2018日本の冬に夏のブラジルに3人旅

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/06/25(月)
20180621125908472.jpeg


昨日、足が悲鳴をあげたので、足裏保護シートなるものを貼って寝てみた。

ベトベトになった。
最悪。
しかも、全然回復しなかった。
しかもしかも、シートを剥がす時に足裏持っていかれそうになって、一人叫んだ。


トニー先生はカウサを買いに行くらしい。
今日もとても暑いので、休んでいる様に言われる。
そして5時半から子供練習があるので、4時半からアカデミーアの掃除をしておくように、との事。

それから言付けがもう一つ。

子供練習を始めておくように。


・・・・・・・!!



おや?
聞き間違っちゃったかな??

「私?」と聞くと
「そうだ!」と言い、
もう一度繰り返すトニー先生。


「分かったか?」
と強めに確認を求められ、ポルトガル語の理解力不足への不安を残しつつ
「entendi…。」と答える。

きっと聞き間違えたんだ。
子供クラスが始まる前にはちゃんと戻ってきてくれる!

そう言い聞かせ、部屋の掃除をしたり、日記を書いてみたりして過ごす。


⚫︎16:30
言われた通りアカデミーアに行き、掃き掃除とモップ掛けをする。

一人でやるとはいえ、流石に終わる。
ビリンバウの練習。

トニー先生帰ってこないのでソワソワし始める。


⚫︎17:30
「Jandaiaー!!」
と言いながら子供たちがやってきた。
可愛い。
しかし子供たちよ、今日に限ってなぜ時間通りにやってくる!
まだトニー先生帰ってきてないよー、、、

一緒に音楽練習を始める。

するとジョッタがアカデミーアに来た。

良かった〜!
と思っていると、トニー先生がまだ戻らないから、子供クラスを始めるように。との事…


えぇー!!!

聞き間違いじゃなかったー!!!


サウダサォンをする様に言われ、、

私で良いんですか…

不安過ぎる。
どうか噛みませんように…

『Salve Mestre Vermelho 27!』

挨拶を終え、不安な私はジョッタを見る。
続けて準備運動する様に言っている…。

何かあったら、下に居るから呼んでくれ、
と言い残し、ジョッタは行ってしまった…

今!もぉ今すぐ呼びたい!!!


トニー先生が言ったポルトガル語を理解出来ていた事は純粋に嬉しかった。

しかし、今回に限っては分からずにいたかった。。。
なんて、、


先頭に立つ事は何度かあったけれど、次にやる事の指示がちゃんとあっての下。

何も無いのは初めて。

とりあえず、いつもやる様な準備運動を一通りやる。

かなりズルをして、私がポルトガルで言えそうな簡単なのを中心に。
ポルトガル語が間違っていても、みんな見て真似してくれるので、問題なかった。

子供とはいえ黄帯の子も居るし、
私で良いのか…



「次はアウーしよう!」

まだアウーの順番じゃない!
自分の得意なのをリクエストしてくる子供。

「水のみたーい!」

まだ始まったばっか!!


みんなびゃーびゃー言ってる、、

そうこうしていると、トニー先生帰ってきたー!!!
良かった…
終われる。


終われなーい!!!


ストレッチしろと言っている。

むむ。さっきよりポルトガル語の難易度が上がる…。

遅れてきた子供も居たりで、黄帯〜帯なしまで様々。

「Jandaiaが先生だ!」
と言ってトニー先生、買ってきた大量のカウサと一緒に座って見てる…。


ヴェフメーリョ先生も来たー!!!
良かった…
終われる。


終われなーい!!!


練習を始めろと言っている。

なんてこった!


とりあえず、基本の動き。
蹴りと避けを交互に左右で行ってみる。

『um、dois、três!』
…よかった、ちゃんと交互になった。


みんな一緒にちゃんと練習してくれてるー
泣ける。
しかも良い笑顔で嬉しくなる!


しかし私の手札は出し尽くした。



ここで遂にヴェフメーリョ先生の準備も整い、変わってもらえた。

子供たち念願の水タイムも。

「みずぅー!!」ってww
ソレ日本語ー!
みんなポカーンとしてたww
優しいなぁ。。。

ヴェフメーリョ先生のレッスンはゲーム形式。

20180621123847d88.jpeg


みんな上むきの四つん這い(※腹上げる・手の向き注意)になって鬼ごっこ。
捕まった人は、ココリーニャで待つ
見方に メイア ルーア ジ フレンチ をしてもらい復活


カツオ先生のレッスンで準備運動の時にやっていた四つん這いの入れ替え。(適切な説明が分からない…)
『腰を高くいっきに持ち上げる』
この練習を思い出した。
こういうの嬉しい。

歌練習もある。
みんな一曲づつ。
子供たちがよく歌っている
♪ Santo Antônio eu quero água…
♪ Mais se eu pudesse eu voltava no tempo…

が出る。
考える時間は十分にあった。
簡単なの、ソロが長くないの、よく歌われてるの…
色々と考えているうちに焦って出てきたのは

♪ esse ano eu vou pra Bahia de qualquer maneira…

だった、、、

今コレじゃない事はよく分かってますとも。。

子供たち。
そんな目で私を見ないでくれ…
案の定、ヴェフメーリョ先生からしかコーラスは返ってこなかった。
せっかく私にも順番を回していただいたのに、スミマセン。。


大人練習。
ヴェフメーリョ先生は帰ってしまい、割と少ない人数。
アンゴーラの動きを中心に。
ひたすらジョーゴ。

201806211239520a4.jpeg

相変わらずバリエーションの少ない私に対し、みんな自由に身体をコントロールしていて羨ましくなる。
よく観察し、沢山練習するしかない…。


練習後はスピージへ。
CARNAVALの影響で少し遠くに移動していたお店は、元あったという場所に戻ってきた。

カマロッチの撤去には随分と時間がかかっていたのに、お店が出来上がるのはあっという間だった!
近くなって嬉しい!


トニー先生はちょいちょいキメ顔をしてくる。
20180621123953e4c.jpeg
なかなか決まっているから良いんだけど。

私の写真フォルダはいつの間にかトニー先生で溢れかえってる。
番外編で公開しようかしらw

ウーゴ先生は『つかれた』という日本語を練習していた。
日本の女の子を口説きに行った時に間違えて使わない事を切に願う。
いや、違うか。
私がもっと違う日本語を覚えてもらえば良かったんだ…。

2018062112395441c.jpeg


ポルトガル語が出来ない私に、こんなにも一生懸命コミュニケーションをとって楽しませてくれる。
もっと話したいこと、聞きたいことはいっぱいある。
この悔しい、悲しい気持ちを忘れずにポルトガル語の勉強に励まないと!

滞在残り2日。

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/06/24(日)
アカデミーアの掃除をしているとジュリアナが
「これから練習あるの?」と聞いてくる。

いつもジエゴと一緒に練習に参加している。
朝も夜も。
IMG_7043.jpg

2人共、とても一生懸命練習しているし、自主練している姿もよく見る。
この間まで出来なかった事が出来る様になっているのを見ると、とても嬉しくなるし、負けていられない!


この日の朝練習はテンポの上帯が居なかったので基礎多め。

ちょいちょい前になる事が多くなったこの頃の練習。
子供たちの準備運動をやったり、見本になってみたり。

ポルトガル語での指示を一度で聞き取り、間違えない様に、雑にならない様に、この後の事や流れも感じながら。
頭も身体もフル回転。
このくらいの緊張感、集中力が一番動きやすい。
(出来ているかは別問題なのが悲しい)


練習後はトニー先生とショッピングバーハへ。
Moicano先輩からのお使いでCDとDVDを探しに行きたいと言ったら、
トニー先生が連れて行ってくれるとの事で!

ブラジルタクシーUberで行くと言っていたけれど、急遽トニー先生のお友だちの車に乗せてもらえる事に。
助かります!

知らない人の為にも快く力を貸してくれるブラジルの人々。
ステキだなぁ、、、


予め、コレとコレが欲しいと写真を見てもらっていたので、トニー先生が目指すものはソコのみ。

自分でウロウロ迷わなくて済んだので助かる。
CDはお店の方にも探してもらったけれど見当たらない。
DVDはあったけれど、パッケージがなんか違う…。
それを伝えてみたけれど「コレにしろ!」と言われる。

え…!笑

私はコレでも良いけど、Moicano先輩はコレで良いのかしら…!?

Blu-rayバージョンだからパッケージ違うの!?
そもそも話が違うの!?

うーん、、、
よく分からないし、トニー先生がもぉ違う所に行こうとしているので、とりあえず購入してみる。

CDは、また別の所で探すからと言ってくれた。
私が引き受けたお使いなのに、私以上に探してくれる。


帰り際、別のお店の一画にCDが置いてあるのが見えたので、トニー先生に声を掛けると



「Jandaia、ここは違う店だからCDはないぞ!」と言われる。

「いや、でもあそこ…」

「どこだ??
・・・!!!
Jandaia、よく見つけたな!」

「カポエィリスタだからね!」笑



よく出来た!と、ムツ◯ロウさんバリに私を撫でるトニー先生。
やめて。


ブラジルに来てから『カポエィリスタは!』とよく言われる。

例えば高い所から降りる時。
何も考えず片足で着地した私に「カポエィリスタは必ず両足で着地しろ!」と。

立ち上がる時も、気を抜いていると必ず上で狙われてる。
後をついて歩いている時もそう。
急に止まって攻撃される。

カポエィリスタは、どんな時、どんな場面にも対応できなければいけない。
気を抜いていてはいけないのです。
殺られるから。

とにかく毎日毎日カポエィリスタ精神を沢山学んだブラジル修行の旅。


結局、カポエィリスタのJandaiaが見つけたCD売り場(すぐ調子に乗るw)には、先輩ご所望のCDは無く…。
まだまだカポエィリスタと名乗るには早いって事ですね。


ショッピングバーハは沢山お店が入っていて、可愛いモノとか多い。

IMG_7049.jpg
マネキンも個性的だし。
ゆっくり見たいけど…
自分で自由に動ける様になるまで我慢。

可愛いサンダルが目に留まり、見たいと言ってみたけれど、やはり即却下。
「ここは高いから安い所に連れて行ってやる。東京の上野みたいな所だ。上野は安くて良い。ハハハ。」
と言っている。


お昼はウーゴ先生の所へ。

昨日、お昼にレストランに来なよ!と連絡をくれたけれど、
既にトニー先生と済ましてしまい、行かれなかったので。

IMG_7050.jpg

なんと、今日も誕生日を祝ってくれた!
昨日アカデミーアで祝っていただき、プレゼントまで貰ったのに!

こんなに良くしていただき、感謝してもしきれない。

私に出来る一番の恩返しは、少しでも上達する事なんだと思う。
ポルトガル語も。


そうそう、トニー先生がCDの事をウーゴ先生にも聞いてくれたけれど、やっぱり分からない様。

探しておくから送って!と、やっぱり私以上に探してくれる。

トニー先生曰く、ウーゴ先生は何でも屋さんらしい。
困った事はウーゴ先生へ。
「ご所望のモノは何ですか?」と聞いてくれるw


木曜日のホーダ後、お別れにみんなでシュハスコをしよう。
とトニー先生が言ってくれ、その買い出しをするから俺は先に帰るぞと。

私はウーゴ先生の仕事を少し待って、送っていただく事に。
途中で景色が良い所がある、と寄り道も。

IMG_7046.jpg


IMG_7047.jpg


呑気にcasa14に戻ると、大変な事になっていた。

IMG_7053.jpg



水がー!!!!!!



トニー先生は既に戻っていた。
バケツに水が蓄えられていて、水道が使えないので、ここから使うように、と言われる。

水は激しく流れ続けていて、かなり心配になる。
どういう事か聞きたかったけれど、そんな雰囲気でもなく…

ウロウロしていると、「今日はすごく暑かったから、ビルーと海に行く前にシャワーを浴びてこい」と言われる。


えぇッッー!?


こんな水の一大事にシャワー!?!?

確かに暑い日で、街中の気温計は38度を超えていた。


水使えないよ。と言うと「あぁ!そうだった!コレを持っていけ」と笑ってる。

えー、、そんな感じなのぉ!??


バケツの水をウーゴ先生がシャワー室に運んでくれる。

いやいや、どうせ海行くからシャワー浴びなくても…

部屋でゆっくりする訳にもいかず、出来る事は無いけれど、再びウロウロしてみる。

するとまた、「何してるんだ!シャワー浴びたのか?ビルーが迎えに来るぞ!」と言われる。

しまいには、バケツの水を汲む様のコップまで渡される。

えー、、どうしたら良いの??
困る…。

今後どうなるのかも分からないし、そもそもが水不足だという話を聞いていたので、
厚意は嬉しかったけれど、手を洗わせてもらう程度にしておく。


家の外ではホームレスの男性が水を見張っていたので、私は2階から見守る。

外を通る人が溢れ出る水を見て「トニー!アニー!」と次々叫んで行く。

溢れ出した水はどんどん広がり、海の方にまで達していた。
IMG_7054.jpg

やがてバイク便みたいな人が来て、ちょろっと直していった(肝心な所を見逃す)

顔を出していた私に、もう大丈夫だ。的な事を言って去って行った。

そして水も復旧した。


夕方、ビルーと海へ出掛ける。
また行こうと約束した夜の海。

IMG_7055.jpg

陽が沈むのを見届け、いざッッ!


寒いーッッッッ!!!!


夕方から急に曇が増え、風も出てきたからかなぁ。。

でもライトに照らされた所はやっぱり暖かくて、それだけで幸せ。

星もチラホラ見えていて
あぁ、あと少しで帰国なんだ…。
この時間も終わりなんだ。
と思うと寂しくなる。

会話も、そういうのが増えてきた。


夜練習があるので、あまり長居できない。
分かってはいるけれど、名残惜しく…
結局30分前に大慌てで戻る。

ここにきて今まで調子良かった、好きだと思っていたアカデミーアの床が急に牙をむき出した。

朝練習の時も怪しいな、とは思っていたけれど
擦れるコンクリートが痛くて仕方ないし、足爪が真っ二つに割れ内出血。
踏ん張りがきかない、、、

残り少ない練習。
休みたくはないけれど、様子を見ていたトニー先生にも、休んでおけと言われてしまう。
初めてのリタイア。無念…。

IMG_7056.jpg


見てるだけって結構しんどい。。。
悲しくなる。

滞在残り3日。

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/06/18(月)
前日の頭痛からは解放され、スッキリした朝。

今朝も朝練がないのでトニー先生と海へ行く。
プールじゃない方。

マスクを持ってるかと聞かれる。
絶対に違うだろうな、と思いながらも
勿論!と持参していた水泳用ゴーグルを見せる。

トニー先生の反応は微妙だった…。

それでも良いけど。的な


結局、先生のを借りて潜りに行く。

元漁師さんの潜りを見れるなんて楽しみすぎる!

わーい!!と思って付いていったけど…

1組しかなかったフィンを履き始め
…それは分かるのよ、明らかにサイズが大きくて私には使いこなせないと思っていたから。

問題は地上と息の交信をできるソレーッッ!!
そのチューブついたシュノーケルマスク!!
そちらを貸していただきたかった…

私が渡されたのは、マスクのみ。

そのシチュエーションで手を引かれて潜る。

焦るー、、、
でもとりあえず海の中を覗いてみると、魚が沢山いてどうでも良くなる。

アレは◯◯だよ!
と教えてもらうけれど、魚に詳しくない上に、ポルトガル語分からない。

ただ鸚鵡返しして終わってしまうのが残念すぎる。


昨日に引き続きトニー先生は寒いと言い、早々に切り上げてしまったので、一人泳ぐ事に。
息の交信が出来る方を借りていく。
やっぱり快適だった!

あそこから先は行くなよ!
ウニに気をつけろよ!
溺れたら言えよ!

常に心配してくれて、守ってくれているトニー先生には、本当に感謝しかない。

IMG_7057.jpg


たっぷりと海を満喫させてもらい、casa14に戻る。
戻る途中ルーに会い、『今日は誕生日ね!おめでとう!』と言われる。
伝えていなかったのに、知ってくれていた事に驚き止まっていた私に、
ルーのポルトガル語をトニー先生がポルトガル語で通訳してくれる、という事態が起こった。
結局ポルトガル語。


ルーのメッセージから始まり、本当に沢山の方にお祝いをしていただいたブラジルで迎えた誕生日。

トニー先生とビルーは、年齢を何度も聞いてくる。
内緒だと言っているのに…

同期からは変な動画が送られてきた。
竜太先生が髪を切ったという隠し撮りもww
練習後の風景が映っていて、日本にいるみんなが恋しくもなったけれど、それと同時に、一つでも多くの事を身に付けて帰らないと!とも思った。


夕方からの子供クラス、基本的な動きを練習した後は、一人づつテスト

IMG_7024.jpg

トニー先生から言われた動きをやってみます。

私もテストされるんじゃないかと内心ドキドキしてみたけれど、呼ばれず実は少しホッとした。


練習後には子供たちが『おめでとぉ~!』と抱きつきにきてくれた!


「何歳なのー?」


でたッッ!子供たちからの無邪気な質問。
とりあえず、みんなの年齢を聞いて誤魔化してみるけれど…全然ダメ。

内緒だよ!と念押しして、仕方なく答える。

聞くだけ聞いて興味無い感じは笑えた。
音楽練習しに行っちゃった。

IMG_7026.jpg

内緒だよ、と何度も言ったのに、
大人練習の為にやって来たビルーにすぐ教えてる…
忘れちゃったのか!?私のポルトガル語がいけなかったのか!?

ビルーは私の年齢を聞いて笑ってるし…
良い意味でらしいけど。


大人練習は、ウーゴ先生のレッスン。
流れながら基本の動き、連続した動きを練習。
夢中過ぎて、細かな練習内容は忘れてしまったけれど、なかなかハードで面白かった事は覚えてる。


最後は誕生日ホーダを開いていただき、みんなとジョーゴ。

IMG_7027.jpg


IMG_7028.jpg
子供たちも残ってくれていた!


IMG_7029.jpg
なんと!ウルソ相手に頑張ってる!!


IMG_7030.jpg
かと思ったら、ビルーに派手に転ばされてる…


IMG_7031.jpg
ジョエリャーダを顔面で受ける…


IMG_7032.jpg
volta do mundoで気を抜かない事をしっかり覚えた。


IMG_7033.jpg
ジョーゴですぐにやられたけど…


倒されまくり、ヘロヘロ。
そんな時に聞こえてくるみんなの歌声にはホント元気をもらえた。

フラカォン先生、メシカーノ先生からは、今日はアカデミーア行けないけどゴメンね。
と連絡までいただき、ブラジルで一人寂しく誕生日を迎えるはずだったのに、
最高に幸せな忘れられない誕生日を過ごさせてもらいました。

これだけでもお腹いっぱいなのに


IMG_7034.jpg

ケーキまでー!!!!


泣ける、、、

泣かないけど。
実はもう既に何日か前に泣いたから。同期の鳥からの連絡で。


ケーキの食べ方は日本と一緒なんだー!
IMG_7035.jpg

というか、ブラジルと一緒だったんだ!

知らなかっただけで、同じ事をさせてもらっていたんだ!という事が沢山ある。
カポエィラ・テンポ凄い!


あ、ケーキを切る時、ブラジルでは誕生日の人がケーキにナイフを入れ、下から上に向かって切るんだそうですね!

知らなかった~!
普通に上から下にナイフを入れたら、見ていたトニー先生にブラジルは違うと言われ、
イタズラされているんじゃないかと実は疑いました…
けれど、ブラジルのおまじない?縁起物?願掛け?的な事らしいですね。


幸せな誕生日をありがとうございました!!
IMG_7036.jpg
日焼けしてる。

滞在残り4日。
明日も盛りだくさんな1日になりそうです!

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/06/13(水)
日曜日なので練習は1日お休み。

午前中はトニー先生が海に出来たプールへ連れて行ってくれました。

IMG_6854.jpg

泳いでいると『japonesa !』と子供たちに言われる。
珍しく中国人て言われなかったなぁ、と思っていると、『俺の生徒だ』と。
なるほど、そういう事ですか。

トニー先生、少し泳いでギブアップ。
寒い寒い言ってます。
『俺は細いからな!』って…

Jandaiaは…
その先は言ってなかった。はず!!
そういうのは、不思議とちゃんと聞きとれる!


ビールを買ってきてくれるトニー先生。
海とビール。最高!

ただ、お昼も近い時間だったので、陽射しはやっぱり激しく、パラソルに移動する。

IMG_6845.jpg

カイピリーニャ、飲むだろ?
おじさんのワゴンで作り出すトニー先生。
知り合い?何なの!?
そんな素振り一切無かったけど!


◎先輩から聞いていたトニー先生の噂◎
道に迷って帰り道が分からなくなったとしても、
『Mestre Tony』と会う人に言い続ければcasa14に戻ってこれる!


日本で聞いた時は、笑いながらスゴーッッ!!って思っていたけれど
ブラジルに来てから、ホントに本当なんだろうな!ってよく思う。
トニー先生がいない所に行っても、トニー先生を知る人たちによって守ってもらっている。
お店でもよくMestre Tony?と聞かれた。

だから、きっとこのワゴンのおじさんも知り合いなんだろうな。


トニー先生が簡単な言葉を選んでくれての会話。
『Jandaia、だいぶ言葉も使えるようになったな』
的な事を言ってくれた。(都合の良い解釈かもw)

ただ、褒めてもらった側から、自分の思いを文章で伝えられない。

『言われてる事は分かるけど、上手く伝える事が出来なくてゴメンなさい。』
この気持ちを伝えたかった。
文章分からない…。

携帯持ってる。
携帯に頼る。

いつまでもコレではダメなんですけどね…。

トニー先生はポルトガル語に変換された文章を見て
『大丈夫だ、お前が思ってる事は分かってる』
と言ってくれた。

日本にいる時から、ブラジル行きを不安に思っていると
なぜかいつもタイミングよくトニー先生から連絡があった。
『待ってるよ』と。

Mestre Tonyには地球の裏側にいる生徒の気持ちまで分かってしまう。
トニー先生の愛は計り知れない。

IMG_6846.jpg


お昼はアカデミーアで子供たちとシュハスコ。

IMG_6847.jpg

たくさんのお肉と、魚を焼いてもらう

IMG_6848.jpg
写真イヤがるのにご飯に夢中で拒否るの忘れるジョアオン

IMG_6864.jpg
身体コチョコチョされるの弱いのに、されに来るジエゴ

IMG_6868.jpg
いつも、カポエィラの練習あるのか聞きに来るジュリアナ。
この日は凄い恥ずかしがってた

IMG_6865.jpg
肉が凄い良い匂いだと言っているトニー先生

IMG_6866.jpg
呼ぶとちゃんと来るジキ
そして、メチャメチャ賢い!

階段でトニー先生の帰りをいつも待っているし、
ソワソワし始めたから何かな?と見ていると、トニー先生が現れる。
姿も見えないし、私には足音すら聞こえないのに!

更に、扉を開けて欲しい時とか、ジキが呼びにくるから驚く。

でも、抜け毛が激しい。
そして、撫でると手が臭くなるからヤメろと言われる。
みんな集まってるから一緒に居たいのに『あっち行ってろ!』と言われ
猛ダッシュで逃げて行く姿はよく見る。
可愛そうに…。


この日の私はここで終了。
激しい頭痛でこの後何も出来ず。
トニー先生が、ヒオヴェフメーリョに行って船に乗るぞ、と言っていたけれど…
ただただ寝て終わってしまった、、、
練習がない日で良かった。


書ける事がなくなってしまったので、忘れないうちに持ち物メモ。
~準備不足編~

⚫︎ムヒ
ー滞在4日目くらいから異様に蚊に刺された。
けど蚊取り線香は使わなかった。

⚫︎飛行機の預け荷物は何があるか分からないので、カウサ・カミーザ、帯は手荷物で!

⚫︎水中カメラ
ーやっぱり持ってくればよかった、と後悔したモノ。

持って行って良かった編はまた次の機会に。

タグ : カポエィラ カポエラ カポエイラ ブラジル

2018/06/10(日)
『Red Bull PARANAUÊ 2018』
カポエィラのイベント」の正体。


もしかしたら、どんなイベントなのか説明をしていただいていたのかも知れませんが…理解しておらず。

でも、ソレは観ただけで 勝敗をつけるカポエィラ をしているんだな!と分かるものでした。

IMG_6799.jpg

詳しい事は分からなかったので、イベント後に調べてみると、

『世界で最も完全なカポエィリスタを選ぶ』

と記載されていました。
そんな大きなイベントだったなんてー!
もっとちゃんと観てくればよかった…


もぉ、とにかく暑くて熱くて、立ってるのもしんどい。
行く前にトニー先生にも、日焼け止めをしっかりしていけよ!
と言われたのに、急いで出てきて忘れる。
かなりへばっていたので、会場でお会いしたM.Lucasの影に隠れてな、と言われる始末。

そんな感じで満足には観てこれなかったRed Bull PARANAUÊですが、
せっかくなので備忘録として、私が個人的に感じた事を。

IMG_6800_2018051422484612f.jpg


イベントは既に始まっていて、暑さも手伝い凄い熱気。
(見てください、この雲一つないド晴天)

ステージは殆ど見えず、、、
分かりにくい写真が多くすみません。。


カポエィラは基本的に明らかな勝敗をつける事がなく、
他の格闘技と違って、誰が一番なのか
また、一番を目指す為に闘う
という事が通常のホーダの中では行われないので、
勝敗を決めている、という事は分かっても、最初は不思議な感じがしました。


勝敗をつけるからといって、カポエィラの技を使って相手をボコボコにしたり、倒し技ばかりが行われている訳ではなく、
あくまで相手を尊重しあい、その中で技を出し自分のベストを尽くす。
最後は握手やハグで相手を讃える。
カポエィラの根底にあるものは変わらず存在していました。

IMG_6801.jpg


そうなると、勝敗の決め手はどこなんでしょうか…


何人かのMestreがステージ脇にいて、旗を挙げ判定を行っている様でした。
(この青い囲いの中にMestreが居ます)
IMG_6807_20180514224846b6b.jpg

Mestre Nenelだよ!とか教えてもらうも、ほぼ後ろ姿で残念。
Mestreたちが勝敗を決めるんだから、選ばれた人にとって、こんなに喜ばしい事はないんだろうなぁ〜

IMG_6803.jpg

こちらが女性の優勝者。
男性は撮り損ね。

IMG_6809.jpg
ステージに置かれているルーレット。
パンデイロに見えますが…
名前は『volta do mundo』


・REGIONAL Toque:Banguela
・ANGOLA Toque:Jogo de Dentro
・CONTEMPORANEA Toque:São Bento Grande Regional


と書かれていて、ルーレットで出たToqueに合わせて指定のジョーゴをする様です。

volta do mundoしてからジョーゴする。
良いですね!

何が出るか分からないし、何が出ても対応できなければいけない。
『最も完璧』とはそういう事なんですか??
だらだらと書いてはみたものの、結局私のようなペーペーにはよく分かりません…


優勝者が決まった後、広場のあちこちで自然とホーダ が出来、ジョーゴが行われていました。
そっちを見れた事の方が私にとっては大きな収穫。
…相変わらず暑さにバテてたけど

IMG_6822.jpg

ダンス要素が強い人や、飛びまくってる人、スピードに長けた人…
色んなカポエィリスタがいて、それぞれが尊重され、
時に熱くなり過ぎても、やっぱり最後は笑顔で握手・ハグをして終わる。

出てきて良いよ!と言われるし、テンポの生徒で同じ黄緑帯のMariaに一緒に出よう!
と何度か誘ってもらうけれど…
Jandaia気持ち悪くてゲボリそうだよ。。。

IMG_6810.jpg

IMG_6834_201805142248595f5.jpg

IMG_6812.jpg

IMG_6813.jpg

なんか、ホント凄かったんですよ。
息をするかの様に自由に身体を使い、超人みたいな技を繰り出す人が沢山いて!


ジョーゴを始める人が居れば、自然とそこにホーダが作られ、歌う人がいる。
みんなで作りあげている。

ブラジルに来てから、ソノ感じが凄く良いなぁ、好きな時間だな、と感じる場面が沢山ある。

例えばアカデミーアでの練習前もそう。
誰かがビリンバウを弾けば周りもそこに加わって一緒に弾いたり、歌が始まったりする。
軽く弾いてみるつもりが時にスパルタ練習になってツライ時もあったけど…
それも含め、やっぱり良い時間を過ごせた。
みんなカポエィラが大好き!


IMG_6836.jpg
話が逸れましたが…
こちらはContra Mestra Tekka。
ブラジルの方も日傘するんですね〜
途中入れてもらい、かなり助かりました。

お隣はKabeção先生!やっぱりカッコいい!
昨年ワークショップに参加させてもらってからずっとファンです(笑)隠し撮り…ではないです!

他にもMestre QueixadaやMestre Vermelho28…


本当に色々な団体のカポエィリスタが集まっていて、
カミーザに書いてあるグループ名をメモっていたのですが、多すぎて途中で諦めました。

それだけ注目度が高いイベントだったんですね。。。
訳も分からず行った事、暑さに負けた事をやっぱり今更本当に後悔します。



陽もだいぶ傾き、人混みも抜け遅ればせながら、ようやく元気。
ビルーと夕陽を見に高台へ。

IMG_6814.jpg

他にも多くの人がその瞬間を楽しみに集まっていました。

IMG_6838.jpg

只々キレイ。
絶景でした、、、

IMG_6826_20180514224857a6c.jpg

陽が沈むと、拍手と歓声が…


行くように言ってくれたトニー先生にも、連れてきてくれたビルーにも、なんかもう全部に感謝。

なんだか忘れていたなぁ、こういう感じ。


心地よい風も吹き始め、幸せな時間。

また始まった、いつの間にかビルーと歌を歌う。
一曲ずつ交代で。

違うフレーズもあるよ!と歌詞を書いてもらって教えてもらうも、発音で大苦戦。

ビルーみたいにステキに歌えるようになりたいなぁ〜


帰り道、海がとてもキレイ

IMG_6815.jpg

我慢出来なくなって、海に突撃。
ライトに照らされた海は暖かくて、楽しすぎたけど
2人とも水着じゃなかったので、次また来ようと約束して帰る。


バスに乗る機会が多く、だいぶ乗り方は理解したけれど、
急に目的地経由のバスが来たりするので小銭の準備が間に合わない。

バスに乗る時、買い物をする時含め、大きい額のお金は好まれない様ですね。

毎回慌てる私に、ビルーが今回の分はコレ、次の分はココに入れるよ!と。
何から何までスミマセン。


渡伯前、Pinauna先輩から教えてもらっていた『Valeu』という単語。
ブラジルでは、バスを降りる時とかにValeu(ありがとう)を使うそうで、
実際先生たちの会話の中でも何度も耳にしてはいたのですが
いつも『Obrigada』が出てしまい、言った後にあーッッ、今!と悔やんでいました。

しかし、遂にこの日の帰りにValeuデビュー!
自然とこの単語が出た自分にビックリして、嬉しかった事を覚えていますが
運転手さんに上手く聞こえていたでしょうか。
もっと自信を持って使える様になりたいなぁ〜


アカデミーアに戻ると、忙しそうに仕事をしているトニー先生。
今夜はお友達の誕生日会に行くそうです。
行くか?と言われたけれど、長かった1日。
そろそろ終わりにしたかったので、おやすみなさい。

明日はトニー先生と泳ぎに行くそうです。

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド