ブラジル

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/11/20(月)
2016年11月29日(火)

今日が、わたしとPintaの帰国日です。
Pintaは午前の便だったので、一足先に帰ります。
ビルーがお兄さんの車をかりて空港まで送ってってくれるとのこと。

2017111718364573f.jpg


また日本でね~。
ブラジルで一緒にいて、日本に別々で帰って、再会したら不思議な感じなんだろうな~。
20171120110745936.jpeg

たまたまアニーがいないタイミングで。Pintaを見送れなくって。
近所にいたのになんで呼んでくれなかったの~って、残念がっていた。



わたしはサルヴァドールのルイス・マリャガス空港18:50発 に乗って帰ります。
空港には16時すぎに到着していればOK。アカデミーアから空港までは、車やバスで1時間くらい。

アカデミーアを出る15時くらいまで微妙に時間がある日中。
イーザが午後から学校に行くまえにお別れにきてくれたり。
20171120110709cc1.jpeg

20171117183707e3b.jpg
アニーとゆっくり話したり。



最後のランチは黄色い店で。タリさんファミリー、メストレトニー、ジエゴ、ジョアォンと。
2017111718374076f.jpg

帰り道
20171117183614ae8.jpg


そうしたら、ビルーからwhatssappでメッセージが。

今日はまたUFBAでカポエィラのイベントがあるとのこと。
メストレコブラマンサがいらっしゃるってことなので、いきたーい。
全部は出られなそうだけど、近いからすぐ帰ってこれるし。

メストレに、UFBAのイベント行ってきて大丈夫?って聞いたら。
もうすでにビルーから連絡がきていたようで行ってこい、行ってこいっ、てことでUFBAに。

20171117184419c42.jpg

ヴェフメーリョ先生と、息子のマテウスも観にきていました。(たまたま横切っているとこの写真があった)
20171117184219073.png

わー!帰国前に会えてうれしい!!!

20171117183851c11.jpg

音楽からはじまります。左はメストラジャンジャ、真ん中がメストレコブラマンサ。
ビリンバウも歌も素敵すぎてぞわぞわする。

20171117184227891.png

どうやったらこんなに力のはいってないようにみえる弾き方で音がでるんだろう。

201711171838284af.jpg

バテリーアの右側にいるコントラメストレセインテーハは
UFBAの博士課程に在籍されているそうで、学内のカポエィライベントのオーガナイズをしていた方。

わたしのこと、ブラジル留学中の学生かなんかと思っていたようで。
日本に戻って半年くらいたってから、またUFBAでワークショップやるから参加しないか、とメッセンジャーが来たりして。
なんだかおもしろいつながりもできました。また会える機会があったらいいなあ。


話は戻り。
メストレコブラマンサの講義の途中で、アカデミーアに戻らないといけない時間になる。

もう道わかるし歩いて5分程度なので、一人で帰れるよ。ご近所なんで。この講義って貴重でしょ。

と言っても、「一人で帰るなんてとんでもない!!またすぐ大学に戻れるから大丈夫」
とのことでビルーと一緒にアカデミーアに送ってもらうことに。
かえりがてら、ビルーはメストレコブラマンサのジョーゴを動画でみていて、
今日もしかしたらはじめてメストレコブラマンサとジョーゴできるのかも!とウキウキしていた。

20171117183759f74.jpg

でもちょっと状況がかわって、私の空港行きはUberでビルーと一緒に行ってもらうことになるとのこと。大変申し訳ない。

Uberは、アプリで呼べるタクシーみたいな。
スマホのGPSでどこを運転してるか他の人が確認できたり、ドライバーや車両情報がでたり、安全性も高く
タクシーより安価なのでブラジルでは非常に便利です。日本にもありますね。

Uberなら一人で空港いけそうなんだけど。5分も一人で歩くなと言われるくらいなので。そこはもう甘えることに。
いつかビルーが、メストレコブラマンサとジョーゴできる日がきますように…


おとーちゃんとはアカデミーアでお別れ。また日本で。
20171117183919726.jpg

アカデミーアもしばらくみおさめ
20171117184505086.jpg

2017111718464955e.jpg

2017111718481168d.jpg


Casa14。なごりおしい。
201711171848594f5.jpg


ルイス・マリャガス空港
201711171843239c4.jpg


アメリカ経由で。

夏になっていく時期のブラジルから。12月あたまの寒い時期の日本へ。
もどってきた、もどってきた。

ブラジルで預かっていたカミーザとかを届けたいのもあるし。
竜太先生に帰国のご挨拶をしたくて、早めにアカデミーアに。

帰国飲み会したもらったり。ありがたい。

***********************************************

ということで、2016年のブラジル滞在日記が終わった!!!

よかった~。

その後は2017年の7月、
メストレトニー、コントラメストレフラカォン、コントラメストレヴェフメーリョ29
エスタジアーリオメシカーノ、フォルマードレウの5人が来日し。
2017111718544257f.jpg

2017111718541936a.jpg

20171117185545a57.jpg

日本でのバチザードが開催されました。
写真4

20170808144541032.jpg

201708081445296ff.jpg


2017111718514072a.jpg

ブラジルフェスティバルにはレウ、ヴェフメーリョ先生も参加。
20171117185218953.jpg


ブラジル滞在中、ヴェフメーリョ先生のジョーゴは一度もみることはできませんでしたが。
日本に到着して、ケガしていたことを感じさせないくらいパワフルなカポエィラをしているヴェフメーリョ先生をみて、
練習中にちょっと泣いてました。練習中は泣いたらあかん。

良かったです。戻ってきてくれたことに感謝です。
20171117185038ad1.jpg
(日本でフットサルの試合にも参加しました!動けすぎててちょっとこわかったね…笑)


ブラジルにいって思うのは、
ブラジルでめちゃくちゃ忙しく働いている先生たちが一か月近く、仕事を誰かにかわってもらって日本に来るのは相当無理しているということ。
メストレがいないCasa14は女手だけになって、やっぱり大黒柱がいない状態は困ることも多いだろうなって思ったり。
20171117184618f86.jpg

なによりファミリーを大事にするブラジルの人が、長期間家族と離れて地球の裏側に来るって大変なことです。
ブラジルの先生に言わせれば、日本にいる日本のファミリーに会えるんだからって言ってくれるんだろうけど。
そんなに簡単なことじゃなく。
先生たちの負担もあるし、ブラジルに残っている人たちの負担も相当あるんだな、ということが見えます。

また、ブラジルの先生をむかえる準備のために、竜太先生をはじめ日本の先生たちも、生徒が見えないところでもものすごく動いてくれています。
そうでないと全然実現できない。メッセージとか大変だろうな…

日本のバチザード期間の貴重な一か月、大事に過ごせたらいいんですね~。

さいごのさいごになってしまいましたが。
2016年1か月ブラジルのアカデミーアに滞在し、練習し、バチザードに参加することができました。
日本とブラジル本部の関係性をここまでつみあげてってくださった先生・先輩たちの歴史を感じます。
先生たちがカポエィラはじめてくれたおかげで、わたしの人生思いがけないことになってきました。

滞在中も、日本にいる竜太先生・笹森先生にあれこれと連絡し、すぐに対応してくださって本当に心強かったです。
良い時間を過ごせるよう、心をくだいていただきました。
おかげさまで、貴重な大事な時間を過ごし、帰ってくることができました。本当にありがとうございました。


201710261815452d5.jpg

2017年、今年のブラジル本部のバチザードに日本から6名の生徒が参加します。

きっとリアルタイムのブラジル日記もはじまっていきます!!→今年のブログがはじまった!
去年、一緒に練習したブラジルのみんながどうなってるかな~。ブログ楽しみです。

ブラジルに向かっている、みんな、楽しんできてください。Boa viagem!!!
関連記事

タグ : カポエィラ ブラジル カポエイラ カポエラ

2017/11/20(月)
サウヴィ!

こんにちは。笹森道場のデンデーです。
201711181036451ca.jpg
セイヤー

今から2週間ほどブラジルに行ってきます。

17年前の私は、今とは流派が違うカポエイラを習っていました。
ダンスを習うためにそのスタジオに通っていたのですが、時間割表を見てみると聞いたことがないカポエイラというクラスがあったのです。

今みたいに「何だろう、よし、ググろう。」なんていうインターネット時代ではなく、直接足を運ぶという手段しかなかったのです。
小心者の私は(嘘ではない)超ドッキドキで初めてのレッスンを受け、一緒に行った友達は1度で「もう行かない」と言い、心の支えを失いました。

それでも続けてみたいという気持ちが勝り、何ヶ月も超ドッキドキで通っていました(昔の気持ちを思い出してブログ書きながらドッキドキ)

だって、みんな、風貌が怖いんだものー!
ロン毛といってもキムタク風なロン毛ではなく、山ごもり風な感じで。慣れるまで何ヶ月かかったことか。

……書きながら思い出しました。通い始めた時の私の風貌もアレでした。南米の収監顔。


その時の先生たちがブラジルに行ったり、そしてその話を聞いたり。
今でも未知の世界ですが、無知な当時の私にはそれはそれは目が輝く話でした。
「いつかブラジルに行ってみたいなぁ。」という気持ちにさせられましたね。


しかしブレイクダンスに目移りした私はカポエイラから遠ざかりました。
それでも世界のスポーツの祭典ではいつもブラジルを応援し、格闘技でもブラジルの選手を応援して。
いつも心のどこかでブラジルを贔屓していました。
ただ、治安の悪さを知る度に「行くことはないなぁ。」と思っていたのです。


……が!
これから行くのです!ブラジルに!


小心者で心配性な私が決意出来たのは、長い年月をかけて素晴らしい環境を作り上げてきた先生方と先輩方のお陰です。
それはブログを読んだり、直接体験談を聞いたりすることで、日々ひしひしと感じていました。


まだ黄緑帯で行くのは早いんじゃないかとも思いましたが、支部の先輩のボルボさんが今年再び行ける!そして同期のサビアが今年行きたい!ということもあり決意したのです。


あの頃のように超ドッキドキ。


1年前はメンバーになるかどうかで悩んでいました。
1年前は、1人でブラジルに行くという えしこさんの心の逞しさに感動をしていました。
1年恐るべし。
……この台詞、最近どこかで読んだような。ピエールなんちゃらのモノマネで爆死した方のブログでしたかね。ピエールなんちゃら


2年前の今頃、倒立アンチエイジングがしたくなり、当時の私に都合がいい場所であり、時間帯も豊富という理由で選んだカポエイラ・テンポ。
月に1回、2回、0回。
そんな時期もありましたが、メンバーとなり、昔どこかで見た「超速いやつカッコイイ!(ヘジォナウのこと)」を今学べていることを嬉しく思います。

20171118103729074.jpg
ピコーン

ちなみにアンチエイジングの効果はわかりませんが6kg痩せて体脂肪率は7%落ちたんですよー。

先日、笹森道場がボルボさんと私の壮行会を開催してくれました。
こそこそ色紙を書いていてバレてると思っていたみたいですがボルボさんも私も全く気がつかず。
謎の察しの悪さでした。
いつもはそんなコトないんですけどねぇ。

20171118103804086.jpg
凄く嬉しいですね

同期のマリア・ボニータとジャンダイアからはスポーツドリンクの粉セットを。
緑帯のスィニーニョさんからは日本的なお菓子の詰め合わせをいただきましたー。
養分となり、私をサポートしてくれるアイテムですね。

日曜日に壮行会をして水曜日にボルボさんは旅立つという華麗な流れ。
私は火曜日レッスンに出て、金曜日は挨拶をしに訪問し……
被害妄想だとは思いますが「いつになったら行くんだよ!」という声が聞こえてきます。


今日です、今日旅立ちます。
もの凄く不安だった「寝坊するかもしれない」という不安を1つクリアできて安堵しています。
でも必要のない自転車の鍵がポッケに入っているのに気がついた時は白目むきましたよね。

それでは行ってきます!

タグ : カポエィラ カポエイラ ブラジル

2017/11/18(土)
2016年11月28日(月)

バチザード翌日。朝起きてアカデミーアにいったらトニーに声かけられる。

201711161305495cc.jpg


昨日泣きすぎていたので。
この日はChoranaと呼ばれていた。

たまにPequenininhaと呼ばれたりもします。

大丈夫やで、おとーちゃん。寂しいいだけやで。
トニーには珍しく、アブラッソ。
20171116130500553.jpg




お昼はヴェフメーリョ先生のママのランチをいただきに。タリさんファミリーと一緒です。
20171115181739bf7.jpg

2017111518171642d.jpg


ヴェフメーリョ先生のママはレストランをやっていたので、お料理のプロです。

20171115181833b3a.jpg

間違いなく美味しい。
201711151818074ff.jpg

このブラジル滞在の中で、ヴェフメーリョ先生には何度おもてなししてもらったことでしょう。
日本と仕事の連絡とらなきゃいけないときに、アカデミーアのwifiが使えず。ヴェフメーリョ先生宅で作業させてもらったり…。
本当によくしてもらった。ありがとうございます。
今日で会えるが最後かな~。


帰ってからは、Pintaがビルーにカポエィラの本を買いたいって言ったらUFBAの本屋さんにありそうだ、ってなり。

2017111518191322c.jpg

UFBAの本屋さんに向かいます~。良い天気。
20171115181945a01.jpg

わたしもカポエィラの本と、仕事関連の本を見つけたので買ってみる。

20171115182029565.jpg

ビルーと、帯なしラリッサはUFBAで生物学の研究をしています。ついでに大学の研究室を案内してもらう。
爬虫類の研究室に。
ブラジルにはいろんな毒蛇がいるから、蛇の毒の研究は大事なのだっていう話だった。

研究室にはたっくさんの蛇がおりにいれられています。
いろんな蛇をさわらせてくれる院生。
20171115182141037.jpg

さわってみればいい、って何匹もだしてくれるのですが。

2017111518210791d.jpg
あ、わたくしはけっこうです・・・

ちなみにラリッサの研究対象は蝶々ボルボレッタらしいですよ、ボルボさん。


ラリッサとも合流してアカデミーアに戻る。
昨日のシュハスコの片づけをするぞ、とメストレに言われていた。
それこそシャワーも出なくなりがちなのにどうやってやるんだろ~??と思っていたら。

飲み物を冷やしていた大きいクーラーボックスの中に氷が解けて水が残っていた。
それをザバー

20171115182209010.jpg

すばらしい再利用。

モップでみがきつつ、アカデミーア脇にある階段に水を流し落とします。
アカデミーアは3階なので、3階から1階の階段も一緒にモップでそうじ。
2017111518225350a.jpg

掃除終わってちょっと休んだら、練習です。今日が最後の練習です。

メストレが今日が最後の練習だから、お別れのホーダやるぞっていっていた。
タリさんにも連絡してみた。
来ていたメンバーたちでホーダ、というかホジーニャです。
これが最後のジョーゴになるのか・・・と思うと感慨深いです。

最後の練習後。ひとりづつお別れの挨拶をします。
一か月あっという間だったけど、本当に楽しくこれてよかったことを伝えます。

最後に写真とったりしてたら。
20171116130050ebb.jpg


と突然の、胴上げ!!笑 
201711151823559fb.jpg

リリウとサペッカの二人でできるの、すごくない?
20171116125844063.jpg

タリさんも!
20171116130408f1f.jpg

胴上げ一人一回どころか、なんども笑


のこって、一緒に踊ったり。
2017111518231774d.jpg

リリウがサンバ教えてくれたりして過ごす。

20171116125950178.jpg

20171116130026bd0.jpg

一緒にいたい気持ちはつきない、といえばいいのか。みんな残ってくれていた。
201711161259286b7.jpg

そんな最後の練習の日の夜。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2017/11/15(水)
11月23日(水)7日目 その2。

今夜はフラカォンのお誕生日会。
ジョッタの車でフラカォンのお家まで連れていてもらう。


th_IMG_7160.jpg
そういえば初の夜の遠出。夜景がきれい。

th_IMG_7168.jpg
カジュアルなパーティーって聞いたけどどてもオシャレ。

フラカォンが握手でお出迎えしてくれました。
奥様のタイーザには初めて会う。
th_4B4201D5-D031-4505-906E-B6A19D186EDC.jpg
フラカォンがずっと嬉しそう〜。

th_IMG_7177.jpg
Mestre Bambaご一家も。

th_IMG_7181.jpg
出張クレープ屋さん!ゴージャス。

クレープ待ちで並んでいる間に、えしこさんとビルーとマテウスと日本語&ポルトガル語のお勉強。
ジャスチャーや英語を使って教わる。
ビルーと言葉の話をするのはとっても楽しい。

マテウスがImportaçãoとexportaçãoは日本語でなんというの?と聞いてくる。
輸入と輸出…。しぶい。
理由は、マテウスはアシックスが好きで輸出入に興味があるからだそう。
好きだからって規模が大きいマテウス。

クレープのメニューにはハム&チーズとか、エビとか、ビーフ&バナナとか…
ビーフバナナ、えしこさんは美味しいと言っておりましたが私にはバナナが強すぎました。
バナナ抜きで作ってもらいます。


th_IMG_7172.jpg
中身が全然わからない写真ですみません。
エビとホワイトソースのクレープ。

th_IMG_7214.jpg
デザートクレープもあり。
Romeu e Julieta。チーズとグァバかマラクジャかのジャム。ロミオ&ジュリエットみたいに相性がいいからだそう。

th_IMG_3211
元気くんとタリさん。

th_E0790495-C922-4855-BA01-5C7517611FFD.jpg
みんなそれぞれ楽しそう。

th_2B36A719-8572-441D-BB6C-2486A88B9B35.jpg
フラカォンのカポエイラの生徒さん。
メシカーノが紹介してくれました。フラカォンはとても慕われています。

th_IMG_7184.jpg
ビルーとマテウス、とても仲良し。

えしこさんと私はビルー、マテウス、ウーゴ、ジョッタと同じテーブルで食べて飲む。
むちゃくちゃ楽しかった…。なんて素敵なパーティーでしょうか。

そろそろParabénsタイムが始まります。
th_IMG_3207
みんな大好きチョコレートケーキ。

th_IMG_7225.jpg
お祝いされるフラカォンと、


th_IMG_7228.jpg
お祝いするみんな。
全員で大きなひとつの家族みたいな雰囲気。

th_IMG_7249.jpg
お祝いのメッセージの後は歌います。メシカーノの盛り上げ方がすごい。

th_IMG_7267.jpg
誕生日ケーキ入刀。

th_IMG_7257.jpg
とても素敵なお誕生日会。
家族と仲間ですごす温かい時間に私も居ることができて嬉しかった。しあわせ。


帰りにIgreja de Nossa Senhor do Bonfim教会の前を通る。「行きたーい」というとトニーがジョッタに車を停めろという。
いや、今じゃないんですよ、行きたいの。教会は開いてないですし。
th_IMG_7291.jpg
中には入れないのでジエゴと遊ぶ。

th_IMG_7311.jpg
ジョッタとジョーゴも。

そのあと結局行く時間がなかったので
Bonfim教会はこの日に行けてよかったのです。
トニーありがとうございます。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2017/11/15(水)
2016年11月27日(日)

今日がテンポのバチザード、昇段式です。これに参加したくて来たようなもの。
ブログがどんどん長くなっていますが。一番長いです。なかなかまとまりきらないけど、まとまらないまま書きます。

20171110185120449.jpg

朝からソワソワするけど、バチザードは昼ぐらいから。

ちなみに、今日帰国になっちゃうかもしれなかったPintaは帰国日を変更できることになりました!
ブラジル旅行社さん、さいこーですね。

今日、昇段する人たちの帯たち。そわそわ。
20171110185044428.jpg
当日こない人も多いブラジル。この本数の人数くるのかな?

カメラ用の延長コードをメストレが準備してくれている。
でも、電気系統の調子が悪く。朝からサペッカの兄ちゃんがきて配線を直してくれていた。


バチザードの前に、先日カシシ作り教えてくれたメストレケイシャーダがきて。
集まった人たちでジョーゴ。楽しいし、気分もどんどんあがってきます。
20171114151030181.jpg

はじまる前から楽しい。
201711101851566d8.jpg

メストレトニーの登場。そろそろはじまるようです。
20171110185250985.jpg

他団体のメストレたちの紹介。
日本から参加してる人たちの紹介。
20171110185221808.jpg

このあいだのワークショップの講師陣の並びだ。カベサォン先生、フラカォン先生、ネトゥーノ先生。
20171110185514195.jpg

ホーダドグルーポのはじまりです。(順番違うかもですが)
20171110185355ed6.jpg

20171110185426f00.jpg

20171110185503804.jpg

タリさんと、長男6さんのジョーゴも。
20171110185523246.jpg

親子でジョーゴっていいですねえ。
20171110185547b80.jpg


バチザード前に、セクエンスィアは誰がやるの?と聞いても
「わからない。当日、メストレが決めるんでしょ。」って話だった。
そうか。みんな、自分が指名されてもおかしくない意識でむかえるのね。

なんとなく、青帯に昇段するビルーとすでに青帯のブルーノがやるのかと思っていた。

子ども黄緑帯イーザとエスペジートが指名。
いつもニコニコ(ニヤニヤ)で前のめりでガンガン練習している二人が、緊張でむっつりした顔になっている。

それがよかったな~。全然へらへらもしていなかった。
二人とも真剣だった。がんばったね。残念ながら写真がないです。


 
昇段が始まる前に。マクレレーです!!この人たちでやるんだーってようやくわかる。

もうアカデミーアは人でいっぱいで、練習のときより狭い中。
狭かったせいで、しょっぱなから、後ろにいたGaivotaのグリマが私の頭にがんがん当たり。
20171113180531405.jpg
もうそれが面白くなっちゃって、笑ってます。マクレレー中。

もう(私の数少ない)一生分のマクレレーやった気がいたしますので。
これが私の生涯最後のマクレレーということでよろしいんじゃないでしょうか、ね。





子どもバチザードの時間に。知らない子どもがけっこういるけど、全体的な数は少なめ。

赤帯ジョッタの息子が、はじめての帯をとります。
子持ちだったのね!ジョッタ!

しかも、このジョッタの息子のアぺリード(カポエィラのあだな)が『Tempoテンポ』となりました。
メストレトニーがパドリーニョ(名付け親)。

グルーポ・テンポの、テンポ! 
すごい特別なアぺリードじゃありません?いままでいなかったんですね。
ジョッタのアぺリードがAmanhaだから、それに関連して、とのことでした。

ジエゴも緑帯に昇段!


イーザとエスペジートも緑帯に昇段します。このとき、パンデイロ叩いている二人。
20171110185945599.jpg

年齢がちょっと上、といってもイーザは11歳、エスペジートも同い年かな?
二人とも子ども練習も大人練習にもでていたせいか、この二人のコンプラールです。

メストレたち相手に頑張っていて。いつものガンガンにケーダかけて遊んでくるジョーゴとは違って。
やっぱりちょっと緊張している。こういう子らでも緊張するんだ。それだけ二人にはここが大事な瞬間なんだって感じてるんだろうな。
泣ける。写真とれなかった。

20171110190115711.jpg
昇段したあとにとったイーザとの写真。おめでとう。

Pintaにおめでとうをされる、エスペジート。
20171113180805702.jpg




大人の昇段前に休憩時間。

20171110190247dff.jpg
大人の青帯に昇段するのはビルーだけで、ちょっと話す。

そこに青帯のブルーノが寄ってきて。(左がブルーノ)
20171107192557413.jpg

青帯とるビルーの横にわたしが座っていたので
ブ「Habilidosaは昇段しないの?」   
  「しないよ~。まだまだ。」
※昇段式の時期にわざわざ来ているのでいろんな人に聞かれます。

ブ「昇段しちゃえばいいじゃん!」 
 「いやいや、ないない、あははー」

ブ「今日、昇段しちゃいなよ!ちょっとMestreに言ってくるね。」
     
って。本当にいっちゃった…


アカデミーアのむこうから
  「Hoje??!!!(今日か??!!!)」とメストレの怒鳴り声が聞こえる。
  Onde??!!だったのかも。

戻ってくるブルーノ。

ブ「ダメだって笑」
 そりゃそうでしょーよー笑

青帯ブルーノは、練習にほぼ毎日一緒に出てたけど、小さい娘さんもいて仕事も忙しい彼と
ゆっくり話す時間はあまりもてず。だけれど、とても信頼できる人だと感じていて。
むりやり例えると、カツオ先生とおでんさんを足して2で割ったような…

表情、声のトーン、しぐさ、彼の相手に対する気遣いと労りの気持ちを感じます。
言葉でのやり取りが不自由だからこそ、言外のものが際立ちます。

まあでもそれをいったらカポエィラも同じか。
しゃべっていることより何よりジョーゴがその人を表しますもんね。

メストレがレッスンできない日は、青帯ブルーノが代わりにレッスンしていた日もありました。そんな人。
ということで、そういうブルーノから、勢いと面白がってかもだけど昇段したらって言われ
メストレに言いにいってくれまでしたことは、自分でもびっくりするほどうれしいことだった。

この人こそ信頼できると自分が思った人に、信頼してもらえる人になりたいし。
そういうカポエイラができるようになりたい、と思った思い出。

20171114151753c2f.jpg
(関係ないけど、攫いたいくらい可愛いブルーノのお嬢さん。)


話が脱線しましたが、大人の昇段式のはじまり。

黄緑帯の昇段のときにサプライズ。
20171110185633fa1.jpg

ケガをしたヴェフメーリョ先生の学校でアシスタントをしてくれていた彼女がバチザード見学にきていた。
彼女の名前が呼ばれ、黄緑帯をもらえることに!!

さっそくお着換え。

201711101857515ea.jpg
小学校のマクレレー教えるのも手伝っていたしなー。
ヴェフメーリョ先生を支えてくれてありがとう。

20171110190033855.jpg

もう一人の黄緑帯の彼女は、家庭でつらいことがあったけど
カポエイラのおかげでつらい出来事を乗り切れた、という話をしていた。

201711141508497ef.jpg
(右から二番目の彼女)

カポエイラの良いところは、こういうふうに他の人の人生にふれることができることなのではないかと思います。
カポエィラが支えになった彼女の人生に、カポエィラをとおして理解して、横でお祝いを言える。
カポエィラがなければ、こういう形では関われない。

バチザードは、そういう昇段する人の節目節目の大事な場面を一緒に作ることができて、一緒に喜ぶことができる。
自分のことで喜べることもいいけど、自分ひとりの人生の中で起きることって限られて
他の人の幸せで、自分が幸せな気持ちにになれるってなったら、そこには限りがなくて。

20171110185956495.jpg

カポエィラをはじめたことで、そういう祝う気持ち・一緒に喜ぶ機会って各段に増えている気がします。
ブラジルのみんなと、ほんの一か月一緒に練習しただけだけれど、こんなにうれしい気持ちにさせてくれるカポエィラは偉大。


さて話はもどって、大人の黄帯昇段です。
サペッカの兄ちゃんが黄帯に昇段していた~。このときは、まずメストレトニーに黄帯をつけてもらってからジョーゴがはじまる。
20171110190232ef6.jpg

20171110190203b6f.jpg


今年のバチザードでは、先生への昇段はなくて。
大人青帯に昇段するビルーがオオトリです。
20171110191400b84.jpg
ビリンバウの試験。

クアドラ。みんなニコニコ。
201711101904284f7.jpg



20171110190601df4.jpg

ジョーゴがはじまります。メストレボゾーとジョーゴが多かった。
20171114151917a88.jpg

Volta do mundoしてたら、メストレトニーがホーダの中にはいってきた!
20171110190815ce9.jpg

と思ったジョーゴはしない笑。
20171110190730a86.jpg
やんや、やんや。
トニーはビルーのこと大好きです。


よかったなー。
彼はカポエィラ好きなのわかるし。練習も好きだし、熱心です。
ジョーゴもビリンバウもアクロバスィーアも、いろんなことができる。

20171110191351eda.jpg

おめでとう、と心から言える。大事なこの場に立ち会えてよかったな。
201711101914319a3.jpg



青帯は、生徒の最後の帯で。
ジョーゴやアクロバスィーアとかの動き、戦うことも、
歌とかビリンバウやパンディロとかアタバキといった音楽も
状況判断もできないといけない帯になります。
201711071909438a1.jpg

生徒の帯ではありますが、代行で先生の代わりにレッスンすることもあって。
先生レベルではないけど。青帯は人に教えられるレベルの人がつける帯。

知識も、ポルトガル語も必要で。
私が黄緑帯のときに、当時青帯のカツオ先生がブラジル人の多いグループのイベントに引率してくれて
最後にグループとグループのイベント紹介をポルトガル語でアナウンスしていました。
こうやって引率できて、ポルトガル語でアナウンスできる、それが青帯なんだな、と思ったのを覚えています。


そういうレベルが青帯なので、昇段するのは大変な帯です。
とはいえ、わたくし黄帯とって早数年。次の帯は青帯です。


2017年現在にいたっても、自分は黄帯としてできるようになることの半分ぐらいはやれるようになってきてるのかな、
という感じで、実力的に足りない、ということが一番大きいのですが。
練習して良いカポエィリスタになりたいという気持ちはずっと続くだろうけど
いろいろ考えると、青帯とることはないだろうな、と。いまも8割くらいはそんな気持ち。


それでも、ブラジルのバチザードのこの日を思い出すと。

2017111019152812a.jpg

ブルーノとのやりとりは自分にとっては、大事なうれしい思い出になっていて。
彼のように信頼できるカポエィリスタに信頼されるカポエィリスタになりたいし。
単純にブルーノに青帯とったよ~って言えたら、わたしが嬉しい気持ちになれるだろうなと思ったり。

ビルーの青帯昇段をみて、彼のように努力して彼と同じ青帯をとって、同じ帯としてジョーゴできたら、
それはすごい自分にとって楽しく喜ばしいことなんじゃないか、という思いもでてきます。

201711141524302f5.jpg

そういう日は結局こないかもしれないけど。そう思わせてくれてありがとう、と思う昇段式でした。


20171113181117074.jpg
ジエゴの新しい緑帯と、ビルーの新しい青帯と、わたしの黄帯。







さてさて、バチザード終了後は恒例の、アカデミーアでシュハスコ!打ち上げです。
20171113181526b64.jpg
こどもも一緒に、わきあいあい。

焼く人は大忙し。
20171113180643f82.jpg

20171113181614fcc.jpg


俺のファミリーを紹介するぜっていって、奥さんと娘さんを3回紹介してくれたメストレ。こんなに家族大好きって素敵。
2017111318154584d.jpg


打ち上げしていたら。あー、バチザードが終わっちゃた!という気持ちに。
もうあと残り数日でブラジルを離れるということ。

それがさみしくて、途中からわんわん泣いていたらば。
201711131810316fd.jpg

メストレルーカスに連行される。
201711141534174c1.jpg

メストレルーカスに、なんでそんなに泣くんだ、と聞かれ
しばらくブラジルに来れないし、みんなに会えなくて寂しいという話をしたら。
『そんなに泣かなくていい。みんないつでも待っているから、いつでも会える。おれたちはカポエィラでつながっている。』
という話をされて、さらに泣く。

ちょっと離れてたところで、また泣いていたら、またメストレルーカスに連行され。
また優しくなぐさめられて、また泣く。
なんかいい話されすぎて。
おぼろげな記憶で、「この人は泣き止ませるようでいて、泣かせにかかってきてる…」って思ったの覚えています。


サンバおどったり、突如ジョーゴがはじまったり。
そして、また泣いたり。

さみしいじゃん。また会えるけど。


もっと一緒に練習したかったな~。
201711141636168f3.jpg

201711141557015d7.jpg

201711141638252af.jpg

201711141606159f8.jpg

20171115091001842.jpg

20171115091209c64.jpg


201711131810094f0.jpg

201711131817291f9.jpg

2017111318092637b.jpg


途中で、メストレに、泣きすぎだから頭冷やしてこいってシャワーを浴びてくるように言われます笑。
この日はそれまで使えなかった2階のシャワーがなおっていて、使えたのでした。たしか。

シャワーあびて一回着替えてアカデミーアもどって、部屋で寝て。起きてトニーとPintaと夕ご飯食べたような。たしか。


最高に喜ばしくて楽しい気持ちと、離れがたくて寂しい気持ちで。
グッタリ消耗しました。

201711141542216b1.jpg


みんな昇段おめでとう。楽しかったです。ありがとう。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2017/11/14(火)
今更ですが。私もえしこさんにつづき去年のブラジル記の続きを。
またブラジルに行くのでその前になんとか去年のを!


11月23日(水)7日目 その1。

晴れ。
th_IMG_6957.jpg


午前中はルーがIgreja de São Lázaroに連れて行ってくれます。カンドンブレの集落。

カンドンブレはアフリカがルーツで、カポエイラと同じく奴隷で連れてこられた人たちによってバイーアで発展していった宗教だそう。Rio de JaneiroやSão Pauloではまた違う名前らしい。

この時は全く知識がなく、ルーが観光で近くの教会に連れていってくれるくらいに思っていたのだけど、彼女にとって大切な場所に連れて行ってくれたのだと後からわかった。

th_IMG_6954.jpg
バス停に向かいます。初のブラジルバス。

th_IMG_6966.jpg
えしこさんがジェットコースターに
乗っているみたいに見える。

到着まで1時間くらいかかった。

Ilê Axé Opô Afonjáに到着。
th_IMG_6976.jpg

th_IMG_6982.jpg
XANGÔの像。

th_IMG_6988.jpg
観光できるようになっているけれど
この先は撮影禁止。
ルーについて行ってカンドンブレの巫女みたいな人に会い、お祈りの集会に参加させてもらう。

そのあとは神様のお家巡り。
th_IMG_6997.jpg
いい天気。
私たちもここでの正装に習うべく
白いスカートを借りて履いています。

神様のお家は色がきれい。
th_IMG_7001.jpg

th_IMG_7005.jpg



貴重な体験をさせてもらった。
神聖な場所であろうことをひしひしと感じた。

気軽な観光の気持ちで来てしまったから
ビックリしてしたし非日常すぎて緊張もしたけど
これもここの文化。おもしろい。


帰りもジェットコースター並みに揺れるバスで今から1時間か…と思っていたら
th_IMG_7022.jpg
ルーの友達のガブリエルが車で送ってくれる。
そして車だと30分もかからずに到着!
ブラジルの相乗り文化も素晴らしいー。

今日のランチもルーパパのお店へ。
th_IMG_7029.jpg
ガブリエルも一緒にルーババのお店でランチをすることに。

th_IMG_7035.jpg
ルーパパ、
今日も冷たいビールをありがとう!

th_IMG_7045.jpg
今日のランチメニュー。

th_IMG_7044.jpg
ガブリエルのQUIABODA。オクラと肉。

th_IMG_7040.jpg
私はMOQUECA DE ARRAIA。エイのムケッカ。


th_IMG_7054.jpg
ガブリエルは、英語とポルトガル語を駆使して
カンドンブレについて説明してくれたり
なぜ自分がカンドンブレを信仰するようになったかを話してくれた。

ガブリエルの話を聞いていると「カンドンブレを信仰する」=あらゆることに、人生に感謝しているってことなんだろうと思った。上手く言えないけど、彼の話がとても素敵だったのです。

Ilê Axé Opô Afonjáで感じていた緊張感とか、知らないくせに立ち入ってしまった申し訳なさとかを吹っ飛ばしてくれるくらいに。


カンドンブレは八百万の神みたいに複数の神様がいて、自分の守護神はこれ、というのがあるそう。
で、自分の神様は自然にわかるものらしい。ガブリエルは夢で見たと言っていた。

ちなみに私の神様はOGUNっぽいと。あとから調べてわかったけどOGUNを象徴する色は青と緑で、お酒が好きな神様らしい。

なるほどー。私も青と緑とお酒が好きです。
おもしろいなあ。

ガブリエルと出会えてよかった。
とってもとっても素敵な人でした。

ルー、貴重な体験をさせてくれてありがとう。
ポルトガル語がわからなくて理解できていなかったけど今日ちょっとだけ知ることができました。



帰ったらアカデミーアに新しいドアが!
th_IMG_7068.jpg
今朝まで鉄格子と板しか無かったから。



午後はビルーのいる大学へ、Mestre Nenelの講義を聴きに行きます。
私的には歴史上の人物。ブラジル滞在中のタイミングで会えるチャンスがあるなんて。
th_IMG_7078.jpg
UFBA。


th_IMG_7440.jpg
Mestre Cafuné とMestre BoinhaとMestre Nenel。


th_IMG_7438.jpg
輪になってお話を聞く。
ヴェフメーリョも来ています。

残念ながら、ポルトガル語なので肝心の講義内容がわからず…。

講義と質疑応答の後にホーダが始まった。
いきなりだけどビルーやえしこさんも普通の格好でジョーゴ。
写真を撮っていたら、ヴェフメーリョがpintaも行ってこいと背中を押してくれる。

ブラジルに居るあいだ、ビビってジョーゴに出られない場面では、いつもヴェフメーリョがpinta出ろ!って言ってくれていた。端っこで小さくなっていても見ていてくれる。
th_IMG_7118.jpg
体の大きなお兄さんとジョーゴ。
日差しが眩しすぎました。楽しかった。

th_IMG_7128.jpg
ヴェフメーリョ。

カポエイラがあるのが当たり前って感じがいいなあ、ブラジル。
歴史的人物だと思っていたMestre Nenelは、
えしこさんやビビる私に気さくにパチッとウインクしてくれたし

おいくつかは分からないけれど、
Mestre Cafunéもしっかりジョーゴされていた。
誰でも何歳でもできるカポエイラって素敵。

そして日々、カポエイラ愛が深まる体験をさせてくれるブラジルのテンポのみんなが素敵。
ポルトガル語が分からないから感じることしかできないけど(だから?)すごく大事にしてもらっているなあと思う。
いい時間が夜にも続きます。
2017/11/13(月)
2016年11月26日(土)

日本のバチザード期間にも何度か来日している赤帯レウ。

20171031182038c0e.jpg

メストレビンバの甥っ子さんであるメストレボゾーの息子です。メストレビンバの血が流れているのです。


さて、そんなレウはまだ大学生ですが。小学校でカポエィラを教えるヴェフメーリョ先生のアシスタントをしているそうで。
今日はその生徒たちのバチザード(昇段式)があります。

ヴェフメーリョ先生の車で出発です!
ケガで運転禁止でしたが、ようやく運転できるようになったそうです!

201711071941397c4.jpg

タリさんファミリーも一緒~。
201711071942095e3.jpg


今回のバチザードはレウがメインで準備していたようです。
20171107194342f33.jpg

レウが着実にブラジルでの立場をかため、職を得られていく予感があってうれしいです。

201711071941216fc.jpg

そこにはヴェフメーリョとかフラカォンが前例になって道を作っていってくれたこともあるのだろうし。
その前、というか大元になっているのはメストレトニーやアニーのCasa14(アカデミーア)の存在があって。
そういう道がつながっていくのは、ひろがっていくのはいいよね。

テンポのそういうひろがりの中に竜太先生や正太郎先生たちがいて、苦労があって。
その流れの中でわたしたちもカポエィラこんなに毎日やれる環境にいられて。

201711071942194be.jpg
ありがたいことです。ねえ6さん。


さあ、準備もおわってバチザード開始。
まずは、生徒とレウで動きの実演。
20171107194412d63.jpg

昇段ジョーゴ。
201711071945121c9.jpg

20171107194426abf.jpg

20171107194452940.jpg

珍しく、マテウスがビリンバウかわってーって顔をしています。
ちょっと躊躇しちゃうのが自分のなさけないところですが、ビリンバウ交代。
カバッサがグラグラになっていたので、弾きにくくて大変だったようです。


バチザードは無事に終了!!!
レウも生徒のみんなもおめでとう。

レウのここ最近の疲れっぷりはこのイベントにむけてのものだったんだと思います。緊張しただろうなー。
この一回目の経験から、またどんどん将来生徒も増えて、帯も上がっていく子が増えて、と思うと記念すべき日です。


日本のテンポのバチザードのイメージだと。もう一日がかりのイベントですが。
昇段する人数も多くないので、半日でだいたい終わります。

 

午後は、テンポのバチザードのイベントの一つ。
メストレケイシャーダに教わるカシシ作りがあります。私服ですが、この方がメストレケイシャーダ。

20171107194608b98.jpg

メストレケイシャーダがもってきてくれた材料。
カシシの藁?の部分はjuncoというそうで。
今回使っているのは、palhadendeという種類、デンデの藁らしいです。

20171107194805797.jpg

で、カシシの中にいれたのはバナナの種だそうです。(名前聞いてなかった)

20171107194651b0e.jpg

子どもも大人も、、、真剣。

20171107194719c92.jpg

編んでいくpalhadendeは、水につけておくことで織れるようにします。
乾燥するとヒビがでちゃう。のろのろやっているとヒビが…

20171107194844677.jpg

むーずかーしーいー。
黄帯のサペッカのにいちゃん、アンドレーが見かねて手伝ってくれます。
でも、アンドレーも適当で、巻く順番がちがっていて。
お互いの適当なところが重なりあってひどいことに笑。

20171107195027f50.jpg
結果…指が1本しか入らないカシシのできあがり…
良いお土産できたわー


夜は夜で、メストレバンバとメストレオレーリャ(左)のワークショップです。
20171107195203887.jpg

メストレオレーリャが早めにいらっしゃったので、軽くホーダ。
201711071951020d3.jpg

動きの練習、二人一組になったり、流れて練習したり。
写真とってる場合じゃなくなってしまい、練習中の写真があまりないです。

20171107195143438.jpg

メストレ3人。すごいバテリーア。ホーダです。
201711071953131c8.jpg


無事に終了。その後・・・



ここにきて、ようやく!ようやく!

コントラメストレフラカォンによるマクレレーリハーサルやるんだってー!スタンバイするみんな。

201711071954199e3.jpg

よかったー!もう本番明日だよ!

めちゃくちゃ忙しいフラカォン先生。
カウントも最終確認。もう全員できてるわけじゃないけど、決まったことは決まった!

ものすごい大急ぎでフラカォン先生帰宅。本当に台風一過、という感じでした。写真はない。

201711071953542d2.jpg

終わってから、リリウがラリッサの髪の毛編み込みにしていた。
一時期、ブラジルにいったらリリウに編み込んでもらうのが定番だった気がします。
リリウは髪あみこむの上手だし、頼むとすぐやってくれます。

20171107195444aee.jpg
こういう集う時間が好き。

明日が、テンポのバチザード昇段式です。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド