fc2ブログ

北海道

東京・新宿区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2022/02/25(金)


釧路へ

こんにちは。

釧路空港

タルタルーガ、釧路にやってまいりました。

※こちらもコロナ前のレポートになります。

Welcome to Las Vegas!

前回予告ではラスベガス編の続きのサンフランシスコ編を書く予定だったんですが、

シーズンということもあって、久しぶりに国内編を書くことにしました。

なので比較的ライトな内容になっております。

いや、決して海外のレポート書くのがめんどくさくなった訳ではないです(とりあえず)。

北海道地図

釧路市は北海道東部(道東地方)の太平洋沿岸にある市で、道東地方を管轄する国や道の出先機関のほか、

外国の領事館や国際機関の置かれている道東の政治の中心都市です。

空港バス
車窓

訪問時の1月終わりの気温はマイナス5度。空港バスからの車窓は雪景色です。

釧路駅

タルタルーガ、釧路駅にやってきました。



ボス?

シュン「くしろしないにつきました。さあどういうふうにそうさをはじめますか?」

ボス「?





『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』

釧路駅といってやはり思い出すのはドラゴンクエストの堀井雄二がシナリオを手がけたアドベンチャーゲーム、

『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』ですよね。読者のみなさま。

晴海ふ頭

ゲームのストーリーは、東京で起こった殺人事件が北海道が関与している事を知り、北海道に渡った主人公(ボス)は、

釧路署の刑事である猿渡俊介(シュン)と共に捜査を始めるが、第二、第三の殺人事件が次々に起こってしまう。

犯人の目的は一体何なのか。被害者たちの関連性を調べていくうちに、ある重大な過去が浮かび上がる。

摩周湖です

という内容で、北海道を舞台として摩周湖や屈斜路湖を始め、網走刑務所や北浜駅、夕張炭鉱などの現実の観光スポットが登場し、

シナリオだけでなく旅行的な側面でも面白い作品です。


・・・・・・。

・・・・・・・・・。

いや、いきなり昭和のファミコンゲームを出してくるのはお前だけだろ!とツッコミが入りそうですが、ちょっと待った。


JR北海道の観光列車「流氷物語号」とコラボ企画

調べてみたら、2021年からJR北海道の観光列車「流氷物語号」とコラボ企画なんかをやっているんですね。

コラボグッズ

網走〜知床斜里駅間を走るこの列車ではオリジナルのヘッドマークが掲示され、コラボグッズも販売されたそうです(ちょっと欲しい)。

昨年は「オホーツクに消ゆ」原作者の堀井雄二さんと一緒に現地を旅するツアーも実現するほど気合の入った企画で、

2022年も1/29〜2/27まで運航しているので、まだギリギリ間に合いますのでオホーツクに消ゆが好きな方は乗ってみたらいかがでしょうか?
(※北海道では3/6までまん防重点措置期間なので、現地入りはくれぐれもご注意ください)

ファミコンソフトの発売が1984年ですから40年近く前の話を令和の時代に企画するって実にアツいですね!

ちなみにですね、このゲームの犯人は(ry


・・・・・・・・・。



タルタルーガ、釧路の街を歩きます。

幣舞橋

まずはこちら幣舞橋(ぬさまいばし)です。

幣舞橋2
デッキ

幣舞橋は釧路川の最下流部にかかるヨーロッパスタイルの橋で、札幌の豊平橋、旭川の旭橋と並ぶ北海道三大名橋のひとつ。

幣舞橋 夕日

黄昏時は夕日に染まる釧路港を見ることが出来る観光スポットです。

MOO

幣舞橋の傍には「釧路フィッシャーマンズワーフMOO(ムー)」という複合商業施設が建っています。

観光案内所
MOO内部

内部にはお土産屋や食堂、観光案内所や公共施設なんかが入っています。

MOO内部2

1階には北海道らしく、海産物をお土産に売っている店が多く、

カニのUFOキャッチャー

こんなカニのUFOキャッチャーなんかもありました。

カニ
茹でてもらうことが出来るようです

採れたらここで茹でてもらうことが出来るようです。面白いですね。

MOOは釧路空港へのバスも発着しているので便利ですので、釧路観光のスタートにいいかもしれませんね。

釧路港

水揚げ量

釧路といえば、国際貿易港である釧路港を擁し、漁獲の水揚げ量は道内1位、全国でも2位を誇っています。

せっかく冬の釧路に来ているので、タルタルーガも海産物を堪能することにしました。

「鮭番屋」

今回タルタルーガが向かったのはこちら。

工場直売店

「鮭番屋」です。こちらは創業60年の水産メーカー(株)マルア阿部商店の工場直売店です。

直売店内

直売所では地場産の海産物を買って、隣の食堂で食べることが出来ます。

直売所では地場産の海産物が
北海道らしいラインナップ

実に北海道らしいラインナップ。どれも美味しそうです。

タルタルーガ、イクラ丼と鮭ハラスを食べることにしました。

併設の食堂
併設の食堂内

併設の食堂はこんな感じです。テントですが、ストーブガンガンなので中は暖かいです。

イクラ丼

イクラ丼きました!(タルタルーガはイクラが大好きです)。もちろん美味い!

鮭ハラス焼く
鮭ハラス

鮭ハラスも美味しいです。やっぱり北海道はいいですね!

このお店ではイクラや鮭の他にもホッケ、牡蠣、ホタテなど直売所ならではの海産物を楽しむことが出来ます。

やっぱりみんなで来た方が楽しいと思いますね。

朝7時からやってますので、釧路グルメのスタートにどうぞ。

「なごやか亭」です

さて、タルタルーガ続いて向かったのがこちら。

「なごやか亭」です。北海道で人気の回転寿司チェーンです。

看板からも自信にみなぎった感じがありますね。

看板からも自信にみなぎった感じがありますね。

「なごやか亭」内

開店と同時に入店してお寿司を食べます!

メニューはどれも美味しそうで目移りしますね。

メニューはどれも美味しそうで目移りしますね。

北海づくし サーモンづくし

北海づくし(筋子・アブラガレイ・トロサンマ)と

サーモンづくし(サーモン・トロサーモン・オーロラサーモン)です。

味はどれももちろん美味しいです。

店の名物こぼれイクラ

お店の名物こぼれイクラです。これはヤバいですね!

味も最高です。


なごやか亭のこぼれいくら

ちなみにこぼれイクラはこんな感じで実演もしてくれるので、

家族やお友達行く際には実演ありにすると楽しめると思います。

いやー北海道はやっぱり美味しいものいっぱいですね。

タルタルーガ、釧路でグルメを満喫です。

ぜひみなさんも釧路へ行ったら北海道ならではの海産物を楽しんでみてください。


------ここからカポエイラのお話・・・・・







ではなくて、今回の釧路観光のメインを忘れていました。

阿寒国際ツルセンターへ

というわけで、到着日釧路空港から向かったのはこちらの場所。

阿寒国際ツルセンター

「阿寒国際ツルセンター(グルス)」です。

施設内

ここは国内で唯一、タンチョウの生態や行動などの研究を行っている施設で、施設内にはタンチョウの生活や習性をはじめ、

生体の仕組みなどを分かりやすく解説した展示コーナーやタンチョウに関する文献や映像資料を集めたライブラリーなどを備えています。

屋外では自然に近い状態で飼育されるタンチョウを通年観察できます。

冬場のタンチョウを見てみたくて釧路に来ました。

屋外の観察センター
タンチョウ4

屋外の観察センターに行くと・・・タンチョウいました!

白銀のフィールドにタンチョウが映えます

かなりのタンチョウたちがいます!

タンチョウ(丹頂 Grus japonensis)

「タンチョウ(丹頂 Grus japonensis)」は、鳥綱ツル目ツル科ツル属に分類される鳥類で、

日本で鶴と総称される鳥類のうちでは大型で代表的な種とされ、タンチョウヅルとも呼ばれています。

冬期には150羽近くのタンチョウがここに飛来するそうです。

冬期には150羽近くのタンチョウがここに飛来するそうです。

「たんちょう釧路空港」

釧路空港の愛称は「たんちょう釧路空港」ですから、どれだけ町のイメージになっているかが分かりますね。

タンチョウ6

タンチョウ1

白銀のフィールドにタンチョウが映えます!冬の道東らしく幻想的な風景です!

タンチョウ3

特別天然記念物であるタンチョウは白・黒・赤の美しいコントラストと気品に満ちた佇まいは日本のシンボルであり、

アイヌの人々にも古くから「サロルンカムイ(湿原の神)」と呼ばれてきました。

タンチョウ2

また、タンチョウは生涯をかけて互いを守り慈しむ、夫婦円満のシンボルとしても尊ばれています。

タンチョウ7

無事冬のタンチョウが見れて大満足です!

タンチョウを見にぜひ冬の釧路へどうぞ!

読者のみなさま、タンチョウを見にぜひ冬の釧路へどうぞ!




-----------ここから本当にカポエイラのお話-----------

さて、久々の国内編ですが、外国でカポエイラシリーズ同様現地のカポエイラ団体を訪問します。

今回訪問した団体はこちら。

カポエィラ・アンゴーラ釧路

カポエィラ・アンゴーラ釧路

URL:https://www.instagram.com/raposa946/

釧路で唯一のカポエイラ団体です。

国内外含めてカポエィラ・アンゴーラの団体訪問は初めてですね。

簡潔に説明するとカポエイラには流派があって、テンポはカポエイラ・ヘジオナウという流派で、

アンゴーラは別の流派で動きとかに違いがあります。

raposa

先生はアペリード,ハポーザ(RAPOSA:キツネ)こと大和田さんです。

暗くて判りにくいですが、民家をリフォームしたスタジオです。

練習場所こちらの建物。

暗くて判りにくいですが、民家をリフォームしたスタジオです。

スタジオ内部

普段はフラメンコスタジオとして使われているそうです。

練習は夜で外はやっぱり寒い!ですが、室内は北海道らしく暖房ガンガンなので快適です。

この日の練習参加は子供メンバーと、大人はハポーザさんの甥っ子さんとタルタルーガです。

さあ、久々の国内団体の練習参加、釧路でがんばります!

アンゴーラの動きを指導
アンゴーラの動きを指導2

ハポーザさんからアンゴーラの動きを指導してもらいました。

靴を持ってきました

タルタルーガ、アンゴーラの団体を訪問するということで、靴を持ってきました。

帯も入れてアンゴーラ仕様

帯も入れてアンゴーラ仕様です。

アンゴーラ独特の動き1
アンゴーラ独特の動き2
アンゴーラ独特の動き3

普段の練習しているカポエイラと違って、床の動きが多いです。

じっくりとした動きからこんな感じで攻撃
じっくりとした動きからこんな感じで攻撃2
じっくりとした動きからこんな感じで攻撃3

じっくりとした動きからこんな感じで攻撃したりします。

床の動きはまあキツイです
床の動きはまあキツイです2

アンゴーラ独特の動きに慣れていないものあるのですが、

体重が重いタルタルーガにとって床の動きはまあキツイです。

こんなアウーの練習
こんなアウーの練習2

こんなアウーの練習も。

クロスした腕に沿ってアウー1
クロスした腕に沿ってアウー2

クロスした腕に沿ってアウーをするのですが、勢いを付けれないので中々怖いです。

普段の練習でもたまにアンゴーラの動きの練習をすることもありますが、

アンゴーラ団体の練習参加はほとんどないので、参考になります。

最後はみんなでジョーゴです。

最後はみんなでジョーゴです。

ハポーサさんと甥っ子さんがジョーゴ1
ハポーサさんと甥っ子さんがジョーゴ2

ハポーザさんと甥っ子さんがジョーゴ。

アンゴレイロ同士のジョーゴはやはり様になっていますね。

いい感じのマッチョをしています。

甥っ子さんはベストボディとかの大会にも出ているそうで、いい感じのマッチョをしています。

タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ5

タルタルーガもジョーゴ!

タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ4
タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ6

子供たちもしっかりアンゴーラのジョーゴをしています。

ハポーサさんとジョーゴ

ハポーザさんとジョーゴ!

タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ1
タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ2
タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ3

アンゴーラは動きが基本ゆっくりというイメージがあると思いますが、

アンゴーラのジョーゴ1
アンゴーラのジョーゴ2
アンゴーラのジョーゴ3
嫌なタイミングを突いてくるので気が抜けません。

いきなり速い蹴りが来たり、嫌なタイミングを突いてくるので気が抜けません。

もうヘロヘロです

アンゴーラは一回のジョーゴが長いので、もうヘロヘロです。

こんな感じで練習終了!今回も楽しみました。

カポエイラ団体としては釧路は日本の北東の果てにある団体で、いい経験しました。

ハポーサさんと甥っ子さんです

練習後はハポーザさんのお知り合いのお店で海の幸を頂くことになりました。

見ての通りすごいカニです

いやー見ての通りすごいカニです、さすが北海道。

さすが北海道
ハナサキガニ

このシーズンのハナサキガニはとても美味しいとおススメの通りとても美味しいです。

ハポーサさんたちといろいろとお話

食事をしながらハポーザさんたちといろいろとお話をしましたが、釧路という地方都市でカポエイラをするのは中々大変で、

東京に仕事で行った時に練習参加して、地元に還元しているそうです。

タルタルーガが知る限り北海道には札幌、釧路、帯広にカポエイラ団体があって、

釧路-帯広間は約120キロ、札幌までは300キロくらいありますから、ちょっと一緒に練習というには結構大変です。

北海道ってやっぱりデカい

北海道ってやっぱりデカいんですよ。両端で測ると千葉から神戸くらいまでの距離がありますからね。

道内便

タルタルーガも帰りは札幌経由の飛行機で東京に帰りましたが、同じ道内で飛行機ってどんだけデカいんだって感じですね。

あと、面白かったのがメンバーにはハンティングが趣味の方が何人かいて、シーズンには山でシカをハントしているそうです。

さすが北海道。ワイルドですね。

「ところで、タルタルーガさんは今回釧路へは何を観光に来たんですか?」

私「ええ、冬のタンチョウを見たくて来たんですよ」

「タンチョウってそんなに珍しいですかね?」

私「・・・・・・・・。」




郊外に出ると普通に飛んでたりする

そう、郊外に出ると普通に飛んでたりするんですよ。さすが北海道。スケールが違いますね。

いつもは海外での練習参加が多いですが、国内でも頑張っている人と練習すると刺激になりますね。

とても楽しかったです。というわけで、


カポエイラ・アンゴーラ釧路のみなさま ありがとうございました!

カポエイラ・アンゴーラ釧路のみなさま ありがとうございました!

-------------------------------------

釧路で美味しい海産物にカポエイラにタンチョウと楽しんだタルタルーガですが、

最後にもう一か所観光地を紹介して終わります。

阿寒湖へ

タルタルーガ、タンチョウを見学後そのまま北上して阿寒湖へ向かいました。

阿寒湖バスセンター
(阿寒湖バスセンター)

阿寒湖は釧路市にある淡水湖で、全域が「阿寒摩周国立公園」に含まれる観光地です。

阿寒湖畔エコミュージアムセンター

まず、「阿寒湖畔エコミュージアムセンター」へ行きます。

阿寒湖には特別天然記念物のマリモを初め、ヒメマスやワカサギ等の魚が生息しています。

ここでは阿寒地域の様々な分野の自然に関して紹介をしていて、マリモや阿寒湖の魚類の生態展示もしています。

館内

外は雪景色ですが、館内は暖かいです。

「阿寒摩周国立公園」のマップもあります。

「阿寒摩周国立公園」のマップもあります。
(左上にはヒグマ出没情報もあります)

阿寒湖はここです。
阿寒湖拡大

阿寒湖はここです。

展示コーナーは床面が航空写真になっています

展示コーナーは床面が航空写真になっているので、

スリッパに履き替えます
スリッパに履き替えます2

スリッパに履き替えます。

床面が航空写真

床面オシャレでカッコいいですね。

ヒメマス説明
ヒメマス

ヒメマスです。

イトウ説明
イトウ

こちらはイトウ日本最大の淡水魚です。

イトウは(魚偏に鬼)と書きます。漢字がイカツイですね。

マリモ説明
マリモ

そして、マリモです。

マリモについて
マリモ説明2

マリモについての説明もあります。

結構大きいです

結構大きいですね。

マリモはチュウルイ島のマリモ観察センターが有名ですが、

冬期は島に渡れないのでマリモを間近に見れるのは阿寒湖畔エコミュージアムセンターだけですから、阿寒湖観光のスタートに来るのをおススメしますね。

阿寒湖畔
阿寒湖畔2

阿寒湖に行く前にタルタルーガ、阿寒湖畔を歩きます。

阿寒湖の南側は温泉街が広がり観光の拠点となっています。

見てのとおり雪が積もっています。まあ寒いです。

郷土料理の店

タルタルーガここで食事にします。こちらのお店へ。

店内
メニュー

このお店では阿寒湖の魚を使った郷土料理が楽しめます。

ハーフハーフ

ワカサギ天丼とニジマス丼のハーフハーフを注文しました。

ワカサギ天丼
ニジマス丼

見てのとおり美味しいです。当地ならではの味というのは旅行の楽しみでもありますね。

アイヌコタン案内板
アイヌコタン入口

もう一つ説明したいこととして、阿寒湖温泉街の一角には約30戸、120人程度が暮らす北海道最大のアイヌコタン(アイヌの集落)があります。

お土産屋が並ぶ

アイヌコタンには木彫製品などを販売する土産物店などが並んでいます。

アイヌ劇場

ここにはアイヌの伝統舞踊を公演する演舞場の「オンネチセ」や、アイヌの伝統文化を紹介する2つの資料館(アイヌ生活記念館、森と湖の藝術館)もあります。

パンフレットが置いてあります

北海道観光にはアイヌ文化は興味深くて、先ほど訪れたエコミュージアムセンターにもパンフレットが置いてあります。

ウポポイ1
ウポポイ2

最近では2020年7月に「ウポポイ」というアイヌ文化の復興・創造・発展のための拠点となるナショナルセンターが北海道白老町に出来たので、

アイヌ文化に興味のある方は訪問してみたらいかがでしょうか?CMもやってますね。

タルタルーガも次回北海道を旅行する時は行ってみたいですね。


さて、あれこれ引っ張りましたが、湖に行ってみます。

ここが阿寒湖です。

ここが阿寒湖です。

あかんこで

ちなみに阿寒湖もこんな感じでオホーツクに消ゆに出てきます。

冬期は全面結氷

見ての通り冬期は全面結氷しています。

スケートリンクもある
冬期は全面結氷

スケート、スノーモービルなどのウィンタースポーツが盛んで、湖面にはテントやモービルがあります。

カチカチです

下はカチカチで、雪も積もっています。

タルタルーガいつも通り記念撮影です!

湖をしばらく歩いたところで、タルタルーガいつも通り記念撮影です!

エイ!

エイ!

あれ?

あれ?

※雪面でのアウーバチドゥは危ないです。


ムカエダスタイルが限界

というわけで今回は以前のムカエダスタイルが限界でした!

阿寒湖1

読者のみなさま、釧路編いかがだったでしょうか?

海外もいいですが、日本は四季もあって北は冬景色、南は南国ですから、

旅行先として見どころ多く、魅力的な国だと思います。

まだ冬の釧路や道東を楽しめる季節ですので、十分に感染状況を調べた上でご旅行ください。

どうもありがとうございました!

ボス?


どうしますか ボス?

ボス?





関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 北海道

 | Copyright © みんなのカポエイラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド