みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)2008年07月

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2008/07/30(水)
img20080729161855.jpg
今日はみゆみゆこと、黄帯のみゆきちゃんの結婚披露宴がありました。テンポからもお祝いしたいっ!という人達があれよあれよと集まって来日中の先生達も含め駆け付けたのは総勢25人。もちろん、カポエィラでお祝いしようと!みゆみゆは当然ドレスを着ているのでジョーゴすることは出来ないなぁ…ちょっと残念!と思っていた
のですが…がっ!?みゆみゆはウエディングドレスのままバテリーアとして歌や楽器で参加してました!やっぱカポエィリスタですね、みゆみゆは。きっとうずうずしちゃったんですね。ホーダの始めに歌うクアドラをみゆみゆが歌い始めた時、ちょっとジ~ンときちゃいました。そうそう!カポエィラは動きだけじゃないんですよね
ー。たとえ怪我してる時だって歌やコーラス、楽器、手拍子だけでも参加出来るんですもん。カポエィラのそういう間口の広さみたいな、そういうところはすごくいいなぁと思うし魅了される理由の一つだなとあらためて実感です。最後は旦那様も巻き込んでサンバ。照れながらも幸せそうに踊る花嫁さん!それはもうモーレツに美し
い笑顔でした。キラッキラに輝いてました。そしてみんなが笑顔になってて、あーこういう空気ってホントいいなぁとまたまたジ~ン。あっという間だったけれど、なんとも素晴らしい、幸せ密度の高いひとときでした。


~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエイラ ド ジャパォン」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
結構上位に食い込んできてます!!
関連記事
2008/07/28(月)
IMGP3674.jpg
こんにちは。笹森君に続いて、肩書きが変わった私です。

先日のバチザードを経て、大地の緑から富める黄になりました。緑帯が結構好きな色だったので、名残惜しく思いつつ、黄色帯の重みに馴れるべく日々を過ごしています。



今日の夜の練習は、さすがブラジルからの先生、フラカォンとトニーがいるからこそ、意味深い練習でした。練習の趣旨は、それぞれの今の帯に会ったジョーゴをすること、そしてそれを見ることで、その帯の段階を学ぶことでした。



自分の帯にあったジョーゴをすることは、カポエィラのホーダのなかで不可欠ですが、それは帯の意味がわかっていないとなかなかできません。言葉では毎回なんとなく、それぞれの帯の段階を聞いていてもここまで細かく紐解くことはなかったので、目と頭と身体の感覚を総動員して、見据えていました。



私は去年と今年の試験のときに「女がカポエィラをする意味」について、質問を受けたのですが、女性がカポエィラのなかに参加するにおいて、表面だけで考えると不利な部分が多いのです。身体のリーチも短く、力では勝負にならず、組合いになると急所が多い・・・。ところが、小型犬が大型犬よりも気が強いように、女の人は男の人に負けじと戦う精神が強いところもあります。こうやって、身体や精神に違いがある人間が入り混じって行うことは、よりいっそうカポエィラの表現を豊かにしていると思います。



柔道などの、スポーツになっている武術では女性と男性、およびその身体の大きさによって、試合が分かれていますが、カポエィラは老若男女、子供も大人もごちゃ混ぜで行われます。だから、強いものも、弱いものも一緒に戦わなくてはならないし、おまけにレベルが違っても相互が十分楽しめるジョーゴをしなくてはならないわけです。ここが重要ですね、自分だけじゃなく、相手にも実りあるものじゃないといけないわけです。

「大きいけど、すばしっこい人だなあ」、「この人、今日疲れてそうだな」、「何だか、技がやりたそうな雰囲気・・・」、などなど、相手のことを自然とよく考えるようになると思います。



強くて大きい者にとって、弱くて小さい者と戦うことは、簡単なように見えて、意外と難しいです(私は小さいですが、なんとなくそう思います)。ましてや、子供と一緒にやることは、もっと難しいかもしれません。



フラカォンは、黄緑帯からそれぞれの帯を経て、指導者レベル以上においても微妙に異なる帯の違いを考慮しながら、相対するどの帯の人間も全力で立ち向かわなくてはならないと思わせるようなスピリットで戦います。



こんなことをぼんやりと考えながら、それぞれの帯のジョーゴを見て、私がそれぞれの帯に対してできるジョーゴって何かなあ、と考えていたら気が遠くなってしまいました。とりあえず、当たると痛いということは身体で学び、何があっても身を守ること、これはアタマで完璧に理解しましたけど。


~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエイラ ド ジャパォン」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
結構上位に食い込んできてます!!
関連記事
2008/07/24(木)
2008_0721_174236.jpg
こんにちは、笹森です。
日記のタイトルが「課長島耕作」→「部長島耕作」みたいに変わってしまいました。

7月21日に第6回目となる、バチザード&トロッカ ジ コルダスが行われました。
私たちのカポエィラ ヘジオナゥには段位ごとに帯が与えられるシステムがあります。
この催しものはいわゆる昇段式なのです。

今年はうちの団体のリーダー、コントゥラメストレ トニーとその息子で笹森と同い年
な先生プロフェソール フラカォンをブラジルより迎えて行われました。

簡単なプログラムを紹介
① グループメンバーによるカポエィラ披露
② 祝いに来てくださった他団体の代表、協賛各社の紹介
③ カポエィラ ヘジオナゥの型、上級者のカポエィラ、指導者の組手の披露
④ ビリンバウという楽器の紹介・演奏
⑤ 子供たちによるマクレレーというブラジリアンダンスの披露
⑥ 昇段式
⑧ カポエィリスタ全員参加の組手
⑨ サンバ ジ ホーダという、バイーア州のサンバ
と、盛りだくさんでした。

カポエィラという武道の素晴らしい点は、他者を助け応援するところにあると思います。
その性質がとりわけ顕著になるのが昇段式です。
初めて帯をとる人は先生たちとの組手で洗礼を受け、段位が上がる人は何人もの先生たち
と転ばされたりしながら組手をします。
そうして仲間たちが必死に頑張るのを周りで喉をからして歌い、手拍子をし、叫び、
たくさんの思いを込めて応援します。涙が自然と出ることもよくあります。
全ての瞬間をレヴューしたいところですが、各々が日記で報告するのにお任せします。


さて、わたくし笹森も今回昇段した1人です。青帯から赤帯になりました。
笹森の昇段はフォルマトゥーラ(卒業式)というもので、生徒の段階から教える側に
立場を変えるというカポエィリスタの転機だったのです。

今年は1月に足首の靭帯を損傷する怪我にあい(現在も完治していません)、その後は
激烈に仕事が忙しくなり、持久力が売りのボディが組手一回でへたるまで落ちたのです。
仕事がひと段落ついてからの1ヵ月弱は、それはもう必死に練習、筋トレ、走り込み、
ポルトガル語の勉強、カポエィラの歴史・知識の勉強とひた走り続けてきました。
2008_0721_162530.jpg

昇段に際しても盤石な状態とは言えず、一回もろにみぞおちに蹴りが入り倒れこむ
ことがありました。(なんとか復帰して頑張りました)
しかしこれから指導者としてやっていく自分にとってこのことはとても多くを学ばせて
くれました。どのようなコンディションでもやらねばならないときがある、と。
そして、多くの人たちの思いや応援を背負ってフォルマトゥーラに挑めたことは泣ける
ほど有り難いことでした。
我が身に関わる全ての人たち、過去を生きた先人たちへの感謝を忘れません。


笹森のアペリード(カポエィラでのあだ名)はゲヘイロ ド テンポです。
戦士という意味ですが、多くの困難と闘ってきたことからつけていただいた名です。
困難から学んできたことはカポエィラに強くつながる、他者への愛でした。
愛・戦士として(笑)これからも頑張らせていただきます!

応援してくださった方々、ありがとう!!!
昇段したみんな、おめでとう!!!

GRANDE ABRAÇO PARA VOCÊS!!!!!!

関連記事
2008/07/21(月)
IMGP3594.jpg
いよいよ明日は「グルーポ ジ カポエィラ ヘジォナウ テンポ第6回バチザード&トロッカ・ジ・コルダス 」です。
初めて腰に帯を通す人。
新しい色の帯を巻く人。
みんなちゃんと寝れてるかな?

今日は前夜にもかかわらず?最後のアヴァリアサォンでした。
しかも子供の!!
ゲヘイロこと笹森のいよいよのいよいよなアヴァリアサォンもあったんですが、俺は湯島のクラスがあったので残念ながら立ち会う事が出来ませんでした。
てか今までのアイツを見てれば特に見なくてもわかります。
まあ・・・そういうもんです。
よし、明日は笹森に日記書いてのらおう!
(無事に乗り越えていたら・・・ね。)

しっかし子供にも試験ってすごいですよね!!
小学校の2,3年生ですよ!?
でもそれだけ帯というものに重みがあるってことです。
その事をわかってくれるだけでも意義のある事ですよね~。
みんなが巻く帯には、言ってみれば自分達が繋いできた歴史も詰まっているんです。
ってか込めてます。

そんな歴史と思いの詰まった祭典?が明日あります!
明日は祭りだ!!
ちなみに俺は最初帯を巻いた日はそのまま巻いて寝ました。
その次もその次の日も。

~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエイラ ド ジャパォン」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
結構上位に食い込んできてます!!
関連記事
2008/07/20(日)
明日は正面から見てください~

1年の練習の成果を昇段と言う形で祝います。
昇段式と言っても他の格闘技と違い、ダンスの要素や音楽の要素があるのでとにかく派手で楽しい!
参加者は6歳から54歳まででまさしく老若男女!個性あふれるカポエィラが見られます。
もちろん凄い人は本当に凄い。空を飛びます!蹴り超速い!
カポエィラを全然知らない人も一気にマニアックにカポエィラを知れるように随所に説明も欠かしません。
もちろんブラジルのダンスやサンバの時間もあります。

更にブラジルの奇跡のフルーツ、アサイーのドリンクの販売やカポエィラの楽器、服や本などの販売、ブラジル旅行社によるブラジル旅行相談コーナー等も行います!

当然無料でご来場いただけるイベントなので超!お気軽にいらして下さい!
何時に来て何時に帰ってもOK!!!
相当混雑が予想されますのでしっかり見たい人はお早めに!



日本ブラジル交流年認定事業
グルーポ ジ カポエィラ ヘジォナウ テンポ第6回バチザード&トロッカ・ジ・コルダス

CAPOEIRA公開昇段式

日時:7/21(月・祝) 13:00~17:00(途中入退場自由)
会場:新宿コズミックスポーツセンター地下1階 小体育室
最寄り駅:
 副都心線「西早稲田駅」徒歩2分
 大江戸線「東新宿駅」徒歩5分
 JR山手線・東西線・西武新宿線「高田馬場駅」徒歩10分
地図:http://planet.pc-atlas.com/dview/4482

プログラム:
1.グループメンバーによるカポエィラ披露
2.他団体の代表者ご紹介
3.カポエィラ・ヘジォナウの型の披露
4.ビリンバウ演奏
5.ブラジリアン・ダンス披露
休憩~15:00まで
6.昇段式。子供の帯からスタート
7.他団体とのカポエィラ交流
8.サンバ・ジ・ホーダ(サンバできる人誰でも出てOK)

後援:
ブラジル大使館

協賛:
アメリカン航空 IPCワールド

助成:
新宿文化・国際交流財団

協力:
南米パック株式会社ブラジル旅行社 フルッタフルッタ 大塚製薬株式会社

その他詳細はサイトへ!
http://capoeira-jp.com/batizado06/index.htm

顔は明日のお楽しみ~


7/26(土)昼には初心者のみ対象のカポエィラ体験ワークショップもあります!
会場は同じくコズミックスポーツセンター!
詳細はこちらのサイトへー。
http://capoeira-jp.com/batizado06/work.html

~capoeiraについてもっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ~
「ABC de カポエイラ ド ジャパォン」

~みんなの日記をみんなで盛り上げましょう!~

↑↑クリックお願いします↑↑
結構上位に食い込んできてます!!
関連記事

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド