青帯メンバー

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/02/17(金)
私事ですが今月から拝命して働くことが決まりました。
社会人になりやっと仲間と同じ土俵に立てることに、嬉しくもあり名残惜しい気もします。

さておき、就活を経て切実に思うことがあります。
それは、ただ生きてカポエィラを続ける事がどれほど難しいか、ということです。


IMG_20170215_220416.jpg


テンポに入団してから、間もなく9年の歳月が経ちます。
その間に学生は社会人となり、社会人は異動や転職で、カポエィラから離れざるを得なくなる者を少なからず目の当たりにしてきました。
仕事の関係でなくとも病気やケガで、家庭の事情で、はたまた個人の事情で幾人が過ぎては去って行ったことでしょう。
また、練習に来られている仲間の話を聞いてもやはり、今は時間の融通が利く部署で、とか閑散期だからという状況で、みんな忙しい合間を縫ってカポエィラを続けているという感慨をもちました。


001.jpg


さて、いざ就職に際し自分も続けられるのか、と考えても自信がないです。
今までより生活に制約がかかり、時間も体力も限られることは間違いありません。
そして、これまでのように定期的に練習に参加し、技術も肉体も上昇する機会は次第に減っていくでしょう。

かつての自分ならカポエィラができなくなりゆく事に、不満を覚えていたと思います。
しかし今ならそうは思いません。
仲間の姿は、誰もが様々な束縛と闘い、時に負けながらも精一杯カポエィラに勤しんでいる(いた)という事を示してくれたからです。


o0510034011961675988.jpg


大昔、ブラジルへ連れてこられた奴隷たちは労働のなか、わずかな余暇の間にカポエィラを作り伝承したと一般的にいわれています。
悠久の時を経た今も、その営みは変わりません。
僕もカポエィリスタとして、あるいはテンポの生徒として、苦境の中でも強く生き抜きカポエィラを後世に伝えた奴隷の様に生きたいです。
それは育ててくれた竜太先生や仲間に対して、あまたの感謝を言うよりも意味のある最大のお礼になるからです。


14650050_1179797628779531_3547601079125424174_n.jpg

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2016/11/01(火)
カポエィラ・テンポが出演する秋の大イベントは、毎年恒例の青山まつりパレードです。
今年は30回目を迎えて参加団体も30組に増加。
僕たちの他にはリオデジャネイロ・パラリンピック日本代表の正木選手、高桑選手やヤクルト・スワローズのつば九朗などの著名人(鳥)も参加されていました。

さてイベントの規模は大きくなっていますが、僕たちのやることは変わりません。
パフォーマンスをしながら2~3㎞行進します。

start_2016103121073359f.jpg
開始は青山一丁目です。表情に余裕がうかがえます。



1.jpg
行進中は竜太先生の指揮で動きを合わせます。


martelo-1.jpg
マルテーロゥが綺麗にそろいました。



hayashi-kamiyama.jpg
gutty.jpg
途中で止まって2人組でジョーゴもします。車線からはみ出たら車に轢かれてしまいます。



ogui.jpg

hayashi.jpg

lyoma.jpg

catsuo.jpg
ソロです。歩道と車道からも好奇の目で見られます。

以上の様なことを繰り返してゴールを目指したのでした。
カポエィラ経験者なら理解して頂けるでしょうが、瞬発的なジョーゴやアクロバットを何十分も続けることはとても体力が必要なのです。
つくづくテンポはサービス過剰という他ありません。

ところで今年から優秀なパレードには表彰が与えられることになりました。
そしてなんと僕たちは東急不動産賞を受賞したのです。
lyuta.jpg

商品として、賞状と宇宙食を貰いました。カポエィラ・テンポ火星支部への布石ですね。
賞状は後日送付となるので出来レースでないことは確かです。
proteinbar.jpg

どんな形でも自分たちの活動を評価されるのは本当に嬉しいものです。体を酷使した甲斐がありました。
後は偶然カポエィラを観た人がどこかでカポエィラを始めてくれたら御の字です。
カポエィラを始めた方々のきっかけは道で見かけたとか、テレビで見たとかがまだまだ多数派ですからね。
適当に文章も結べたところで、次のパフォーマンスは11月12日新宿文化センター「踊りの祭典」に出ますのでご都合よろしければ是非見に来てください。




おまけ
控室のHONDAビル展示場にて・コーナーを攻める荻原さん
ogui-2.jpg

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 青山 パフォーマンス

2016/10/04(火)
アカデミーア花壇のキアーボ初収穫!
本来であれば真夏の盛りに人間の背丈ほどにも成長し、茎と葉の間にあれよあれよとポコポコ実をつけるキアーボことオクラちゃん。
9月も半ばになって、やっと、実を付けた一つが食べられるまでに成長しました。
やったー。
こちらがその写真です。
オクラ

左下の1つが、それです。食べ頃ですねー。
更に3つ、4つほど、上の方に蕾がついています。

なんと言っても初の収穫ですので、ここはテンポ代表の竜太先生宅で消費していただこうと、4人家族には物足りない1本だけのキアーボを献上させていただきました。
おいしかったですか?
野菜嫌いでもキアーボならいける、と聞いています。
どうやって食べたのでしょうか?
まだ冷蔵庫の中にあったりしないですよね?
気になってます。
(※かなり野性的な味でした)

それにしても、キアーボ収穫まで、長い道のりでした。
私はひとり、ハラハラしていました。

思い返せば、昨年2015年12月から大久保のアカデミーア工事が進み、本年2月に始動。
アカデミーアのあるGENスポーツパレスは、入口脇に花壇がありました。
GENスポーツパレス花壇

露草などかわいい草花も生えていたのですが、とは言っても、そこに育っていたのは雑草達。
3月に入って雑草を抜き、アカデミーアオープンのお祝いでいただいた草木を植えたり、整備をしました。

本来であればお花が望ましいところですが、枯れ木も山のにぎわい、ということで、三つ葉をその時に植えました。
私は自宅近くの3畳ほどのスペースで農園をしており、春になって芽を出した可愛らしい三つ葉の株がすぐ手に入ったからです。
北側日陰の花壇は三つ葉には良い環境だったらしく、今となっては育ちすぎ、強すぎる主張をしています。
花壇の縁を彩るだけのつもりが、もっさもっさと縁からこぼれ落ちているほどです。
花壇の三つ葉

三つ葉は多年草のため、冬には一度姿を消しますが、3月頭にまた顔を出します。
芽吹くその姿はとても愛らしく、今年も会えたね♪と思わせられるかもしれませんが、1年経ち、内容が充実した花壇には最早不要と思えて仕方ありません。
三つ葉、おうちに一株あるととても便利です。
お吸い物にのせたり、彩に。
三、四株あればおひたしやサラダにもなります。
いつでも株分け致しますので、お声かけください。

話がそれました。
私はひとり、ハラハラしていました。

整備した花壇に、またしても私は花ではなく野菜を植えました。
それがキアーボです。
お花が良いとわかっているのに。
しかし、カポエィラの歌には、キアーボが登場するものがあります。
現実に目の前で育つキアーボを見て歌を知ることで、歌に親しみを感じるかと思い、お花ではないけれど良い選択だと思いました。
子供達に教えてあげてください、などと言って花壇に植えました。
しかし、なかなか育ちません。
太陽大好きなキアーボなのに、花壇は北側日陰に位置していたのです。
ガーン、ショック!と言いつつ、その位置関係は知ってのことでした。

自分の農園ではきっちりと夏に実がなり、収穫を終え、枯れていきました。
もしかしたら、アカデミーアのキアーボは実がならないまま、引き抜くことになるかもしれない。
練習でアカデミーアに行くと、入口左の花壇を見ては、私はそんな瞬間を度々想像しました。
キアーボの根は深く大地に広がり、抜くときはしっかりとした手応えがあり、その分、悲しさも増すでしょう。
そして、「北側日陰の影響は予想以上のものだった。なんてことだ。」と語る自分。
今日はまだ大丈夫だ、と思いながらも、陽は短くなり、平均気温が下がり、いつまで夏と言えるのだろうか、とハラハラ。

こんな悲しくも陳腐な想像を吹き飛ばした、今回の収穫!
しかも、こまめにチェックしていたくせに、上部の3つの蕾に目がいっていて、左下の実がこれだけ育つまで気が付いていなかったのです。
びっくり二倍。
たった1つの収穫ですが、私は実に嬉しかった。
北側日陰に打ち勝ったオクラの生命力に感謝です。

あと3つほど実がつきそうです。
既に、収穫した節の上に1つ実が成っていました。
中央の葉の奥には黄色いキアーボの花が見えています。
こちらも、花が落ちて数日後には実がつくでしょう。
まだまだ育つことを期待して、ちょいちょい経過を見てやってください。オクラその後

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 大久保

2016/01/30(土)
柏木最終日のメンバーで

はい。柏木での最後の練習終わりました~。

グダっと

最後はグダっと、いささかあっけなくでした、と。

大久保アカデミーア移転にあたって、今週は続々と最終練習が続きます。

月曜日 芸能花伝舎

(月曜日・水曜日:芸能花伝舎)

火曜日 新宿マイスタジオ

(火曜日:新宿マイスタジオ)

地図

主に木曜、金曜の練習場所である「柏木」。

週後半が練習日だった自分には、よく練習した場所です。

西新宿駅1番出口

東京メトロ「西新宿駅」を出て、

この道まっすぐ

青梅街道を中野方面にまっすぐ。このジョナサンよく行きました。

もうやんカレー

もうやんカレー!いや~ここのお店も中々行かなくなるなあ。

ここを右折する

地図参考に高層ビルとビルの間の道を右折。初めは若干ここでいいのか不安になる場所。

私が始めた2007年ごろは、スマートフォンも普及して無かったので、印刷した地図を頼りにしてました。


以前のこの場所

そうだった!その頃はこのあたりは工事中だったのでした。

現在

現在は高層ビルが完成。月日が経つのは早い!

魔の交差点

直進する見つかる標識と交差点。周りのローカルぶりに本当にこの道で合っているのか?

と不安になる魔の交差点。

標識

う~ん標識にはこちらと書いてある・・・勇気をもって左へ進め。

不安な細道

さらに不安な細道を進むと・・・

聖地 柏木

到着。「柏木」。迷った人数知れず。

かなり古くからテンポのメインの練習場所の一つでした(いつからかは自分も知らない)。

結構古くから

探すとかなり古い写真の背景にも多いねえ。自分も初めて実際の練習参加したのもここだったか。

今回とても前向きな理由でこの地を後にしますが、

かしわまつり

まあ毎年かしわまつりとかもあるので、たまに来ることもあるでしょう!

ひとまずこれにて。

(私のあなたのみんなの)聖地「柏木」お世話になりました。ありがとうございました!

木曜と言ったら相沢さん
「木曜の住人相沢さんと、みんなで 1/21(木)」

カポエィラさ~ん、OKでーす。お疲れさまでした~。


タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ

2015/07/14(火)
待タセタナ!!

待タセタナ!!

2015年6月28日。今年もバチザード&トロッカ・ジ・コルダス(昇段式)開催されました。
今回のバチザードについて、ワタクシ「外国でカポエィラ」シリーズでお馴染み?のタルタルーガがレポートしますよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全体説明

今回の開催地は、土曜日の練習場所でもある、芸能花伝舎です。まさにホームグラウンドですね。
会場前に全員集合して、竜太先生から本日について説明を受けます。
みんな揃うとやっぱりメンバーいっぱいいますね!

荷物を積み込む

会場が開くと同時に荷物を積み込みます。
それぞれ決められた係りが、一斉に担当業務に取り掛かります。

客席係

コチラ客席、子供用ゴザ設置係。当日のお客様向けにイスの準備。イチジョウ女史の激が飛びます。

ゴザ係

ゴザは子供メンバーの座席として使用します。

旗を張ります

旗張り係は高身長のメンバーが脚立を使って曲がらないよう気をつけて張ります。

ホーダ書き
上田隊長

ホーダ書き係は上田隊長の指揮の下、きっちり床に円を描きます。ここが今日のメインの舞台となります。

ベテランモップ係

ベテランモップ係の土屋さんが通りますよ!!

ビデオカメラの調整

ビデオカメラのチェック。初めから最後まで記録しますので、バッテリー残量や画角をチェックします。

物販係

こちらは物販係。ビリンバウやパンデイロといった楽器やCD、Tシャツ等の販売準備です。
左端に見えるのは、3年振りのバチザード参加の神山営業マン。この日のセールス結果や如何に!?

CD販売中です!

今年のCD好評販売中です!練習場所でぜひお求めください。

楽器係

続いて楽器係。使用する楽器の調整をします。林先生が念入りにチェックします。
最高の音色で今日の日を盛り上げます。楽器の調整はとっても重要です。

ノリノリ

しばらくしてブラジルの先生たちがやってきました。
コントラメストレ・ヴェフメーリョ音楽聞いて既にノリノリです!

設営準備完了!

そんなこんなで無事に準備完了!

お客様もいっぱいです

お客様、他団体のカポエィリスタのみなさんも来場していっぱいです。ありがとうございます!

ちなみに場内に入ってから、開始までの時間はなんとわずか30分!しかありません。
その状況で全てやってしまうのですから、テンポのメンバーの組織力凄いです!

メストレ・トニーから一言

それでは、第13回バチザード&トロッカ・ジ・コルダス始まります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ホーダ・ド・グルーポ】

ホーダ・ド・グルーポ

まずはホーダ・ド・グルーポ。テンポメンバーのカポエィラをお見せします。

二つに分けます

途中から2つに分けます。みんな出ますよ!出ましたか?

指導者紹介

続いて指導者紹介。来場いただいた他団体の指導者の方々の紹介です。

新宿区長からのご挨拶

そして、今年は吉住健一新宿区長からご挨拶いただきました。
ご多忙の中、来場ありがとうございます。

【ジョーゴ・ジ・イウナ~指導者ジョーゴ】

飛びます!

イウナのトーキに合わせて、派手な技やバラォン(投げ技)を見せます。

飛ばします!

今年も飛びます!飛ばします!

指導者ジョーゴ

そのまま指導者ジョーゴへ。ハイレベルのジョーゴが繰り広げられました!

【子供バチザード~青帯昇段】

子供バチザード

子供のバチザード(入門式)から開始します!

子供黄緑帯

初めての帯、黄緑帯をもらい、アぺリード(あだ名)の発表です。

ミチロウとネギーニョ

続いてトロッカ・ジ・コルダス(昇段式)、2番目の帯は緑帯です。初めての試験に合格した者がもらえます。

ウォー!!
緑帯を渡す

先生2名相手に頑張りました!

子供黄帯ジョーゴ

3番目の帯、黄帯です。今年は2名。ここからコンプラール・オ・ジョーゴ(割って入るジョーゴ)になります。
お互いが助け合って戦います!

兄弟対決

兄弟対決!昇段ジョーゴの時に、家族や縁のある人間がジョーゴ入る場合があります。
子供だったり恋人だったりといろいろあるのですが、粋な演出ですよね!

黄帯を巻かれる

黄帯はテンポではアクロバットを頑張る帯です。これからいろいろ練習しましょう!

子供青帯ジョーゴ

4番目の帯、青帯です。青帯は当てる技やケーダ(倒し技)も繰り出す闘うカポエイラの段階の帯です。
子供と言っても遠慮はしないですよ!今年は1名。結果や如何に!?

正太郎さんのチゾーラ!!
子供青帯昇段

子供たち頑張りました!これから新しい帯でまた練習頑張りましょう。ハイ!チーズ!

子供たちで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【大人バチザード~赤帯昇段】
会場の子供たちの盛り上げた勢いに乗った感じでしょうか、いよいよ大人の部が始まります!

bonitaジョーゴ

さあ!まずはバチザード。黄緑帯です。初めてこの舞台に立ちます!

小林ジョーゴ

いつもの練習場所なんですが、みんな緊張しつつも、しっかりジョーゴします!

黄緑帯昇段

今年は15名中なんと4名が親子でカポエィラをやっています。
私が始めたころは親子でカポエィラはまだ珍しかったのですが、
テンポのメンバーもみなさん年を取って、親の世代になってきてますから、
文字通り家族の団体となってきつつあります。家族円満にカポエィラ!いいですね!
初めての帯おめでとうございます。ようこそカポエィラの世界へ!

緑帯昇段開始

続いて緑帯昇段。

吉田ケイシャーダ
高石攻める!

基本、先生2人とジョーゴします!

さらに入ってくる

が、ラスト盛り上がってくると、さらに入ってきます!

高石倒される
緑帯のみんなで

緑帯では初めてビリンバウやパンデイロ等の楽器の基礎に、歌やポルトガル語の試験があって、
実は一番大変だったりします。同時に試験を通じて、黄緑帯⇒緑帯は実力が飛躍的に伸びる期間でもあります。
試験大変だったと思います。お疲れ様でした。昇段おめでとう!

三浦ジョーゴ

3番目黄帯昇段!コンプラール・オ・ジョーゴです。今年は8名。キャリアの近いメンバーが集まりました。

バトルロワイヤル的な

なので、入れ替わり立ち替わりで、バトルロワイヤル的に大盛り上がり!

頭にヒット!
学ジャンプ!
ぺケーナ飛ばされる
黄帯昇段

いや~盛り上がりました!黄帯は緑帯より経験を重ね、アクロバットもやっていく帯です。
ここ数年は黄帯の昇段者も多く、層も厚くなってきました。いい流れです。
黄帯はやれることが今以上に広がりますし、青いカウサに映えます!私は楽しい時代でした。
また一緒に練習しましょう。お疲れ様でした!みなさんおめでとう!

村井ジョーゴ

4番目青帯昇段。闘うカポエィラの段階の帯。今年は1名。先生たちは隙あらば倒しに来ます。

ケーダ
トニーに倒される
厳しい攻撃

ちょっとの油断も絶対に出来ません!・・・・・・。ん!?

後ろ!後ろ!

村井さん!後ろ!
志村!後ろ!後ろ~!

青帯昇段

青帯は闘うカポエィラの段階の帯で、その言葉通り、昇段するために倒し技や当てる技を練習します。
相手を傷つけることに意義を求めるのではなく、カポエィラの技術の一つとして扱えるように求められます。
同時に青帯は現在のテンポの中では、生徒の段階では一番上であるので、責任も重くなります。
特に女性だと闘うことについて、性格や体力的に時に厳しいこともあります。
ですが、その中で青帯への昇段にチャレンジにしたことに感謝します。これから青帯の一員として力を貸してください。
村井さん昇段おめでとうございます!

興奮と幸運を

5番目赤帯昇段。赤帯はFormadoといって、一通りの事を修了して認められた人を指します。
テンポでは指導者として正式に支部を持てる重要な帯です。昨年に続き今年も赤帯昇段者が出ました。
カツオ先生ついに昇段です!

赤帯ジョーゴ

たくさんの先生と厳しい闘いです!技術の全てを繰り出します!
私もスタートからビリンバウで激しく盛り上げます!

激しい攻撃
シャーパ!
ガード!
チゾーラ!!

タルタルーガ、実はカツオ先生とは2008年に初めて帯を取った同期でもあります。
現在もカポエィラ続けているのは、もう2人だけになってしまいました。
テンポで彼は指導者として、私は旅ブロガーとしてそれぞれ個性を発揮しています。
2008年組からもついに赤帯が現れました。当時の仲間たちもきっと喜んでくれると思います。
ナイスファイト!本当に良かった!

Formado Papa capim Parabéns!

Formado "Papa capim" Parabéns!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ホーダ・アベルタ】

ホーダ・アベルタ

最後は例年通りホーダ・アベルタです!昇段した人もそうでない人も楽しくジョーゴしましょう!

フロレイオ
マカーコ

レウとサンバ!

からのサンバ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メンバー全員で

今年も無事にバチザード終わりました。
また来年に向け一年が始まります。

晴れの日に興奮と幸運を。

参加したメンバーお疲れ様でした。またご来場いただいたみなさま本当にありがとうございました。
以上、タルタルーガのバチザードレポートでした!

これからブラジルフェスタもあるし、昇段した人たちのブログも続々掲載されると思います。
読者のみなさま、お見逃しなくどうぞよろしくお願いします。


見逃スナヨ!!


見逃スナヨ!!

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド