ブラジル

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2018/06/18(月)
前日の頭痛からは解放され、スッキリした朝。

今朝も朝練がないのでトニー先生と海へ行く。
プールじゃない方。

マスクを持ってるかと聞かれる。
絶対に違うだろうな、と思いながらも
勿論!と持参していた水泳用ゴーグルを見せる。

トニー先生の反応は微妙だった…。

それでも良いけど。的な


結局、先生のを借りて潜りに行く。

元漁師さんの潜りを見れるなんて楽しみすぎる!

わーい!!と思って付いていったけど…

1組しかなかったフィンを履き始め
…それは分かるのよ、明らかにサイズが大きくて私には使いこなせないと思っていたから。

問題は地上と息の交信をできるソレーッッ!!
そのチューブついたシュノーケルマスク!!
そちらを貸していただきたかった…

私が渡されたのは、マスクのみ。

そのシチュエーションで手を引かれて潜る。

焦るー、、、
でもとりあえず海の中を覗いてみると、魚が沢山いてどうでも良くなる。

アレは◯◯だよ!
と教えてもらうけれど、魚に詳しくない上に、ポルトガル語分からない。

ただ鸚鵡返しして終わってしまうのが残念すぎる。


昨日に引き続きトニー先生は寒いと言い、早々に切り上げてしまったので、一人泳ぐ事に。
息の交信が出来る方を借りていく。
やっぱり快適だった!

あそこから先は行くなよ!
ウニに気をつけろよ!
溺れたら言えよ!

常に心配してくれて、守ってくれているトニー先生には、本当に感謝しかない。

IMG_7057.jpg


たっぷりと海を満喫させてもらい、casa14に戻る。
戻る途中ルーに会い、『今日は誕生日ね!おめでとう!』と言われる。
伝えていなかったのに、知ってくれていた事に驚き止まっていた私に、
ルーのポルトガル語をトニー先生がポルトガル語で通訳してくれる、という事態が起こった。
結局ポルトガル語。


ルーのメッセージから始まり、本当に沢山の方にお祝いをしていただいたブラジルで迎えた誕生日。

トニー先生とビルーは、年齢を何度も聞いてくる。
内緒だと言っているのに…

同期からは変な動画が送られてきた。
竜太先生が髪を切ったという隠し撮りもww
練習後の風景が映っていて、日本にいるみんなが恋しくもなったけれど、それと同時に、一つでも多くの事を身に付けて帰らないと!とも思った。


夕方からの子供クラス、基本的な動きを練習した後は、一人づつテスト

IMG_7024.jpg

トニー先生から言われた動きをやってみます。

私もテストされるんじゃないかと内心ドキドキしてみたけれど、呼ばれず実は少しホッとした。


練習後には子供たちが『おめでとぉ~!』と抱きつきにきてくれた!


「何歳なのー?」


でたッッ!子供たちからの無邪気な質問。
とりあえず、みんなの年齢を聞いて誤魔化してみるけれど…全然ダメ。

内緒だよ!と念押しして、仕方なく答える。

聞くだけ聞いて興味無い感じは笑えた。
音楽練習しに行っちゃった。

IMG_7026.jpg

内緒だよ、と何度も言ったのに、
大人練習の為にやって来たビルーにすぐ教えてる…
忘れちゃったのか!?私のポルトガル語がいけなかったのか!?

ビルーは私の年齢を聞いて笑ってるし…
良い意味でらしいけど。


大人練習は、ウーゴ先生のレッスン。
流れながら基本の動き、連続した動きを練習。
夢中過ぎて、細かな練習内容は忘れてしまったけれど、なかなかハードで面白かった事は覚えてる。


最後は誕生日ホーダを開いていただき、みんなとジョーゴ。

IMG_7027.jpg


IMG_7028.jpg
子供たちも残ってくれていた!


IMG_7029.jpg
なんと!ウルソ相手に頑張ってる!!


IMG_7030.jpg
かと思ったら、ビルーに派手に転ばされてる…


IMG_7031.jpg
ジョエリャーダを顔面で受ける…


IMG_7032.jpg
volta do mundoで気を抜かない事をしっかり覚えた。


IMG_7033.jpg
ジョーゴですぐにやられたけど…


倒されまくり、ヘロヘロ。
そんな時に聞こえてくるみんなの歌声にはホント元気をもらえた。

フラカォン先生、メシカーノ先生からは、今日はアカデミーア行けないけどゴメンね。
と連絡までいただき、ブラジルで一人寂しく誕生日を迎えるはずだったのに、
最高に幸せな忘れられない誕生日を過ごさせてもらいました。

これだけでもお腹いっぱいなのに


IMG_7034.jpg

ケーキまでー!!!!


泣ける、、、

泣かないけど。
実はもう既に何日か前に泣いたから。同期の鳥からの連絡で。


ケーキの食べ方は日本と一緒なんだー!
IMG_7035.jpg

というか、ブラジルと一緒だったんだ!

知らなかっただけで、同じ事をさせてもらっていたんだ!という事が沢山ある。
カポエィラ・テンポ凄い!


あ、ケーキを切る時、ブラジルでは誕生日の人がケーキにナイフを入れ、下から上に向かって切るんだそうですね!

知らなかった~!
普通に上から下にナイフを入れたら、見ていたトニー先生にブラジルは違うと言われ、
イタズラされているんじゃないかと実は疑いました…
けれど、ブラジルのおまじない?縁起物?願掛け?的な事らしいですね。


幸せな誕生日をありがとうございました!!
IMG_7036.jpg
日焼けしてる。

滞在残り4日。
明日も盛りだくさんな1日になりそうです!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/06/13(水)
日曜日なので練習は1日お休み。

午前中はトニー先生が海に出来たプールへ連れて行ってくれました。

IMG_6854.jpg

泳いでいると『japonesa !』と子供たちに言われる。
珍しく中国人て言われなかったなぁ、と思っていると、『俺の生徒だ』と。
なるほど、そういう事ですか。

トニー先生、少し泳いでギブアップ。
寒い寒い言ってます。
『俺は細いからな!』って…

Jandaiaは…
その先は言ってなかった。はず!!
そういうのは、不思議とちゃんと聞きとれる!


ビールを買ってきてくれるトニー先生。
海とビール。最高!

ただ、お昼も近い時間だったので、陽射しはやっぱり激しく、パラソルに移動する。

IMG_6845.jpg

カイピリーニャ、飲むだろ?
おじさんのワゴンで作り出すトニー先生。
知り合い?何なの!?
そんな素振り一切無かったけど!


◎先輩から聞いていたトニー先生の噂◎
道に迷って帰り道が分からなくなったとしても、
『Mestre Tony』と会う人に言い続ければcasa14に戻ってこれる!


日本で聞いた時は、笑いながらスゴーッッ!!って思っていたけれど
ブラジルに来てから、ホントに本当なんだろうな!ってよく思う。
トニー先生がいない所に行っても、トニー先生を知る人たちによって守ってもらっている。
お店でもよくMestre Tony?と聞かれた。

だから、きっとこのワゴンのおじさんも知り合いなんだろうな。


トニー先生が簡単な言葉を選んでくれての会話。
『Jandaia、だいぶ言葉も使えるようになったな』
的な事を言ってくれた。(都合の良い解釈かもw)

ただ、褒めてもらった側から、自分の思いを文章で伝えられない。

『言われてる事は分かるけど、上手く伝える事が出来なくてゴメンなさい。』
この気持ちを伝えたかった。
文章分からない…。

携帯持ってる。
携帯に頼る。

いつまでもコレではダメなんですけどね…。

トニー先生はポルトガル語に変換された文章を見て
『大丈夫だ、お前が思ってる事は分かってる』
と言ってくれた。

日本にいる時から、ブラジル行きを不安に思っていると
なぜかいつもタイミングよくトニー先生から連絡があった。
『待ってるよ』と。

Mestre Tonyには地球の裏側にいる生徒の気持ちまで分かってしまう。
トニー先生の愛は計り知れない。

IMG_6846.jpg


お昼はアカデミーアで子供たちとシュハスコ。

IMG_6847.jpg

たくさんのお肉と、魚を焼いてもらう

IMG_6848.jpg
写真イヤがるのにご飯に夢中で拒否るの忘れるジョアオン

IMG_6864.jpg
身体コチョコチョされるの弱いのに、されに来るジエゴ

IMG_6868.jpg
いつも、カポエィラの練習あるのか聞きに来るジュリアナ。
この日は凄い恥ずかしがってた

IMG_6865.jpg
肉が凄い良い匂いだと言っているトニー先生

IMG_6866.jpg
呼ぶとちゃんと来るジキ
そして、メチャメチャ賢い!

階段でトニー先生の帰りをいつも待っているし、
ソワソワし始めたから何かな?と見ていると、トニー先生が現れる。
姿も見えないし、私には足音すら聞こえないのに!

更に、扉を開けて欲しい時とか、ジキが呼びにくるから驚く。

でも、抜け毛が激しい。
そして、撫でると手が臭くなるからヤメろと言われる。
みんな集まってるから一緒に居たいのに『あっち行ってろ!』と言われ
猛ダッシュで逃げて行く姿はよく見る。
可愛そうに…。


この日の私はここで終了。
激しい頭痛でこの後何も出来ず。
トニー先生が、ヒオヴェフメーリョに行って船に乗るぞ、と言っていたけれど…
ただただ寝て終わってしまった、、、
練習がない日で良かった。


書ける事がなくなってしまったので、忘れないうちに持ち物メモ。
~準備不足編~

⚫︎ムヒ
ー滞在4日目くらいから異様に蚊に刺された。
けど蚊取り線香は使わなかった。

⚫︎飛行機の預け荷物は何があるか分からないので、カウサ・カミーザ、帯は手荷物で!

⚫︎水中カメラ
ーやっぱり持ってくればよかった、と後悔したモノ。

持って行って良かった編はまた次の機会に。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエラ カポエイラ ブラジル

2018/06/10(日)
『Red Bull PARANAUÊ 2018』
カポエィラのイベント」の正体。


もしかしたら、どんなイベントなのか説明をしていただいていたのかも知れませんが…理解しておらず。

でも、ソレは観ただけで 勝敗をつけるカポエィラ をしているんだな!と分かるものでした。

IMG_6799.jpg

詳しい事は分からなかったので、イベント後に調べてみると、

『世界で最も完全なカポエィリスタを選ぶ』

と記載されていました。
そんな大きなイベントだったなんてー!
もっとちゃんと観てくればよかった…


もぉ、とにかく暑くて熱くて、立ってるのもしんどい。
行く前にトニー先生にも、日焼け止めをしっかりしていけよ!
と言われたのに、急いで出てきて忘れる。
かなりへばっていたので、会場でお会いしたM.Lucasの影に隠れてな、と言われる始末。

そんな感じで満足には観てこれなかったRed Bull PARANAUÊですが、
せっかくなので備忘録として、私が個人的に感じた事を。

IMG_6800_2018051422484612f.jpg


イベントは既に始まっていて、暑さも手伝い凄い熱気。
(見てください、この雲一つないド晴天)

ステージは殆ど見えず、、、
分かりにくい写真が多くすみません。。


カポエィラは基本的に明らかな勝敗をつける事がなく、
他の格闘技と違って、誰が一番なのか
また、一番を目指す為に闘う
という事が通常のホーダの中では行われないので、
勝敗を決めている、という事は分かっても、最初は不思議な感じがしました。


勝敗をつけるからといって、カポエィラの技を使って相手をボコボコにしたり、倒し技ばかりが行われている訳ではなく、
あくまで相手を尊重しあい、その中で技を出し自分のベストを尽くす。
最後は握手やハグで相手を讃える。
カポエィラの根底にあるものは変わらず存在していました。

IMG_6801.jpg


そうなると、勝敗の決め手はどこなんでしょうか…


何人かのMestreがステージ脇にいて、旗を挙げ判定を行っている様でした。
(この青い囲いの中にMestreが居ます)
IMG_6807_20180514224846b6b.jpg

Mestre Nenelだよ!とか教えてもらうも、ほぼ後ろ姿で残念。
Mestreたちが勝敗を決めるんだから、選ばれた人にとって、こんなに喜ばしい事はないんだろうなぁ〜

IMG_6803.jpg

こちらが女性の優勝者。
男性は撮り損ね。

IMG_6809.jpg
ステージに置かれているルーレット。
パンデイロに見えますが…
名前は『volta do mundo』


・REGIONAL Toque:Banguela
・ANGOLA Toque:Jogo de Dentro
・CONTEMPORANEA Toque:São Bento Grande Regional


と書かれていて、ルーレットで出たToqueに合わせて指定のジョーゴをする様です。

volta do mundoしてからジョーゴする。
良いですね!

何が出るか分からないし、何が出ても対応できなければいけない。
『最も完璧』とはそういう事なんですか??
だらだらと書いてはみたものの、結局私のようなペーペーにはよく分かりません…


優勝者が決まった後、広場のあちこちで自然とホーダ が出来、ジョーゴが行われていました。
そっちを見れた事の方が私にとっては大きな収穫。
…相変わらず暑さにバテてたけど

IMG_6822.jpg

ダンス要素が強い人や、飛びまくってる人、スピードに長けた人…
色んなカポエィリスタがいて、それぞれが尊重され、
時に熱くなり過ぎても、やっぱり最後は笑顔で握手・ハグをして終わる。

出てきて良いよ!と言われるし、テンポの生徒で同じ黄緑帯のMariaに一緒に出よう!
と何度か誘ってもらうけれど…
Jandaia気持ち悪くてゲボリそうだよ。。。

IMG_6810.jpg

IMG_6834_201805142248595f5.jpg

IMG_6812.jpg

IMG_6813.jpg

なんか、ホント凄かったんですよ。
息をするかの様に自由に身体を使い、超人みたいな技を繰り出す人が沢山いて!


ジョーゴを始める人が居れば、自然とそこにホーダが作られ、歌う人がいる。
みんなで作りあげている。

ブラジルに来てから、ソノ感じが凄く良いなぁ、好きな時間だな、と感じる場面が沢山ある。

例えばアカデミーアでの練習前もそう。
誰かがビリンバウを弾けば周りもそこに加わって一緒に弾いたり、歌が始まったりする。
軽く弾いてみるつもりが時にスパルタ練習になってツライ時もあったけど…
それも含め、やっぱり良い時間を過ごせた。
みんなカポエィラが大好き!


IMG_6836.jpg
話が逸れましたが…
こちらはContra Mestra Tekka。
ブラジルの方も日傘するんですね〜
途中入れてもらい、かなり助かりました。

お隣はKabeção先生!やっぱりカッコいい!
昨年ワークショップに参加させてもらってからずっとファンです(笑)隠し撮り…ではないです!

他にもMestre QueixadaやMestre Vermelho28…


本当に色々な団体のカポエィリスタが集まっていて、
カミーザに書いてあるグループ名をメモっていたのですが、多すぎて途中で諦めました。

それだけ注目度が高いイベントだったんですね。。。
訳も分からず行った事、暑さに負けた事をやっぱり今更本当に後悔します。



陽もだいぶ傾き、人混みも抜け遅ればせながら、ようやく元気。
ビルーと夕陽を見に高台へ。

IMG_6814.jpg

他にも多くの人がその瞬間を楽しみに集まっていました。

IMG_6838.jpg

只々キレイ。
絶景でした、、、

IMG_6826_20180514224857a6c.jpg

陽が沈むと、拍手と歓声が…


行くように言ってくれたトニー先生にも、連れてきてくれたビルーにも、なんかもう全部に感謝。

なんだか忘れていたなぁ、こういう感じ。


心地よい風も吹き始め、幸せな時間。

また始まった、いつの間にかビルーと歌を歌う。
一曲ずつ交代で。

違うフレーズもあるよ!と歌詞を書いてもらって教えてもらうも、発音で大苦戦。

ビルーみたいにステキに歌えるようになりたいなぁ〜


帰り道、海がとてもキレイ

IMG_6815.jpg

我慢出来なくなって、海に突撃。
ライトに照らされた海は暖かくて、楽しすぎたけど
2人とも水着じゃなかったので、次また来ようと約束して帰る。


バスに乗る機会が多く、だいぶ乗り方は理解したけれど、
急に目的地経由のバスが来たりするので小銭の準備が間に合わない。

バスに乗る時、買い物をする時含め、大きい額のお金は好まれない様ですね。

毎回慌てる私に、ビルーが今回の分はコレ、次の分はココに入れるよ!と。
何から何までスミマセン。


渡伯前、Pinauna先輩から教えてもらっていた『Valeu』という単語。
ブラジルでは、バスを降りる時とかにValeu(ありがとう)を使うそうで、
実際先生たちの会話の中でも何度も耳にしてはいたのですが
いつも『Obrigada』が出てしまい、言った後にあーッッ、今!と悔やんでいました。

しかし、遂にこの日の帰りにValeuデビュー!
自然とこの単語が出た自分にビックリして、嬉しかった事を覚えていますが
運転手さんに上手く聞こえていたでしょうか。
もっと自信を持って使える様になりたいなぁ〜


アカデミーアに戻ると、忙しそうに仕事をしているトニー先生。
今夜はお友達の誕生日会に行くそうです。
行くか?と言われたけれど、長かった1日。
そろそろ終わりにしたかったので、おやすみなさい。

明日はトニー先生と泳ぎに行くそうです。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/06/09(土)
トニー先生を起こす約束の時間に声をかけてみる。

しかし、反応無い。
いつも早起きなので、お出かけ中かな?とりあえずアカデミーアの掃除をする。

アカデミーアにはビリンバウをつくるための材料が!!

既に皮は剥がされ、カットもされたビリバに、まだ丸い瓢箪
IMG_6729.jpg

IMG_6730.jpg

出来上がる前の状態を見るのが初めてだったので、テンション上がります。

ウキウキしながら掃除をしていると、
アニーさんが来たので、トニー先生の行方を聞いてみる。
『分からないわ〜』と言いつつ、とりあえず呼んでくれると
なんと一発!
トニー先生の声が返ってきました。

私が呼んでも全然ダメだったのに、、、
スゴイ!


* * * * * * * * * * *

このビリンバウの材料たち。
朝練習で一緒になるVanessaにビリンバウを作ってあげるんだ。とトニー先生。
(Vanessaは他団体でカポエィラを習っていて、今だけトニー先生の元に来ています)IMG_6731.jpg

私もビリバをヤスリで削ったりして作るお手伝いをさせてもらいます。

それにしても、トニー先生の手際の良さ!!

真っ直ぐだったビリバがどんどんと形を変え

IMG_6732.jpg

IMG_6733.jpg

まん丸だった瓢箪も、あっという間にカバッサに。

IMG_6744.jpg

IMG_6800.jpg

IMG_6745.jpg
完成〜!

はしょり過ぎですか?笑
でもトニー先生、ホント作るの早いんです!

動画で撮らせてもらっていたのですが、なんと僅か1時間弱で2本のビリバにアラーミが張られ、カバッサが付きました。


その間には、ヘジョナウとアンゴーラで使うビリンバウの違いや、
自分に合ったサイズの選び方(手のひら広げて7つ分)とか、
バケータも、ビリバから作られるのとチクンで出来ているもの、
チクンで刺すことも出来るんだぞ!とか解説もしてくれていました。
訳合ってるのかしら、、、
復習しておかないと…



昨年私たちが手にしたビリンバウは、マナブさんがブラジルに行った際に皮を剥がしてくれたビリバが使われているらしいのです。
その時の話をマナブさんから聞いた時は、大切に使わなきゃ!と初めて持てた自分のビリンバウが嬉しくて仕方なくて、

今回は作る過程を見る事ができて、もちろん今日の1時間で完成な訳はなく、
先生方が毎回一つづつ手作りして下さるビリンバウ、今更ながら本当に有難いなぁ、と思います。
指イタイー、とか言ってゴメンなさい。
ビリンバウと仲良くなれる様に頑張ります。


さて、朝練は…
9時開始の予定が既に10時。
ヴェフメーリョ先生が10時半に迎えに来てくれる。
これは困った、、、。
練習無いのか?と思ったけど、サウダサォンでSalve!しちゃってるし、準備運動始まったしー!!
しかも通常7時半開始ですら暑いのに、10時って!


練習はアルマーダを横向くエスキーヴァで避け、そこにチゾウラ。
有り難い事に下にマットを敷いてもらえた!

高い位置から落ちるし、チゾウラ初めて同士で組んでいたので、上手くいかないとマットからハミ出るしイタイ。
でもそのお陰で倒し方も、倒され方も、どうすれば良いのか工夫し、考える。

時間通りに迎えに来てくれたヴェフメーリョ先生も、見兼ねて教えてくれます。
でもフラカォン先生が息子のペドロを連れて来たので、すぐにフラれてしまいました。

IMG_6758.jpg


このペドロがちょー可愛いのです!!
汗だくで近づく異国の変な女にも、天使の微笑みを見せてくれました!

ついペドロに夢中になり、トニー先生に早く練習しろと怒られる。

最後はジョーゴでチゾウラを掛けにいく練習。
蹴りや移動中に出すのは本当に難しかったけれど、下手なりに上手くいくと嬉しい!
日本に居ると、なかなか黄緑帯では使う事の無い技ですが、ほんの少〜しだけ掴めた感覚、忘れずにいたい!


通常、1時間半の朝練。今日は1時間で終了。
アカデミーアが賑やか

IMG_6746.jpg

IMG_6734.jpg


私は急いで支度してヴェフメーリョ先生とボンフィン教会へ。


今回はしっかりお願いも!

IMG_6735.jpg

神父さんに聖水も掛けていただき、たった2日前だけど、前回とはまた少し違ったボンフィン教会を体験。
(前回は初めてのボンフィン教会で、わーっ!って喜んで、わーっ!って回って、ずっとわーっ!てなってた)

先輩たちの日記にも度々登場するアイス屋さんにも連れて行ってもらう。
IMG_6736.jpg
種類が多過ぎて選べないし、ソレ何ですか!って名前ばかりなので、ヴェフメーリョ先生のオススメにしてもらう。
もちろん、2段のやつでー!!

試食もさせてもらい、何だかんだいっぱい食べる。
IMG_6737.jpg
沢山名前を言われて、結局コレが何だったか忘れる…
先生、すみません。。。
でもめちゃめちゃ美味しかった事は確か!

食べた後は動く。
という訳ではないけれど、カポエィリスタはどこでもカポエィラする!

照りつける日差しでコンクリートがmuito quente!!
熱い熱い言いながらも、アウーバチードゥや、マカーコをしてくれるヴェフメーリョ先生。
IMG_6738.jpg
連写で身体の流れ方をしっかり抑えたので、後日こっそり練習する予定。
…が、未だしておらず。

絶景を背に、良いなぁ〜
先生みたいに華麗に技を出せたら気持ちいいんだろうなぁ〜


私もポーズをする様に言われるので、やってみる。
ヴェフメーリョ先生からのオーダーは『ジンガ』です。

IMG_6750.jpg



・・・・何ですか、コレは。
強風に吹かれて前に進めない人みたいになってます…
衝撃的なダサさ!!

この後エスキーヴァもやってみる。
どの写真も悲惨な感じ。
練習ですね、、


お昼はフェイジョアーダをご馳走になり、楽しい時間はあっという間に終了。
今年もヴェフメーリョ先生が作るフェイジョアーダが食べたいと図々しくもお伝えした。

今年もこれから日本で迎える夏が楽しみ!

casa14に戻ってちょっとお昼寝…
は出来ない様です。
ビルーがお迎えに来てくれていました。
これからカポエィラのイベントを観に行くから早く!との事です。

つづく
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/05/16(水)
11/24(金) DAY9。

th_p2192.jpg


今日はビルーがzoológico(動物園)に連れて行ってくれる!
アカデミーアから歩いていける。
去年行きたかったけど行かなかった噂の動物園。ついにデビューできます。

th_IMG_8774.jpg

th_IMG_8782.jpg


これが無料?と思うほど広大かつ美しい動物園。ブラジルの政治がちょっと心配になるー


見所であろう鳥コーナーが閉鎖中らしい。
残念。でも歩いているだけでも満足できる素敵な景色が広がっている。

緑がうつくしい
th_IMG_1177.jpg


カラフルじゃない鳥たちは見られる。
耳が立っているCoruja。かわいい。
th_IMG_8801.jpg


carcará。青帯ブルーノのアペリード。
th_IMG_8808.jpg


ありがたい日陰。
th_IMG_1175.jpg


ネコ科の動物がいるはずなんだけど見当たらない。
「onça pintada preta」という看板があり、黒い斑点のある黒ジャガーは真っ黒なんじゃないのか、という話に。本物が見たかったわ。


「逆光って何というの?」と話し中。
th_IMG_0886.jpg


こういう茶色い品種かと思ったら
汚れているだけのシマウマ。
th_IMG_1172.jpg
    
見つめ合う2人
th_IMG_1168.jpg


th_IMG_1171.jpg

th_IMG_8899.jpg


ボルボレッタが突然小学生に囲まれる。
「キャー!!一緒に写真撮ってー!」
th_IMG_1164.jpg

アイドルみたいだった。多分アジア人が珍しいと思うんだけど、他にも日本人が3人いたのに囲まれたのはボルボレッタだけ。
やっぱりブラジル人にも魅力を嗅ぎ分けられてしまうらしい。


お猿さんが近寄ってきました。
th_IMG_1163.jpg
  
ボルボレッタに近寄ってみました。
th_IMG_1173.jpg

クジャクを見ている姿が撮りたかったのに。
th_IMG_1162.jpg


動物園、楽しかった〜
とても静かで、緑が豊かで美しくて、動物たちはユニークで。
お天気のいい日にまた来たくなるだろうな。




動物園の後、ビルーとボルボレッタと私はブルーノと待ち合わせしてバラォン練習。
いつでも素敵な仲間たち。
th_IMG_1158.jpg
  
後ろにまっすぐ飛ぶ練習。
th_IMG_1155.jpg

私もチャレンジ。
th_IMG_4437.jpg
   
最近ずっとウルソとビルーのバラォン練習を見ていたので、ちょっとは進歩した気がする。ちょっとだけ…。
着地がうまく行くと嬉しい。芝生なのも嬉しい。


帰りにパダリーアで夕飯用のお買い物。
量り売りのお肉。
th_IMG_4434.jpg

th_IMG_8949.jpg
   

バナネイラにとっては今日が最後の夜。
なのでビルーとウルソも呼んでバナネイラの送別会ディナーをする予定。
ボルボレッタと夜の計画を練り準備をする。


夕方から Grupo Oriaxe CapoeiraのInstrutora Gandaiaの子供向けワークショップがある。


準備のお手伝い。
Gandaia先生はとても明るく笑顔がステキです。
th_IMG_8952.jpg
  
始まるよ。他団体の子の方が多い
th_IMG_9026.jpg


こちらは見学の大人。
th_IMG_1139.jpg


最初はビゾウロ・マンガンガの物語。
身振り手振りを交えながら話してくれる。
th_IMG_8956.jpg

th_IMG_8973.jpg

次は小道具を使っての動き。
th_IMG_8986.jpg

今度は楽器になります。 
「ビリンバウのパウになって!」
th_IMG_9054.jpg

「ペドラ!」
th_IMG_1126.jpg

「バケータ!」  
th_IMG_9051.jpg

子供も楽しく鍛えられる腹筋運動。キツそう。


そして竜太先生も大好きな、柔らかい棒をブンブン振り回すやつ。世界共通ですか。
キャーキャー言いながらよける。
th_IMG_9034.jpg

th_IMG_4435.jpg


大人はコルダの先をフォークでほぐす作業。
th_IMG_9019.jpg


次はお絵かき。さっきのビゾウロのお話をもとにして絵を描きます。
th_IMG_9062.jpg

th_IMG_9076.jpg


最後は子供ジョーゴ。
th_IMG_9114.jpg


私も見ていて勉強になったし、子供達はとても楽しそうだった。Gandaia先生は子供が大好きだって。ありがとうございます。
th_IMG_9127.jpg




ここからバナネイラの送別会に向けてご飯の支度。
こぢんまりの予定が全部で9人になったので割とハードだった。
作る量も多いし、不慣れなキッチンに苦戦…
二階にある包丁は切れ味が良くなく、コンロは強火か超弱火しかなく、フライパンは凹んでいる。
でもこれもまたブラジル滞在の醍醐味よね。
(本当は切れる包丁はちゃんとあり、コンロは後日トニーが直してくれました)


ビルーとウルソとは一緒に夜ご飯を食べたことがなかったので今日は来てくれて嬉しい。

ウルソの笑顔と手を振ってくれたのが可愛すぎて後でボルボレッタと萌えた写真。
th_IMG_4433.jpg


やっぱりトニーの独壇場。盛り上がった。
th_IMG_1109.jpg


男の友情1。
th_IMG_1107.jpg

男の友情2。
th_IMG_1108.jpg

th_IMG_9156.jpg

バナネイラは彼らとカポエイラでしっかり友情を築いていた。とても素敵な雰囲気だった。
みんなでご飯が食べられたのも嬉しかった。
朝からいい1日だったな。

明日の午前中はMestre Orelhaのワークショップ、夕方からいよいよバチザード。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/04/22(日)
こんにちは~✨
緑帯Sininhoです!

『女性限定、アクロバットをやる為の

基礎・基礎準備&筋トレ』


に参加してきました!

先生はその先生✨

男性目線からではなく、女性目線から見たアクロバスィーア(アクロバット)をやる為の基礎・基礎準備&筋トレのイベントです♥
カポエイラのアクロバスィーアも筋力は当然必要ですが(やる為の筋トレもお伝えします) 男性と同じようには出来ないので、自分のやって来た事などを少しでもお伝え出来たら~とその先生のとっても楽しみなレッスンです!

以前、その先生にアクロバシーアについて相談したとき背中が硬いと
ストレッチを教えていただいたのでこの日のために背中ストレッチを頑張ってきました♪
そして今日アシスタントは同期のアセロラちゃん!

まずはストレッチから~
30261618_1840659099297932_2019132471664181248_o.jpg

30411875_1840659109297931_2955559934898470912_o.jpg

ポンチや起き上がり方✨バナネイラ
バナネイラからポンチして立ち上がるなどなど~
04082.jpg

04083.jpg

起き上がりはなんとも言えないむずかしさ(;´・ω・)
どうしても顔をあげてしまうんです…(´;ω;`)
しかしこれをいつかマスターしてアウーヘヴェルサォンを素敵にホーダでやってみたい✨(*^-^*)
30264955_1840659322631243_5326305466232340480_o.jpg

30262003_1840659795964529_3627611880228388864_o.jpg

30262116_1840659592631216_330339700105543680_o.jpg

30264870_1840659835964525_1231367677813981184_o.jpg

サポートしてもらうことで自分の体のどこに力を入れたらいいのか!
今まで意識したこともない部位の力が必要だったりとか!
発見が多くありました!!!

あとは視界!
サポートしてもらうと動きがわかって恐怖感もなくなります。
あー、難しいけどわかる!

そして前転・後転・それぞれのカポエイラの技を教えてもらました~
その先生のお手本素敵です✨
04084.jpg

そしてその先生にお家でできるトレーニングを教えてもらいました。
次回に向けてコツコツ頑張ります(*^-^*)
記念に1枚~♪
集合0408

夏に向けてカッコイイ女子になりたい方はぜひ!次回お待ちしてます✨
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/04/15(日)

ブラジルに到着してから11日目。
Pinauna先輩に続きMaria Bonitaも本日帰国。
securedownload[1]
空港まで見送りに行く気満々だったのに、夕方からホーダに行くから家で休んで準備しておくように言われます。

という事で、ここから先は1人になった私のブラジル奮闘記になってしまいますが、お付き合いいただければと思います。


ビルーが17時に迎えに来てくれるというので、それまで片付けをしたり、日記を書いたり、ポルトガル語を頭に詰め込んだり…
少しゆっくりできるかな、と思っていた時間は意外にも無い。

待ち合わせの時間だけどビルー来ない。

ブラジルタイム??と思いつつも1人なので聞き間違えたかな、、、
とか結構不安。
カウサ・カミーザ着てなかったらどうしよう、とか。
無駄に外の通りをウロウロしてみたりする。

結局、ただのブラジルタイムで安心。
カウサ・カミーザも着ていて更に安心。

バスで5分くらいの場所と言っていたけれど、
そこはちょっと治安の悪そうな、
怖いな。と思ってしまう雰囲気のところ。

ジムが入っている施設の上が今夜の会場。
床はもちろんコンクリート。
色味は一切ない。
窓もないので吹き抜け。
たまに吹く風が気持ち良かったりもするけど、そんなの楽しむ余裕なし。

こちらでよくお会いするMestre Lucas、Professor Cideiraに挨拶。
あたたかく迎え入れてくれ、感謝。

そう、今夜はGrupo Beira de Marのホーダでした。

彼らのグループのホーダとは聞いていたのですが、私たちが着いた時には既に他団体の方たちも居たので、私には何がどうなっているのやら分からず。

いつもと少し違う空気感をさすがに感じ、ビルーに今更ながらカポエィラのスタイルを聞いてみると
〝コンテンポラーニア〟だという。

なんとー、、、。


M.Lucasよりゲストの紹介が始まります。
私たちも、グルーポ・テンポからBiluとJandaia と紹介していただき、いよいよ始まったホーダ。
最初からアタバキが入り、バテリーアも立ったまま。


この時、私はまだ前日ホーダの自分の出来の悪さを引きずっていたので、他団体のホーダというだけでビクビクだったのに、目の当たりにしたノリノリ イケイケのアンゴーラを見て
『なんて所に来てしまったんだ…。』
『このまま出ずに終わりたい…。』
そんな事ばかり思っていました。

Maria Bonitaを送っていったら来ると思っていたトニー先生も、どうやら来るらしい?と聞いていたウーゴ先生も全然現れない。

入り口から入ってくるのは強そうなカポエィリスタとお客さん(保護者)ばかり。
ギャラリーが増えて更に縮こまる。


早めにヘジォナウに変わり
「大丈夫だから出な〜」とビルーに背中を押してもらうも、尻込み。

M.Lucasに手を引かれ、遂に出る事に…
既にテンポで何度かジョーゴさせてもらっていたので、緊張を解いてくれる。とっても優しい。。。

なんとか一度出終わると、反対側に並んでいた中学生か高校生くらいのイケイケ女子たちが私の所まで来てくれ
「一緒にジョーゴしよう!」
と出たばかりの私をまたすぐバテリーアの隣に並ばせる。


「あなたとのジョーゴ良かったわ!」
「名前はなんていうの?」
「いつまでブラジルに居るの?」
たくさん声を掛けにきてくれるイケイケ女子たち。
日本人が珍しいのかな。
でも、本当にありがとう!


Mestre Grauçá、Professor Cidreiraにもジョーゴに誘っていただき、いつの間にか沢山出させてもらってる。

最初から最後まで沢山のパワーで溢れていたホーダ。

自分の失敗を気にする人なんて居ないし(そもそもみんな上手なので、そういうレベルの話ではないのかも知れないけど…)カポエィラが本当に大好きで、それを身体全部で表現していて
歌だって、分からない歌もノリノリでちょー適当に歌ってる子もいる
けれど、見ているこっちが楽しくなってくるし、あんな風に楽しめる様になりたいな!
そう思わずにはいられない空間でした。

もちろん、手拍子が少し弱まったりする瞬間はありましたが、そんな時はすかさずMestreや上帯の方が誘導したり、魅せるジョーゴでみんなを引っ張っていました。
でも、それ以上に印象的だったのは若い子たちが全力だという事。
自分たちから、その場を盛り上げにいっている姿。

これは竜太先生もよく言っていますが、凄い技が出来なくても、手拍子をきちんと返す事は黄緑帯でも出来る。

自分の出来る事をしっかりやろう。
遠慮なんてしていたら勿体無い。

行かせてもらえて本当に良かった!

securedownload[1] (2)

securedownload[1] (3)

securedownload[1] (5)

securedownload[1] (4)
(私の写真しかなくてスミマセン。街並み含め、結構怖かったので写真撮れずでした)


帰りはまたバスで。
の予定だったけれど、交通量の激しい道でなかなかバス停まで辿り着けない。
ビルーが ポーハ! 言い出したので歩いて帰る事にします。

日本のテンポには、こんなアペリードの人が居るよー!とか、そんな話をしながら私はポルトガル語でビルーは日本語の勉強。

途中、送ってもらっているビルーに申し訳なくて、ここからビルーの家はどのくらい?と聞くと「歩いて30分くらい」と。
急いだら20分。と言う。
本当に申し訳なさすぎる…。
ゴメンね。と伝えると「何でゴメンね、なの?分からない」と言われてしまう。

多くをポルトガル語で伝えられない事が本当に悔しい。


casa14に戻ると、トニー先生が迎えてくれる。
というか、アカラジェー屋さんに飲みに行く所だった様で…
疲れたからホーダには行かなかった。的な事を言っていた。

「お腹空いているだろ!飲みに行くぞ!」と言われたけれど、ホーダ後にフルーツを出してもらっていたし、疲れたのでお断りする。

俺はアカラジェー屋に居るから、何かあったら走って来いよ!
と言い残し、トニー先生とお別れ。

ビルーはとても勉強熱心で、その後も暫く家の前の木に座って勉強。「日本語で何て言うの?」と沢山聞いてきてくれる。
ブラジルに居るのに私のポルトガル語上達より、ビルーの日本語上達の方が遥かに早い…。



しまった!この後1週間の練習スケジュールを確認する事と、明日はヴェフメーリョ先生とボンフィン教会へ行く事を伝え忘れていた…
と思い出し、ビルーとお別れしトニー先生の元に走る。

すると明日は朝練習の後、ビルーとカポエィラのイベントに行く様に言われます。
あれま、、、

部屋に戻ってヴェフメーリョ先生に連絡すると、トニー先生に話をしてくれ、翌日はボンフィン教会へ行ける事に。
『10:30に迎えに行くよ!』
と連絡をいただきます。

色々と見たり体験させたりさせようとしてくれる先生方。
私の報告遅れでご迷惑をお掛けしてしまいました。。。


日付が変わる頃、部屋の外から聞こえてくるトニー先生が呼ぶ声に顔を出すと、
トニー先生、酔っ払ってる。

ピザを買ってきたから食べよう!と
ピザとチキン、飲み物をテーブルに広げ出します。

こんな時間にー!!
と思いつつも、めっちゃいい匂いに誘われご馳走になる。
エレナにも、とトニー先生呼ぶも、眠いからいい!とピザを一切れだけ持って自分の部屋に行ってしまい、少し悲しそうなトニー先生。

ゴメンなさい。
そんなトニー先生を見て少し笑いました。
娘に振られてションボリする父親。
日本もブラジルも変わらない光景


明日は9時から朝練。
起きれないかもしれないから7時半に起こす様にとの事です。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド