FC2ブログ

アクロバット

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
2019/07/15(月)
サウヴィ!
今回、黄帯に昇段いたしました、エスコルピアォンこと小林です。
日記を書くのは初めてです。
大久保アカデミーアから徒歩3分の研究センターに勤務している私は、調査発表や研修報告などは書き慣れているのですが、こういう文章を書くのはとても苦手です。
ですが今回大切な節目を迎えることができたので、がんばって文章にしてみたいと思います。

24831700495_8de3018c57_o.jpg
カポエィラを始めてこの夏で6年目になります。
最初の帯をもらったのは芸能花伝舎で行われたバチザードでした。
そのときフラカォン先生からいただいたアペリード(カポエィラのあだ名)が「エスコルピアォン」(サソリ)。
その理由を後で教えてもらうと、「君の姿がサソリが動いているようだったから」と。
確かに体が小さくて固いので、自分に合ったアペリードだと感じました。
と同時になにやら同じ名前の蹴り技があるらしい…?
それからアペリードと蹴り技「エスコルピアォン」との付き合いが始まりました。

28348962496_3f45816684_z.jpg
かっこいいアペリードを付けてもらった私は、バリバリ練習に出て、応用の蹴り技も出せるようにグングン上達していった……わけではまったくありませんでした。
翌年には緑帯に昇段させてもらいました。
さらにその翌年、黄帯の昇段試験を受けようと一旦は名乗りを上げましたが、結局その年は練習が全く足りておらず途中で断念しました。
当時は多くて週に1回、ときには1カ月単位で練習に出ていなかったので当然と言えば当然の状況でした。
行けない期間が長くなると後ろめたい気持ちが強くなり、ますます行きづらい負の循環に陥ることもありました。
しかし昇段はあきらめてもカポエィラ自体は続けられたのは、テンポのメンバーのみなさんがいつでも暖かく接してくれたからだと思います。
竜太先生に今年の昇段はあきらめますと伝えたときは叱られるのではないかと思いましたが、「無理に取ろうとしても辛くなってカポエィラが楽しくなくなるかもしれない。楽しくやれるように続けられればいい」と言ってもらえて、とても気が楽になったのを覚えています。
なので少しずつでも練習は続けて、黄帯を取るという自信が持てたときに改めて挑戦しようと決意していました。


FB_IMG_1563104379245.jpg
昨年、今の職場に移りアカデミーアにとても通いやすくなり、練習にも週2コマ~4コマくらい出られるようになりました。
これを機に、再び黄帯を目指すことにしました。
継続的に練習に出ていると、それまで自分には才能がないと端からあきらめていた技も少しずつできるようになっていくのを感じました。
アウー・セン・マォンやアウー・ヘヴェルサォンなど自分には一生できないんじゃないかと思っていた技もスタンプを押してもらえて、あきらめずにチャレンジし続ける大切さを実感しました。

途中竜太先生からは、月に一つエスコルピアォンの技を覚えて行けという課題が…。
アルマーダ・コン・エスコルピアォン、サントアマーロ・コン・エスコルピアォン、マカーコ・コン・ドルフィン・コン・エスコルピアォン…
(エスコルピアォン・プランドってなんですか!?)
FB_IMG_1563104376454.jpg
アルマーダ・コン・マルテーロゥも頑張りました。自分おとめ座の男ですが。

できる技は徐々に増えていきましたが、ただ、それでもやっぱり苦手なものは苦手で、なかなか試験が進まなくて先生に迷惑をたくさんかけましたし、どうして昇段するなんて言ってしまったんだろうと苦悶する日も多くありました。
しかしテストで上手くいかないと、そのあとすぐに上帯の先輩たちがアドバイスしてくれたり、一緒に練習してもらえたりして、なんて優しい人たちなのだろうと感激しました。
一緒に黄帯を目指していた緑帯同士でも、知識系のテストでどんな問題が出たか聞いたり、技や歌のアドバイスをお互いにしあって、スタンプが進められたものがたくさんありました。
昇段にかかわった全てのみなさんに感謝してます。ありがとうございました。
昇段は1人でするものではないと強く感じましたし、それがたくさんの人が集まってカポエィラを形作っていることと同じなのだと、この期間を通じて思いました。

いよいよブラジルから先生たちも到着されて、昇段式当日を迎えました。
黄帯の昇段は、何度も交代しながらたくさんの先生たちに相手をしてもらうコンプラ・オ・ジョーゴです。
私の頭の中は、(エスコルピアォンは絶対出さなきゃ、アルマーダ・コン・マルテーロゥもできたら出したい、でもそもそもいつもどおりのジョーゴをしなきゃ…)と緊張して思考がぐるぐるしていました。

いざ本番が始まると、さっそくエスコルピアォンを出すチャンスが!
決まった!(…かなぁ)
そこからは緊張が吹っ切れて、ただただ楽しくて時間がゆっくり過ぎているような気がしました。早く次のジョーゴに出たい!
20190707ct_1189.jpg
最後は、竜太先生に逆にエスコルピアォンをお見舞いされて終了。

したかったことが全部できたわけではありませんでしたが、とても充実した時間だったと感じました。
黄帯を巻いてもらい、数年前は遥か遠い目標だったところにようやく来ることができたと実感しました。
20190707ct_1202.jpg


最後にですが、黄帯の昇段試験を受けるということがどういうことか考えてみました。
もともと私はアクロバシーアの技をかっこよく決められるようになりたいという気持ちが強くて、ビジターからメンバー入りをしました。
黄帯に昇段しようと思ったのも、黄帯以上だけが練習で取り組む技があってそれを学びたいと思ったのが一番の理由でした。
しかし昇段してみて、黄帯に求められていることが技術だけではないということに気が付きました。
昇段式翌週の超初級のレッスンに初めて出たとき、初めての体験の方が3人いて、その人たちにジンガを教えてあげる機会がありました。
それまでも度々、超初級レッスンにアシスタントとして出ていたのですが、お手本になれるように意識しつつも、基本的には自分も先生のレッスンを一緒に受けている感覚でいました。
しかし黄帯を取ったことで、自分が教える側になって常に生徒さんの動きに注目したりアドバイスする意識が芽生えた気がしました。
さらにレッスンだけではなく、ホーダで場面に合わせて歌や楽器で場を作り出すこと、視野を広げて子供を守ったり、下帯の人にわからないことを教えてあげたりするなどなど、黄帯を巻くことで自分が主体的に考えてテンポの場を作っていくことが大切だと思いました。

テンポでカポエィラを始めて、たくさんの学びを得て、たくさんの経験を得て、たくさんの人とのつながりを得ることができました。
また今日から一歩ずつその恩返しをしていけるように努力していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
アカデミーアでお会いした時は、一緒に楽しくカポエィラしましょう!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 大久保 アクロバット

2019/05/09(木)
3月30日にメンバーの杉森との結婚式を挙げました。

2019.3.30 ②

2019.3.30 ③

2019.3.30 ①

2019.3.30 ④


早咲きの彼岸桜と肌寒さが11年前の今日を思い起こさせます。
年度末の土曜日、カポエィラと初めて出会った日の光景がよみがえります。
奇しくも同じ日にまた新たなスタートを切るとは、何ともあつらえ向きかもしれません。

あの日からいくつものライフイベントを経て、その節々で翻弄されることもあったりなかったり。
2度の大ケガと手術、2年間の空白期間と不器用だらけで決して誇れる経緯などありませんでした。
しかし、そんな後ろめたい来しかたもすべて今日の結婚という結果に集約し、自分のとってきた選択が初めて肯定されたように思えました―――
「僕も2児の父親として……」

そうスピーチで語りかける竜太先生の姿が、向こう岸へ行ってしまった父と重なり私はおえつをこらえることができませんでした。











後日談:神父さんはブラジル人
なんとブラジル出身でした。
ポルトガル語で祝福の言葉をいただきました。
そしてブラジルフェスティバルもご存知で、今年来られるか分かりませんが是非とも再会したいです。

2019.3.30 ⑤


後日談②:タキシードの尻が破れる
余興でアウー・セン・マオン(側中)をした際に真っ二つに破れました。
その後すぐに替えのスラックスが用意されましたが、一時的に新朗がお色直しをして新婦が取り残されるとう珍事態に。

2019.3.30 ⑥



4月13日
請求書が届きました。0円です。
タカミブライダルさんすみませんでした。いつでも無料でアクロバティックなポーズのモデル引受けます(ゴマすり)

-------------------------------------------------------------------------------------

こんにちは。黄帯のBarracudaです。

私事ですが先日結婚式を挙げました。
沢山のメンバーに見守られた結婚式の様子は夫が書いたので、私は裏話などを書いてみました。

披露宴では竜太先生にご祝辞をいただきました。
夫のお父さん(私からみたら義父)とのお話や、父親として子供を見る気持ち、カポエィラの先生として夫を見守って下さった気持ちを熱く語ってくださいました。
竜太先生と夫の11年分の絆を感じるご祝辞でした。
夫は感激していました。
きっと夫は先生の気持ちも、お父さんの気持ちも、父親の気持ちも全部わかって泣いていたんだろうなぁ。

barracuda201905072
(余談ですが、結婚式の日は義父の誕生日だったんですよ、先生。)

披露宴の中盤でカポエィラパフォーマンスをしました。
実は、パフォーマンス準備にこれくらい時間がかかるだろう…と見積もって進行を組んだのですが、テンポの皆さんの準備は予想以上に速かったんです!
会場のキャプテンが「皆さんもうお支度ができたようです。予定より早いですが始めてもらいますか?」と私たちの所に来た時、テンポの先生方や上帯の皆さんの動きの速さを改めて感じました。

実は私はパフォーマンスに対してある心配をしていました。
パフォーマンスで夫はアルマーダの蹴り合いする予定だったのですが、問題は夫の衣装です。

「パフォーマンスの時、衣装はどうする?
タキシードのままでは動きづらいだろうし、お色直し直後だけどカウサカミーザに着替えるかい?」

「いや、タキシードのままでやる。
試着の時ちょっと余裕があった気がするし、上着を脱げば大丈夫だよ。」

夫よ。本当に大丈夫かい??(°_°)

彼が大丈夫と言うのだし、以前カツオ先生がスーツでカポエィラの撮影をしたと聞いた事もあるし大丈夫…かなぁ。。
と高を括っていました。
が、結果から言うと大丈夫じゃなかったです!

パフォーマンス前、夫が
「ちょっとこのズボン、太もものあたりがきついかもしれない」と言い出しました。
竜太先生に伝えてみようと言いましたが、
「いや。大丈夫。何とかなるよ」との事。大丈夫かなぁ…。

パフォーマンスでは先生方の華麗なアクロバシーアやフロレイオが繰り広げられ、会場はとても盛り上がっていました!

barracuda201905071

barracuda201905073

これが夫に火をつけたようで、当初アルマーダの蹴り合いだけの予定が、急遽ソロにも参加。

夫、アウーセンマォンをした直後…

…ビリッ!!

え?「ビリッ」て何だ???

あ!ズボンのお尻が破れてる!!!

会場が爆笑です。
その後の激しい動きでどんどん破れていく夫のタキシード
この日は寒かったので、夫はタイツを下に履いていたようです。
結婚式でパンツ丸見え!にならなくて良かった良かった。
ついでに夫が破いてしまった衣装代も請求されておりません。良かった良かった。
破れたズボンは会場スタッフの手ですぐに新しいものが手配され、夫は2度目のお色直しをしました…。

2019.3.30 ⑦
私もパンデイロとジンガでパフォーマンスに参加できました!

カポエィラパフォーマンス、友人、親族からは「すごかった!」「カッコよかった」と大好評でした。
私達が大好きなカポエィラを友人、親族に見てもらえて本当に嬉しかったです。

夫は介添えさんから「新郎様凄い動きでしたね!披露宴でズボンを破った人は初めてみました!」と言われ何故か誇らしげでした。
皆さまのおかげで一生忘れられない一日になりました。
お付き合いから結婚まで温かく見守ってくださったメンバーの皆さま、ありがとうございました。

これからは家族で参加していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 結婚式 タキシード アクロバット

2018/12/17(月)
みなさんこんにちは、Aceloraです。

竜太先生がブラジルに旅立ってから、気付けばもう20日以上が経ちました!早いですね!


20181215140247782.jpg


※日本での最後の練習の時の写真

いや、ほんとに早いです。帰ってくるまであと1週間ないなんて!!

やばいヤバイMAJIYABAI。

なんなんだこいつ!なんて薄情なんだ!と思った方、誤解しないでください。竜太先生が帰ってくることはとても嬉しいんですよ?

でも私には手放しで喜べない理由があるんです。

そう…私たちには、【宿題】があるんです!!

そのおかげで、とっても有意義で、全く気の抜けない日々を過ごせています…。

私に出された宿題は【ジンガ】でした。(パンデイロもですが…)

シンプルだけどベリーディフィカルト…。そう思いました。

当たり前のように毎回やっているジンガですが、練習中は考えることがいっぱい!きちんと向き合えていなかったかもしれない。とも思いました。

今はこの宿題を出してくれたことに、とても感謝しています。

まずはホーダの動画で自分の動きをチェック。

そりゃ宿題ジンガってなるわー。もう見たないわー。

でも見る。

なぜなら、地球の裏側から圧力がかかっているから…。

そして、自分なりの分析を、先輩に問いかけてみる。

ほんっとーに丁寧に、私が納得できるまで一緒に考えてくれるんです、みなさん。泣けます。こんな先輩達が上司だったらなーっていつも思うのです。

まぁ、職場で私一番古いんで、お前がなれよって話なんですけど。

20181215115027833.jpg

※足に重りを付けながら動画を撮ってくれる遠藤様。声かけるタイミング間違え過ぎでごめんなさい。

竜太先生がいてくださる時は、メンバー練習がメインになってきます。

今思えば、常に【受け身】でいればよくて、それで楽しいー!って思わせてもらえる。贅沢な日々でした。

今回学んだこと

【自主練習の大切さ】

一つの技をとことん練習できるっていうのももちろんあるのですが、何よりも感じたのは

【自分の頭で考えることの大切さ】

あまりしてこなかったなーと。

竜太先生は言ってくれるんですよね。ここがダメって。

甘えてたなーと。

いつもより貪欲に人の動きを見たり、竜太先生が送ってくださる、本場ブラジル人のジンガを食い入るように見たり。

違いを探して、分析して、原因と対策を考える。

こういった作業は、実はすごく楽しい!!

先生がいてくれる練習でも、能動的に考えることを習慣化していこうと思いました。



そして、竜太先生の圧力はイベントでも発揮されました(笑)

先日「ブラジル音楽とアミーゴの楽しい夕べ」でのイベントでのこと。名ブロガーSininhoがブログにたくさん写真を載せてくれていましたね!

私がイベントでそこそこ貢献できるのはアクロバスィーアくらい…。でも、そのためにカポエィラの練習日を泣く泣く削って個人で練習しているわけなので、頑張らないと!!と思っていました。

20181215114845aff.png


頭の中にはずっと竜太先生がいましたね。

アウーヘヴェルサォンの向き間違えたら殺される。。。(過大妄想)

201812151359224ee.png

※林様

※一人で行うアクロバスィーアは、お客さんの方に顔を向けてやらなくてはいけません。

前回のイベントでまんまとお客さんにケツを晒してしまった私に、アタバキを叩いていた竜太先生が、ついその場で「逆だよ!」ってツッコんだっていう。そのツッコミを、マイクがしっかり拾っていたっていう。

アドリブだとそんな当たり前のことがわからなくなってしまうんですよね… 。そして、アクロバスィーアは左右両方出来なきゃだめだよって話です。はい、練習します…。

すごいですよね。地球で最も遠い場所にいるハズなのに、なんなんですか、この圧!!このプレッシャー!!(勝手に感じてるだけ)

課題が山積みだから会うの怖いけど、髭が伸びた竜太先生を早く生で見てみたい。

201812151152079b6.png


その日まで頑張ります。


20181215141433bbc.jpg


※とある日のLINEより(笑)

関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル アクロバット

2013/11/28(木)
こんにちは黄緑帯の中学2年、川村です。
毎年柏木地域センターで行われている「かしわまつり」にてパフォーマンスしてきました。
ちなみに寝坊しました。
寝癖丸出し。
遅刻した。

_1450176_547280678698331_2109072831_n.jpg

そしてこのお祭りのパフォーマンス子供(小・中学生)のみでの参加です。
絶対浮くだろうなとか思ってました。
大きさが。

_1441361_547280608698338_1294502308_n.jpg


今回の舞台ですが横はまあまあありますが奥行きがなく、ましてやそこに楽器や人が並びますから縦に狭かったですね。

_1426195_547280692031663_1663751574_n.jpg

パフォーマンス、後ろに子供が沢山います。
技を失敗して突っ込んだらどうなるでしょう。
「大型トラックが児童の列に衝突、数人が意識不明の重体」みたいな感じになりかねません。
大人でもですけど。


ソロで技の途中後ろの子供を気にしてステージから落ちました。
すげぇマヌケ。

_1422469_547279478698451_1128960691_n.jpg

_1450834_547279528698446_1556817338_n.jpg

_994977_547279598698439_782639907_n.jpg

_1450771_547279618698437_234127529_n.jpg

_1472938_547279672031765_1352648726_n.jpg

_1454817_547279772031755_878247843_n.jpg

_1454949_547279775365088_1298675567_n.jpg

その後はまぁ臨機応変に対応したつもりです。
が何かと判断に時間がかかりました。
あと、飛び技の調子が悪かった。


そんな感じでした。
客席のお婆ちゃんは盛り上がってたしそれなりにはなったんじゃないでしょうか。
もっと場数を踏んで人前に慣れて行きたいものです。
関連記事

タグ : カポエイラ カポエィラ カポエラ 新宿 パフォーマンス こども 子供 中学生 アクロバット

2013/05/17(金)
お久しぶりです。


そうでも無いか。

帯なしの川村です。昨日、大久保地域センターの祭でパフォーマンスして来ました。
土曜日にビジター合同練習→メンバー練習に出て、家が遠い私は1時間ほどかけて行き帰りをする。
日曜日の朝はこれで動けるのか?と思ってました。

朝ごはんを食べ、某 翼が生える飲料とオニギリと小腹みたしを買って行きました。

その後、道迷ったり図書館についたりしましたが辿りついた。
帯なしも来てるかなと思ったけど私を含め子供三人だった。


実際のパフォーマンスでしたが、皆さん知っていましたか?
レッ○ブルを飲んでも翼は生えません。
ヘボかったです。
特にフロレイオのソロ(と言っても動きは丸コピーなので竜太さんの超絶劣化版である。確認してて鬱になりそうでした)。
技一つ一つもそうだけど人に見せるとき動きがキシキシするのを何とかしたい。



パフォーマンス後、自主練習に行ってホーダパラフーゾの練習をしていました。
竜太さんと高之さんにコツを教わるもなかなかできなかった。



成功記録は
畳×5+マット…4回
畳×4+マット…3回
畳…0回

マット無しでできなかったのはすごく悔しかったですね。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ アクロバット 中学生 パフォーマンス

2012/06/11(月)
こんにちは?
ものすご~く久し振りにブログに登場します。青帯のそのです。

フィットネスジャーナルに載った時

米川親子からバトン頂きました!
そして私のポンチ(ブリッジ)を茜ちゃんが目標に?? ??
私でいいのでしょうか?って感じですが・・・嬉しいですっ\(^o^)/
ありがとうございます。
もっと磨きをかけますっ!
茜ちゃん!今度一緒にジョーゴでポンチしよね~♪
(と偉そうに言いつつ、実はマカーコが出来ないという事実もあるのです。)


さてさて、お題に戻って・・・

カポエィラを続けて行くには?』

女性カポエィリスタの肉体作り』

お題が二つも~。


まず一つ目から・・・

結論から言うと『好き&マイペース?』かな。


カポエィラ始めて7年目。正確に言うと、6年と3ヶ月。

カポエィラテンションが上がらなくさぼった時期もあったし、
今の緑帯シンジ君のように週5~6日練習した時期もあったかな~。(何代目かのカポエィラおバカです。)

怪我や故障も数えきれないほどしましたが、それを理由に一週間以上休んだ事はない気もする。。。
(足を怪我したなら音楽や腹筋、バナネイラ(逆立ち)も出来るし、肩や腕なら蹴りだけでも練習しに行き、2人組練習が無理なら鏡に向かって練習した記憶もある。)

今は疲れてる時は行かず、行ける時に練習に行く感じ。

自分の中でカポエィラが優先順位の上位にきているので費やす時間が多いだけで、その時その時の自分のペースでやっているのと、
やっぱり好きで、練習も楽しく、素敵な先生や仲間がいるから長く続いているんでしょうね!!きっと。


さて、二つ目。。。

女性カポエィリスタの肉体作り』

カポエィラのアクロバシーア練習が好きなので練習はよくしていますが、腹筋やる以外は特に何も気にしていないです。

エアロビクスのインストラクターなのでもともと体力&持久力はあるけど、(2~3年前はよく走ってました。東京マラソンでフルマラソンに挑戦もしたことありますよ。)
その他、特にマシーンを使って筋力トレーニングはここ何年もしてないですね。(時間ないし)

食事に気をつけ、筋力トレーニングしたら数倍いい体になっていることは間違いないですが。。。
じゃーやれよ!?と何処からか声がきこえたけど、まあ、そのうち。(笑)


何も参考にならない答えで申し訳けないですが・・・ホントにカポエィラしかやってないんです。
まあ、よく言えばカポエィラだけで気になるお腹や二の腕も鍛えられる?って事ですねっ(^ ^)


___1110160057.jpg


何も参考にならなかった気もしますが、、、次の方にバトン回しちゃいます~!

仕事もカポエィラ以外の趣味も楽しみマイペースでやっているようにみえる
支部、緑帯の愛理ちゃんにバトンを渡したいと思います!

お題は・・・

『マイペースで長く続けていくには?』です。

では、愛理ちゃん宜しくお願いしますm(._.)m
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ アクロバット 女性 体づくり エアロビ インストラクター

2012/05/06(日)
こんにちは!
村井さんからバトンを渡された新宿のヘビ顔(Cara de Cobra)岡部です。

↓手前のヘビ顔?が自分です。
一番手前のヘビ顔が岡部

カポエィラは始めて2年8ヶ月くらいです。
練習は主に水土日と行くことが多いです。
ちなみに僕の好きな練習場所は芸能花伝舎です。
床も良いですし鏡もありますし、楽器もありますし、
元々学校だった場所なので学校に通っているみたいで楽しいです!




ではさっそく村井さんの質問に答えたいと思います!

『自主練の内容はどのように決めているのですか?』ですが、

自主練習ではいつも、
1.基本の復習
2.連携
3.アクロバシーア
4.ジョーゴ
みたいな感じの順に練習してる感じです。

基本の練習ではジンガやアルマーダなど、
苦手だったり良くないなと思う動きを練習してます。
連携の練習では、椅子を置いてその周りで練習したい連携技を練習してます。

アクロバシーアはその時の体調次第で練習できそうな技をやってます。
今は一つ一つの技をもっと綺麗にできるように練習したいと考えてます。

ジョーゴは近くにいる人達に声をかけて、
お互いに自分がジョーゴで出したい技を伝えて、
それを出すようにジョーゴしたり、ゆっくりジョーゴしたり自由な感じでやってます。

初めて来た時は何をしたら良いのかわからないかもしれないですが、
先生や他のメンバーの人が練習している内容を参考にしたり、
自分のやりたい技や苦手な技のの練習方法を聞いたりアドバイスを貰うのもよいと思います!

僕も最初の頃は周りの人の練習方法を参考にしたり、
アクロバシーアのやり方を聞いたりして練習していました。
なので自主練習に来たら最初の内は他のメンバーの人に色々聞いてみるのがオススメです!


さて、次のバトンですが、東新宿支部の過激で黒い緑帯の八百板さんです。
いつも練習やホーダでムラムラになる程カポエィラを楽しんでいる八百板さんへの質問は、

『いつもカポエィラを思い切り楽しんでいるその秘訣は!?』

是非教えてください!


ついでに

『なぜそんなに黒いのですか!?黒くなるにはどうすればよいですか!?』

も聞いてみたいと思います!

よろしくお願いしますー。

関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ アクロバット

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド