかと渾身の手拍子をしてました。

以前から軸が全くぶれないメストゥレ・バンバのアルマーダと
メイア・ルーア・ヂ・コンパッソはすごいとなぁと思っていたのですが、
実際にその蹴りを目の前で見れて本当に感激です。
(数日前にうちのワークショップでも見ていますが・・・)

回転時に寸分のブレも無く放たれる蹴りは本当に「美しい」です。
勿論、威力はすごいです。コンパッソなんか当たった時には・・・きゃー。
「必殺」という言葉はこういう時に使うんでしょうね。

ワークショップを受けたカポエィリスタの人たちはみなさん、
いい汗をかいて、バチザードまでしばし休憩。

この辺りから、バチザードをお祝いしに来た他の団体のカポエィリスタ達
がポツポツ到着しはじめます。カポエィラ・テンポのメンバー達も
揃って到着。みんなが来たところで、改めてメストゥレ・バンバに挨拶。

そして本日のメインイベント、バチザードの開始です。

ヘジォナウの型、セクエンシアの披露の後、先生クラスのジョーゴが
始まります。その後はマクレレです。マクレレは振り付けがダイナミックで
見ててかなりおもしろかったです!!男性5人、女性3人の8人体制。
大地からのエネルギーが伝わってくるような、力強さがありました。
そして衣装も手作りでかわいいー。

出し物も終わり、新しく帯をもらうバチザードと昇段式、
トロッカ・ヂ・コルダスが始まります。

今回はなんと上帯の方の昇段が多かったです。
黄緑、緑、黄色はもちろん生徒さんの数も多いのですが、
青帯、赤、そして黄&緑の帯でも各段階で少なくとも3人が昇段。

上帯の人の中にはその場で帯をとることを知った人が何人かいたみたいです。
(なんて心臓が縮むサプライズなんでしょう!)

本当にみなさんおめでとうございます!!!

そしてホーダ・アベルタでは久しぶりに一緒にジョーゴ出来た
他団体の人がいたり、こうやってバチザードで
他団体の人と交流できるのも楽しいです。
ホーダ(輪)で人の輪も繋がるのっていいですねー。

通訳も無事に終わり、カポエィラ漬けな楽しい日曜日でした。
関連記事

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド