FC2ブログ

ブラジル料理

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2020/02/17(月)
2/24()ブラジル串焼肉とブラジル風付け合わせを作ろうの会」を開催します。
(↓メニュー等詳細は最後に↓)

今回の主旨はブラジル料理を学ぶだけでなく、現地で食べるような雰囲気でみんなでご飯を食べることです!

私がブラジル料理に魅了される理由は味が好きというのはもちろんなのですが、何が特によいかというと「ばーんと作ってみんなでワイワイ食べる」ってところなのです。



ばーん!フェイジョアーダ。
th_IMG_4174.jpg



ばーん!ピカーニャ(イチボ)。
th_IMG_5649_202002171538113ed.jpg



ばーん!フィレ肉チーズトマトソースがけ。
th_IMG_9398.jpg



ばーん!ヴェフメーリョママのごはん。
th_IMG_2674.jpg



ばーん!ぶつ切りにも程があるぜサーモンプレート。
th_IMG_3381.jpg



ばーん!
サラダ目立つけどメインはお魚フリット。
th_IMG_6993.jpg



ばーん!串焼肉盛り。
th_83FB62C7-080E-4C82-AF07-1FE9F772980E 2



レストランで食べたもの、誰かのお家でご馳走になったもの、教わりながら作ったもの。
いずれにしてもこのボリューム感、サイコーです。
そしてそれをみんなでワイワイ食べるがまたサイコーで。



練習後にアカデミーアでラザーニャ。
th_IMG_0408_20200217154517590.jpg



フェイジョアーダ。
th_IMG_0209_2020021715422007d.jpg




バチザード後に会場でフェイジョアーダ。
th_IMG_1606_2020021715421536a.jpg



お家でムケカ。
th_IMG_9687 2



アカデミーアで焼き立てのシュハスコ。
th_IMG_1668.jpg



ホーダ後に串焼肉。
th_DE9008BB-476D-4AFC-BD82-B3D9631AEE32 2


ブラジルではいろんな人にいろんなところに連れて行ってもらって、知らない人たちとご飯を食べました。ただ一緒にご飯を食べるだけでも親近感がわくし、「あー何か幸せ」って思うことがよくありました。

みんなでごちゃ混ぜになってごはんを食べる。
ただそれだけでも幸せなんだから一緒に料理した仲間とならもっとおいしいはず。

難しいことぬきで気軽に楽しめたらと思います。

今回は串焼肉(牛・豚・鶏)がメインです。付け合わせ3種ファロッファ・カスキーニャジシリ風ホタテ・ヴィナフレッチとチキンたまねぎクリーム煮でばーんと食卓を飾り、お肉を焼いたそばからみんなでワイワイと食べます。
(メニューの詳細は最後に)


お肉が食べたい、ブラジル料理に興味がある、この日空いてるなどなど、理由は何でもアリです。人がたくさんいた方が楽しいのでぜひお越しくださーい!もちろんお子様の参加も大歓迎です


メニューのついて
ブラジルのミニ串焼肉シュハスキーニョと、ファロッファ(キャッサバ芋の粉に味付けしたふりかけのようなもの)、ヴィナグレッチ(酸味の効いたブラジル風モザイクサラダ)、カスキーニャジシリ(ホタテのおつまみバイーア風)を作ります。
試食にチキンのたまねぎクリーム煮も作る予定です。

串焼肉
th_IMG_0024_20200217154425f2c.jpg

モザイクサラダ、ファリーニャ、カスキーニャジシリ
th_90243687-54AF-41CD-8BFA-CE91A0E05C95.jpg

チキンのたまねぎクリーム煮
th_IMG_1716.jpg


ファロッファはお肉のソテーやホワイトシチューにかけてもおいしいし、ご飯にそのままかけてもおいしいし、それだけでもお酒のつまみになるというまさに魔法の粉。

カスキーニャ・ジ・シリはカニの剥き身とデンデーオイルを使ったおつまみ。今回はホタテを使って作ります。
ヴィナグレッチはさっぱりしたサラダ。お肉だけでなくホタテのおつまみとも相性バッチリです。

ご家庭で再現する場合、ファリーニャ(キャッサバ芋の粉)とデンデーオイル(ヤシ油)はブラジル食材店やネットショップで購入していただく必要がありますが、それ以外は日本のスーパーでも手に入る材料でできるメニューです。

どれもシンプルで簡単。でも自分のお皿でいろいろ混ぜて食べると驚きの美味しさ!ブラジルご飯の魅力の一つです。
日本とは違ったブラジルの食のアイディアやおいしさをみんなで楽しめたらと思います。

詳細
日時 2月24日(月・祝)午前11時~15時予定
場所 西新宿(お申し込みの際にお知らせします)
料理 ミニ串焼き肉/付け合わせ3種(キャッサバ粉万能ふりかけ・ホタテのおつまみバイーア風・ブラジル風モザイクサラダ)
料金 大人3300円 子供1500円
(釣り銭の無いようご用意をお願いします)
持物 1人あたり米0.5合・エプロン・食器ふきんと台拭き・ゴミ袋・余った時の持ち帰り容器


お申し込みはカナコpintaまでメッセージまたはxxchocopetal@gmail.comまでお願いします。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル ブラジル料理 料理

2020/01/21(火)
ブラジルごはん2
黄色いお店Sertão e Marの厨房に入れてもらう


テンポメンバーのブラジル日記によく出てくる黄色いお店ことSertão e Mar。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_c6c0.jpg


ここは魚介のmoqueca(デンデーオイルを使った煮込み)やお肉のchapa (プレート盛り)がおいしいオンジーナの人気レストラン。



moqueca de camarão エビのムケカ

th_UNADJUSTEDNONRAW_mini_16e55.jpg





moqueca de bacalhau 干し鱈のムケカ

th_IMG_8323.jpg


以前ブラジル料理教室で作ったムケカはここの味に近づけたくて何度も試作しました。






File Mignon na chapa
フィレミニョンのプレート蒸しアイピン&溶かしバター付

th_UNADJUSTEDNONRAW_mini_16e56.jpg






File Parmigiano
フィレ肉のチーズとトマトソースがけマッシュアイピン付き

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_18993.jpg







casquenha de Siri
蟹の剥き身のおつまみ

th_806C6D97-FE86-40D2-90F5-A72D29850809_1_105_c.jpg






doce de leite
生キャラメル風デザート

th_IMG_5683.jpg






とにかくなんでもとっっっっってもおいしいお店。

th_IMG_9360.jpg






それで今回もこのお店でトニーとご飯を食べている時
「いつかもっとポルトガル語が話せるようになったら、このお店の厨房を見学したいな」と夢を語りました。
いつかの夢を。

th_IMG_7795.jpg


「任せとけ」

いやいや、もっとポルトガル語話せるようになったらって言ってるじゃん。

「俺はここのドナ・マルガリー(お店の女性店主)と友達だから話してやる。ピンタ任せとけ。」





それでトニーが本当に何度もドナに話をしてなんとかしてくれて、お店の厨房を見学させてもらえることに。
とんでもないことになっちゃったよう。

このスーパー忙しい人気店で、ポルトガル語もろくに話せない素人の謎の日本人が厨房を見学しに来るなんてお店の人からしたら大迷惑。

何かしでかして店の常連トニーに迷惑かけたり、自分が行くのが気まずくなったらどうしよう。

言わなきゃよかった…こんなにプレッシャーを感じる。
それでめちゃくちゃ不安な日々を過ごす。





当日。
一番寛容であろう(変な外国人が来ても)ソフィさんのいる月曜日を狙って行きます。

11時半に来てねとドナ・マルガリーに言われたけれどトニーが11時には行けというので行く。

「まだドナは来てないから出直して」と追い返される。
何か誰も私が見学に来ることを知らないっぽい。

やっぱりねー、想定内だけど切ない。不安。
仕方なくパダリーアでジュースを飲んで時間を潰す。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_1874a.jpg





再チャレンジ。ドナ・マルガリーはまだ来ていない。
うう。帰りたいよう。

とりあえず待たせてもらって用意しておいたチョコを皆さんにと配る。
みんな速攻で食べてくれてちょっと安心。

私はトニーの生徒で今日は厨房を見学させてもらう約束なんだけどと話す。

ホールのおばちゃんはまあまあ顔見知りだしチョコ効果なのか話を聞いてくれる。
お店のレジのお兄さんも話を聞いてくれて見学させてもらえることになる。
よかった。よかった。





憧れのSertão e Marですよ!
このポロシャツ欲しい。

th_IMG_7202.jpg





ついにキッチンへ。
手前にいるのがソフィアさんです。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_18734.jpg







しばらく黙って見学。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_18727_2020011623465657a.jpg

th_IMG_7305.jpg

th_IMG_7324.jpg

th_IMG_7331_202001162348585de.jpg


写真と味の記憶で研究しまくったムケカの作り方を見てレシピが判明しました。秘密はあれでした、あれ。

そのうちブラジル料理教室で。
秘密にしたいけどきっとそのうちやります。




おいしいシャーパ肉の秘密も知る。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_17e2a.jpg

th_IMG_7222.jpg

th_IMG_7406.jpg


ほー。
思っていたのと全然違う。
途中わからないことは質問して教えていただく。




それにしてもソフィアさん、めちゃくちゃ手際が良い。
計算し尽くされていて動きに無駄なし。

満席時の客数とか大体見てますけど(大体いつも満席)これほぼ1人で作ってるの?!みたいな。
何なのこの人。すごい、かっこ良すぎる。

th_IMG_7330.jpg








キッチンの中もちらちら見てお勉強。

これは食べたことのないお魚メニュー。
今度食べたいー

th_IMG_7342.jpg





アイピンにかける溶かしバター。

th_IMG_7339_20200116235201cc7.jpg





付け合わせもめっちゃおいしいんですよ。

th_IMG_1321.jpg





Siriのカスキーニャとデンデーファリーニャ。
Aratuというカニのカスキーニャもあるよ。

th_UNADJUSTEDNONRAW_thumb_18698.jpg


お店の混雑がピークに達する前に見学は終了。
満席に近いお店を出る。






めちゃくちゃ感動しました。
ソフィアさんのすんばらしい仕事っぷりと、謎の東洋人に優しくしてくれたお店の人に。

そしてトニーとドナ・マルガリーに。
私がいる間にはドナ来なかったけど〜

あまりの感動にぼーっとしてお店を出てすぐに乾燥した犬のンコを踏んでしまった。それも許せるくらいの感動よ。






ぽろっと言った夢が叶ってしまいビビりました。
とても素敵な時間でした。

日本じゃ考えられないことが実現するなーブラジル。
それもこれもブラジル人の人柄とトニーの人柄のおかげです。トニーが築いてきた友情のおかげです。

本当にありがとうございます。


th_IMG_7653.jpg


Sertão e Marのmoquecaはいつかブラジル料理教室でやるつもりです。
気になる方はブラジル料理教室をチェックしておいてください




おしまい
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル 料理 ムケカ バイーア料理 ブラジル料理

2019/10/11(金)
⭐︎11月4日(月・祝)
林先生&ピンタかなこのブラジル料理教室を西新宿で開催します!!
今回のメニューはかくれんぼグラタン&簡単チキンロースト

↓↓↓詳細は最後に↓↓↓




12/12(水)


今日はヴェフメーリョママにお料理を教わります。

昔レストランをやっていたヴェフメーリョママ。
その時メニューにあったお料理を竜太先生のために作るというので便乗させてもらうことに。




仕事前にお迎えに来てくれたヴェフメーリョ。

th_IMG_6008.jpg







サングラスのステキなこちらのマダムが
ヴェフメーリョママ。

th_IMG_1453.jpg




ヴェフメーリョの妹のスエリー。
めちゃくちゃ手際が良くて素敵。

th_IMG_6156.jpg







メニューはfígado(レバーソテー)と assado(肉のロースト。この日は牛と鶏)。
fígadoが竜太先生の好物だそうです。




最初にassadoの準備をします。

ブラジルだから
もちろんまな板なんか使わないし

th_IMG_6011.jpg





たまに包丁も使わない。ぶちぶちっ。

th_IMG_6041.jpg





大胆さと繊細さ(大胆さ9割)の混ざった
ヴェフメーリョママのお料理は見ていてとても面白い。












もう美味しそう。

th_IMG_6054.jpg






グツグツします。わー美味しそう。

th_IMG_6143.jpg








煮込んでいる間にfígadoの準備。
ブラジルでは生の牛レバーが普通に塊で売っています。
羨ましい。




レバーと包丁と砥石。

th_IMG_6099.jpg





レバーを切っては途中で何度も包丁を研ぎながらさばく。
包丁の切れ味がとても大事らしい。

th_IMG_6105.jpg








焼く準備。
油を入れて、マッチが引火するぐらい温度を上げるそう。
この時は火がつかなかったけど、煙が出るくらいに熱々にします。

th_IMG_6401.jpg






焼きます。
ばちばちばちっ。油が跳ねまくり..とても危ない。.

th_IMG_6410.jpg







いい匂い。
早く食べたい。

th_IMG_6431.jpg






牛と鶏肉はさらにオーブンで加熱。
早く食べたい。

th_IMG_6240.jpg

th_IMG_6366_20191007225903137.jpg




待ちきれない。
早く食べたい。

th_IMG_6369_20191007225857fde.jpg






この間にメイン以外の準備。


ご飯の準備。

th_IMG_6198.jpg

ここのお家はご飯茹でる方式。茹でてお湯切りする。
それぞれのお家でご飯の炊き方も違うので面白い。




離乳食作り。

th_IMG_6324.jpg




フルーツ&野菜盛り。

th_IMG_6267.jpg




Feijãoなんかもサクッと作っちゃう。

th_IMG_6084.jpg

th_IMG_6089.jpg

th_IMG_6382.jpg





ヴェフメーリョママは大体ワイルドだけど
スイカのタネはぜんぶ取り除くという超細やかな一面も。

th_IMG_6195.jpg

竜太先生びっくりしてた。








お仕事が終わって帰ってくるヴェフメーリョを待ちます。




サッカーしたり

th_IMG_6391.jpg





その後マテウスは竜太先生と筋トレしたり。

th_IMG_6429.jpg





私は自家栽培ピメンタ見せてもらったり

th_IMG_6398.jpg





亀の観察をしたり。

th_IMG_6327.jpg









ヴェフメーリョが帰ってきたーーーーー




ばーん!!絶対おいしいでしょ。

th_IMG_6445.jpg

th_IMG_6448_201910072303035d8.jpg

うまーーーい!!
豆もおいしい。
フルーツまで超おいしい。





ママのチキンをいただくのは2回目なのですが
レバーは初めて。
レバーってこんな味わいがあるのね。
レバーってご飯に合うのね。




ヴェフメーリョママ、スエリーちゃん、ありがとうございました。
楽しかったし美味しかったです。
ポルトガル語のお料理用語、勉強します。




簡単に牛レバーが手に入る環境のブラジル滞在中に私もレバーを買ってチャレンジ。

1回目はあんまり…やっぱりあの工程が大事なんですね。
2回目はけっこういい感じに!やっぱりあの工程が大事でした。


ということでヴェフメーリョママに教わったお料理と、現地で食べて美味しかったエスコンジジーニョを参考にブラジル料理教室を開催します




escondidinhoエスコンジジーニョ↓

th_IMG_5167 2



たっぶりのアイピンマッシュポテトの下に
サイコロステーキが隠れております。

見かけも味もゴージャスで美味しかった〜。
メニューには牛以外にカニ・エビ・塩漬け豚肉・ベーコンなんかもありました。

esconderは「隠す・隠れる」という意味で、escondidinho はアイピン(キャッサバ芋)やじゃが芋、チーズの下にお肉やエビやカニが隠れたお料理です。


詳細はこちら



今回のメニューはescondidinhoいろいろ とfrango assado。「いろいろかくれんぼグラタンと簡単チキンロースト」です。


frango assadoは日本の家庭でも作りやすいように、ブラジル人の先生に教わったオレガノ風味の簡単レシピでつくります。

そして実演&味見のみですが、鶏レバーを使ったfígadoの実演調理と試食を行います。「あの工程」をお教えします。ご飯がもりもり、ビールにぴったりの美味さ。レバーがお好きな方は必見!!



そして林先生が大好きなウーゴのレストランで出てくるシンプルサラダも作ります。結局これが最高に美味いのです。
これがあるとないとでは肉料理の味が全然違うんです〜。ビタミン豊富でご家庭で作り置きをしてもいいくらい。ぬか漬け、韓国のキムチのような存在。おいしく作る大事なコツをお教えします。



ブラジルの家庭の味をみんなで楽しめたらと思います。
ぜひご家族やお友達を誘ってご参加ください。

日時 11月4日(月・祝)午前11時~15時予定
場所 西新宿(場所はお申込み、お問い合わせの際にお伝えします)
料理 escondidinho (かくれんぼグラタン)/frango assado(チキンのロースト)/試食fígado(鶏レバーソテー)
料金 大人3000円 子供1500円
持物 1人あたり米0.5合・エプロン・食器ふきんと台拭き・ゴミ袋・余った時の持ち帰り容器

参加希望、ご質問等はカナコ xxchocopetal@gmail.com までメール、メッセージ等でご連絡ください。
関連記事

タグ : 料理 カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル 料理教室 ブラジル料理

2019/01/11(金)
☆2月9日(土)11:00-15:00
「ブラジル、バイーア州のムケカを作って食べようの会」を西新宿で開催します!

↓↓↓詳細は最後に↓↓↓

th_IMG_8109.jpg



こんにちは。カナコpintaです。

th_IMG_8599.jpg



2018年11月18日から約1ヶ月、ブラジルに滞在してきました。

3度目となる渡伯。
今回はカポエイラだけでなく
ブラジル・バイーア料理を教わることも目的の1つ。


竜太先生やブラジルの先生、
先生達のご家族のおかげで現地の料理を学ぶチャンスに恵まれました。


今回のpinta日記はブラジル・バイーアで学んだ、それぞれの家庭やレストランのごはんをレポートします。

レポート1はトニー先生(以下トニー)にMoqueca作りを教えてもらったお話。





12/1(土)

polvo(タコ)のMoquecaが
とても美味しいらしいので
トニーに食べたいと言いまくっていたら
作ってくれることに。



お料理当日の朝、タコの仕入れとトニーが前日仕入れてきたでっかい魚(caranha)を切ってもらいにRio Vermelhoへ行く。

おはようございます。
th_IMG_6787.jpg



海の女神Yemanjáのお家。
th_IMG_6864.jpg



中はYemanjáの像がたくさん。
th_IMG_3412.jpg






この裏に魚屋さんが5・6軒並んでいて魚介類を売ったりさばいたりしてくれる。



caranhaをナタで切って…
というより叩き割ってもらう。

すごく骨が固いらしく
ナタを鉄の棒で叩いてカットしていた。
自宅でさばけるお魚じゃないなー

ちなみにこんなやつ。
身のしっかりしたタラみたいな感じ。
th_IMG_8093.jpg




お目当のタコ、今日は水温が低く獲れなかったらしい。


トニーが違う漁師仲間に電話で
「タコないか〜」って確認。

th_IMG_7355.jpg




やっぱりタコはなかった。


代わりに海老を買うことに。
おじさんが殻と頭を取ってくれる。

タンクトップかわいい。
th_IMG_4243.jpg





ちょっと海沿いを散歩しようぜ、とトニー。
トニーのボートを見せてくれた。
th_IMG_3483.jpg



テンポ丸
th_IMG_3487.jpg




ただのUber待ちなのに素敵。
th_IMG_3489.jpg








近所のMercadinhoで野菜とココナッツミルクを買う。

th_IMG_3493.jpg



トニー曰く、
日本の上野で売っている
タイ産のココナッツミルクが
濃くて質がよいとのこと。

もちろんここにタイ産のはないです。



始める前にキッチンとシンクのお掃を。
キッチン台がまな板になったり
シンクがボールや鍋のかわりになるので
きちんと清潔にする。



お料理スタート。
トニーから手順を聞いて「私の知っているmoquecaとかなり違う〜」と驚いていたら

「なにいってんだ、俺のはMoqueca de Baiana ORIGINAL だぜ!」と。
バイーアの元漁師トニーがいうから違いないはず。



こう切っていくんだぞ
th_IMG_3497.jpg



ニンニクを潰して皮を取りのぞく。

潰した方が早いんだぞ
th_IMG_3500.jpg



ニンニクを潰す道具はビリンバウのパウ。
コウロついたままのをトニーがどこかから持ってきた。
th_IMG_5830.jpg


バイーアの紫ニンニクは小ぶりだけど
味が強くておいしいらしい。



ライムをブシャー
th_IMG_5394.jpg



マリネ中。
th_IMG_2136.jpg





待ち時間はガーリックライスを炊いたり、
お料理中の動画を我らがブラジル料理教室・部長の林先生に送りつけたり
th_IMG_3701.jpg




みんなが覗きにきたり、火力問題で揉めたり…
それはまあ賑やかなキッチンで。


ウーゴ。この人面白い。
th_IMG_2304.jpg


このグラノーラ上手いんだぜって。
あとで分けてくれたよ。



トニーがイワシのフリットも作ってくれる。
th_IMG_2168.jpg



アニーに手開きをレクチャーしてもらう。
th_IMG_3592.jpg


親子っぽい。

トニーお父さんが
「アニーのやり方をよく見るんだぞ」と。

でもダメ娘pintaがやるとイワシの身がボロボロになってしまうので早々に諦める。

あとで骨取ってない!ってウーゴに怒られた。



トニーが揚げ物をしている間にお片づけ。
魚臭くなったキッチンや手は絞ったライムで擦って臭いをとるですと。
お掃除のブラジル豆知識も教わる。



Moqueca de Baiana Originalの出来上がり。
この大鍋が2つ!
th_IMG_0574.jpg



pirãoはいつのまにかアニーが作ってくれていた。
さすが。
ダマにならないコツを聞く。



大所帯。
th_IMG_7637.jpg


実はアニーとエレーナとご飯を一緒に食べたことなかったので嬉しい。

th_IMG_3352.jpg

th_IMG_2825.jpg

th_IMG_8030.jpg



なくなるの早い!
th_IMG_4955.jpg




買い出しから調理までトニーありがとう〜。
手際が悪すぎてすいません。
トニーとアニーの前では無力過ぎました…

来年はもう少しすばやくなりたい!
来年こそはタコのmoqueca食べたい!






ここからはブラジルで食べたいろんなmoqueca 。



来年を待ちきれず、ウーゴのレストランCamafeu de Oxóssi で食べてしまったmoqueca de polvo(タコのムケカ)
th_IMG_4630.jpg



たしかにタコうまーーーい!!
ぐつぐつぐつ
th_IMG_4625.jpg


スープにとろみがあって味が濃い。






そしてこちらは黄色いお店Sertão e Marのmoqueca de camarão (エビのムケカ)
th_IMG_8109.jpg

th_IMG_8707.jpg

スープはさらさらであっさりめなんだけど、こちらも魚介のダシが効いていていい味。






Ilha de maré の海辺のレストランで食べたmoqueca de mariscada (シーフードのムケカ)
th_IMG_4145.jpg



あんまりデンデーオイル色ではないけど
濃厚なお味でございます。
th_IMG_4141.jpg



ソフトシェルクラブが美味しかった!
th_IMG_4148.jpg


カニ、エビ、お魚、貝…いろんな味がしてリッチな感じ。


他にも
siri(カニのほぐし身)
sururu(小さな貝)
bacalhau (干し鱈)
arraia(エイ)のムケカなんかがあって
それぞれおいしい。

日本でもいろんな食材で試してみたい……

ということで、早速日本で作ることにしました!



2月9日(土)11:00-15:00
「ブラジル、バイーア州のムケカを作って食べようの会」を開催します。

現地以外では食べられないであろうバイーア流のムケカを作ります。(日本で食べるムケカとは全然違う味です)
ブラジルでMestre Tonyに教わったレシピをもとに研究と試作を重ね、前回よりもさらにおいしいムケカに仕上がりました!
貝のダシがきいたスープでつくるピラォン(だしでマンジョッカ芋の粉をこねたペースト)も絶品です。付け合わせのサラダまで絶品です。


前回はエビとタラがメインだったので、今回はあさりやホタテなどの貝を使ったmoqueca de mariscada (シーフードのムケカ)を作ります。
(貝類が食べられない方がいる場合、お魚のムケカ班も作ります)

ご家庭で気軽に作れるよう日本で手に入れやすい食材を使います。美味しさはバイーアのに負けません!

試食用のブラジルおやつもただいま考案中。
林先生が淹れてくれるおいしいコーヒーを飲むブレイクタイムもお楽しみに〜



*甲殻類、貝アレルギーのある方は事前にお知らせください。お魚班に振り分けます。
*材料に使うデンデーオイルが強いので、お子様と参加される方や胃腸があまり強くない方も事前にお知らせください。
デンデーオイル少なめ班に振り分けます。



日時 2月9日(土)午前11時~15時
場所 西新宿(場所はお申込み、お問い合わせの際にお伝えします)
料理 Moqueca de Baiana ムケカ ジ バイーアーナ (バイーア風魚介の煮込み)/ブラジルのお菓子(試食)
料金 大人:参加費2500円+材料費と場所代を人数で割った金額(¥1000〜¥1500前後)。
子供:1000円
持物 1人あたり米0.5合。エプロン、布巾、ゴミ袋等

参加希望、ご質問等はカナコ xxchocopetal@gmail.com までメール、または何かしらでご連絡くださいませ。


★席に限りがありますので、定員になり次第募集終了となります。

前回の様子はこんな。
th_IMG_4516.jpg

親子参加も大歓迎。
th_IMG_4514.jpg

コーヒータイム。
th_IMG_4510.jpg




Sininhoもブラジル料理教室の様子をレポートしてくれています!

↓ムケカを作った日のSininho日記↓
『ゴールデンウィーク✨歌舞伎町イベントとお料理教室』


興味のある方、お時間のある方はぜひ。
参加費は変わりませんが楽しく食べにくるだけの参加もアリです。

皆さまのご参加をお待ちしております^ ^

参加希望の方はカナコ xxchocopetal@gmail.com まで。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル ブラジル料理

2018/11/17(土)
2017/12/6(水) DAY21


今日はフェイジョアーダを仕上げて
夜の練習後にみんなで食べる。

こちらが一晩寝かせたもの。
th_IMG_0337.jpg



水につけたカリオカ豆。
th_IMG_0338.jpg



お肉と混ぜて煮込む。
th_IMG_0335.jpg



鍋から溢れそう。もう少し煮込めば完成。
th_IMG_0330.jpg


ヴェフメーリョのレシピは煮込む前に豆とテンペイロを混ぜるけど、アニーのは豆が最後に入る。
ゆっくりレシピと時短レシピの違いかなあ。



アニーがおやつに
バナナフリットを作ってくれた。
th_IMG_0333.jpg


茹でたり焼いたりする用のでっかいバナナ。
バターで焼くと焼きサツマイモみたいな味がする。甘酸っぱくてポクポクで美味しい。





残りの午前の時間を利用して
一人でお買い物に行く。

トニーがブラジルの上野と言っていた
ものが安く買えるBaixa do sapateiro。
この間は6人で行ったから
ゆっくり見る時間がなかったのです。


治安があまり良くないところだけど
アニーから一人で行ってもいいって。

ブラジルで1人Uber。
ブラジルのUberは現金払いが多いけど、
私は日本でアプリの登録をしたのでクレジットカード払いのできるタクシーしか表示されないっぽい。
結構いい車が来た。



広くて快適。
安心感があるー
th_IMG_0326.jpg



Baixa do sapateiroはとても広いので
タクシーの運転手さんに着いたよと降ろされた所は前回と全く違う場所。
商店街の端っこにいるみたい。

まあお店がズラッと繋がっているし
歩いていれば見覚えのある場所に着くでしょう。

アニーに「危ないから携帯は出しちゃダメよ」と注意されたので残念ながら写真はナシ。


お土産屋をのぞいたり、洋服をみたり、途中で美しい教会のような建物をみたり。
15分くらい歩いたら見覚えのある場所に出た。

トイレに行きたくなり
貸してくれそうなお店を探す。
小さなお店ばかりなので結構見つけるのが大変。

賑わっているキレイめなお店に入ってみたら
奥にトイレを発見しました。
でも鍵がかかっている。

店員のお兄さんに言うと鍵を持っている人を
10分くらいかけて探してくれた。
ありがとうございます。助かりました。



だいぶ疲れたし、トニーからランチのお誘いがあったので帰ることにする。


Uber呼ぼうとめっちゃ警戒しながら
バッグの中で携帯を見ていたら

後ろにあったガラス張りの会社から
スーツを着たお兄さんが出てきて
「危ないから中に入って携帯使ったらいいよ」
と言ってくれた。
見ず知らずの日本人になんて親切な!

無事にUberが呼べて(またまた高級車)ちゃんとアカデミーアまで帰れた。

いろんな人に助けてもらった。
ありがとうございます。



ランチは黄色いお店でステーキ。
th_IMG_0320.jpg



そういえばトニーが子供にmoquecaを食べさせているの見たことがない。
味が子供向きじゃないのかもしれない。

後から聞いたら
デンデーオイル少なめなら、子供にも
moquecaを食べさせて大丈夫だと言っていた。
やっぱり強い食べ物なんですね。



肉とアイピン。最高。
th_IMG_0321.jpg



ケブラケイショでジョアオンのご機嫌を
th_IMG_0319.jpg



とれませんでした。
th_IMG_0313.jpg







夕方からフラカォンが働く小学生へ
イベントのお手伝いへ行く。

生徒の親御さんを呼んでカポエィラの発表会。




体育館裏のお庭がとても美しい。
th_IMG_0310.jpg




組んでジョーゴして
th_IMG_0305.jpg


ホーダを作って戦う、、、
座り込むジョアオン。
th_IMG_0297.jpg



頑張れー
th_IMG_0295.jpg



みんな歌もばっちり。
th_IMG_0286.jpg



バテリア。
マイクを持ったお兄さんが
なかなか独特な音程で歌うので
th_IMG_0293.jpg



ビルーに変わってちょっと安心しました。
th_IMG_0279.jpg



小学生VS三歳のジョアオン。大きいな。
th_IMG_0269.jpg



終わった後用のお菓子。ゴージャス。
th_IMG_0234.jpg

th_IMG_0237.jpg

th_IMG_0238.jpg



イベントが終わってそれぞれ帰る。
メシカーノとレウ。
まだお仕事&今から大学へ。
th_IMG_0231.jpg

頑張ってね。
みんな真面目で勤勉だ。






今回の滞在最後のメンバー練習。
th_IMG_0225.jpg

この時のブラジルテンポには
日本人の男性メンバーがいた。
っていうか今日メンバーになっていた。

某有名企業に勤めており
語学研修でバイーアに来ているそうで。

トニーが彼に優しくてビックリした。
日本語や英語も使って教えている…
私そんなに優しくされたことない。

当たり前か。
Ligeirinho の生徒なんだから
日本でちゃんと教わってるだろう、
みたいな。

th_IMG_0215.jpg

th_IMG_0214.jpg



ビルーが根気よくバンダを教えてくれて
ジョーゴがたくさんできて
今回の滞在で一番楽しい練習とボジーニャだった。
th_IMG_0210.jpg





終わった後はフェイジョアーダ。
th_IMG_0209.jpg



練習には来ていなかったブルーノも
ご飯を食べに来てくれた。

ビルーとアマンダと一緒に、
私が帰国する明後日の朝も
練習しようよと誘ってくれた。
ギリギリまで練習できる。嬉しい。



トニーがいつもよりたくさん食べていた。
ピンタ、とても美味しいよって言ってくれた。
ほとんどアニーが作ったんだけど。トニーはアニーの作るご飯が好きみたい。

みんなでご飯はとても楽しい。



明日は午前中にビルーとお出かけ、
夜は木曜ホーダがあります。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル ブラジル料理

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド