青帯メンバー

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/02/17(金)
私事ですが今月から拝命して働くことが決まりました。
社会人になりやっと仲間と同じ土俵に立てることに、嬉しくもあり名残惜しい気もします。

さておき、就活を経て切実に思うことがあります。
それは、ただ生きてカポエィラを続ける事がどれほど難しいか、ということです。


IMG_20170215_220416.jpg


テンポに入団してから、間もなく9年の歳月が経ちます。
その間に学生は社会人となり、社会人は異動や転職で、カポエィラから離れざるを得なくなる者を少なからず目の当たりにしてきました。
仕事の関係でなくとも病気やケガで、家庭の事情で、はたまた個人の事情で幾人が過ぎては去って行ったことでしょう。
また、練習に来られている仲間の話を聞いてもやはり、今は時間の融通が利く部署で、とか閑散期だからという状況で、みんな忙しい合間を縫ってカポエィラを続けているという感慨をもちました。


001.jpg


さて、いざ就職に際し自分も続けられるのか、と考えても自信がないです。
今までより生活に制約がかかり、時間も体力も限られることは間違いありません。
そして、これまでのように定期的に練習に参加し、技術も肉体も上昇する機会は次第に減っていくでしょう。

かつての自分ならカポエィラができなくなりゆく事に、不満を覚えていたと思います。
しかし今ならそうは思いません。
仲間の姿は、誰もが様々な束縛と闘い、時に負けながらも精一杯カポエィラに勤しんでいる(いた)という事を示してくれたからです。


o0510034011961675988.jpg


大昔、ブラジルへ連れてこられた奴隷たちは労働のなか、わずかな余暇の間にカポエィラを作り伝承したと一般的にいわれています。
悠久の時を経た今も、その営みは変わりません。
僕もカポエィリスタとして、あるいはテンポの生徒として、苦境の中でも強く生き抜きカポエィラを後世に伝えた奴隷の様に生きたいです。
それは育ててくれた竜太先生や仲間に対して、あまたの感謝を言うよりも意味のある最大のお礼になるからです。


14650050_1179797628779531_3547601079125424174_n.jpg

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2016/11/01(火)
カポエィラ・テンポが出演する秋の大イベントは、毎年恒例の青山まつりパレードです。
今年は30回目を迎えて参加団体も30組に増加。
僕たちの他にはリオデジャネイロ・パラリンピック日本代表の正木選手、高桑選手やヤクルト・スワローズのつば九朗などの著名人(鳥)も参加されていました。

さてイベントの規模は大きくなっていますが、僕たちのやることは変わりません。
パフォーマンスをしながら2~3㎞行進します。

start_2016103121073359f.jpg
開始は青山一丁目です。表情に余裕がうかがえます。



1.jpg
行進中は竜太先生の指揮で動きを合わせます。


martelo-1.jpg
マルテーロゥが綺麗にそろいました。



hayashi-kamiyama.jpg
gutty.jpg
途中で止まって2人組でジョーゴもします。車線からはみ出たら車に轢かれてしまいます。



ogui.jpg

hayashi.jpg

lyoma.jpg

catsuo.jpg
ソロです。歩道と車道からも好奇の目で見られます。

以上の様なことを繰り返してゴールを目指したのでした。
カポエィラ経験者なら理解して頂けるでしょうが、瞬発的なジョーゴやアクロバットを何十分も続けることはとても体力が必要なのです。
つくづくテンポはサービス過剰という他ありません。

ところで今年から優秀なパレードには表彰が与えられることになりました。
そしてなんと僕たちは東急不動産賞を受賞したのです。
lyuta.jpg

商品として、賞状と宇宙食を貰いました。カポエィラ・テンポ火星支部への布石ですね。
賞状は後日送付となるので出来レースでないことは確かです。
proteinbar.jpg

どんな形でも自分たちの活動を評価されるのは本当に嬉しいものです。体を酷使した甲斐がありました。
後は偶然カポエィラを観た人がどこかでカポエィラを始めてくれたら御の字です。
カポエィラを始めた方々のきっかけは道で見かけたとか、テレビで見たとかがまだまだ多数派ですからね。
適当に文章も結べたところで、次のパフォーマンスは11月12日新宿文化センター「踊りの祭典」に出ますのでご都合よろしければ是非見に来てください。




おまけ
控室のHONDAビル展示場にて・コーナーを攻める荻原さん
ogui-2.jpg

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 青山 パフォーマンス

2016/10/04(火)
アカデミーア花壇のキアーボ初収穫!
本来であれば真夏の盛りに人間の背丈ほどにも成長し、茎と葉の間にあれよあれよとポコポコ実をつけるキアーボことオクラちゃん。
9月も半ばになって、やっと、実を付けた一つが食べられるまでに成長しました。
やったー。
こちらがその写真です。
オクラ

左下の1つが、それです。食べ頃ですねー。
更に3つ、4つほど、上の方に蕾がついています。

なんと言っても初の収穫ですので、ここはテンポ代表の竜太先生宅で消費していただこうと、4人家族には物足りない1本だけのキアーボを献上させていただきました。
おいしかったですか?
野菜嫌いでもキアーボならいける、と聞いています。
どうやって食べたのでしょうか?
まだ冷蔵庫の中にあったりしないですよね?
気になってます。
(※かなり野性的な味でした)

それにしても、キアーボ収穫まで、長い道のりでした。
私はひとり、ハラハラしていました。

思い返せば、昨年2015年12月から大久保のアカデミーア工事が進み、本年2月に始動。
アカデミーアのあるGENスポーツパレスは、入口脇に花壇がありました。
GENスポーツパレス花壇

露草などかわいい草花も生えていたのですが、とは言っても、そこに育っていたのは雑草達。
3月に入って雑草を抜き、アカデミーアオープンのお祝いでいただいた草木を植えたり、整備をしました。

本来であればお花が望ましいところですが、枯れ木も山のにぎわい、ということで、三つ葉をその時に植えました。
私は自宅近くの3畳ほどのスペースで農園をしており、春になって芽を出した可愛らしい三つ葉の株がすぐ手に入ったからです。
北側日陰の花壇は三つ葉には良い環境だったらしく、今となっては育ちすぎ、強すぎる主張をしています。
花壇の縁を彩るだけのつもりが、もっさもっさと縁からこぼれ落ちているほどです。
花壇の三つ葉

三つ葉は多年草のため、冬には一度姿を消しますが、3月頭にまた顔を出します。
芽吹くその姿はとても愛らしく、今年も会えたね♪と思わせられるかもしれませんが、1年経ち、内容が充実した花壇には最早不要と思えて仕方ありません。
三つ葉、おうちに一株あるととても便利です。
お吸い物にのせたり、彩に。
三、四株あればおひたしやサラダにもなります。
いつでも株分け致しますので、お声かけください。

話がそれました。
私はひとり、ハラハラしていました。

整備した花壇に、またしても私は花ではなく野菜を植えました。
それがキアーボです。
お花が良いとわかっているのに。
しかし、カポエィラの歌には、キアーボが登場するものがあります。
現実に目の前で育つキアーボを見て歌を知ることで、歌に親しみを感じるかと思い、お花ではないけれど良い選択だと思いました。
子供達に教えてあげてください、などと言って花壇に植えました。
しかし、なかなか育ちません。
太陽大好きなキアーボなのに、花壇は北側日陰に位置していたのです。
ガーン、ショック!と言いつつ、その位置関係は知ってのことでした。

自分の農園ではきっちりと夏に実がなり、収穫を終え、枯れていきました。
もしかしたら、アカデミーアのキアーボは実がならないまま、引き抜くことになるかもしれない。
練習でアカデミーアに行くと、入口左の花壇を見ては、私はそんな瞬間を度々想像しました。
キアーボの根は深く大地に広がり、抜くときはしっかりとした手応えがあり、その分、悲しさも増すでしょう。
そして、「北側日陰の影響は予想以上のものだった。なんてことだ。」と語る自分。
今日はまだ大丈夫だ、と思いながらも、陽は短くなり、平均気温が下がり、いつまで夏と言えるのだろうか、とハラハラ。

こんな悲しくも陳腐な想像を吹き飛ばした、今回の収穫!
しかも、こまめにチェックしていたくせに、上部の3つの蕾に目がいっていて、左下の実がこれだけ育つまで気が付いていなかったのです。
びっくり二倍。
たった1つの収穫ですが、私は実に嬉しかった。
北側日陰に打ち勝ったオクラの生命力に感謝です。

あと3つほど実がつきそうです。
既に、収穫した節の上に1つ実が成っていました。
中央の葉の奥には黄色いキアーボの花が見えています。
こちらも、花が落ちて数日後には実がつくでしょう。
まだまだ育つことを期待して、ちょいちょい経過を見てやってください。オクラその後

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 大久保

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド