カポエイラ

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2017/03/30(木)
11月21日 (月) 5日目。

今日も雨。
ブラジル旅行社の菅野さんからメールが!

「現地の予定が変わっており、今回の旅行のメインイベントと帰国日が被ってしまいました。片道乗ってしまった後なので、日程を変更するならチケットを買い直すしか方法はないでしょうか?」というメールを送ったのです。


立川様がご購入頂きました航空券は
予約変更が可能な航空券になりますので
空席があれば有料にはなりますが、
予約変更ができます。


えーーーーー!なんてあっさり。
めちゃくちゃ嬉しいですけど。
なんと2万円ちょっとで変更可能ですって。

菅野さんは帰国便のいくつかの選択肢と、
パリにも寄れますよってことでその場合の選択肢も送ってくれた。

菅野さんにはブラジルに来る前も、
パリに寄りたい私のワガママや
度重なる変更に丁寧に対応してくださった。

そしてまたすごくお世話になっている。
ありがとうございます。
チケットのことはもちろんですが
なんといっても気持ちが救われました。

パリ行きはやめることにする。
会うはずだった友人に連絡した。
どうやら向こうでもトラブルがあったらしく
早く帰国することになったらしい。
「連絡しようと思っててちょうどよかった」
なんかいい感じに物事が収まった。


嬉しいので、昨日からかってきたウーゴにメールする。会話の流れでFeira de São Joaquimに一緒に行くかって誘ってくれる。野菜や果物の市場らしい。

トニーが起きてきたのでチケットが変更できそうだということを伝えた。

「あ、そう」

なんて素っ気ないリアクションでしょう。
寝起きだからですか。
ウーゴはいいねマークを5個送ってくれましたよ、トニー先生。朝の7時にも関わらず。



ウーゴは8時前には迎えにきてくれた。
まずはお肉を買いにヴァリダス・ペドリニャスというところに行った。よく銃撃のある危ない所らしい。車から降りずにウーゴを待った。雑然とした雰囲気で、車に乗っていてもなんとなく怖い。

市場へ向かう途中に豪雨。
th_IMG_6522.jpg
また雨だよー。


Feira de São Joaquimに到着。
th_IMG_6581.jpg
晴れた。

フルーツ、野菜、お肉、穀物、
雑貨や日用品と何でも売っている。
th_IMG_6524.jpg
茹でる用のバナナ。


th_IMG_6529.jpg
マンゴー



th_IMG_6545.jpg
アセロラ


th_IMG_6536.jpg
パパイヤ。


量が多い。1つが大きい。そして安い!
私たちも途中でフルーツを買う。
th_IMG_6547.jpg
カシューナッツの実。カジュー。

好奇心でカジューを買ってみたものの、
独特の匂いが強烈すぎて手が出なかった…。
アニーは好きみたい。


th_IMG_6544.jpg
ブラジルの猫。
犬は見るけど猫はいないなと思っていたので
遭遇して嬉しい。


th_IMG_6538.jpg
途中で海を見に連れて行ってくれた。

雨上がりなので海はあまりビューティフルではなく写真はありません。でもウーゴありがとう。



野菜コーナー。
th_IMG_6555.jpg
オクラとか。

th_IMG_6556.jpg
唐辛子。


th_IMG_6558.jpg
ビーマンとなすを買います。




th_IMG_6564.jpg
つぎは乾物系。
このおじさんに中国人かと聞かれました。


th_IMG_6570.jpg
大量のマンジョッカ。


th_IMG_6575.jpg
お米を探しています。

最後のお店でおやつ用のナッツと黒砂糖を買って終了。ウーゴのレストランへ向かいます。


帰る途中でヤシの実を五個購入。ひとつ1へアウ。
切ってもらって車のなかで飲む。
th_IMG_6589.jpg
運転中ですけど。


途中でお店から連絡が来て
ヤシの実をもう30個買い足す。
th_IMG_6584.jpg
車のなかはヤシの実だらけ。


2個目のアグア ジ ココ。
th_15095664_10154649622987954_1199591574037411937_n.jpg
昨日飲み過ぎたので体が欲しています。
胃にいいらしい。



ウーゴはこれからレストランに戻ってお仕事。
お昼はレストランでまかない食べるか?と言ってくれる。まかない。ぜひ食べたいとお願いして、ウーゴの仕事が一段落するまでペロウリーニョを見て回ることにする。



曇り。空と海はどんより。残念。
th_IMG_0301.jpg
とりあえず四角に入っておいたら、
というえしこさんのアドバイスに従います。


そしてすぐに土砂降りに。
お土産屋さんで雨が止むのを待って再び散策。
th_IMG_6598.jpg
ACMBのアカデミーアは閉まっていた。



お腹空いたのでウーゴのお店に戻る。
th_IMG_6614.jpg
中はこんな感じ。


th_IMG_6592.jpg
ハイネケン冷蔵庫。
中身とともに欲しい〜。



今日のまかないは牛肉とフェジョンとご飯。
th_IMG_6618.jpg
塩気ががっつり効いていておいしい。


th_IMG_6615.jpg
ウーゴはダイエット中なのでチキンらしい。
ダイエットでこのボリューム。

いつもは朝から
ビーフとエッグを食べているそうです。
ダイエット中はチキンだそうです。朝から肉です。ブラジル流ダイエットは謎です。


その後ウーゴがアカデミーアまで送ってくれた。
途中で寄り道してくれる。
th_IMG_0303.jpg
ここは二コが写真を撮っていた場所ですね。


th_IMG_6639.jpg
ウーゴと二コの真似を、えしこさんとしてみる。
できてないけど。


午後はまたパダーリアでだらりと過ごす。
アカデミーアに戻るとエスペジートがいた。
アペリードはagitado。黄緑帯の中学生くらいの男の子。

How are you? と話しかけて来る。私のポルトガル語がダメなのもあるけど、勉強の成果をためしたいのか英語で話しかけてくれる。イーザもたまに自分の英語が通じるかを試しにくる。こういうちょっとしたコミュニケーションが嬉しい。



子供練習に行きたかったのに寝てしまった。
でも今日は子供練習なくなったらしい。
大人練習はあります。久しぶりです。
th_IMG_0002.jpg
心も立ち居振る舞いもやさしい男子三人。
ウルソとブルーノとビルー。


ウォーミングアップで床の衝撃が違うのを感じる。ブラジル道場はコンクリート。
それだけじゃなく一週間ぶりの練習。
走っているだけでもしんどかった。

ハステイラしなさいって言われたのに全然できず。練習後トニーに「怖がるな」と言われた。できる出来ないではなく気持ちの問題。ブラジルにいると意志のなさを実感します。

でもたくさん動けて
全員とジョーゴできて嬉しい。
ポルトガル語が話せなくても
カポエイラが言葉のかわりになってくれる。
もー、カポエイラ万能。楽しいし嬉しいし。



練習後はトニーと二人でSPEED CAFEに行く。
th_IMG_6662.jpg
トニーはタピオカ粉クレープ。


th_IMG_6656.jpg
野菜が食べたかったのでサラダ。
ブラジル、葉っぱがあんまりない気がする。


th_IMG_6654.jpg
トニーとの共通言語。
これでなんとなく会話とかできちゃう。

なんか毎日SPEEDとSPEED CAFEにお世話になっています。「明日は焼きそばを食べにこよう」ってトニーが言っています。
明日もくるよ。

関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2017/03/27(月)
11月20日 (日)4日目。


雨の日曜日。

朝は近所のバダリーアにコーヒーを飲みに行く。Free Wi-Fiが繋がるし、携帯やPCを持っていてもそんなに危なくなさそうなので。
th_IMG_6286.jpg
カフェスペースが半分オープンなのもいい。

今日はまったく何の予定もない。
すごい雨だし、お誘いもないのでメールしたり日記書いたり。Wi-Fi接続がすぐ切れちゃうので割と時間がかかる。

ヴェフメーリョにもメール。
日本でおつかいを頼まれていたものを渡すのにいつ会えるかなって。
そしたら今日のランチを家でいっしょに食べようとお誘い。
10分で行くよって。急です。でも嬉しい。


歩いて行ける所に住んでいるらしい。
th_IMG_6289.jpg
お友達が車で迎えにきてくれるそうなので
アカデミーアの前で待ちます。

ランチは買ってお家で食べるみたい。
車で連れて行ってもらう。
th_IMG_6296.jpg
チキンの丸焼き。看板に迫力があります。

th_IMG_6292.jpg
実際はこんな感じでもくもくと。
ちょっと前まではファイヤーだったのかも。

th_IMG_6295.jpg
けっこう人気店っぽい。

チキンはあつあつで
車のなかはとてもいい匂い。楽しみ。



ヴェフメーリョのお友達は、
買い物と送り迎えしてくれたあとすぐ帰った。

空港に来てくれたグートもだけど、
友達のために車を出すのが当たり前みたいで東京にはそういう感覚ないなあと思う。
自分の友達のためだけじゃなくて、
会ったことのない、友達の友達のためにも車出してくれるっていうのがすごい。
たくさん助けてもらっている。



ヴェフメーリョのお家ではMelがお出迎えに。
th_IMG_6316.jpg
すごくビビっています。

犬の「かまってかまって攻撃」が苦手な私でも
自分から行きたくなるほどの逃げ腰。かわいい…




ヴェフメーリョが「ピンタ、ビール?」と聞いてくれる。

はい、ビールお願いします。

奥様のホベルタもビールが好きらしいので買い出しに。
th_IMG_6303.jpg
近所の酒屋さん的な。



お店にいくのに
ヴェフメーリョのお父さんの仕事場を通った。

「ここをアカデミーアにするんだ!」って。
一緒に写真を撮った。
th_IMG_6306.jpg
ヴェフメーリョのアカデミーアになる場所。
わくわくするお話。




いよいよごはん〜
th_IMG_6321.jpg
ホベルタの作ってくれたサラダ。とビール。

th_IMG_6332.jpg
横にはしかまさんからのごまドレッシングが。

th_IMG_6336.jpg
ヴェフメーリョとえしこさんはジュース。

th_IMG_6338.jpg
チキンもおいしいし、

th_IMG_6333.jpg
やっぱり豆がおいしい…止まらない。


食後は一家団欒タイム。
th_IMG_6341.jpg
みんなでソファーに座ってテレビをみる。



後からご飯を食べにきたマテウスに
お土産のパチパチアメをあげた。
シュワシュワするアメやパチパチするアメは
ブラジルのはないと聞いていたので。

みんないいリアクションをしてくれました。
マテウスよりもヴェフメーリョのほうが喜んでいたような〜



th_IMG_6355.jpg
メウはホベルタとえしこさんに超甘えている。

Melって何?ときくとハチミツですって。
なるほどー。確かにスイートな子です。



私はホベルタとまだビールを飲んでいて、
眠くなっちゃうよーと言ったら
th_IMG_6366.jpg
「昼寝ベッドあるよ!寝て行きなよ」と。

ヴェフメーリョ…ありがとうございます。
至れり尽くせりです。
でも本気で寝そうなので帰ることにします。
足はまだ痛そうなのに、ヴェフメーリョが途中まで送ってくれた。

おだやかでほっとする午後の時間。
幸せな気持ちになった。



アカデミーアで夕方までお昼寝。

起きて部屋でのんびりしていたら
トニーがお肉を持ってきてくれた。

さては私のビールを飲んだからですね。
th_IMG_6480.jpg
トニーの冷蔵庫に入れとくのが悪いんだけど。

th_IMG_6478.jpg
SPEEDのビーフ。おいしかったよ。
で、またトニーとビールを飲み始める。



緑帯のルーがえしこさんにお酒を届けにきました。
th_IMG_6491.jpg
Batida de maracujá
マラクジャとカシャーサのカクテル。


th_IMG_6486.jpg
一緒にいただきます。甘くて強い。


おっと大変です。
お酒が好きな人たちが集まりました。

ということで、SPEED CAFEに飲みに行きます。
th_IMG_6497.jpg
SKOL大好き。


th_IMG_6492.jpg
ルーも超お酒が好きらしい。ロトも好きらしい。

ポルトガル語があれなので
普段からえしこさんに頼ってばかりですが、

ルーとお酒の話は盛り上がりました。
けっこう助かっている。ビール力のおかげで。


th_IMG_6501.jpg
ご飯を買いにきたテンポの生徒のダグラス。
トニーに捕まる。


ダグラスはあんまり練習に来れてないらしい。
けどアカデミーアの近所ではよく遭遇した。

ちょっとしか会わなかったけど、
ブラジルで勉強するのが難しいこと、
差別の話とか、将来の夢のこととか
割と真面目な話をした。

そういえば
こんな話をしたのはダグラスだけだったかも。



th_IMG_6495.jpg
外は嵐。すごい雨。

この日は大雨暴風って感じで、
帰れないねーってことでけっこう飲んだのです。


昼も夜も充実した雨の日曜日。


関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2017/03/16(木)
名字叫台湾

大家好!

台湾地図
メリークリスマス!

タルタルーガ、台湾にやってきました。

そして、読者のみなさまメリークリスマス!
(これは2016年のクリスマスのころのお話です。)

台北駅

現在タルタルーガがいるのは台北駅です。巨大な駅舎ですね。

吹き抜け

台北駅の中央はこの通り吹き抜けになっていて、ちょうどこのクリスマスの時期には、

見ての通り大きなクリスマスツリーが建っています。

ガチ撮影

皆さん思い思いに写真を撮ったりしていますね。

台湾は熱帯にあるため、12月でもあまり寒くありません。秋くらいの気温ですね。

花蓮へ
電車に乗ります

さて、タルタルーガ、今回は台北駅から特急に乗り、一路台湾東部へ。

花蓮駅

花蓮駅に着きました。

ここ花蓮市(英:Hualien)は台湾花蓮県の県轄市です。

花蓮市内

首都台北と比べ、花蓮は地方都市なので、人も少なく南国らしく街中ものんびりした感じです。

タルタルーガ、台湾にはもう何度も来てはいるんですが、ほとんど台北に滞在してるため、

地方に来たのは初めてです。地方都市独特の雰囲気は悪くないです。

観光案内所

タルタルーガ、駅前の観光案内所で現地ツアーに参加します。

花蓮には台湾でも有数の観光地で、景勝地でもある「太魯閣渓谷(タロコ渓谷)」があります。

そのためにここに来たわけですね。

観光バス

早速観光バスに乗って出発です!

今回の参加者は・・・まさかのタルタルーガのみ!プライベートツアーになってしまいました。

後ろガラガラ

この通り後部座席はガラガラです(笑)。

ファミリーマート

現地に向かう前に、まずはお昼。何しろ参加者1名のため、道中のファミリーマートへ寄ります。

コンビニ内
コンビニ

店内ほとんど日本と同じです。おでんや、お茶で煮出した煮卵なんかも売ってます。

お昼

これらを買いました。漢字が読めないけど鶏肉ショウガ炒め乗せごはんとパパイヤミルク。

鶏肉ショウガ何とか飯

ご飯は見ての通りの美味しさです。

パパイヤミルク

そして台湾といえばパパイヤミルクです。

台湾のコンビニはほとんどのお店にイートインがあるのがいいですね!

Taroko-Naional-Park-Map-Taiwan.jpg

さて、お昼後、一路バスは太魯閣国家公園へ。

渓谷

山が見えてきましたね!天気は曇りですが、中々いい感じです。

太魯閣国家公園入口

入口が見えました。このまま進みます。

公園内地図

太魯閣国家公園(Taroko national park)は台湾の国立公園で、総面積は9万2000ヘクタール。

公園内の太魯閣渓谷(タロコ渓谷)は、立霧渓が大理石の岩盤を侵食して形成された大渓谷です。

渓谷を行く

タルタルーガ、渓谷を歩きます。

渓谷の桟道
切り通し

いやーいいですね。この切り通し感。中々良い景色です。

続いて向かったのが「燕子口」と言われる渓谷が最も狭まっている場所。

ヘルメット

安全のためヘルメット着用です。

落石注意

ほら、この通り看板も。

では、行きましょう。

断崖

絶壁

両側の崖が切り立ってますね。写真よりも実際は結構な景色ですよ。

長春祠

最後に訪れたのがこちら「長春祠」。

祠とある通り、工事中に殉職した212名の霊が祀られている場所なんですが、

長春祠全景

どうでしょう、この渓谷感!

太魯閣渓谷は台湾でも人気の観光地なのも納得です。

今まで台北ばっかりだったので、地方もすごくいいです。

台湾ですから、交通もいいし、人も治安も問題無し!

みなさまもぜひ地方へ足を延ばすのをおススメします。満足しました!

-------------------------(ここからカポエィラのお話)-------------------

タルタルーガ、ここ花蓮でも現地団体を訪問します。

と、その前に腹ごしらえ。花蓮市の中心部に行きます。

にぎやかな通り
生ジュース屋

台湾らしく賑わっている道に来ました。

公正包子店

入ったのはこちらのお店。「公正包子店」。

湯気がモクモク

入口では蒸籠からもくもくと美味しそうな湯気が出ています。

小籠包を一籠注文します。

小籠包?

蒸籠を開けるとどうですか!小ぶりの肉まんがいっぱいです。

中身

このお店では小籠包は肉まんのようです。味は美味しい!

この量で50元(約200円)くらいだから、安いですよね。

台湾は美味しいものがいっぱいあるのがとてもうれしいですね。

-------------------------(ここから本当にカポエィラのお話)-------------------

さて、ちょっと脱線しましたが、タルタルーガ、お腹も満ち足りたところで、

早速、花蓮の現地団体を訪問です。

今回の訪問先はコチラ。

卡波耶拉曼丁加花蓮分部

卡波耶拉曼丁加花蓮分部 (Capoeira Mandinga Taiwan Hualien)

URL:https://www.facebook.com/CapoeiraHualien/?fref=ts

Capoeira Mandingaの花蓮支部です。

Mandinga Taipei訪問 2014年6月

Capoeira Mandingaには2014年に台北の支部に訪問しているので、

台湾では2か所目になりますね。(台北の日記は→こちら

こちらの建物

向かった先はこちらの建物。「Street soul」というダンススタジオです。

中に入り本日の先生に挨拶。

花蓮支部の先生はこの方。


先生?




・・・・・・。え?

すいません。

これはデフォルメした画像でした。

TONY

実際はこの方、アペリードCicatrizこと、TONY。

中々の好青年です。

この日の参加は・・・・なんとタルタルーガのみ。また!?

TONY曰く、まだ始まって1年くらいの団体なので、メンバーがあまりいないとのこと。

だから、たまに人が来なくて自主練の時もあるよ(笑)。だそうです。

ちょうど、タルタルーガ来たので、授業が成立したという訳でした。

中はこんな感じ

まさかのプライベートレッスン状態なので、まずは、お互いでビリンバウの練習。

トーキの違いや、歌を教えあったりしました。

その後、ストレッチして、ジンガ、アルマーダやコンパッソなど基本の蹴りの練習。

あれこれしていたところ、ここでメンバー1名登場。3人になりました(笑)。

人が増えたところで、スペースをつかって、移動の練習。

バナネイラで歩く
タルタルーガも歩く
ストップ

バナネイラで歩くところから始まり、

コンパッソ入りの
流れる
サントアマーロ

コンパッソ入りでのサントアマーロや、ホーダジガンチ、そこからのサントアマーロなど。

ポンチから
ケーダジヒンへ落とす

タルタルーガ苦手のポンチ入りからのケーダ・ジ・ヒン>ホレーへのつなぎ等々。

何分人が少ないので、すぐ出番が回ってきます。いい運動になりますね!

最後はジョーゴ!

最後は3人でジョーゴ!

ケイシャーダ

フレンチ
避ける

タルタルーガ、観光の疲れを吹き飛ばして頑張ります!

TONYとジョーゴ!

TONYとジョーゴ!

裏へ回る
裏へ回られる
キープ!
もうクタクタ

こんな感じで無事終了!3人だからもうクタクタです。

台湾も台北に続いて、地方都市の団体も訪問できました。

Mandinga TAIWAN center map

Capoeira Mandingaは現在、台北以外にも台中、高雄、花蓮、宣蘭と勢力を拡大しています。

前回の台北訪問にも感じたのですが、Mandingaのみなさんはカポエィラに対して、

とても前向きで、若いセンスに溢れていて、とても羨ましいと思いましたね。

そしてありがたいことにみなさん親日的でもあります。

今回先生のTONYもとても親切にしてくれました。

彼は前回タルタルーガが台北に来たときはブラジルで修行中で、

帰国後、故郷の花蓮で支部を立ち上げたそうです。

曼丁加花蓮 多謝!加油!

彼はナイスガイなので、頑張ってほしいですね!

というわけで、

Mandinga Hualienのみんなで


卡波耶拉曼丁加花蓮 多謝!加油!


------------------------------------------------------------

さて、いつもの展開。

タルタルーガ、この日のツアー始めで海へ向かいました。

七星潭

「七星潭」という場所です。

サイクリングコースもある
海が広がる

七星潭は花蓮で人気の観光スポットで、きれいな海岸線が広がってるのですが、

あいにくの曇天

あいにくこの日は曇天です。でも、冬の海っぽくて

それはそれで良いです。

海をバックにキメます!

海をバックにキメます!

花蓮自体は元々太魯閣渓谷という観光地がある上、

カポエィラもできますから、さらに魅力ある場所になったんではないでしょうか。

台湾も台北以外にも魅力ある場所がいっぱいですね!

また次回をお楽しみに!

再見!





















・・・・・・。

終わりと思いきや、今回はまだ続きがあります。

---------------------------------------------------------------------

【緊急告知!】

Capoeira Mandinga TAIWAN Batizado 2017

Capoeira Mandinga TAIWANのバチザードが3/25-26の期間で台北で開催されます。

スケジュール

アメリカからMestre Marceloと、ロシアからMestre Ticoが訪台します。

台湾だけでなく、日本からも結構な人数が参加表明しているようです。

今回グルーポ・テンポからも2名参加します。

たるたるーが

参加するのはワタクシ、お馴染み青帯タルタルーガと、

マナブさん

アペリードAlto-Astralこと黄帯のマナブさんです。

タルタルーガ&マナブのコンビが参戦します。





ヘル・ミッショネルズ

称して、「ヘル・ミッショネルズ」と名乗ることにしました。

※ネプチューンマンはイギリス人です。(マナブさんのお母さんはイギリス人です)
※タルタルーガは剣道三段です。(中高は剣道部でした)


現地では、キン肉マン「夢の超人タッグ編」で、

ロビンマスクを粉砕した「クロスボンバー」を炸裂させてきます!

クロスボンバー!
※現地でやったら国際問題です。


・・・・・・・・。

さて、特定の世代以外を置き去りにしたところで。

Mandinga TAIWANのバチザードは毎年行きたかったのですが、

今まで日程の都合が合わず行くことが出来なかったので、

今回とても楽しみです。

台北のメンバーにも2014年ぶりに会えますしね。

夜はパーティもあるそうですよ。読者のみなさま。

果たして、台湾では何が起こるでしょうか?

また次回をお楽しみに!

イチバーン!


イチバーン!


関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ 海外

2017/03/10(金)
こんにちは春日です。4回目の日記です。
アペリード(カポエイラの世界でのあだ名)はEclipseです。日食です。

IMG_8410.jpg

カポエィラ・テンポの道場、青色眩しいアカデミーアでは毎週日曜日にホーダ(組手の集会)の練習が行われています。
寒いけど熱いです!
人数少ない事もありますが、色々とチャレンジできる時間でもあります。
特に音楽をやれるという、かなりドキドキなチャンスが訪れたりします。
ビリンバウ(弦楽器)と、パンデイロ(タンバリンのような楽器)、アタバキという太鼓を弾いたり叩いたりします。
そして歌います。

もちろん、子供メンバーも大人と同じく参加します。
子供バテリーア(楽器隊)で大人顔負けに演奏し、歌います。
すごいんです。ビリンバウもなかなか持つのも大変なのですが、皆頑張って弾きます。
パンデイロもアタバキも叩きながら歌うのです、すごーい。
そして可愛いしね。

IMG_6075.jpg


歌を途切れさせないように繋いでいくのですが、時々歌が止まってしまう事があり、先生から「歌は~?」と指摘されます。
心から頑張れ~と密かにパワーを送る。
すぐに歌い始めますが、(みんなの緊張した顔もすごくいいんだな)繋げるってちょっぴり難しいんだなと。
でも難しいことに果敢にチャレンジする姿は素晴らしい。
私もしっかりしなきゃ。

IMG_0767.jpg


ホーダの後に、自主練習の時間が設けられています。
いつでも練習できる環境がある事に感謝です。
楽器などすぐに使えるけれど、それは当たり前でなくて先生や大人メンバーの方々が整えてくださっている事を忘れずに…。

大人も子供もそれぞれやりたい練習をします。
蹴りの練習だったり、アクロバット、音楽など。
上帯の方に色々と習ったり、教えてもらえたりもして、ありがたい自主練習。

この間、子供メンバーのじょうとるいきと一緒にビリンバウを自主練習で弾く事がありました。
それだけでもなんだか嬉しかったなあ。ありがとうね。

ちらっと歌い始めたら、小学生メンバー達は言いました。
子「そうだ、歌を回す練習しませんか。」
私「いいよ」(よく引き受けたな、私も。レパートリー少ないのに…)
子供達「ホーダの時さ、途中で歌が止まっちゃうからそうならないように練習しよう!」
素敵な事、サラッと言うなぁ。
その姿勢というか、気持ちとか、私もそうありたい。
後からジワっと感動です。
(すぐに始めた歌回し練習ではヤバイ!とドキドキしてしまくりでした)

つっかえたり、間違えたり(ダントツ私)したけど、いいんだよね。練習だもの。
お互いのを見て聞いて、あぁそっかって発見出来たり、見直したり。
カポエィラって繋げる事が大切なのか!歌も動きも。これも小さな発見!)

それほど長くやらなかったけれど、すごく良い時間だと思いました。
子供とか関係なく、尊敬です。
機会がありましたら、是非また よろし願いします!

子供メンバー、本当に頑張ってます。
伸び伸び、グングン。
これからがますます楽しみです。
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ こども 子供

2017/03/07(火)
11月19日(土)3日目

今日はヴェフメーリョがカポエイラを教えている小学校のバチザード(カポエイラ昇段式)。
メシカーノが8時に迎えに来てくれるという話だったけど、
それじゃ間に合わないぜーと言ってウーゴ7時過ぎにお迎えに来てくれた。

トニーが
「27日は、バチザートは9時に始まるからPinta(私のあだ名)はメストレたちと写真を撮って、それから空港に向かえば大丈夫だ。俺はちゃんとお前のことを考えている」
と言う。ありがとうございます。

ウーゴは
「Pintaが飛行機に乗っている頃には、みんなシュハスコ食べてビール飲んでるぜー、ははは」
と言う。ひどい。


バチザードが行われる学校までは1時間以上かかった。
ヴェフメーリョはこんな遠くまで通っているのか…
小学校は設備が超立派です。

会場の体育館にはすてきな飾り付けがしてあった。

th_th_IMG_5675.jpg
木の感じがよい。

th_th_IMG_5708.jpg
子供たちの決めポーズ写真。

着いて着替えたらヴェフメーリョにご挨拶。
今回初めて会います。
フラカォンやマテウスやビルーがいて、メシカーノもちゃんと到着している。

えしこさんには子供たちがわーっと寄って来る。
とても人気モノ。

バチザードが始まります。

th_th_IMG_5674.jpg
トニー挨拶。

th_th_IMG_5685.jpg
楽しげなバテリア。

th_th_IMG_5681.jpg
子供たちが日々の練習の成果を披露。

th_th_IMG_5714.jpg
マイクだけでなくピンマイクもあったりで
音響設備もよいみたい。いい学校なのですね。

Sequência披露。
th_th_IMG_5717.jpg
えしこさんはダンサリーナと組みます。

th_th_IMG_5779.jpg
無事に終了。

th_IMG_5902.jpg
th_IMG_6116.jpg
小劇とマクレレー。


ホーダ二つでジョーゴ。
th_IMG_6257.jpg

th_IMG_6390.jpg

th_IMG_6379.jpg
先生たちと。

th_IMG_6407.jpg

th_IMG_6264.jpg
ビルーやえしこさんも!

th_IMG_6380.jpg
こちらはバテリア。
マイク持ってのトニー。かっこよすぎます。



th_th_IMG_6425.jpg
そしてダンサリーナがヴェフメーリョへの
感謝のお手紙を読みます。

th_th_IMG_6433.jpgth_IMG_6435.jpg
Tシャツのプレゼント。
壁と同じ色で分かりにくいけど。スーパーマンのやつ。

th_th_IMG_6437.jpg
へんしーん!



ポルトガル語があれなのでちゃんとした内容はわからなかったけど、
「ヴェフメーリョ先生は私たちのスーパーマンです」ってことなんだろうな。

同僚の先生たちや生徒たちの表情が素敵だった。
ヴェフメーリョ先生大好きって顔。

ヴェフメーリョがウルッとしていたのが見えた。
こういうの嬉しいよなー、泣いちゃうよなーと思う。


そのあとは、みんな帯を巻いてもらって撮影タイム。

th_th_IMG_6446.jpg
彼のアペリードはマイケルジャクソンです。

th_th_IMG_6466.jpg
新しい帯。人のを見ても嬉しい。



終わったら着替えもせずにさくっと退場です。
帰りはメシカーノの車に乗せてもらう。
th_th_IMG_5872.jpg
私たちそんなに仲良かったっけ?という明るさ。

th_th_IMG_5670.jpg
メシカーノはサッカーの話をして大興奮。音楽もバイーアの応援ソング。
どんなにすばらしいか熱弁していた。

ついでにスラングを教えてくれた。あんまり使えなそうな。
楽しいドライブ。いっしょにいると気持ちが盛り上がります。




アカデミーアに着いてお昼。

th_IMG_9799.jpg
トニーとウーゴとジエゴと、ムケッカがおいしいという黄色いお店に行く。

ムケッカがおいしいって聞いたのに
昨日ウーゴのお店で食べたから、今日はやめとけって。
ムケッカは重い食べ物だから週に1回くらいじゃないとって。

で、お肉。
私にはこの感覚がなかなか難しい。
お肉も重いではないですか。ボリュームすごいし。

注文したあとメニューを見ていたら、
ウーゴに「もうビール頼んだから」と言われる。
普通にメニュー見たかっただけなんですけど。

th_th_IMG_5807.jpg
まずは焼いたチーズと、

th_th_IMG_5811.jpg
ビール。

th_th_IMG_5821.jpg
お肉どーん。フィレだったかなー。

th_th_IMG_5822.jpg
どーん2。ベーコンと肉。

th_th_IMG_5826.jpg
アイピン、みなさまがいうとおり確かにおいしい。
付け合わせの豆もちょーおいしい。

無言でもりもりと食べる。
「誰もしゃべらないのは美味しい良い食事ってことだ」とウーゴ。
確かに素敵なごはんでした。ブラジルさいこー。



今日は他に予定がないので、
夕方えしこさんをお買い物にお誘い。
歩いてShopping Barraまで連れて行ってもらう。

途中でミニマーケット的な催しがあったのでちょっと寄り道。
物販以外にショーあり、マッサージあり、乗り物あり。

th_th_IMG_5840.jpg
えしこさんはどうしても動物の乗り物が気になるみたいです。
子供用ですけど。(このあと乗って写真だけ撮らせてもらっていた)


havaianasのお店でビーサンやスリッポンを見てテンションが上がる。
なんでもかわいく見える。
売り物じゃないショッピングバッグと
店員さんが着ているTシャツが一番欲しかったけど…残念。

その後もShopping Barraに入っているいろんな店舗でビーサンを物色。
お買い物って元気になります。

th_th_IMG_5845.jpg
ぽっちゃり系マネキンが新鮮でした。



タクシーに乗ってアカデミーアまで帰る。
アニーがチキンがあるわよって言ってくれたので晩ご飯はチキンをいただくことに。

近くのお店に一人でビールを買いにいったら、
「トニーのところにいるの?」と聞かれた。
そうだといったらうふふと笑ってくれた。

滞在中、オンジーナで日本人というかアジア系の人を見なかったから
めずらしいのかな。
日本人だったら「テンポに来ているのね」となるのかな。

こういうの、安心します。守られている感じがして。
トニーたちと、いままでブラジルに来た先輩たちのおかげ。



th_IMG_5848.jpg
チキンもビールもおいしい。


ごはんのあと、しばらくジエゴと遊んだ。
ジエゴは携帯を見てポキモンポキモンというので
ポケモンをダウンロードしようとしたけど上手くいかない。
なので私たちより先にブラジルに来ていたしかまさんのブログを見せてみる。

仲良くなった娘の二コが恋しいみたいで
写真をみると「Pititinga、Pititinga!」って嬉しそうにしていた。
ジエゴの笑った顔がかわいかった。


関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2017/03/07(火)
11月18日 (金)2日目

5時半に目が覚めた。まだ全然眠いのに寝られない。
時差ボケです。仕方ないのでとなりの部屋でヨガをする。

えしこさんは1階に降りてご飯を食べるらしいので一緒に降りる。

ジエゴとジョアオンがいる。
でもポルトガル語が話せないとあんまり子供にかまってもらえないなあと
早速ポルトガル語ができないことを残念に感じる。


昼のウーゴとの約束まで予定がないのでビーチまでお散歩して、近所をぶらぶらと。
薬局でかわいいビーサンを発見して2足買う。

トニーに、もっと安いところがあるのにって言われたけど、
その薬局で買った柄はその後も他では売ってなかったからよかった〜
ここではサンダルの柄の種類がありすぎてけっこう一期一会です。


12時15分くらいにウーゴからトニーに電話があった。
12時に行くっていったのに来ないから心配してくれたらしい。


トニーとジエゴとえしこさんとタクシーでメルカドモデーロへ。
車で街を走っていると、海がきれいで、でっかい木があって、

th_IMG_7066.jpg
この木はアメードゥア、というらしい。

th_IMG_7868.jpg
建物が高くて、開放的な感じが気持ちいい。
ここの町並みが好きだなあと思う。風も気持ちいいし。




ウーゴのお店はメルカドモデーロの二階にある。
テラス席からの景色なんてとてもオシャレ。
th_IMG_9999.jpg


メニューはウーゴにおまかせ。
前菜にカニの何かおいしいやつCasquinha de aratuと
ムケッカの魚介全部入りmoqueca de mariscano。

th_IMG_5638.jpeg
Casquinha de aratu。

th_IMG_5648.jpg
moqueca de mariscano。
カニやロブスターがどーんと入っていて、ゴージャス。

th_IMG_5649.jpg
ウーゴがロブスターを取り分けてくれます。


th_IMG_5654.jpg
滞在中ずっとそうだったけど、
ブラジルのビールのキンキン冷え冷え具合は最高。
ぬるいとか絶対にない。冷蔵庫が超強力なのかな。いい国だ。



ご飯を食べた後はウーゴとえしこさんと3人でPorto da Barraのビーチに。
th_IMG_5863.jpg

ウーゴの友達がいて、そこに合流させていただく。
地元の人が遊びに来るビーチらしい。大人で混んでいる。
th_IMG_0298.jpg

ウーゴと泳ぎに海に入ったら、なぜか筋トレをさせられる。
水のなかだと全身鍛えられるだろーって言って。
みんな筋トレ好きだなあ。
ブラジルはむきむきの人がいっぱい。

ひと泳ぎして、パラソルの下でまたビールを飲みます。


いろんなモノを売りに人がやってくる。

焼きチーズがとてもおいしそうだった。
買うと七輪みたいな鉢で棒に刺したチーズを焼いてくれる。
ビールに合うでしょうね。でもまだムケッカでお腹いっぱい…。

大きなスピーカーを背負ったお兄ちゃんがマイク持って歌いながらやってきた。
歌は上手いんだけど、格好がとてもふざけている。

靴とTシャツとジーパン。水着じゃないだけでもビーチでは浮いているのに、
牛の角がついたヘルメットをかぶっている。(バイキングがかぶっていそうなやつ)

写真がないのが残念…



ビールをたくさん飲んだので、太陽を浴びながらお昼寝。

ウーゴの友達が置いていってくれたパラソルとビーチチェアを
タダで使わせてもらって。ビールも置いていってくれた。

3人とも何を話すでもなくゆるゆる過ごす。ぜいたくー。
th_IMG_5867.jpg

ここは夕日がきれいだからってウーゴがいうのでサンセットを待つ。
でも曇ってきて寒くなったので帰った。
楽しかったな、porto da barra。




夕方はマクレレーの練習、だったはず…
衝撃的なことがあったので記憶が曖昧です。


夜、トニーがふらっと部屋にやってくる。
日焼けオイルを持ってきてくれた。

何日に帰るんだ?と聞かれる。私は27日。えしこさんは29日。
「27日はバチザードの日じゃないか」

え?え?

「日程が変わったんだよ。バチザード出られないぞー、お前」
ですって。

私がブラジルに来ようと思っていた時は、
11月24日、25日にワークショップ、26日がバチザードの予定だった。
それが1日うしろにずれたって。

27日の帰国日がバチザードの日と被ってしまった。マジですかー。



バチザードの次の日に帰るのは慌ただしいかなとは思っていたけれど、
私はブラジルの帰りにパリで友達と会う約束をしていた。

27日にブラジルを発たなければ友達とパリで会えないので、
ギリギリだけどしかたないと思ってこの日程を組んだ。



そしてこの展開。
トニーに、知らなかった…と言うと、俺は言ったぜー的なことを言っている。
聞いてないー。竜太先生は知っていたら絶対に教えてくれているだろうし。

トニーに27日は何時の飛行機で帰るんだと聞かれる。

昼過ぎの飛行機でして。
バチザードが始まる9時には出発しなければならないのです。



バチザードに出られない。何をしにブラジルに来たんだ…
片道乗っちゃったし今さらチケット変更できないよなあ。
買い直す?いや、日程を変更したらパリで友達に会えなくなるし。

もーパニック。
一緒に話を聞いていたえしこさんも呆然としている。
トニーもさすがにちょっと気まずそうな顔をしている。



まーこういうこともありますよね。ブラジルだもの。
仕方ない、今回はバチザード諦めよう。
またくるよ、バチザード期間に。
今回はそれまでのブラジルを楽しむことにしよう。

ってことで気持ちに整理をつける。

不思議と腹が立ったり悲しくならない。超びっくりはしたけど。
こういうのもブラジルの旅の一部だからと思ってしまった。



一応、ブラジル旅行社の菅野さんにメールをする。
変更できるのか、いくらかかるのか。
でも日本は土日だから、お返事は月曜になるまでこないだろうな。

ぎりぎり日程は危険だ。
ここはブラジル。次からは余裕を持って日程を組もう。
なんて思いながら寝た。

明日はヴェフメーリョの小学校のバチザードだから早起きしなきゃいけません。

関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

2017/02/17(金)
私事ですが今月から拝命して働くことが決まりました。
社会人になりやっと仲間と同じ土俵に立てることに、嬉しくもあり名残惜しい気もします。

さておき、就活を経て切実に思うことがあります。
それは、ただ生きてカポエィラを続ける事がどれほど難しいか、ということです。


IMG_20170215_220416.jpg


テンポに入団してから、間もなく9年の歳月が経ちます。
その間に学生は社会人となり、社会人は異動や転職で、カポエィラから離れざるを得なくなる者を少なからず目の当たりにしてきました。
仕事の関係でなくとも病気やケガで、家庭の事情で、はたまた個人の事情で幾人が過ぎては去って行ったことでしょう。
また、練習に来られている仲間の話を聞いてもやはり、今は時間の融通が利く部署で、とか閑散期だからという状況で、みんな忙しい合間を縫ってカポエィラを続けているという感慨をもちました。


001.jpg


さて、いざ就職に際し自分も続けられるのか、と考えても自信がないです。
今までより生活に制約がかかり、時間も体力も限られることは間違いありません。
そして、これまでのように定期的に練習に参加し、技術も肉体も上昇する機会は次第に減っていくでしょう。

かつての自分ならカポエィラができなくなりゆく事に、不満を覚えていたと思います。
しかし今ならそうは思いません。
仲間の姿は、誰もが様々な束縛と闘い、時に負けながらも精一杯カポエィラに勤しんでいる(いた)という事を示してくれたからです。


o0510034011961675988.jpg


大昔、ブラジルへ連れてこられた奴隷たちは労働のなか、わずかな余暇の間にカポエィラを作り伝承したと一般的にいわれています。
悠久の時を経た今も、その営みは変わりません。
僕もカポエィリスタとして、あるいはテンポの生徒として、苦境の中でも強く生き抜きカポエィラを後世に伝えた奴隷の様に生きたいです。
それは育ててくれた竜太先生や仲間に対して、あまたの感謝を言うよりも意味のある最大のお礼になるからです。


14650050_1179797628779531_3547601079125424174_n.jpg
関連記事

タグ : カポエラ カポエィラ カポエイラ ブラジル

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド