大久保

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2016/10/04(火)
アカデミーア花壇のキアーボ初収穫!
本来であれば真夏の盛りに人間の背丈ほどにも成長し、茎と葉の間にあれよあれよとポコポコ実をつけるキアーボことオクラちゃん。
9月も半ばになって、やっと、実を付けた一つが食べられるまでに成長しました。
やったー。
こちらがその写真です。
オクラ

左下の1つが、それです。食べ頃ですねー。
更に3つ、4つほど、上の方に蕾がついています。

なんと言っても初の収穫ですので、ここはテンポ代表の竜太先生宅で消費していただこうと、4人家族には物足りない1本だけのキアーボを献上させていただきました。
おいしかったですか?
野菜嫌いでもキアーボならいける、と聞いています。
どうやって食べたのでしょうか?
まだ冷蔵庫の中にあったりしないですよね?
気になってます。
(※かなり野性的な味でした)

それにしても、キアーボ収穫まで、長い道のりでした。
私はひとり、ハラハラしていました。

思い返せば、昨年2015年12月から大久保のアカデミーア工事が進み、本年2月に始動。
アカデミーアのあるGENスポーツパレスは、入口脇に花壇がありました。
GENスポーツパレス花壇

露草などかわいい草花も生えていたのですが、とは言っても、そこに育っていたのは雑草達。
3月に入って雑草を抜き、アカデミーアオープンのお祝いでいただいた草木を植えたり、整備をしました。

本来であればお花が望ましいところですが、枯れ木も山のにぎわい、ということで、三つ葉をその時に植えました。
私は自宅近くの3畳ほどのスペースで農園をしており、春になって芽を出した可愛らしい三つ葉の株がすぐ手に入ったからです。
北側日陰の花壇は三つ葉には良い環境だったらしく、今となっては育ちすぎ、強すぎる主張をしています。
花壇の縁を彩るだけのつもりが、もっさもっさと縁からこぼれ落ちているほどです。
花壇の三つ葉

三つ葉は多年草のため、冬には一度姿を消しますが、3月頭にまた顔を出します。
芽吹くその姿はとても愛らしく、今年も会えたね♪と思わせられるかもしれませんが、1年経ち、内容が充実した花壇には最早不要と思えて仕方ありません。
三つ葉、おうちに一株あるととても便利です。
お吸い物にのせたり、彩に。
三、四株あればおひたしやサラダにもなります。
いつでも株分け致しますので、お声かけください。

話がそれました。
私はひとり、ハラハラしていました。

整備した花壇に、またしても私は花ではなく野菜を植えました。
それがキアーボです。
お花が良いとわかっているのに。
しかし、カポエィラの歌には、キアーボが登場するものがあります。
現実に目の前で育つキアーボを見て歌を知ることで、歌に親しみを感じるかと思い、お花ではないけれど良い選択だと思いました。
子供達に教えてあげてください、などと言って花壇に植えました。
しかし、なかなか育ちません。
太陽大好きなキアーボなのに、花壇は北側日陰に位置していたのです。
ガーン、ショック!と言いつつ、その位置関係は知ってのことでした。

自分の農園ではきっちりと夏に実がなり、収穫を終え、枯れていきました。
もしかしたら、アカデミーアのキアーボは実がならないまま、引き抜くことになるかもしれない。
練習でアカデミーアに行くと、入口左の花壇を見ては、私はそんな瞬間を度々想像しました。
キアーボの根は深く大地に広がり、抜くときはしっかりとした手応えがあり、その分、悲しさも増すでしょう。
そして、「北側日陰の影響は予想以上のものだった。なんてことだ。」と語る自分。
今日はまだ大丈夫だ、と思いながらも、陽は短くなり、平均気温が下がり、いつまで夏と言えるのだろうか、とハラハラ。

こんな悲しくも陳腐な想像を吹き飛ばした、今回の収穫!
しかも、こまめにチェックしていたくせに、上部の3つの蕾に目がいっていて、左下の実がこれだけ育つまで気が付いていなかったのです。
びっくり二倍。
たった1つの収穫ですが、私は実に嬉しかった。
北側日陰に打ち勝ったオクラの生命力に感謝です。

あと3つほど実がつきそうです。
既に、収穫した節の上に1つ実が成っていました。
中央の葉の奥には黄色いキアーボの花が見えています。
こちらも、花が落ちて数日後には実がつくでしょう。
まだまだ育つことを期待して、ちょいちょい経過を見てやってください。オクラその後
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 大久保

2016/06/28(火)
この日のことは何年先も忘れられない大事な一日になりました。
こんなにもたくさんの人に来て頂けると思いもよらず、試験前からありがたくて心が熱くなる。子供たちもこんなにいっぱい。

色摩さんは、カウサを前後ろ逆に履いていつも通り?の着地。
さすがです。
私はといえば4日前に熱が上がり、眠れない、食べれない日が続いてしまう始末。相変わらず弱いな、体も気持ちも。

落ち着いてね
たくさんの方に言ってもらったものの、
ジョーゴは相変わらず同じ動きばかりだったり
13518262_1051696821577188_931940629_o.jpg

練習不足のアクロバシーアだったり
13499851_1051696858243851_484728502_o.jpg


そして何度も何度もそのさん、遠藤さん、のりさん、渋谷ではおでんくんに練習後と自主練で付き合ってもらったのに、苦手意識と焦りで申し訳なさばかり
13523781_1051696931577177_1771952999_o.jpg


前日に自分のバケータが折れ、少しでも安心できる様にとお守りの様に借りたグッティのバケータ、カトリーヌのカシシーをしっかり握ってようやく深呼吸。
IMG_2325.jpg

また、二人に助けられた
ビジターの頃からキラキラして本当に楽しそうだったこの二人にずっと影響されてきたのでした。
だから、セクエンスィアはグッティしかいなかったんです。
懐かしいな、帯なしの頃から一番多く一緒のペアで練習して、これからもきっと一番一緒に練習するんだろうなと思う時間でした。

たくさん課題が残りましたが、全てが終了し、帯なしからずっと一緒だった色摩さんと一緒にOKを頂けた時は、嬉しかったです。
が、今後それをしっかり受け止め、やるべき事に頑張っていきたいという思いの方が強かったです。
青帯練習で出来るまで付き合って頂きました先生方、上帯の皆様、本当にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いいたします。


初参加のバチザードで見た黄帯の昇段に感動し、それを目標に頑張ってきた2年間。
憧れた黄帯に昇段した時、達成感でいっぱいで、もう充分!と思ったのに
1002281_598057150239455_841590137_n.jpg

まさかそれを超える青帯に昇段することを決意する日が来るなんて、あの時は全く思いもしませんでした。
それはカポエィラ・テンポで過ごしてきた時間が、足りないものを私自身も知らない間にどんどん埋めて貰ったからとしか思えない。

竜太先生、不足が多い中、今回の昇段試験を受けることを承諾して頂きまして本当にありがとうございます。
また、昇段したいという気持ちに向けてくれた一つがアカデミーア!
先生がやると決めた強い思いに人が集まり、みんなが同じ一つの目標に向かって完成したアカデミーア。
13548848_1052230938190443_172805664_o.jpg

目標を達成するということを間近で見せて頂いたこと、そこの場に関わっている人たちと一緒にあんなに楽しくいれたことはとても貴重なことでした。
13518260_1052230974857106_968225050_o.jpg


初めて見たホーダで頭がいっぱいになり、メンバー試験を受けることさえ辞めようと思っていた私がその6年後に青帯昇段試験を受けることになるのですから、自分でも目がまわる変化です。

楽しさを教えてもらい、
大人になってから挑戦するという機会をもらい、
カポエィラでなければあり得なかった出会いをもらい
13521674_1051692371577633_473127510_n.jpg

もう離れることの方が無理なほど大切な仲間ができて、
13521170_1050270105053193_1529528572_n.jpg

毎日会っても話し足りなくて、笑い足りなくて
13499846_1051709528242584_1770436096_o.jpg

ふと、あ、居場所がここにある!と思えるほどほっとしてる事に気付きました。


そして、そのさん、遠藤さん、私には二人のいない6年は考えられないです。
練習も遊びも全力!そんな二人の意識の高さをそばで見て感じ続けてこれたことが本当にありがたいです。
そんな大好きな二人につなげてくれたのはやっぱりグッティでした。
13493713_1051709434909260_1291335644_o.jpg


当日来てくれた渋谷のメンバー
やっぱりほっとするな。
13509588_1051697038243833_1618128881_o.jpg


桃子ちゃんには半年もの間、ポルトガル語の勉強に付き合ってもらいました。
本当にありがとうね。

そして最後に林先生へ
初めて見た時から赤帯を巻いていた先生が昇段する同じ年に青帯昇段となること、本当に嬉しいです。
あまり心の内を多く語ることはしない人ですが、練習でホーダで先生が全身から放つそのカポエィラへの情熱が好きです。
どこまで体を動かし続けられるのか、この頑固な頭が働くのかわかりませんが、自分なりのペースで着いて行きたいと思います。
13523677_1051697008243836_1217218914_o.jpg


本番のバチザード&トロッカ ヂ コルダスは7月3日(日)
写真だけ見てもワクワクしてしまう先生たちにもう1名、赤帯レウが到着し、メンバー全員で頑張ります。
是非見にいらしてください。
13524136_1052036254876578_1739914777_o.jpg

関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル 新宿 大久保

2016/06/26(日)
こんにちは。
黄帯のArpão(アルパォン)です。

先日、6/19(日)に、アカデミーアで青帯の昇段試験を受けました。
青帯は、技、スキルだけでなく、他メンバーのサポート、取りまとめ的な役割もあり、
中間管理職みたいなものかと勝手に思ってます。

IMG_2311.jpg


青って好きだし、いつかは受けたいと思ってましたが、
自分はまだまだという気持ちしかなく昇段試験を躊躇してました。

約1年前、、怪我も絶えないし歳をとるほどカラダもアレだしベストコンディションを待っててもダメだ!
ここらで受けとかないと永遠に受けられないかも!・・という漠然とした想いから、
青帯に挑戦する決意をしました。


膝が痛いのが治らず、前のケガが治る前に次のケガをするなか、騙し騙しの1年間。

当初青帯への挑戦を6人くらい宣言してたはずだけど、気づけばテツオさん、ヒラリン、自分の3人だけ。
仲間が減る度に不安・緊張が高まりながらも、何とか当日までこぎつけました。

青帯の昇段試験は、それまでとは違って試験官がブラジルの先生。
全てポルトガル語で指示や質問が飛んできます。

IMG_2312.jpg


ポルトガル語は、数年前、筆記試験で左という意味の「エスケルダ」を「逃げる」と回答して、
竜太先生から人づてに「ありえねぇ」とおこられたのを思い出します。
それ以降少しづつ勉強し、特にこの半年は、モモコさんに大変お世話になりました。
当日、なんとなくヴェフメーリョ先生の言ってる質問が分かった(勘違いして答えてたのもあるけど)
のは、ホントにモモコさんのおかげです!!!

セクエンシア、ジョーゴ、アクロバシーア、ケーダ、ビリンバウ、唄、、などもやったのですが、、、

無我夢中すぎてよく覚えてません。。。ここ数年で一番緊張した。


IMG_2315.jpg
ジョーゴ

IMG_2323.jpg
ケーダ

IMG_2325.jpg
ビリンバウ


最後にヴェフメーリョ先生から「色々課題もあるが合格です、おめでとう」と言われて握手、
ハグをした瞬間、少しウルッときてしまいました。

まだ昇段式(7/3)もブラジルフェスティバル(7/16,17)もあるし、全く気が抜けないのですが、
一旦、大きな節目を越えて少しだけホッとしてます。

最後に、青帯レッスン等で厳しく指導していただいた竜太先生
色々とお声をかけていただいた上帯の先生、先輩の皆様
ありがとうございました。

IMG_2333.jpg

IMG_2336.jpg

そして、青帯に向けて一緒に勉強させてもらったヒラリン、
暖かく応援してくれた渋谷支部のみんな、
ありがとうございました。

林先生、昇段試験が始まる前に珍しく声をかけてきた時に
我々以上に緊張しているように見えたので、逆に少し緊張がほぐれました。
心配をかけてすみません。


次はバチザード(昇段式)!
悔いの残らんように!!!

関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル 新宿 大久保

2016/06/24(金)
Salve!! ひさしぶりにブログを書きます。東新宿支部の、えしこHabilidosaです。

2016年 今年は、7月3日(日)にテンポのバチザード(昇段式)があります。
バチザードに向けて、今年はブラジル本部から5人の!!先生を招聘します。
テンポではバチザードの前後1か月ほど、ブラジル本部の先生が日本に滞在し、
その間、メンバーはブラジルの先生たちのレッスンを、ほぼ毎日受けることができるのです。

フェイスブックなどで見ている方も多いかもですが~。もうブラジルから先生たちがきています。

6月16日(木) 
ブラジルから、まず最初に2人の先生が来日しました。
コントラメストゥレフラカォン!!
フラカォンアップ
コントラメストゥレヴェフメーリョ29!!
ヴェフメーリョアップ
うれしいな~。初の日本のアカデミーア、先生たちも喜んでいました。

日本到着翌日からメンバーレッスン。
2016はじめてのレッスン
到着してまだ1週間程度なのに、すでに楽しいことうれしいこと喜ばしいこと、山ほどあります。
でも、そのへんは書ききれないので、ばさーっとカットして。
ブログは、「ブラジルの先生のレッスン、ビジター生徒さんクラス」のことに絞ろうと思います~。


先生たちが来日して数日後。
6月19日(日)。ブラジルの先生のレッスン ビジター生徒さんクラスが開催されました。
例年、未経験者の方むけのカポエィラ体験ワークショップはありましたが
ブラジルの先生が教える、ビジターさん向けのレッスンというのはやっていなかったのです。

それが今回、初めてのビジター生徒さんクラス。
体験も可能な「超初級クラス」に加えて、「経験者クラス」の二本立てで開催されました。
2016ビジターレッスン全体
いつもの経験者クラスのレッスンでお見かけしているビジターさんもチラホラ。
わたしもアシスタント(?)で「経験者クラス」に参加しました。
ちなみに4年前は自分も、参加者側でした。ホレーができず、アワアワしてました。

今年は、二人組になって練習したり。
2016ビジターレッスン1
グループにわかれて、蹴りと避けの練習をしたり。
2016ビジターレッスングループ
最後にはホジーニャをしました。オオトリは先生二人のジョーゴ。
2016ビジターレッスン先生じょーご2
こんなに近くで先生たちのジョーゴを見られる機会は少ないかと。
迫力あったのではないでしょうか。
2016ビジターレッスン先生ジョーゴ1
参加されたビジターのみなさん
ブラジルの先生のレッスンいかがでしたでしょうかね~。
2016ビジターレッスンとぶ先生ジョーゴ
経験者クラスの後にコントラメストゥレ・フラカォンから
「メンバーレッスンの横で練習しているビジターをみていて、
あの人たちにも教えてみたいなーと思っていた。それが実現して良かった。」
との話がありました。
2016ビジターレッスまとね
先生たちもうれしかったようですし。
私個人としても、自分の好きなブラジルの先生たちを多くの人に知ってもらいたいな、とよく思うので。
(私も、まだまだもっとよく知っていくほうの立場ですが)
今回、ビジターのみなさんにブラジルの先生を知ってもらう機会ができたことを、うれしく思ってみていました。

メンバーになると、ああいったレッスンが毎日受けられる時期が毎年あるのです。
自分も受けてみたいな~というビジターさんは、メンバー入りを検討してみてください。
毎年、夏がすごいことになりますよ~。
おびなし

ビリンバウ音楽練習

2016みんなのアウーバチードゥ

練習ホジーニャ竜太先生2016
まだ、はじまって一週間ちょい!!
そして、今週25日(土)は、ブラジルの先生たちも参加するホーダRodaです!!!!!!!
詳細はこちら。
https://www.facebook.com/events/145492865859305/?ti=icl

これから、さらにメストゥレトニーと、コントラメストゥレウーゴ、赤帯レウが来日します。
ブラジルから5人の先生たち来日です。…ヤバイです。

楽しいことうれしいこと、まだまだあるでしょうなー、楽しみです。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル 新宿 大久保

2014/05/29(木)
こんにちは、新宿本部黄緑帯の日野です。

メンバー入りして約1年、先日大久保地域センターのさつきまつりに初めて出演側として参加しました。
今まで手伝いとしては、いろいろイベントに参加してたんですが。

人前に出るのは得意ではないので、どうしようか迷ったんですが、
とても和やかなイベントだと聞いたので、思い切って参加することに。
とはいえ、いざとなると、やっぱり尻込みしてしまい、やや足取り重く会場へ向かいました。

手伝いとして参加してるときから、常々感じてはいたんですが、
うちのカポエィラパフォーマンスは事前打ち合わせがほとんど無いに等しいんです。
この日も位置の確認とかソロの順番とか、ざっくりとした打ち合わせのみ。
カポエィラは即興で動くものなので、当然ではあるんですが・・・。
あれ?こんなフワフワしたまま本番にいくのかな~、と思ってたら、ほんとにそのまま本番へ。

あんなにテキトーな、いや、非常に簡潔な打ち合わせで、気付けばなんとかなっていました。
私は流れに身を任すだけでいっぱいいっぱいで、正直あんまり記憶が無く・・・。

腰痛気味でもばっちり決めるときは決めるお父さん、
同じ黄緑帯でもパフォーマンス慣れした中学生、
帯無しでも堂々とソロやジョーゴを披露するちびっ子、

bampo.jpg

taiti.jpg

1kanntario.jpg

みんなすごいですね。かっこいいです。
人にお見せできるような技は出来なくとも、せめて堂々とした身のこなしでパフォーマンス
参加できるよう、精進します!

個人的に反省点はいろいろあるんですが、それらを書いてると湿っぽい日記になってしまうので、
パフォーマンスで学んだことをもうちょっと真面目に考察したいと思います。

先ほどカポエィラパフォーマンスは事前打ち合わせがほとんど無いに等しい、と
言いましたが、その分、本番中の出演者同士の意思の疎通がすごく密です。
ジョーゴの相手に対してはもちろんのこと、バテリーア、会場の雰囲気まで
いろいろなことへの気づかいあってこそ、即興でのパフォーマンスが成立します。
今回、人前に立つだけで必死だった私はもちろんそれどころでは無かったですが、
上帯の方たちがしっかり統制をとってくれてました!

カポエィラ・テンポのパフォーマンスのいいところは、
与えられた機会に全力を尽くす決意のもと、全体を見通す洞察力でもって俊敏に動き、
音楽と調和したジョーゴと・・・うーん、難しくなってきたので、もうやめます。

もうすぐ毎月恒例のホーダもありますし、今後イベント出演も多くなります。
いろいろ書きましたが、ホーダやイベントを見た人がカポエィラっておもしろいな、思ってくれれば、
それでいいです。ぜひ見に来てくださいねー!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 新宿 大久保 パフォーマンス

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド