FC2ブログ

黄緑帯メンバー

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/09/01(土)
こんにちは。渋谷蒲田五反田支部のえーさく〔sensei〕です。
前回の「準備編」に引き続き、いよいよバチザード(昇段式)当日のことを振り返りたいと思います。
一人反省会にならないよう、今回は3つの嬉しかったことに対する感謝の思いを中心に書きます。

IMG_28082018_191412_(300_x_250_ピクセル)
同じく昇段した、黄緑帯の楽しい仲間達。素敵な笑顔です!


〈1、子供達に感謝!!〉
初めてのバチザード、実は自分の出番よりも印象に残ったことがあります。それは「子供係」です。

メンバーになるとバチザード運営のための様々な係としても動きます。
その一つ、誘導や体調管理といったバチザード中の子供達の面倒を見る係が、子供係です。
基本的には上帯の方がなると聞いていたのですが、諸々の経緯があって係をさせていただけることに。

IMG_28082018_194306_(400_x_250_ピクセル)
子供達のホーダを見守ることも大事な任務。

まず子供達の名前を覚えようと張り切る。
自分を知ってもらえるように、練習で出会えた時に話しかける。
そして、やたらと絡んだ結果、逃げられる…。

ある子供メンバーに「先輩、よろしくお願いします。バチザードのこと色々教えてくださいね。」と挨拶。
「何で先輩なのー?帯がなくても大人だから、しっかりしてー。」との返答。
「はい。」 ごもっとも。

こんな頼りない私ですが、子供達といるとやはり楽しいのです。笑顔になります。
子供達はバチザード本番の大舞台でも、堂々たるもの。改めて感心してしまいました。

IMG_28082018_191730_(450_x_300_ピクセル)
私にとっては大先輩の子供メンバー達によるアクロバスィーア(アクロバット)。すごすぎる。

任務への焦りや不安がありましたが、同じ係の先輩メンバーさん達全員が頼もしく、この係になったおかげでバチザードを違った角度から見ることができました。
終了後、ある保護者の方が「ありがとうございました。」と、声をかけてくださいました。
むしろ、私がお礼を伝えたい気持ちでした。


〈2、応援に感謝!!〉
いざ、黄緑帯昇段の出番(やっと昇段の話)。
トップバッターは、光栄にもトニー先生とのジョーゴです。

IMG_28082018_184938_(450_x_300_ピクセル)

バテリーア(音楽隊)の前に座った時、トニー先生の体調が万全ではないのかも…と、少し心配になる様子が見られました。
私がおかしな動きをして悪化させてはいかん!という、本来燃えるべきところがちょっと違ったかもしれない?ジョーゴとなりました。

IMG_28082018_185945_(450_x_300_ピクセル)

IMG_28082018_190740_(450_x_300_ピクセル)

でも、それは取り越し苦労。トニー先生の軽やかな動きで、見事に転ばされて瞬く間に終了。

IMG_28082018_190920_(450_x_300_ピクセル)

IMG_28082018_190958_(450_x_300_ピクセル)
一瞬、トニー先生が消えた?!と思ったら、自分が床に転がっていました。

ジョーゴを終えて帯を巻いていただいた時、「基本が大事だよ。これからも基本をよく練習しなさい。」(←99%想像の日本語訳)。
トニー先生から何か沢山のアドバイスをいただき、出番が終わってもしばらく興奮冷めやらぬ感じでした。

IMG_28082018_195143_(400_x_250_ピクセル)

IMG_28082018_195255_(400_x_250_ピクセル)
丁寧に帯を巻いてくださり、ポルトガル語で思いっきりアドバイス中。ほぼ聴き取れず・・・(涙)。

ホーダの中の先生方やメンバーさんはもちろん、友達が時間をつくって見に来てくれたり、メッセージを送ってくれたり、温かい応援が本当に嬉しかったです。

いつも散々(本当に散々)お世話になっている林先生はじめ、かかわってくださっている全ての方への感謝の気持ちは、自分が成長することでお返ししていきたいと思います。


〈3、アペリードに感謝!!〉
最後に、アペリード〔sensei〕について。
カポエィラネームにあたるアペリード(あだ名)は、メンバーになって初めての昇段の時期にブラジルの先生方に名付けていただきます。
ここでも諸々の経緯があり、アペリードが最後までどうなるかわからない状況に。このあたりは超個人的内容のため割愛しますが、自分のはっきりしない意思表示、曖昧な姿勢をとても反省しました。
その分、思い入れが強いものとなりました。

IMG_28082018_195420_(500_x_300_ピクセル)

20年間、変わらず一心に目指してきた夢。

夢だった今の仕事への気持ちがアペリードへつながったと感謝し、いただいたアペリードを心から大事にしたいです。 

IMG_28082018_200424_(500_x_300_ピクセル)

そして、子供たちに披露できるような技を身に付けて、「えー!こんなことができるのか!sensei!!」と、いつかびっくりさせるその日まで精進します!!!

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/08/28(火)
こんにちは。渋谷蒲田五反田支部のえーさく〔Sensei〕です。
今年7月8日に行われたバチザード(昇段式)で初めての帯、黄緑帯とアペリードをいただくことができました。

IMG_26082018_201329_(500_x_300_ピクセル)

昨年メンバー入りしてからバチザードを迎えるまでの7ヵ月ちょっと。自分の中で決めていた目標が大きく3つありました。
 1、ブラジルの先生方のクラスと練習ホーダに行ける日は全部参加する。
 2、練習で先生方から言われたことを意識してジョーゴをする。
 3、ブラジルの先生方にポルトガル語で自己紹介をする。

細かい目標については挙げていくと切りがないので、「準備編」として、この3つの目標への取り組みを述懐していきます。
ほぼ一人反省会のような内容…ごめんなさい。

IMG_26082018_202912_(300_x_450_ピクセル)
メンバーになりたての頃、林先生に写真をお願いしたのにパンデイロが全然できず「ごめんなさい」の図。

〈1、ブラジルの先生方のクラスと練習ホーダに行ける日は全部参加する。〉
バチザードの前後にあたる“ブラジルの先生来日強化月間”は、体力面で持つかどうかと怪我や病気が特に心配でした。
でも、「あれ?また来ているぞ。」と思われるくらい、とにかく練習に出て、体力的にも精神的にも少しでも強くなることが目標でした。

何しろ、私の第一印象。身近な人5人に聞いて4人が、「運動できなさそう…。」と答えたことも(皆、正直ですね)。
昔からアスリート、特に体操選手には相当な憧れをもっていました。
とは言え、倒立も側転もできなかった自分が、あ、今もできていないのですが(汗)、カポエィラの世界に飛び込んで「楽しい!!」と思えるのは、本当に周りの方々のおかげだといつも感謝しています。

IMG_26082018_205809_(500_x_300_ピクセル)
バチザード本番のジョーゴでアウーをすると決めていたので、おかしなタイミングで無理やり行う図。

同じことを何度も何度も教わってもできない自分に、あきらめず教えてくださる先生。
話しかけられず挙動不審になっている自分に声をかけ、アドバイスしてくださる先輩。
「一緒に頑張ろう!」「練習しよう!」と、励まし合える仲間。

IMG_26082018_220915_(300_x_250_ピクセル)

結果、1の目標については、ほぼ達成することができました。
ただ、ひたすら練習に参加したというだけで、課題をクリアする歩みの遅さは相変わらず。
正直、後半は睡眠不足と謎の止まらない咳で辛かったです。
それでも、バチザード当日、思ったより緊張することなくジョーゴできた時は、通いつめたかいがあったかも?と、ほんの少しだけ自信につながりました。


〈2、練習で先生方から言われたことを意識してジョーゴをする。〉
これはバチザードまでの目標というよりも、今も、これからもずっと継続の目標です。
五反田支部の練習で、ヴェフメーリョ先生にも林先生にも「練習したことをジョーゴで出すこと」の大切さを改めて教わりました。

IMG_26082018_211032_(450_x_300_ピクセル)
ヴェフメーリョ先生と林先生の迫力あるジョーゴ。

ビジター生徒時代からの直したい癖の一つ。ジョーゴしている時に騒々しい…。
「間違えたー!」「あれ?こうだったっけ??」「○○…、△△…(習った技の順番)。」等々。
2人組での練習中もついつい、頭の中で教わった先生の言葉を反芻していると口から言葉が漏れる。
迷惑になっていると思い、「すみません!」。結局騒々しい人。

IMG_26082018_205958_(450_x_300_ピクセル)
トニー先生とのジョーゴは、さすがに言葉も出る余裕なし。

新たに教わることは理解が追いついていないことが多いのですが、黙った状態でも、練習したことをしっかりホーダやジョーゴの中で出せるようにしたいです。

〈3、ブラジルの先生方にポルトガル語で自己紹介をする。〉
最後です。結果から言うと、玉砕…。
ポルトガル語を書き出したノート片手に、自己紹介をしたことにはしました。質問もしました。覚えていったセリフをたどたどしく伝えるという感じ。
当たり前ですが、先生や先輩が、ブラジルの先生方と心から楽しそうに会話しているようにはいきません。

IMG_09102018_235434_(400_x_250_ピクセル)
バチザード当日は、竜太先生の敏腕司会と通訳で進行されます。

ネイティブの方が話す、音楽のような心地よいリズムのポルトガル語。カポエィラがきっかけで興味をもち、勉強はビジター生徒時代から始めました。
実際は1年半ほどかけて、辞書、単語帳、文法書、問題集、音声CDなど、今では近くの書店よりも充実のラインナップ?と疑うくらい、勉強道具が増えていっただけ。

IMG_09102018_235159_(400_x_250_ピクセル)
「勉強道具」をランダムに積み上げてみた図。そのほとんどがピカピカです・・・。

勉強を始めた頃に覚えた文法やわずかな単語は、ブラジルの先生方が来日される頃には忘れているという…。教訓。トップスピードで走り続けられないことは、配分を考えるべき。
ブラジルの先生方に自分の思いが全くと言っていいほど伝えられない経験を通して、3つの中では最も悔いが残り、達成できなかった目標となりました。

さて、長いのと、だんだん振り返りが悔恨になってきたので「準備編」は終わりにしたいと思います。
結局、本番はどうなったのかについては、「バチザードへの道(当日編)」へ続きます(まだ続くのか!)。

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/02/19(月)
Salve!
渋谷支部黄緑帯のマリアボニータです。

16_20180218222042bc2.jpg
みぞおちに食い込むカベサーダ。

先月21日でメンバー入りを果たしてから1年が経ちました。
しかし感覚的には「え?まだ1年しか経っていないのか」という感じです。
なぜなら、日々の練習が充実していることもありますが、ご存知の通りテンポではそれ以外にもイベントやレッスンがあり、
とても濃い時間を過ごすことができたからです。
今回はそんなカポエイラ テンポのイベントやレッスンをマリボの主観的ダイジェストでお届けしたいと考えています。

<<その1:歌や楽器の音楽練習>>
密かに私の好きな時間です。(なんちゃらの横好き)
渋谷支部では長い時は3時間半、歌や楽器の練習をします。
この音楽練習を通じて歌を20曲近く、ビリンバウのトーキを7種類覚えました。(歌いながら楽器を演奏できるかは別問題。)

うきうき道中
初めて覚えたクァドゥラ。

緑帯試験に向けて覚えるトーキは残すところイーノのみとなりました。早く演奏できるようになりたいですね!
そして貴重な体験も.....!!ビリンバウのカバッサとパゥ作りに参加することができました。

12.jpg
音楽練習中に突然瓢箪を捌き始める林先生。

~乾杯~
隣では平川さんにビリンバウの張り方を教えてもらうマリアボニータ。
なかなか上手に張れません。。。


11.jpg
カバッサの素材。1つ捌かせてもらいましたが、切り口をボコボコにしてしまいました。
申し訳ございません。(土下座)


14_20180218222039947.jpg
パゥ作り。みんなでひたすら木を削る。

材料が必要なので、日本ではあまり経験できない作業なのかなと思います。貴重な体験で大興奮でした。

音楽練習といえは、新宿本部では特別レッスンとして竜太先生に歌や楽器を教えてもらえる濃〜〜い時間があります。
竜太先生のビリンバウ演奏はシロウト黄緑帯でもなんとなく凄さがわかります。
音のキレがいいから?リズムが良いから?強弱が絶妙だから?詳細はわかりません。専門家じゃないので(爆)
とにかく感動します。

6.jpg
わざわざビリンバウを持っていただいて写真撮影する、の図。

<<その2:親睦を深めたり特別レッスンしたり>>
1年間で本当に色々な催しがありました。
ブラジルの文化を理解したり、メンバー同士交流したり体の動かし方を学んだり。。。目的は色々です。

その中でマリボがまずクローズアップしたいのはブラジル料理教室についてです。
私が初めて参加したのは渋谷支部で開催されたコズィードゥという煮込み料理を作る会でした。

7.jpg
材料はこんな感じ。具沢山。豪快にザク切り。

8.jpg
林先生が渡伯中にアニーさんから教えてもらったレシピ。
ブラジルの味を再現するため試行錯誤中。


9.jpg
グツグツ煮込む。素材の旨味がスープにしみ出しております。

お好みでマンジョッカ芋の粉を混ぜていただきます。とにかく美味しい!

ブラジル料理教室は他にも2回開催されました。
林先生+久保田さん主催のフェイジョアーダを作る会 と

18_20180218222045b99.jpg
久保田さんこだわりの特製塩漬け肉、と普通のお肉。

17_20180218222043cf3.jpg
塩漬け肉を使ったフェイジョアーダと、普通の肉のフェイジョアーダを食べ比べ。

林先生+カナコさん主催のラザーニャの会です。

あついあつい
普段食べているラザニアよりクリーミィ!(自分比)
翌日用のフェイジョアーダも作り、盛りだくさんな料理教室でした。しかもカナコさん抽出のブラジル式コーヒー付き。


いずれもシンプルで癖がなく、素材の味が引き立つ料理でした。
なかなかブラジルの家庭料理を食べる機会ってないですよね。
ブラジルのスポーツをする団体ならではの料理教室でした。

この経験から得た知識。
【-------ブラジルには旨い食べ物が沢山ある。-------】
以上、現場より食いしん坊その3がお届け致しました。

それから忘れてはいけない、もう1つのラッキー&楽しかったイベント。
笹森道場の合宿にお邪魔させていただきました!!!

21_20180218222127cef.jpg
ババァ〜ン!

22_2018021822212805e.jpg
上陸!!(駅からバスで宿近くまで移動してきただけ。)

23_201802182221308a6.jpg
とある日の練習風景。某D氏に合宿は正規だよと言われた(ような気がして)、1人だけ正規上下で来ちゃった恥ずかしいマリアボニータ。

19_20180218222047533.jpg
ただのレクリエーションではありません。大自然の中でキャニオニングとシャワークライミングをする事で、
カポエイラに必要な持久力や瞬発力、瞬時の判断力などを鍛えるトレーニングなのです。(多分)


笹森道場には合宿の他にも、お花見や練習着自由の日(という名のコスプレ大会)、年明け初詣とシュハスコを食べる会など面白いイベントに沢山参加させていただきました。

これらのイベントの他にサンバとかヨガとか充実したラインナップの特別レッスンとか飲み会とか昇段式打ち上げ(飲み会)とか全体忘年会(飲み会)とか、本当に色々な催しがあるのですが、書き切れないので割愛します。

<<その3:ホーダ!ホーダホーダ!>>
やはりカポエイラのメインイベントと言ったらホーダなのではないでしょうか!
毎月開催されるテンポのホーダへ参加したり、地域のお祭りで披露されるホーダのお手伝い、他団体のホーダに参加したり。。。毎月何かしらのホーダに関わる事が出来ました。
中でも思い出深いホーダをよりぬき。

20_20180218222048a27.jpg
テンポのバチザードにて。散々転ばされたジョーゴの後に帯ゲット。お気に入りの写真です。後ろで某D氏が頑張っていますね。

15_20180218222040625.jpg
ブラジルフェスティバルのホーダを友達が見にきてくれました。事前の説明をほとんどしていないのにカツオ先生のジョーゴを見て
「カツオさま〜!カッコイイ〜!!」と黄色い声援を送っていました。カポエイラできるイケメンってすごいなと脱帽した瞬間でした。


1_20180218222019ef8.jpg
ACMBさんのホーダにソノさんにくっついて参加しました。ソノさんにかなりフォローいただき(特に気持ち的な面で)
無事にジョーゴする事が出来ました。普段ジョーゴするメンバーと違うためとても良い刺激になりました。


これら全て1年間だけで参加したイベントですよ?凄くないですか?
。。。とはいえ無理に全部のイベントに参加させる雰囲気ではなく。
先生方は各人のライフスタイルに合わせて、積極的に頑張る人には厳しく、実生活とのバランスをとりながら頑張りたい人には希望に合わせて見守ってくれます。
そういうところが長続きできる秘訣の1つなのかな。。。と密かに思っています。

とまあ、長々と振り返りを書いた訳ですが。
今回なぜこのような振り返りをしたかというと訳がありまして。。。私事になりますが。
な な な なんと、2年目最初のイベントとしてブラジルへカポエイラ修行の旅(2週間ほど。1人ではない。)に行く事になったからです!!

今回の修行(大袈裟)の目的として、以下の4点を定めました。
①バイーアで本場のカポエイラを練習する。
②ブラジルの文化を知る。
③ポルトガル語で交流する。
④無事に日本に帰ってくる。

言葉の壁、カポエイラの技術不足、不慣れな海外渡航など不安な事も多いですが、ブラジルで本場のカポエイラを経験できるチャンスは滅多に無いのでバイーアの空気を沢山吸収して帰って来られたらいいなと考えています。

24.jpg
目的に合わせやりたい事リストを洗い出す(下書き。本物は自分内秘)。100個抽出してやろうぜ、と息巻いたものの38個目から筆が進まず(没)。
すでにあるタスクを細かぁぁぁく細分化したり、先生先輩に宿題もらってようやく75個に。よくよく見るとムケーカを食べたいとかちっせぇタスクが散在。
さて何件消化できるでしょうか?


最後になりましたが、この場をお借りしてお礼をお伝えしたく。
まずは平川さん。

2_2018021822202199b.jpg
みんな別々のテキストを開いているという伝説の写真。

ブラジルに行く事を早々に決めたものの、ポルトガル語をどうやって勉強しようかと悩んでいた時に”自分も勉強になるから”という聖人のような理由でレッスンを引き受けてくれました。
それから約半年間、週1のペースで無償でポルトガル語を教えてくれました。
こんな菩薩のような人間がこの世の中に存在して良いのでしょうか?本当に感謝してもしきれません。
まだまだ発展途上ではありますが、教えていただいた事を胸にブラジルで会話できるよう心がけます!

そして林先生。

4_2018021822202423d.jpg
酷いw

私の「やれ」と言われたらやりたくなくなる天邪鬼な気質を理解してか(単純に放し飼いなだ....ゴホゴホ)、
やりたいように練習させてくれる林先生。でも練習時のアドバイスはいつも的確なので、とても頼りにしています。
今回の渡伯に向けてはブラジルでの面白い体験談を沢山聞けましたし、ふとした時にあー心配してもらっちゃってるな。。。と思うことがありました。色々と気にかけていただきありがとうございました。

ちなみに、今回の渡伯のためのアドバイスはこんな感じでした。笑
・ウーゴ先生のお店で美味しいお出汁をQuero tomarする事。
・レウ先生の”レ”の発音を注意する事。
・カポエイラの歌を覚えてくる事。
・トニー先生の言う事をよく聞く事。(理解できるかは別問題)
がんばります。

本当は感謝しないといけない人達がまだまだいるのですが、書き切れないのでブラジル滞在記で随時書いていきたいと思います。
取り急ぎは壮行会に参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました。
ブラジルで吸収したものを何か少しでも還元していければいいなと思います。

はぁーまもなく渡伯なのに全然準備が終わっていない気がする。。。。
というか、気持ちの準備は永遠に終わらない気がする。。。
そんな自分にBoa viagem

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル 旅行

2017/11/27(月)
Salve!
こんにちは、黄緑帯のJandaiaです。

現在ブラジルに6名のメンバーが行っています。
その中には、なんと同期が3人も!
今頃、向こうでの生活にも慣れ始め、楽しみながら頑張っているんでしょうね〜
ホント凄いです!

日々更新されるブラジル日記
楽しみに待っている方が多い中、、申し訳ありません。
日本から日記をお届けします。


今年の7月に初の帯をいただいてから、早くも5ヶ月を迎えようとしています。
IMG_1333_20171127211204597.jpg

熱い暑い夏でした…

IMG_1721.jpg


7月半ばにはブラジルから来ていた先生方も帰国してしまい、熱い想いと共に私の夏は完全に終わりました。


19989321_1380644898717443_6138160963940148990_n[1]

19961123_1380650188716914_3696964209509208475_n[1]


早く終わった夏のせいでしょうか…
寒い期間が長い気がします。



とはいっても、熱い練習は続いています!



先日、海外旅行に行く予定もしつつ、夏休みを取っていました。
しかし予定が崩れた事もあり…
せっかくの平日!
しかも、練習が沢山ある火曜日!!
こんなチャンスを逃すわけにはいきません!!!



まずは10:30〜の超初級
(火曜日は7時〜 〝脂肪燃焼のためのフィットネス・カポエィラ〟のクラスもあり、腹筋王子ことカツオ先生がしっかり脂肪・筋肉に効くトレーニングをしてくれるみたいです。)

うん、良い感じ!
朝から動くのって、気持ち良い。

苦手なアルマーダの練習。
特に左回転が苦手だと思っていましたが
…あれ?左の方がやりやすいかも!?

この感覚を反対でも出来る様にするには…
新たな発見が嬉しい。


次は15:30〜の超初級・経験者
うん、汗が止まらない!!!

私、カポエィラを始めて1年半が経とうとしていますが、お恥ずかしい話、基本が全く出来ていません。
自分でもよくわかっています。
なので超初級クラスにも、極力出るようにしてはいるのですが、、

まずジンガを沢山指摘され…
蹴りも沢山指摘され…
移動したかと思えば指摘され…

一つ意識すれば、一つ吹っ飛ぶ
あぁ、、、
また同じ事を言われてしまった

しかし、充実しまくりの練習。
気をつけるポイントが沢山分かって、それを一つづつ潰していく。
「うん、さっきよりは良い」
そう言ってもらえる事が、どんなに嬉しいか…
でも喜んでいられるのも一瞬だけなんですよね。
すぐ、ダメな癖が出てしまいます。
それでも、何度も教えて下さる先生。
少しづつですが、良い感覚を覚えていけている事が楽しくて仕方ないです。


その後は18:30〜女性のためのカポエィラ・ボディメイク
初めて参加させてもらいました。
朝の時点では、体力が持つか心配もあったので、出るの少し迷ってはいたのですが
「出た方が良いですよ」と…
この日3コマ目。

カポエイラの動きを取り入れながら、身体の内側、奥の方からしっかり身体を使っていける様にする為のトレーニング。
意識する細かいポイントも教えていただきつつなので、分かりやすさは勿論、
意識しただけ、しっかり身体に効いてきます。

うん、徐々に筋肉痛…
付いていけるか心配でしたが、楽しく、あっという間に終了!
朝から動いている身体は、思った以上に絶好調でした。

IMG_1656.jpg


その後は、普段出ている2コマ連続コース。
朝から学んだ事を出せる様に
新しく発見出来た事にも挑戦しつつ、
沢山意識しながら動きますが…
またも同じ事を先生に言わせてしまいます

沢山の発見と収穫があった一日。
本当に良い日になりました。
旅行、ダメになって良かった。とさえ思いましたw


普段は大体朝しか乗らない体重計。
更衣室にも設置されているのですが、いつもは素通り。
ダラダラと着替えていたら、偶然目に入ってしまい、ふらーっと乗ってみる。


・・・マ、マイナス2キロ!!!


ビックリして、誰も居ない更衣室で一人笑いました。
そして、せっかく履いたジーンズを急いで脱いで、もう一度w
わぉー!!また減りましたww
カポエイラの運動量、恐るべし!!!

私のはきっと、食べたらすぐ戻ってしまうやつ。
風邪の時みたいな??
(実際、次の日から旅行に行き、しっかり戻してしまいました…)
継続して、戻らない身体にしていきたい方は、カツオ先生が行なっている大好評パーソナルトレーニングがおススメです!
IMG_1776_20171127211314cf9.jpg


私も、きっと…いつか………



今回、なかなかなカポエイラ日和でしたが、どのレッスンに出ても学ぶ事が沢山で、楽しい時間で、
そういう指導をして下さる先生方には本当に感謝しかありません。

個人的には、よく頑張ったと…
マイナス2キロは全て足裏分なんじゃないか!と思うくらいw
まだまだ学びたいですが、残念ながらこの日の練習は、これでお終い。

IMG_1320.jpg



そうそう、竜太先生の怪我も、あと少しの所まで回復している様で!
身体全部で指導して下さいます。

竜太先生が久々にジョーゴをしている姿を見た時は、本当に見ているだけで嬉しくて、やっぱり凄いなー!って感動で、お腹がいっぱいになりました。

17991255_1285259898255944_207210057033422682_n[1]

IMG_1232_20171127213213791.jpg


「竜太先生が動いているの見ると嬉しくなっちゃいますね」と言った私に
「動いてんじゃん!」
との返事…
うん、そうなんですが、、、そうじゃなくてー!!!


その日、私もお相手していただいたのですが…
ジンガしかしていない竜太先生に手も足も出ません、、、
ジンガするのをやめてくれた先生にやっとヘボヘボな蹴りをするも、逃げ回る事しか私には出来ませんでした。



ブラジルから先生が来日した際、どうしたらカポエイラが上手くなるのか、浅はかな私は聞きました。
そうしたら、とにかくジンガを沢山する事だ
と教えていただきました。

IMG_1336.jpg

ジンガだけで相手を圧倒させる、見ている人をワクワクさせてくれる、そんなカポエィリスタに…


少しづつでも、良い方向に変わっていける様に、この日の収穫を忘れずに!


年内のカポエィラ・テンポのパフォーマンスは終わってしまいましたが、
12月29日には、忘年会が待っています!
メンバー、ビジターさん関係なくみんなでワイワイしましょう!
詳細が決まりましたら、練習場所でも随時お知らせ等ありますので、参加お待ちしています!!

また、そろそろメンバー入りとか、色々迷いが出てくる時期かもしれません。
私も正直迷った時もありました。
まさに、ちょうど一年前のこの時期です。
このままビジターで良いかな、なんて何度も思いましたし、
試験受けたいです。と先生に伝えたにもかかわらず、やっぱりやめます、と言おうとした事もありました(笑)
でも、今はメンバーになって本当に良かったと思いますし、見ているだけだったイベントにメンバーとして参加出来る事は、結構嬉しいですよ!

IMG_1683.jpg

ぜひ一緒にアツイ夏を迎えましょう!!

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2017/09/24(日)
みなさん、こんにちは。黄緑帯のSabiáこと横澤です。
今回はメンバーになってからアペリード(カポエイラの世界での名前)と帯をもらうまでを書きました。

今年はバチザード(昇段式)の2週間前くらいからブラジル本部の先生たちが来てくださり、ハードだけど面白いレッスンが繰り広げられました。

最初から2人組でジンガしてパッソをガンガン入れて動き回ったり、パッソのバリエーションがどんどん追加されていくのを覚えてひたすら繰り返したり、かと思うと馬跳びやゴム跳びやら小学校の頃の遊びを彷彿とさせる(のはどの時代までですかね?)ようなレッスンがあったり。

初めて受けるレッスン内容なうえ、ポルトガル語を少しでも理解しようと最初から最後まで緊張し続け、いつもより時間が過ぎるのが早かったように思います。

あとはレッスン合間には腹筋・腕立てが多かったです…一回腕立てする毎に立って上にジャンプを繰り返すトレーニングが一番ききました。つい筋肉繊維がぶちぶちちぎれているイメージが頭をよぎりました。翌日の筋肉痛が怖い。

そしてたまに先生たち相手にレッスンで習ったことをジョーゴ形式で練習したりもしました。
ヴェフメーリョ先生はただジンガしているだけで、こちらは目も毛穴も全開にして100%集中していないと殺られる!という気持ちにさせられます。数分前に習ったことはなんて頭から吹っ飛びます。

あんなに死にものぐるいでのジョーゴはホーダデビューで竜太先生に相手してもらった時以来でしょうか。もちろん他の先生もしかり。とても貴重な経験となりました。

いつか私も先生たちのように自由自在に動き回るジンガをするだけで観客を魅了する、そんなカポエリスタになりたいものです。

IMG_1699.jpg
ヴェフメーリョ先生。
お手製フェイジョアーダをふるまっていただいた時です。うまー。


と、そんな中、私たち帯なしにはドキドキの試練?がありました。

それは、ブラジルの先生方からアペリードをつけてもらうことです。
先輩方から教えてもらった事前情報ではトニー先生は漁師さんだったから魚関係が多いとかフラカォン先生はディズニー関係が多いとか。

しかし一番手でアペリードをつけてもらった同期はブラジルの有名な芸人さんの名前でした。
予想のななめ上からついたアペリードに、周りの先輩方含め驚きを隠せない歓声が湧き起こりました。
こういう時に周りからどう思われているか改めて聞かされるのも緊張するものですね。

私はというと、ヴェフメーリョ先生と顔を合わせた途端「Cogumelo!お前Cogumeloだろ!」と言われました。
もうアペリードがついたのかとビックリしましたが、先輩に訳してもらったところ、先輩のコグメーロさんに似ていて間違われたようでした。

“Cogumelo=キノコ”という意味で、確かに私の髪型のシルエットはキノコでした。
それ以降、私のアペリードはシメジかな?エノキかな?いや、魚だったらマグロがいいな。大トロ。
と日々ドキドキを抱えてレッスンを受けていました。

ついにアペリードをつけてもらえたのはバチザードちょっと前のサイゼリアでのひとときでした。
トニー先生が仲の良い同期に“Jandaia=コガネメキシコインコ:カラフルで人懐っこいインコ”のアペリードをつけた後、「お前は…じゃーん!Sabiáだ!」という感じで命名されました。

IMG_1696.jpg
【Sabiá:ツグミ科のブラジルの小鳥】

え、さっき明日のレッスン後に発表するって言っていたのに。
予定通り明日のレッスン後だったら何になっていたのか若干気になりましたが、トニー先生がワイン片手に「Sabiá cantou〜」と歌う様子を見ていたら、どこからかイタリアの風が吹いてきたかのような錯覚に陥り、どうでもよくなりました。

そして、…この鳥はよく鳴く(歌う)って言われました。
歌うのが苦手な私には正反対なアペリードのつけられ方ですね。

まだブラジルの先生たちが来る前ですが、音楽練習で初めて歌うのに自分で選んだ曲が「Sabiá cantou no pé da laranjeira〜」でした。案の定テンポを合わせられずに挫折し、竜太先生にはもっと練習しておくよう言われました。

でもとりあえず他の曲から練習しようと思って引き出しの奥にそっとしまい込んだはずなのに、思いっきりこじ開けて出てきちゃいました。あぁぁ。

歌から逃げずに勉強しなさいよって意味だと受け取って日々精進します。たぶん。そのうち。

15057032400.jpeg
その日、トニー先生にカバッサにサイン書いてもらいました。

もうひとつ、この夏忘れてはいけないことが。
それはメンバーになって初の帯をもらうバチザードというビッグイベントです。
残念ながら通常の精神状態ではないため記憶に残るところが少なく、

テンポのホーダ、セクエンスィア、ビリンバウのトーキ、マクレレーの披露等を終えるとついにバチザードが始まります。

バチザードでのジョーゴを相手していただくのは本部の先生方とお祝いに駆けつけてくれた他団体の先生方が主となります。そしてジョーゴの順番は竜太先生から事前に指定されます。
なんと私は一番手でトニー先生とジョーゴする名誉をいただきまして色んな意味で緊張しました。

バテリアの前に座ってトニー先生と向かい合った時、トニー先生がバテリアに何か言いました。
それもよく聞き取れず、クアドラがあると思っていたけどコヒードから始まって、何が何だか分からない状態のままアウーで入って、混乱の極み。

ぎくしゃくとしたジンガではないジンガ、エスキーヴァでもクチーラでもない中途半端な避け、何度も近くに来いと指をさすトニー先生、最後にベンサォンを蹴ろと言われてマルテーロゥを蹴る始末。
も、もう一回チャンスを!

IMG_1690.jpg
証拠写真。

もう一回チャンスをくれる訳もなく、あえなく終了。
動揺を隠しきれず虚ろな目で帯ゲット写真に収まりました。

IMG_1692.jpg
腰が引けている辺りにも動揺が現れています。

いつか、いつか懐かしい思い出として語れるようになる日が来ることを切に願います。
来年のトロッカジコルダスへの目標は、楽しいジョーゴをすること。以上。

次回のお話は、サビアがオンジーナでセルヴェージャ です。

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド