パフォーマンス

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/07/28(金)
この時期になると必ず込み上げてくる感謝の念。カポエィラ・テンポ日本支部、新宿本部代表の竜太先生、今年もアツい夏を本当にありがとうございました。

6月後半くらいから、日本でのカポエィラ・テンポ昇段式のため、ブラジル本部から先生方が来日、1ヶ月ほど、日本のメンバーと生活を共にし、メンバーのレッスンも強化練習となっていく。そのような様子をよくメンバーは、夏が来たと例えたりします。ブラジルの先生たちが帰ってしまうと、世間では夏本番にも関わらず、今年の夏も終わってしまったというメンバーもいたり。それだけアツい期間でもあるのです。

----------

夏の始まりは6月18日日曜、ブラジルカポエィラ・テンポ本部からまず2名の先生たちが来日。
日曜のホーダ後半のこと。

FB_IMG_1498808507717.jpg

FB_IMG_1498808498374.jpg

私服だったが、彼らも飛び入りで参加。そこでビリンバウの音がなり、ホーダが行われているのであれば、どんなに疲れていても、30時間かけて日本に来たばかりだろうが関係なく、ホーダに参加してくれる。
自然と彼らのカポエィラの血がそうさせているように感じた。
それは先日のブラジルフェスティバルでのヴェフメーリョ先生とレウの様子をみてもそうだった。

nikki35.jpg

nikki5.jpg

nikki36.jpg

nikki7.jpg

ステージ出演を終えて、カポエィラ・テンポのパフォーマンスの時間までパワーをためると言って、休みまくっていたカツオと違い、そういうものはまったく関係なく、いろんな団体さんのホーダの中に入っていく。連日のパフォーマンスにも関わらず。疲労は確かにあるはずなのに、、、。 圧倒された(何年か前、トニー先生も疲労、体の痛みなど関係なく、全開でレッスンを担当したり、ホーダに出ていたのが印象的だった。)。

nikki12.jpg

ブラジルフェスティバルでは、カポエィラ・テンポ パフォーマンスの時間に精根尽き果てさせること。そう決めて臨んでいたが、いつしか彼らのような血が少しでも流れるような人間になりたいと思った。



話は戻って、フラカォン先生、ヴェフメーリョ先生が来日したその日に、青帯の昇段試験が行われた。
この日4名が青帯試験にのぞんだ。

14987625890.jpeg


ケガでやむなく断念し、2年越しで試験に合格したボルボレッタさんの心境を考えると込み上げるものがあった。
道場ができ、その隣にある筋トレ施設で試験のため、コツコツと体づくりをすることで筋トレに目覚めてくれたももこさん、グッティさん、ありがとう。
筋トレをした方がよい理由は、単にボディデザインのためだけではありません。(カツオはボディデザインも仕事のうちなので、超気を遣いますが)。
たとえば、先生に体のどこを使えと、指摘されたとき、練習中そこを使おうとしながら練習するはずです。
自分たち指導者もその生徒の弱点に気づいているので、それを改善させるメニューを考えます。
しかし、実際の動きのなかでそこの筋肉を使おうと意識して練習しても、そこに使えるだけの筋肉、柔軟性が備わっていない限り、いつまでたっても使えるようになりません。
話は少し逸れますが、カポエィラ・テンポでは基本の動きと応用の動きをはっきりと分け、体系化しレッスンを行っています。
基本の蹴りをしっかりとできていない状態で、いきなり応用の蹴りをやるのは、危ないのはもちろん、そもそも、軸足や腰回りのコントロールやバランスの取り方など、基本的なものは基本の蹴りでしっかりと鍛えるべきで、それができていない状態では、まともには打てませんし、それこそ、コントロールできず相手を傷つけてしまうかもしれない。
技や避けに対しても同じことが言えます。

それに気づいている上帯はみんな補強として、自重トレーニングなり、スタビライゼーショントレーニングなり、それこそカポエィラの動きを使ったトレーニングなり、筋トレをしています。文字通り、弱いところを補うための筋肉トレーニングは必要なのです。
バーベルを使ったトレーニングを勧める理由にもそういうところがあったりします。


話は戻って、この日、大人に混じって小学生のじょうが子どもの青帯試験に合格した。

nikki18.jpg

今でも彼が体験に来た当時のことを覚えている。ランニングシャツにハーフパンツ、妙に礼儀正しく、敬語と難しい言葉をつかいまくる少年だった。
練習を重ねるごとに、変化する様子をみるのが楽しみだった。
金曜の子ども初級クラスには、ほぼ毎回来て、成長とともに、体験の子どもや低学年の子どもをみるなど、手伝いをしてくれるようになった。
最近では、子ども初級終わりから、メンバー子ども練習までの空き時間で、青帯に必要なカポエィラの倒し技、ケーダの練習をしたりした。
2年前、自分が赤帯に昇段したときにこんなメッセージをくれた。

201707241827388ac.jpg

数ヶ月前にはアカデミーアのホワイトボードにこんな書き込み。

2017072418244203c.jpg

彼の持つ僕に対する思いが変わらぬよう、頑張りたいとも思うし、いつかアクロバットや技の面で僕をさくっと越えていくのをみるときが楽しみだったりする。
まあなかなか負けてやらないけどな(笑)

彼だけではなく、メンバー子どもの様子は日々かなり心打たれる。
ブラジルフェスティバルでは、上帯である自分のミスでりお、かんたのバク転を失敗させてしまった。
しかし、彼らはそこでやめない。
場面を変えて、自分から成功させにいった。

nikki30.jpg


nikki34.jpg

その姿をみて、自分の疲れて減っていた体力ゲージが大幅に回復するのを感じた。大げさな話ではなく。本来なら元気づけるべきは自分だが、逆に彼らに元気をもらっていた。


今回、青帯には学さんも挑戦。海外での大きな仕事のため、みんなと一緒の日には試験をうけられず、昇段式にも参加することができなかった。
試験はブラジルフェスティバルの前日に行われ、昇段式はブラジルフェスティバル当日という特別な場で行われた。カポエィラの体験に来た頃から強いハートの持ち主だった彼は、胸を張って、試験を受けていた。

nikki8.jpg

nikki26.jpg

nikki28.jpg

nikki27.jpg



話は、今回の昇段式について。
今回は、自分が担当する新橋支部発足から初のメンバーが2名誕生し、初めての帯を巻くことを許された。
カポエィラは武道でもあるので、そのあたりのことを脱することなく、カポエィラを楽しんでいってもらいたい。
そのための環境づくりを新橋支部でもつくっていきたい。

201707250925354b0.jpg

昇段式始まりの、カポエィラ・テンポメンバーだけのホーダが始まった瞬間、その雰囲気に震えた。

nikki13.jpg

竜太先生の魂のマクレレー。
数日前マクレレーのペア決めで竜太先生とやることが決まる。
リハのときの打ち合うグリマの重みが半端なかった。
リハーサルの後、たまたまメンバーの平川さんに「やりました。竜太先生とペアですよ。」とボソッと話した。
竜太先生と組むことはそうそうなく、一緒にブラジルに行ったことも、そのブラジルのアソシアサォンジカポエィラメストゥレビンバのホーダの最後を、竜太先生と自分の日本人二人の蹴り合いで締めたことも、2年前の昇段式でのジョーゴジイウナでのバラォンも、そこには必ず何かあり、学ぶべきものがあった。

ケガのことをあまり書くのは良くないが、、、
本番当日、マクレレーは裏のカーテン奥から、準備し、出ていく。

nikki19.jpg

会場へ一通りアナウンスし終えて準備のためカーテン内に入ってきた竜太先生は「(指導者同士のジョーゴ中に)やベーな折れたかも」と言っていた。(後日の診察で本当に折れていたのだが。)
打ち合うときに、先生が「おまえが動けよ」と一言、その一言で全部を察知し、全開で動くが、正直、力足らず。先生、先輩に頼っていた自分を痛感した。

nikki17.jpg

nikki15.jpg

先生は折れた状態でマクレレーをやり遂げていた。脚を引きずりながらも、表情一つ変えずに。
その様子を一番近くでみることができたのは、ペアを組み、グリマを打ち合い、リハのときよりも少し軽くなったグリマの重みを感じ、と同時にリハの時以上に重たいグリマの重みを受け止めていた自分である。
あそこで一番学べていたのは自分だと思っている。



一年前、リオデジャネイロオリンピックのシーズン時、TBS系列のあさチャンに、竜太先生に声をかけていただき、二度ほど、出演させていただいた。カツオはリオ五輪・石井オールスターズメンバーだった。

20170725021718628.jpg

この時期、ちょっとしたハプニングで自分は手首を骨折していた。

大事なブラジルフェスティバル前だった。
テーピングガチガチでも、多少無理しても、パフォーマンスに出させてもらったが、みんなに気を遣わせていたり、100%を出せず申し訳なかった。
ただ、幸せだった。あの場所にいれて。
来年はコンディション整えて、死ぬ(100%体力を使い果たす)と決めた。
そんなこんなで、今回ブラジルフェスティバルは自分にとって特別だった。

動く喜びを噛み締めながら、カポエィラスペースでのパフォーマンス、ステージでのパフォーマンスに出ていた。

nikki6.jpg

nikki32.jpg

nikki31.jpg

nikki29.jpg

nikki24.jpg

2017072418243902e.png

ホーダの中で思いっきり、動けていたのは、荷物係をはじめ、ホーダでの子どもたちの様子や観ている方たちへの配慮など、目を見張って、事故を起こさせないようにしてくれていたメンバーみんなのおかげでもあります。本当にありがとうございました。

翌日は座れないくらい膝にきてしまっていた。筋肉痛は全身だった。
痛みに猛烈に耐えながらも幸せを感じている自分がいた。
いつこの感覚を味わえなくなるかはわからないから。
でも、それでも、いつまでも味わえるように、日々コンディションを整えて、精進していきたい。

結果的には指一本動かせないくらい、精根尽き果てさせることはできなかった。そのための大技が僕にはないので、来年までに技を磨きたい。

いろいろ感じ、考えられる。カポエィラをやっていてよかったと思うことがこの夏もたくさんあった。
ありがとうございました。

最後に、はじめてヴェフメーリョ先生に meu irmão(兄弟) と呼ばれたのが、本当にうれしかった。

nikki10.jpg
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル 新宿 パフォーマンス

2017/07/23(日)
Salve!カポエィラ・テンポ緑帯の工藤(Malagueta)です。

先週末に、ブラジルフェスティバルが代々木公園で開催されました!
カポエィラはもちろんのこと、ブラジルの音楽やダンスのステージ、何食べても美味しいブラジリアンフードにビールやカイピリーニャと楽しいこといっぱい、何回も来てますがブラジル好きはもちろんブラジルをあまり知らない人でも大人も子供も盛り上がり楽しめるイベントです。
201707230248036b5.jpg

日曜にはカポエィラのステージもあり、各団体の先生方のカッコいいパフォーマンスに大興奮でした!
201707230306548fa.png

2017072313585730b.png

2日間ともお天気に恵まれましたが、暑い!
カポエィラ・スペースでは子供達も準備体操と熱中症対策をしっかり行って参加します。
2017072312372996b.png

何と言っても今年は、ブラジルから来日しているヴェフメーリョ先生とレウ先生がブラジルの風を運んでくれました。エネルギー溢れる2人、盛り上がらない訳がありません!!

ヴェフメーリョ先生
20170723030433f79.png

レウ先生
20170723030434db0.png

2017072312373299f.png

そして、仕事でバチザードに参加できなかった黄帯まなぶさんの青帯への昇段式は、たくさんの人に見守られ感動的でした。
201707231237373fc.png

20170723123735219.png

カポエイラの様々な団体のパフォーマンスやワークショップに参加できるのも魅力の一つで、こちらも毎年楽しみなカポエィラ・バトゥーキのYOKO先生によるアフロダンスでもう汗だくです笑
201707231237266ce.png

カポエィラ・テンポのホーダでは、ジョーゴを楽しみながらも華麗な技を披露する先輩方、素敵です。
ベフメーリョ先生、レウ先生もパワフルなジョーゴを繰り広げ、自然と周りもテンションが上がっていました。
20170723123729a95.png

20170723133253aba.png

20170723133419a6a.png

両日とも、最後はめちゃくちゃカッコいいサンバヘギのブロコ・バハヴェントによる演奏とカポエイラのコラボレーションです。自然と体が動いて踊ってしまうリズムにテンションは更に上がり、エキサイト!
201707230315498d5.png

201707231332551ea.png

お客さんも凄い数でしたが、一体感が半端なかったです。
201707230315519cb.png

20170723031550646.png


201707231237321cb.png


日常から少し離れてカポエィラに、ブラジルに染まる2日間は今年もまた楽しい思い出となりました!

これは余談ですが、4年前にこのイベントでカポエィラのパフォーマンスを見学していた時にもらったチラシを見て、やってみたい!と思ってカポエィラを始めた思い入れのあるイベントでもあります。
自分のカポエィラの原点のようなものなので、当時もらったチラシは今でも大切に持ってます。
2017072302495504d.jpg

ここからまた仲間が増えたら嬉しいです。
マラゲータ
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル パフォーマンス

2016/11/01(火)
カポエィラ・テンポが出演する秋の大イベントは、毎年恒例の青山まつりパレードです。
今年は30回目を迎えて参加団体も30組に増加。
僕たちの他にはリオデジャネイロ・パラリンピック日本代表の正木選手、高桑選手やヤクルト・スワローズのつば九朗などの著名人(鳥)も参加されていました。

さてイベントの規模は大きくなっていますが、僕たちのやることは変わりません。
パフォーマンスをしながら2~3㎞行進します。

start_2016103121073359f.jpg
開始は青山一丁目です。表情に余裕がうかがえます。



1.jpg
行進中は竜太先生の指揮で動きを合わせます。


martelo-1.jpg
マルテーロゥが綺麗にそろいました。



hayashi-kamiyama.jpg
gutty.jpg
途中で止まって2人組でジョーゴもします。車線からはみ出たら車に轢かれてしまいます。



ogui.jpg

hayashi.jpg

lyoma.jpg

catsuo.jpg
ソロです。歩道と車道からも好奇の目で見られます。

以上の様なことを繰り返してゴールを目指したのでした。
カポエィラ経験者なら理解して頂けるでしょうが、瞬発的なジョーゴやアクロバットを何十分も続けることはとても体力が必要なのです。
つくづくテンポはサービス過剰という他ありません。

ところで今年から優秀なパレードには表彰が与えられることになりました。
そしてなんと僕たちは東急不動産賞を受賞したのです。
lyuta.jpg

商品として、賞状と宇宙食を貰いました。カポエィラ・テンポ火星支部への布石ですね。
賞状は後日送付となるので出来レースでないことは確かです。
proteinbar.jpg

どんな形でも自分たちの活動を評価されるのは本当に嬉しいものです。体を酷使した甲斐がありました。
後は偶然カポエィラを観た人がどこかでカポエィラを始めてくれたら御の字です。
カポエィラを始めた方々のきっかけは道で見かけたとか、テレビで見たとかがまだまだ多数派ですからね。
適当に文章も結べたところで、次のパフォーマンスは11月12日新宿文化センター「踊りの祭典」に出ますのでご都合よろしければ是非見に来てください。




おまけ
控室のHONDAビル展示場にて・コーナーを攻める荻原さん
ogui-2.jpg

関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 青山 パフォーマンス

2016/10/01(土)
7月3日新宿本部で黄緑帯をいただきました八田です。
メンバー入りして5ヶ月。
あのドキドキなバチザードから3ヶ月が経ちました。
今思い出すとあまりに濃すぎた日々で遠い昔のようです。


ブラジルの先生方を見送った後、またまた仕事に追われる日々を送っていましたが
今までと違うところはカポエィラが日常にあることです。

ちょっとあいたときに歌の練習をする!バナネイラの練習をする!
これだけでなんか日々の生活が豊かになるだなって思いました。


黄緑帯を取った後も色んなことがあってたくさんの発見がありました。
代々木公園でのブラジル・フェスティバル!
去年パフォーマンスを観に行ったこのフェスティバルに参加できたのはとっても嬉しかったです。

ブラジルフェス

ブラジルフェス1

ブラジルフェス2

そして忘れもしない8月のたった7人で始まった日の日曜日ホーダ!
みんなでジョーゴをして楽器や歌をみんなで協力して必死に作り上げたホーダはとっても思い出深いです。
先輩方がとっても頼もしかったです!

8月21日

ホーダ2

初めて歌を歌ったのもこのホーダでした。
先輩が歌のパスをくださってはじめて歌いました!
今までの緊張が一気にほどけて、ホーダってなんかすごいなって思った瞬間でした。

ホーダ

今は新しいメンバーの方も増えて、気付けばもう秋です。
次のバチザードで緑帯をきちんととれるように!
ブラジルの先生方ともっともっとたくさんお話しできるように!
今から勉強しなくては・・・・・と思う日々です。


練習の中で、そして先生方やメンバーの方々との関わりの中で
常に新しいことと出逢えるカポエィラは日々の生活に刺激をくれます。
半年前まではこのような日々は思いつかなかったので
行動する!1歩踏み出す!って大切だなと思います。

黄緑帯を取って3ヶ月。
今思うことはあの時勇気を振り絞って「メンバーになりたいです」と竜太先生に言って良かった!ということです。


そして帯を取って初めての秋はパフォーマンスが盛りだくさんです!

10月2日北新宿四丁目路上「北四ちびっこまつり」!
10月8日さいたまスーパーアリーナけやきひろばのステージでの世界市フェス!
小金井公園での東京都主催のスポーツ博覧会!
10月10日新宿コズミックセンタースポレク!

この秋もたくさんの素敵なものがみつけられそうです。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 新宿 パフォーマンス

2014/12/01(月)
かしわまつりにはじめてでました。
エストレーラをしたかったです。ソロをもっとしたかった。
ぶたいがちいさかったから、そうたくんのあしのゆびがぶたいからでていました。
はやしせんせいがパジャマのままぶたいにとびこんできてびっくりしました。
ぶたいがふかふかしていました。
ミチロウ<イータ>

_miti.jpg

image1.jpg
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 新宿 パフォーマンス こども 子供

2014/11/07(金)
Salve!! 東新宿支部、緑帯のえしこHabilidosaです。
2014年10月25日(土)青山まつりの青山ワールドパレード
に、カポエィラ・テンポも参加させていただきました~。

青山ブラジル大使館があるところ。
ブラジル大使館の要請で、カポエィラ・テンポは参加なのです~。
大使
光栄ですね。駐日ブラジル大使も、オープニングセレモニーでご挨拶。

パレードは2.2km。メトロ2駅分(青山一丁目→外苑前→表参道→骨董通り)
2駅分って、普通に歩くこともそんなにないような??
しかも、カポエィラしながら??道路を?
え?大丈夫??それって大丈夫なの??

と、いう持久力への不安がありつつも。
青山」という素敵な響きと、「まつり」という言葉にテンションが上がるのと
道路でカポエィラというレアな状況への好奇心もあいまって
私も初参加させてもらうことになりました。

パレード前に、ルーティーンという連続した動きの練習。
練習ズレズレ
私だけズレてた…、竜太先生の視線が…!!
持久力より、こっちのが問題だった!

・・・・。(以下、自分については言及しないことにします。)



そんなこんなして時間まで待機していたら、係りの人が。

「パレードでないんですか?もうはじまってますよ??」


えーーーー!??


と、とまどっているひまもなく、体育館をとびだす、みんな。
上帯はやっぱり、気持ちの切り替えも、足も速い。

赤信号で、とまらざるをえない。パレードは、どこ??
ざわざわ交差点
あれ?竜太先生は?ざわざわ。。
2ざわざわ交差点

赤信号中に、スタートダッシュの準備をはじめるカツオ先生。
カツオ先生スタートダッシュ


青だ!!俺についてこい!!
スタートカツオ先生
カツオ先生ダッシュ!!!
青信号
後を追うみんな。
公道を走る
公道を猛ダッシュ。(パレード用の通っていい道)
公道走る
「実録警察24時」を思い出すのは、私だけですかね。この緊迫感伝わりますでしょうか。


たぶん500mくらい走った先に、
あー!!!演奏しているブロコ・バハヴェントさんがいた!
バハヴェントさん

バハヴェントさんを追い越した先が!!カポエィラ・テンポ!!の位置でした。ようやく到着。
さわやか中学生

ダッシュ直後にも関わらず、みんなはすぐにパフォーマンスモード。竜太先生もいた。ホッ。
セクエンスィア

一人ルーティーン

セクエンスィアアウー

きつい体勢
ほんの少しの練習だったのに、みんなの動き、すごい。

大人だけではなく子どもメンバーも参加。緑帯のひとみちゃんJasmin。
頑張る姿に、沿道から応援の声が。
ひとみ
そうです。沿道のみなさん。
子どもも大人も一緒に楽しめるんですよ。カポエィラは。
ひとみ走る

テンポの黄緑帯の子どもたちが観に来ていました。みんな、カポエィラしたくてたまらない様子。
子供たち
いつかパレードに参加できるように、練習いっぱいしようね~


さてダッシュからはじまり、だんだんとグッタリしてくるか?と思いきや。
道路でカポエィラっていう非日常感なせいか、
はたまたランナーズハイ的な感じなのか。
アウーバチードゥ
みんな、まだまだ余裕!!というか、だんだん楽しんできたかんじ。笑顔です。
くがさんいがさん笑顔

笹森先生さるさんジョーゴ
竜太先生も
竜太先生だって

とんじゃう
とんじゃう!



 
さー、パレードも終盤@表参道。
カツオ先生の手乗りバク宙を見つめる、お着物マダムたち。レアな光景ですね~。
お着物マダム
青山まつりの面白いところは、
直接「カポエィラ」や「ブラジル」と銘打ってないイベントなので。
カポエィラを知らない人や全然興味のない人が、
偶然目にしていることが普段のイベントよりも多いところ、だと思うのです。
上から
私以外のメンバーの方々もそうではないかと思うんですが。
もともとは「ブラジル」に縁があった人って本当に少なくって、
偶然、「カポエィラ」を知って、気軽な気持ちではじめたら面白くなってきちゃって
インテリジェンチさん

タカオリちゃん

みんなでマルテーロウ
帯をもらって、いつのまにか何年も続けてたりして。
そのさんソロ

笹森先生おかべにいさん
ふとしたきっかけだったのに、気づいたら生活が大きく変わってたな~
みたいなことになっていたりします。


今回の青山まつり、2.2kmのパレードの間
たまたまパレードを見ていた人や、偶然通りすがった人たちに
そんなきっかけが生まれていたのかも??と、考えてみると面白いです。
林先生交差点

アウーバチードゥ交差点

カツオさん手乗り
カポエィラをはじめないまでも、これを機に知ってくれたとしたら、うれしいですね~。
などなど、そんなことを思いながらのワールドパレードでした。

予期せぬスタートダッシュからはじまった青山まつりワールドパレードは、
骨董通りについて、無事に終了となりました。
ドタバタありの、記憶に残る楽しいイベントとなりました!!
もっと色々面白いことがあったんですが、このへんで。


**************************
パレードも終わったし、さーさー飲むぞ!とはならず…
なんと青山まつりのパレード後、10月のホーダがありました!!!!
ハードスケジュール!!
林先生ホーダ
ヨーコさんホーダ
ホーダに来てくださった、他団体の方々、
観に来てくださったみなさま、ありがとうございました!

次回のホーダは、11/29(土)20:00-21:30 西新宿 芸能花伝舎 G-1教室にて。
座ってゆっくり、カポエィラが観れますよ!!
遅刻早退自由で無料。観覧の皆様の飲食・飲酒もOK。
気軽なもんです。ぜひ~★

関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル 新宿 パフォーマンス 子供 青山

2014/08/04(月)
7月19日と20日は夕がたからブラジルフェスティバルにでました。
19日は学校の先生とバレエの先生がきてくれたけど、あんまり出れなかったです。

_10428237_671494279591351_7409618472132507127_o.jpg

20日はひびや公えんでコロンビアフェスティバルでサルサをやったあと、よよぎ公えんでカポエィラやりました。

tiaki2.jpg

おけしょうしてたから、はずかしかったです。りゅうた先生が手をひっぱってくれたから、カポエィラがいっぱいできてうれしかったです。

tiaki1.jpg

わたしはアサイーバナナとパステルがすきです。千明
関連記事

タグ : カポエィラ カポエラ カポエイラ パフォーマンス こども 子供

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド