ブラジル

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/02/17(金)
私事ですが今月から拝命して働くことが決まりました。
社会人になりやっと仲間と同じ土俵に立てることに、嬉しくもあり名残惜しい気もします。

さておき、就活を経て切実に思うことがあります。
それは、ただ生きてカポエィラを続ける事がどれほど難しいか、ということです。


IMG_20170215_220416.jpg


テンポに入団してから、間もなく9年の歳月が経ちます。
その間に学生は社会人となり、社会人は異動や転職で、カポエィラから離れざるを得なくなる者を少なからず目の当たりにしてきました。
仕事の関係でなくとも病気やケガで、家庭の事情で、はたまた個人の事情で幾人が過ぎては去って行ったことでしょう。
また、練習に来られている仲間の話を聞いてもやはり、今は時間の融通が利く部署で、とか閑散期だからという状況で、みんな忙しい合間を縫ってカポエィラを続けているという感慨をもちました。


001.jpg


さて、いざ就職に際し自分も続けられるのか、と考えても自信がないです。
今までより生活に制約がかかり、時間も体力も限られることは間違いありません。
そして、これまでのように定期的に練習に参加し、技術も肉体も上昇する機会は次第に減っていくでしょう。

かつての自分ならカポエィラができなくなりゆく事に、不満を覚えていたと思います。
しかし今ならそうは思いません。
仲間の姿は、誰もが様々な束縛と闘い、時に負けながらも精一杯カポエィラに勤しんでいる(いた)という事を示してくれたからです。


o0510034011961675988.jpg


大昔、ブラジルへ連れてこられた奴隷たちは労働のなか、わずかな余暇の間にカポエィラを作り伝承したと一般的にいわれています。
悠久の時を経た今も、その営みは変わりません。
僕もカポエィリスタとして、あるいはテンポの生徒として、苦境の中でも強く生き抜きカポエィラを後世に伝えた奴隷の様に生きたいです。
それは育ててくれた竜太先生や仲間に対して、あまたの感謝を言うよりも意味のある最大のお礼になるからです。


14650050_1179797628779531_3547601079125424174_n.jpg
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2016/12/14(水)
こんにちは、緑帯のカナコPintaです。

ブラジル本部のバチザードに行ってきました。
まさか自分の人生でブラジルに行くことになるなんて。しかもカポエイラで。

今年の日本のバチザードで気持ちが盛り上がり、土屋さんとタナハシさんとブラジルのバチザードにも行こう!という話になったのだけれど。
二人は都合がつかなくなり、私はブラジルの先生に行くって言ってしまったのでひとりでも行くことに決めました。
結果的に、えしこさん・タリさんご家族もブラジルで一緒になることになっていて。全然ひとりじゃなかった。
それがすごーーーく楽しかったのです。

「初ブラジル、一人じゃなくてよかった」日記。

11/16

日本を出発。

同じ日にフランスに移り住む友達が飛行機を合わせてくれたので、パリまで一緒にいく。長旅なので嬉しい。
パリで飛行機を降りる時になって友達とブラジルの話をしていたら、前の席に座っていた日本人の女性にブラジルに行くんですか?と声をかけられた。

なおみちゃんといって、旦那様がブラジル人で年に1回ブラジルに会いにいくらしい。次のフライトまで7時間くらいあったので一緒に過ごす。
なおみちゃんが横で見守っていてくれて、私はぐーぐー寝てしまった。起きたら上着をかけてくれていた。優しい…
起きてからなおみちゃんと旦那様との馴れ初めなどを聞きつつ一緒にサラダを食べた。彼女の経験上これから機内食が不味くなるらしいので。(実際その通りだった)

11/17

パリでなおみちゃんと別れて11時間後、リオデジャネイロに到着。

乗り換えまで竜太先生のブラジル日記を読みながら過ごす。
カフェでカフェオレ頼んだらR$13だったけど、細かいのないっていったらR$10になる。
レシートを見るとR$3はディスカウントになっていた。そういう国なのかしら。

飛行機に搭乗したあとかなり機内で待たされ、サルバドールには1時間半くらい遅れて到着した。

ゲートを出てトニーの顔をみたらすごくホッとする。
長いこと待たせてしまってごめんなさい。
トニーはグートというお友達が運転する車で来てくれた。
グートを待つ間、サルバドールの匂いってこんなんだなーと思う。

th_9IsS3.jpg
グートおでこしか写ってない…。

トニーが「疲れてるだろ、ちょっと寝れば」って言ってくれるけど、グートの運転が激しいのでちっとも眠くならない。

CASA14について2階に行く。アニーとえしこさんが迎えてくれた。アニーは初めて会ったけど笑ってくれる顔を見ると安心する。

今日は19時半からホーダ。それまで休憩します。
水シャワーを浴び、SPEEDにいってアサイーバナナを食べた。


アサイー量多い。バナナ部分を食べたらちょっと飽きてきた…。

えしこさんと空港近くの街の印象について話す。リゾートのイメージがあったので、私がちょっと荒廃した建物に驚いたこととか。 あの感じは北斗の拳っぽいねって。あくまでも最初の印象ですが。



帰ってホーダまで寝ることにする。
えしこさんが時間前に起こしてくれたのになかなか起きられなかった。

半分寝たままの状態でアカデミーアにあがって自己紹介とご挨拶。
子供たちが元気で、特にエスペジートとイーザが激しく自己紹介してくれる。
せまられるの、結構うれしい。



まだボーっとしている。ホーダが始まる。
自分の番が近くなったら心配になってきた。
動けるかな…到着日だし、寝起きだし、準備運動もしていないし。
ちゃんと考えて日程決めるんだったなー。

でも心配無用だった。1回目に超ビビリながらジョーゴしたけど相手の青年は優しかった。
そのあと様子を見ていたら元気になってきた。あんなにボロボロだったのに。
AXÉすごい。すごい!


ホーダで思ったこと。

大人も子供も出し惜しみしないんだなあ。全出し。
私は自分の出来なさを気にして、練習でもホーダでもジョーゴに出られなくなる時があるし、ジョーゴしていてもどうしていいかわからなくなったりする。
相手を気にして自分を気にする。
そういう気持ちがバカみたいに思えた。

どの人も自分が持っている物を全部出して相手にぶつけて、相手も全力で答えている。目がキラキラしていて本当に楽しそうだった。
全力で動いて、カポエイラで自分を表現しているのをみて、羨ましくて泣きそうになる。こういう風にカポエイラしたいなあ。


トニーが出ろと言ってくれて帯なしのビオラとジョーゴ。
ビオラは帯なしだけどB-GIRL(自分で言ってた)なので動けます。
笑顔が超かわいい〜

ACMBのContra Mestra Foguete(テッカ)がジョーゴしようと誘ってくれる。
女性でも歳を重ねてこういう風にカポエイラやっているっていい。
めっちゃインパクト強い。それもかっこいい。

後から来たレウも誘ってくれてジョーゴできた。
今日は自分からは出なかっただろうから、すごくありがたく嬉しい。

人が増えて熱気と盛り上がりがすごいなーブラジル本部!と思ったのだけど、この日はとてもいいホーダだったらしい。ちゃんと伝えられなくてすみません…。
(撮った写真も全部ブレていました)
とりあえず寝坊せずに出られてよかった。


最後はジエゴのお誕生日ホーダ。
LZsnJ.jpg
ジエゴとエスペジート。

パンやお菓子がたくさん用意されてあって特別な感じ。
わくわくしますね、こういうの。
ルックスもサイズも激しいケーキが衝撃的だった。

15037325_1177090949051248_710885415675905087_n.jpg
アメリカンなケーキ。絵はどうなってんだろ。


その後はお決まりらしいアカラジェのお店に移動。

トニーが激しくビールを勧めてくれる。わーい。
ポルトガル語はわからないけど、みんなとビールを飲んでいるだけで楽しい。

th_Q5NEt.jpg
トニーとテッカと。

英語が通じるビオラと話した。
ドイツ人で7年前に国のプロジェクトでブラジルにきたらしい。で気に入ったからこっちにそのまま住んでいて今は大学で働いている。違う団体でカポエイラをしていたけどMestreが何とかで、最近テンポに移ってきたそうです。いい子だなー。彼氏のジョンもブレイクダンスしているらしい。

小腹が空いたので初アカラジェ。
dt7xA.jpg

「おいしいそうですけどビール飲んでるから絶対に全部食べきれない...」と思っていたら
ウーゴが揚げパンじゃなくて蒸しパンバージョンのabaráを食べていた。
これなら食べれるかも。
トニーは全部が小さめに刻まれたアカラジェを食べていた。

aK2pq.jpg
abará。ピンぼけスミマセン。


ksBf8.jpg
刻みアカラジェ。これはいいおつまみ。

IMG_5504.jpg
アカラジェ屋のビールがほとんどなくなるまでみんなでビール飲んだ。
いや、たぶんなくなってた。

明日はウーゴが、今働いているレストランにランチしにおいでって。楽しみ。

FullSizeRender.jpg

えしこさん、起こしてくれてありがとうございます〜
ホーダに出られてよかった。元気になっておいしいビールが飲めた。
かなり充実した初日。幸せ。

関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2016/12/06(火)
13日(日)
今日は、朝から近所の小学校にむかいます。
テンポのホーダによくいらしているメストレルーカスのグループのバチザード(昇段式)です。


今回のブラジル滞在、4週のうち3回バチザードに参加する予定に!



バチザードに歩いてむかう途中、メストレボゾーと道端で遭遇。
メストレビンバの甥っ子さんです。
去年、siribinhaでお会いしたのを覚えていてくれました。
声が低くて渋いです。重低音。


着いたら、すでにはじまっていました。応急処置のワークショップ。


トニーはメストレたちとはなしはじめ。
わたしがそばで立ち見していたら、遠くにマテウスもいて
そこじゃないよ、こっちに来たほうがいいよ、という顔をしてくれていたので近くにいく。

メストレジャモヘウのラダイーニャではじまる。

竜太先生のブログにアペリードの話題ででていた、メストレジャモヘウはこの人なのね。


数年前に一番上のメストレが亡くなられ
いまはメストレルーカスとメストレグラウサーお二人でやってらっしゃるグループだそうです。



ホーダアベルタで、メストレルーカス、メストレマギーラ
とジョーゴする機会をいただきました。
なんでか観るだけのつもりになっており
わたしの気持ちが全然準備ができてなかったんですが。
お二人とも落ちつかせようとしてくれる感じのするジョーゴでした。


メストレや先生たちが、後ろでマイク持ってライブみたいに歌う。


昇段がはじまる。

小さい子どもも多いけど、二番目の帯から立派に戦ってる子どもがたくさんいました。


3番目(?)の帯の彼は、昇段ジョーゴで相手のプロフェソールを倒していた。


プロフェソールに昇段した彼も、たしか先週のテンポのホーダに来てくれていた。

見ている人が笑顔になる昇段、いいですよね。



子どもも帯をもらって本当に嬉しそう。


知らない子どもばかりだけどバチザードっていいな〜、と思える時間。


知らない子どもの昇段でも嬉しくなる。
カポエィラやってて良いことの1つは、こういう嬉しいことを共有できる機会が格段に増えること。
他団体のバチザードにお祝いに行く、というか自分が嬉しくなりに行ってるとこもあります。
こうなるとテンポのバチザードもさらに楽しみに。


ジョーゴジイウナ。

トニーとメシカーノのバラォン。日本じゃなかなか見れない組み合わせ。

昼過ぎに終了。

最後のメストレたちとの写真撮影で、トニーが面白かったのですが、省略します笑


バチザード後は、急いでトニーの妹さんご家族の誕生日会に。
ちょっと遠い。綺麗なおうち。


御歳91歳!!おめでとうございます。
親族が集まり、老若男女30人くらいでお祝い。
トニーの親類は、タリさんのこと知ってる人がいて
いつ着くの?今どこにいるの?
と何人かに聞かれ、到着日時はこの日で暗記しましたよ!

みんなでParabéns pra você ♪歌って盛り上がる。

お祝いの歌がわかるから一緒に歌えてよい。


のんびり外でご飯やケーキいただきます。

バーカウンターまであった。
トニーママも来ていて、またすぐ会えて嬉しい。

親族の誕生日会にいっていいの?と思ったけど、

トニーの甥っ子姪っ子をはじめファミリーはみんな親切だし、ブラジルの盛大な誕生日会は初でおもしろかった。
トニーがわたしを連れていきたい!と何度も言っていたのがよくわかる。
ありがとうよ、おとーちゃん。


パーティ終盤、「あれがBem-te-viだ!写真!写真!」とトニーに言われて撮る。


そしたら、「あそこにMacacoがいるの!!餌あげてるの!」とトニーの妹さんに言われて撮る。


ふふふ、なんだか言うことちょっと似てる。
ブラジルは人間が住んでる場所のそばに、たくさん生き物がいます。いいなあ。
のんびりして夕方帰宅。

さらに帰宅したあとは、夜からルーが関わっているカンドンブレのフェスタ(超レアらしい)に、
ジョッタが車出してくれてエレーナとわたしで行く予定。
朝昼晩。みんな、いろんな経験できるよう考えて誘ってくれる。

だけど、ジョッタが体調わるくなって行けず〜。残念。
さすがに疲れたから体調的には良かったかなー。即寝ました。

お祝いがたくさんの一日でした。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2016/11/25(金)
【9日目】
今日はアカデミーアでシュハスコ。
トニーが我々家族のために、メンバーを呼んで企画してくれました。明日は帰国なので、みんなにお別れの挨拶です。

初めてUberを使ってペロウリーニョからオンジーナへ。バスよりは高いけど、タクシーより断然安いです。事前にスタート地点と目的地をアプリで指定し、アプリで事前設定したクレジットカードで支払いができる。

アカデミーアに着いたら、練習では会わなかったメンバーが1人いて、トニーが「こいつのアペリードもアルパォンだよ」と紹介されてビックリ。本部にもアルパォンがいる事自体知らなくかったので感激のサプライズです。彼も、日本のアルパォンに会うために来たとの事。

2016112508020810a.jpg
早速、ピチチンガ(ワカサギに似た小魚、ニコのアペリード)を挟んで2人(2本)のアルパォン(魚を突く銛)で記念写真。

シュハスコだけかと思っていたら、お別れホーダもあるとの事で、一応カウサカミーザ持ってきて良かった。ニコは無いけど。。
トニーはシュハスコ準備で忙しいので、他のメンバーでホーダが自然とスタート。みんなと笑顔で平和なジョーゴ。金土とカポエィラはなしだったので、最後に出来て良かった。メストレルーカスも参加してくれました。
20161125080240110.jpg




その後はシュハスコ。時々気が向くと子供とジョーゴが始まったりして、いい感じです。

20161125080348bae.jpg
シュハスコの仕切りでご機嫌のトニー
後半はマグロを焼きまくってました。

201611250803512d1.jpg
ウーゴ


201611250810497c1.jpg
リリウ


20161125081051a59.jpg
ビルー


20161125081137113.jpg
ジョッタ親子とジエゴ
ジョッタは、写真撮ろうとお願いしたらオッケーと言いながらおもむろにサングラスをかけてた。


2016112508113832a.jpg
言葉なくとも子供は遊べる


20161125081140a23.jpg
メストレルーカス


201611250813040e7.jpg
メシカーノ夫妻


20161125081343923.jpg
ハポーザ


20161125081358ab9.jpg
マンバとチトの親子


みんなだんだんとお酒も進み、流れ解散になったところでペロウリーニョのホテルへ戻りました。



【10日目】
いよいよ今日で最後。朝イチでメルカドモデーロ行って最後の買い物して、アカデミーアへ。結局、土曜日以外は毎日アカデミーアに通ってる。

トニーと最後のランチ。3回目のSertão & Marです。やっぱここが一番安くて美味しい。
201611250815431ca.jpg


トニーは昨晩23時過ぎまで飲んでたとの事で少しお疲れの様子。

アカデミーアでふと、トニーからバケータのプレゼントをもらいました。ニコと1本づつ。嬉しい。
妻からトニーには、自作の3 連のブレスレッドをプレゼント。黄色はお金が貯まる色ですと説明したら、「(本当なら)ありがたいぜ」と喜んで頂けました。

空港にら家族のみで行くので、最後にトニーと強めにハグして、アカデミーアでお別れです。
あーー、オンジーナにもっと居たかった。。

初めてのブラジルを家族で行くというチャレンジで色々と色々と不安だったのですが、ペロウリーニョを含めてトラブルなく9泊の滞在が終えられたのが、一番良かったというかホッとした事です。

ニコも毎日ビーチで遊び、ジエゴと仲良くなり、アカデミーアでは他の子供メンバーとも遊べて、とても満足そう。

妻もアニーに連れて行ってもらったアンティークショップのほか、ペロウリーニョでもいくつか満足のいく買い物が出来たようです。

こうやって無事に旅を終えられた事は、メストレ・トニーをはじめとしたブラジルの先生たちのおかげであり、本当にお世話になりました。時間がかかるかもしれませんが、色々なかたちでお返しをしていきたいと思います。

関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル こども 子供

2016/11/25(金)
【7日目】
今日はペロウリーニョのホテルへチェックインする日。オンジーナのビーチも最後。
ニコと2人でアカデミーアにトニーを迎えに行き、ジエゴ、トニーとビーチへ。

201611212202363a3.jpg
ジエゴ (ニコ撮影 @casa14前)

いつもとは違う、岩場にできた自然のプールでダラダラ。このビーチでだらだらも今日で最後と思うと寂しい。トニーはニコとジエゴと一緒に浮き輪で遊んでいる。貴重な思い出です。
20161121220238eae.jpg



途中でたまたまビーチに来ていたテンポの子供メンバーもプール遊びに参加。アペリードが、お姉ちゃんはカシウ(のような発音。自信ない)で、弟がキアボ。
201611212204321b5.jpg



練習では会わなかったけど、こういう風に身近にメンバーと会う環境もすてきです。

その後ホテルをチェックアウトして、トニーがペロウリーニョのホテルまでUberで送ってくれます。本当に何から何までお世話になりっぱなし。Uberはスマホアプリで呼べるタクシー的なやつで、ブラジルではタクシーよりも断然安いのでオススメです。(日本でも使えるけど、料金はタクシー同等か、ハイヤー料金)

トニーと家族でペロウリーニョでランチ。
昨日のホーダの動画を見ながら、色々アドバイスをしていただく。倒された時に慌てるなとか、このタイミングでハステイラをかけれたはずだとか。

その後、トニーとお別れしてホテルでまた昼寝。夜はペロウリーニョでお買い物。
トニーが紹介してくれたツアーガイドのEdvaldo(エジヴァウド)にガイドしてもらいながら、買い物と多少の観光。Edvaldoは、アソシアサォン・ジ・カポエィラ・メストレビンバのメンバーでもあるので、カンドンブレ、黒人奴隷、カポエィラの歴史などの説明もしながら案内してくれたのが良かった。

ホテルに戻った時点で21時くらい。夜は危険なので、晩ご飯はホテルで食べて寝た。
ペロウリーニョは坂が多くてしんどい。



【8日目】
朝7時からバンコドブラジルのATMで20分くらい苦戦しながらやっとヘアウの現金をゲット。

今日はこの旅で初めて、家族だけで過ごした。
ペロウリーニョをゆっくり歩き、ゆっくりご飯を食べ、公園でニコが遊んだ。
20161121220442d66.jpg



家族のお昼寝タイムに、1人でペロウリーニョをブラブラし、ホテルのサウナに入り、ホテルのプールサイドでボケ〜とする。
20161121220814d9b.jpg

20161121220813b74.jpg



晩ご飯は近所のレストランで、ハンバーガーやらパスタやら、バイーアっぽくない洋食食べて、、寝た。

明日は最終日で、アカデミーアでシュハスコ。もう旅も終わりに近づいてて寂しい。。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル こども 子供

2016/11/24(木)
今朝もビーチ。トニーはジエゴを学校に連れて行くために、ビーチには行けないとの事。
ビーチで家族だけでダラダラ。アグアジココ、プールのルーチン。

今朝は、アカデミーアにトニーを迎えに行った時に、アニーと色々話をした。というか、色々な話をしてくれたので必死に聞いていた。Casa14の1階が、昔はフラカォンの部屋だったこともあるし、アカデミーアだったこともあるし、今では1階で英語の出来るメンバーが子供達に英語を教えてるとか。
印象的だったのは、フラカォン、ベフメーリョ、レウなど、カポエィラテンポの子供達がCasa14で育って大きくなってきた事を語り、今の子供たちも大きく育ったあとでも帰れる家として、Casa14は強くなければならないと言っていた話。「子供たち」というのは、ジエゴやガブリエル、そして、日本の子供メンバーも含んでいます。


その後、お昼ご飯のため、2度目のSertão & Marへ!!
お昼過ぎると混むから、トニーが先に席を取ってくれていた。ありがとうございます。
トニーはジエゴとジョンガブリエルの世話ですごい大変。ジョンガブリエルが口に入れてモグモグしたのを出したり、こぼしたり、席を立ったり。。
シャーパに乗っかって出て来る肉と蒸したキャッサバ芋のセットはやっぱりとてもとても美味しい。

午後は、アニーと家族でお出かけ。アニーが妻のために、アンティークショップへ連れて行ってくれました。詳しくはないので詳細は省きますが、妻はそのお店でいくつかの買い物をして大満足でした。お礼に彼女が作った指輪をアニーにプレゼントしてました。。そもそもこの旅行はカポエィラが主目的なので、妻はどうなるかなと思ってたけど、今日の体験でかなり満足度がアップしたようでした。ホントウに有難いです。

ちなみに妻がやっているジュエリーブランドのブログはこちらです。

Brazil ~買付編~
http://blog.eight-tokyo.com/?eid=46
Brazil ~観光編~
http://blog.eight-tokyo.com/?eid=45


そして、ホテルで日課の昼寝をしたあとは、ホーダ。
初めはほぼ子供メンバーで大人は2、3名でスタート。子供ホーダか??と思ってたら、徐々に大人メンバーが増えてきた。
20161121213715132.jpg



メシカーノ、ウーゴも来ました!!他団体としては、Associação De Capoeira Beira De Marからメストレルーカス他、6、7人が来た。普段からすれば参加者が少なめだったらしいけど、その分ジョーゴするチャンスは多いかもしれない。
Beira De Marの2人、メストレルーカス、メストレトニー、ウーゴ、Beira De Marの1人とジョーゴできた。ケーダは3回ほど転がされた。
2016112121371190c.png



フロレイオではソロ1回とビリンバウを弾いた。ニコも、前半の子供タイムに数回、メストレルーカス、ウーゴとジョーゴして、フロレイオではソロでバク転もしてた。
20161121214346b11.jpg



時間は1時間ちょっとと短めだったけど、濃かったと思う。トニーやウーゴやメシカーノは、当たり前だけど日本にいる時と同じ動き。
でも、意外とブラジル本部では、トニー、フラカォン、ベフメーリョ、ウーゴが全員揃うのはあんまりないらしいです。改めて、日本のバチザード期間の有り難さを感じた。すごい贅沢。

20161121214438a23.jpg


ホーダの後は、アカデミーア前の屋台でみんなでアカラジェを食べる。家族が疲れてたので途中でおいとましました。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル こども 子供

2016/11/22(火)
12日(土)
ヴェフメーリョ先生とcentro de cidadeへ。
出発前にトニーと話していたら
「店がいっぱいある。上野のようなところ」ですって。わかりやすい。


まだ午前だから人が少ないけど、もっと増えるそうです。


他の場所より、雑貨や服が安く手に入るとのこと!
見てるのも楽しい。
ブラジルにいると柄物の服がほしくなります。









大音量の音楽と人でにぎやかで、フルーツの甘い匂いがして、色んなものが鮮やか!!


歩き疲れるので、バスを探していたら初めてみる乗り物がー。

トゥクトゥクって呼んでた。タイのトゥクトゥクとは違って完全人力です。大きな自転車。

面白いから乗ってみることに。ヴェフメーリョ先生もはじめて乗ったらしい。

上り坂キツそうだった。景色がゆっくり見れて快適です。



メルカドモデーロに移動して、ちょっと買い物。
お友達へのお土産だそうです。


メルカドモデーロ2階のレストランでは、ウーゴ先生が働いています。


海が見える有名店。


ランチだけで100人+100人+40人と団体様の予約が連続で入ってた日らしく
一緒にご飯は食べられないそうなので、飲み物飲んで、また後日に。

ランチは、ヴェフメーリョ先生のおうち訪問。
連日ご飯ご馳走になっちゃいました。ありがとうございます。
おうちには、姪っ子4人くらいきていて賑やか。みんな可愛かった!


車販売のアイス食べたり。

うるうるみつめられたり。


ほんと、ヴェフメーリョ先生のお宅はまったりのんびりできて、来るとホッとします。


マテウスがアカデミーア近くの海でビルーと自主練するから、と帰りは一緒に送ってくれる。
マテウスはまだ中学生くらいだけどとても賢く、
わたしの片言もよーく状況を推察してくれて、
言いたいことがちゃんと伝わってる感じがします。


マテウスには、わたしも着替えてから自主練見に行くねー!
と海の前でおわかれ。

アカデミーアに着いて着替える前にアニーと話はじめたら、
話し込んじゃって1時間くらいしてから海に。
あれ、なぜかマテウス、サペッカ、イーザたちでサッカーやってる。
ビルーはいない。もう終わったのか聞いても、違うよって、サッカーやってる。
??

よくわかんないけど、私もサッカー一緒にやるわ~。とりあえず。
綺麗なビーチの横にあるコート、夕暮れで海風が強いなか、ブラジルの子どもたちと裸足でサッカー。

あらためて、こんな日々を過ごすとは思ってなかったです。非日常。何やってるんだろー、とふと思う。

サッカーは、男子女子関係なく上手。

リリウもきて、ビルーを探していた。
連絡をとってくれたところ、子どもたちのサッカーが終わらず。
自主練はじまらないからビルーは帰っちゃったらしい。
なるほどー、まあ何というか、きっとありがちな流れ!何よりサッカーなんだな!

サッカーみながらリリウとプラプラ。で、自主練やらずに解散に。
きっと普段もこんな感じなんでしょうね笑
なんだかのんびりする一日でした。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド