FC2ブログ

みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
見て頂いてありがとうございます!是非こちらもご覧下さい!!
東京でカポエイラ教室!カポエィラ・テンポ
このブログに出てくるあんな人もこんな人も、最初は超初級クラスで未経験者からスタートしました!是非みなさんも挑戦して下さい!
広告
2019/01/11(金)
☆2月9日(土)11:00-15:00
「ブラジル、バイーア州のムケカを作って食べようの会」を西新宿で開催します!

↓↓↓詳細は最後に↓↓↓

th_IMG_8109.jpg



こんにちは。カナコpintaです。

th_IMG_8599.jpg



2018年11月18日から約1ヶ月、ブラジルに滞在してきました。

3度目となる渡伯。
今回はカポエイラだけでなく
ブラジル・バイーア料理を教わることも目的の1つ。


竜太先生やブラジルの先生、
先生達のご家族のおかげで現地の料理を学ぶチャンスに恵まれました。


今回のpinta日記はブラジル・バイーアで学んだ、それぞれの家庭やレストランのごはんをレポートします。

レポート1はトニー先生(以下トニー)にMoqueca作りを教えてもらったお話。





12/1(土)

polvo(タコ)のMoquecaが
とても美味しいらしいので
トニーに食べたいと言いまくっていたら
作ってくれることに。



お料理当日の朝、タコの仕入れとトニーが前日仕入れてきたでっかい魚(caranha)を切ってもらいにRio Vermelhoへ行く。

おはようございます。
th_IMG_6787.jpg



海の女神Yemanjáのお家。
th_IMG_6864.jpg



中はYemanjáの像がたくさん。
th_IMG_3412.jpg






この裏に魚屋さんが5・6軒並んでいて魚介類を売ったりさばいたりしてくれる。



caranhaをナタで切って…
というより叩き割ってもらう。

すごく骨が固いらしく
ナタを鉄の棒で叩いてカットしていた。
自宅でさばけるお魚じゃないなー

ちなみにこんなやつ。
身のしっかりしたタラみたいな感じ。
th_IMG_8093.jpg




お目当のタコ、今日は水温が低く獲れなかったらしい。


トニーが違う漁師仲間に電話で
「タコないか〜」って確認。

th_IMG_7355.jpg




やっぱりタコはなかった。


代わりに海老を買うことに。
おじさんが殻と頭を取ってくれる。

タンクトップかわいい。
th_IMG_4243.jpg





ちょっと海沿いを散歩しようぜ、とトニー。
トニーのボートを見せてくれた。
th_IMG_3483.jpg



テンポ丸
th_IMG_3487.jpg




ただのUber待ちなのに素敵。
th_IMG_3489.jpg








近所のMercadinhoで野菜とココナッツミルクを買う。

th_IMG_3493.jpg



トニー曰く、
日本の上野で売っている
タイ産のココナッツミルクが
濃くて質がよいとのこと。

もちろんここにタイ産のはないです。



始める前にキッチンとシンクのお掃を。
キッチン台がまな板になったり
シンクがボールや鍋のかわりになるので
きちんと清潔にする。



お料理スタート。
トニーから手順を聞いて「私の知っているmoquecaとかなり違う〜」と驚いていたら

「なにいってんだ、俺のはMoqueca de Baiana ORIGINAL だぜ!」と。
バイーアの元漁師トニーがいうから違いないはず。



こう切っていくんだぞ
th_IMG_3497.jpg



ニンニクを潰して皮を取りのぞく。

潰した方が早いんだぞ
th_IMG_3500.jpg



ニンニクを潰す道具はビリンバウのパウ。
コウロついたままのをトニーがどこかから持ってきた。
th_IMG_5830.jpg


バイーアの紫ニンニクは小ぶりだけど
味が強くておいしいらしい。



ライムをブシャー
th_IMG_5394.jpg



マリネ中。
th_IMG_2136.jpg





待ち時間はガーリックライスを炊いたり、
お料理中の動画を我らがブラジル料理教室・部長の林先生に送りつけたり
th_IMG_3701.jpg




みんなが覗きにきたり、火力問題で揉めたり…
それはまあ賑やかなキッチンで。


ウーゴ。この人面白い。
th_IMG_2304.jpg


このグラノーラ上手いんだぜって。
あとで分けてくれたよ。



トニーがイワシのフリットも作ってくれる。
th_IMG_2168.jpg



アニーに手開きをレクチャーしてもらう。
th_IMG_3592.jpg


親子っぽい。

トニーお父さんが
「アニーのやり方をよく見るんだぞ」と。

でもダメ娘pintaがやるとイワシの身がボロボロになってしまうので早々に諦める。

あとで骨取ってない!ってウーゴに怒られた。



トニーが揚げ物をしている間にお片づけ。
魚臭くなったキッチンや手は絞ったライムで擦って臭いをとるですと。
お掃除のブラジル豆知識も教わる。



Moqueca de Baiana Originalの出来上がり。
この大鍋が2つ!
th_IMG_0574.jpg



pirãoはいつのまにかアニーが作ってくれていた。
さすが。
ダマにならないコツを聞く。



大所帯。
th_IMG_7637.jpg


実はアニーとエレーナとご飯を一緒に食べたことなかったので嬉しい。

th_IMG_3352.jpg

th_IMG_2825.jpg

th_IMG_8030.jpg



なくなるの早い!
th_IMG_4955.jpg




買い出しから調理までトニーありがとう〜。
手際が悪すぎてすいません。
トニーとアニーの前では無力過ぎました…

来年はもう少しすばやくなりたい!
来年こそはタコのmoqueca食べたい!






ここからはブラジルで食べたいろんなmoqueca 。



来年を待ちきれず、ウーゴのレストランCamafeu de Oxóssi で食べてしまったmoqueca de polvo(タコのムケカ)
th_IMG_4630.jpg



たしかにタコうまーーーい!!
ぐつぐつぐつ
th_IMG_4625.jpg


スープにとろみがあって味が濃い。






そしてこちらは黄色いお店Sertão e Marのmoqueca de camarão (エビのムケカ)
th_IMG_8109.jpg

th_IMG_8707.jpg

スープはさらさらであっさりめなんだけど、こちらも魚介のダシが効いていていい味。






Ilha de maré の海辺のレストランで食べたmoqueca de mariscada (シーフードのムケカ)
th_IMG_4145.jpg



あんまりデンデーオイル色ではないけど
濃厚なお味でございます。
th_IMG_4141.jpg



ソフトシェルクラブが美味しかった!
th_IMG_4148.jpg


カニ、エビ、お魚、貝…いろんな味がしてリッチな感じ。


他にも
siri(カニのほぐし身)
sururu(小さな貝)
bacalhau (干し鱈)
arraia(エイ)のムケカなんかがあって
それぞれおいしい。

日本でもいろんな食材で試してみたい……

ということで、早速日本で作ることにしました!



2月9日(土)11:00-15:00
「ブラジル、バイーア州のムケカを作って食べようの会」を開催します。

現地以外では食べられないであろうバイーア流のムケカを作ります。(日本で食べるムケカとは全然違う味です)
ブラジルでMestre Tonyに教わったレシピをもとに研究と試作を重ね、前回よりもさらにおいしいムケカに仕上がりました!
貝のダシがきいたスープでつくるピラォン(だしでマンジョッカ芋の粉をこねたペースト)も絶品です。付け合わせのサラダまで絶品です。


前回はエビとタラがメインだったので、今回はあさりやホタテなどの貝を使ったmoqueca de mariscada (シーフードのムケカ)を作ります。
(貝類が食べられない方がいる場合、お魚のムケカ班も作ります)

ご家庭で気軽に作れるよう日本で手に入れやすい食材を使います。美味しさはバイーアのに負けません!

試食用のブラジルおやつもただいま考案中。
林先生が淹れてくれるおいしいコーヒーを飲むブレイクタイムもお楽しみに〜



*甲殻類、貝アレルギーのある方は事前にお知らせください。お魚班に振り分けます。
*材料に使うデンデーオイルが強いので、お子様と参加される方や胃腸があまり強くない方も事前にお知らせください。
デンデーオイル少なめ班に振り分けます。



日時 2月9日(土)午前11時~15時
場所 西新宿(場所はお申込み、お問い合わせの際にお伝えします)
料理 Moqueca de Baiana ムケカ ジ バイーアーナ (バイーア風魚介の煮込み)/ブラジルのお菓子(試食)
料金 大人:参加費2500円+材料費と場所代を人数で割った金額(¥1000〜¥1500前後)。
子供:1000円
持物 1人あたり米0.5合。エプロン、布巾、ゴミ袋等

参加希望、ご質問等はカナコ xxchocopetal@gmail.com までメール、または何かしらでご連絡くださいませ。


★席に限りがありますので、定員になり次第募集終了となります。

前回の様子はこんな。
th_IMG_4516.jpg

親子参加も大歓迎。
th_IMG_4514.jpg

コーヒータイム。
th_IMG_4510.jpg




Sininhoもブラジル料理教室の様子をレポートしてくれています!

↓ムケカを作った日のSininho日記↓
『ゴールデンウィーク✨歌舞伎町イベントとお料理教室』


興味のある方、お時間のある方はぜひ。
参加費は変わりませんが楽しく食べにくるだけの参加もアリです。

皆さまのご参加をお待ちしております^ ^

参加希望の方はカナコ xxchocopetal@gmail.com まで。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル ブラジル料理

2019/01/06(日)
こんにちはー!
新年明けましておめでとうございます!

迎春


大久保アカデミーア建物前から、花壇便りをお送りします。

2019年が始まり、アカデミーアが出来てもうすぐ丸三年。
アカデミーアの入る建物のエントランスには雑草でボーボーだった花壇がありましたが、竜太先生の声かけのもと春先にはお花を植え、アメリカンブルーやラベンダー、ヒマワリ、オクラやパクチー等々が花壇を賑わせてきました。

ヒマワリ


昨年の秋には、花壇奥の崩壊寸前グラグラ柵を改修。
みんなの知恵と力と板とネジが集結し、しっかり柵として息を吹き替えしました。やったね~!
もう二度と!?修理しなくて済みますように~!!

柵


この時、水仙の球根を植え付ける作業も行いました。

植える


昨年1~3月の冬シーズンは沈黙の花壇となってしまったのが残念で、今年の冬は何かしらの花を!何か植えられるものはないか!と、探して辿り着いたのが球根植物で多年草、かつ無料で手に入った水仙です。ラッキー!
植えっぱなしで管理が楽なのが震えるほど良いですね!
既に植わっているクリスマスローズも冬に花が咲く多年草なので、これから季節の顔として一緒に咲いてくれることでしょう。
ええ!Yes!昨年は花をつけなかったクリスマスローズも、今年もしくは来年にはきっと一緒に!
ちなみに春にはハナニラとムスカリが待機しています。

現在、水仙はすくすくと葉が伸び、茎の先には蕾がチラホラ。
1月末には咲き始めるかもしれません~。

蕾


アカデミーアにいらした際は、こちらもぜひチェックして下さいね。
1月の月末ホーダは26(土)夜8時から。
お待ちしてます~!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 大久保

2018/12/20(木)
「初ブラジル滞在日 8 日目(午前中に最後のワークショップ、そして途中帰国)」
2017年11月25日(土曜日)黄色帯の土屋

どうも。

今回は8日目、最終日のお話。

本日最後の滞在日なのだが、
午後には空港へ行かなければならない。
そして、何と午後からのメインである筈のバチザードに出られず。
切ない...。

まぁ、でも初めてのブラジル滞在にしては良い経験になったし、
別に今回が最後ではない。

バチザード当日の午前中、Mestre Orelhraの
ワークショップに出る。

この間のアンゴーラのワークショップとはまた違った、
体験を得ることができた。




流れ練習でビルーと一緒に
FB_IMG_1511790201108.jpg




そしてジョーゴ
FB_IMG_1511790212853.jpg


最後にMestre Orelhraと一緒に滞在メンバーと一緒にパシャリ
FB_IMG_1511790114217.jpg



それにしてもこのMestre Orelhra.....




これまたデカイ....



自分の体が小さいだけと何度も言ってるが
それにしてもデカイ....
先日のMestre Americanoもデカかったが
Mestre Orelhraも負けず劣らずほどデカい......
またまた凄まじいプレッシャーを感じた

最後に一言って事で皆の前で挨拶する事に。
FB_IMG_1511790120688.jpg

その後昼食を結構ゆっくり取っていたので
落ち着かなかったせいかトニー先生に
「Calma(落ち着け)」と言われる。


最後にアニーとパシャリ。
received_10155894034732954.jpeg


見送り組でパシャリ。
FB_IMG_1511790184067.jpg



そんなこんなで最後ジョッタの車で空港へ。
「おお、羽田便か。羽田の方が便利だよな。」
そんな事言ってたような会話しながら、
トニー先生は空港の最終ゲートまで付き添ってきてくれた。
FB_IMG_1511790189691.jpg



気づけばあっという間に滞在期間終了。
体も慣れてきたと思った時には帰国ですよ。
次回も行く機会があればモチっと勉強して、モチっと長く滞在しよう。






さて、最後に余談ですが
初日に書いたように何故今回になって
自分ブラジルに行ったかというのは、思えば親父がキッカケだった思う。

ウチの親父、カポエィラとは何も関係ないのですが
その昔、短期間ですがブラジルに行った事があったのです。(バイーアではありません。)
親父は当時ブラジルで滞在した時の事を喋ってくれてました。
「彼らは貧しいけどさ、とにかく陽気で元気なんだよ。」
c0119160_2132366.jpg


どのくらい昔かは詳しく聞いてないが、
「俺が行った時は通貨はCruzeiro(クルゼイロ)だったな。」と言ってた。
7077f6b7.jpg


自分がカポエィラでビリンバウを持ち始めた時、
親父はそれを見て「それ知ってるよ。音が鳴るやつだろ?ベンベンって。」
当時お土産にビリンバウを貰ったとも言ってました。
itempost_1-sorte-2425.jpg






自分がカポエィラに関わっているのに
まだブラジルに行ってなくて時代と場所と目的が違えど、
オヤジは既に行った事があるというのに...


そんな思いをずっと過ごしてきて
親父が昨年、他界してしまったですが、
思い出話で親父が言ってた言葉が頭に残ってました。






「行ってみろよ。楽しいぞ。」
それが、今回行こうと決心したのでした。
DSC_0157.jpg





おしまい。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル

2018/12/17(月)
みなさんこんにちは、Aceloraです。

竜太先生がブラジルに旅立ってから、気付けばもう20日以上が経ちました!早いですね!


20181215140247782.jpg


※日本での最後の練習の時の写真

いや、ほんとに早いです。帰ってくるまであと1週間ないなんて!!

やばいヤバイMAJIYABAI。

なんなんだこいつ!なんて薄情なんだ!と思った方、誤解しないでください。竜太先生が帰ってくることはとても嬉しいんですよ?

でも私には手放しで喜べない理由があるんです。

そう…私たちには、【宿題】があるんです!!

そのおかげで、とっても有意義で、全く気の抜けない日々を過ごせています…。

私に出された宿題は【ジンガ】でした。(パンデイロもですが…)

シンプルだけどベリーディフィカルト…。そう思いました。

当たり前のように毎回やっているジンガですが、練習中は考えることがいっぱい!きちんと向き合えていなかったかもしれない。とも思いました。

今はこの宿題を出してくれたことに、とても感謝しています。

まずはホーダの動画で自分の動きをチェック。

そりゃ宿題ジンガってなるわー。もう見たないわー。

でも見る。

なぜなら、地球の裏側から圧力がかかっているから…。

そして、自分なりの分析を、先輩に問いかけてみる。

ほんっとーに丁寧に、私が納得できるまで一緒に考えてくれるんです、みなさん。泣けます。こんな先輩達が上司だったらなーっていつも思うのです。

まぁ、職場で私一番古いんで、お前がなれよって話なんですけど。

20181215115027833.jpg

※足に重りを付けながら動画を撮ってくれる遠藤様。声かけるタイミング間違え過ぎでごめんなさい。

竜太先生がいてくださる時は、メンバー練習がメインになってきます。

今思えば、常に【受け身】でいればよくて、それで楽しいー!って思わせてもらえる。贅沢な日々でした。

今回学んだこと

【自主練習の大切さ】

一つの技をとことん練習できるっていうのももちろんあるのですが、何よりも感じたのは

【自分の頭で考えることの大切さ】

あまりしてこなかったなーと。

竜太先生は言ってくれるんですよね。ここがダメって。

甘えてたなーと。

いつもより貪欲に人の動きを見たり、竜太先生が送ってくださる、本場ブラジル人のジンガを食い入るように見たり。

違いを探して、分析して、原因と対策を考える。

こういった作業は、実はすごく楽しい!!

先生がいてくれる練習でも、能動的に考えることを習慣化していこうと思いました。



そして、竜太先生の圧力はイベントでも発揮されました(笑)

先日「ブラジル音楽とアミーゴの楽しい夕べ」でのイベントでのこと。名ブロガーSininhoがブログにたくさん写真を載せてくれていましたね!

私がイベントでそこそこ貢献できるのはアクロバスィーアくらい…。でも、そのためにカポエィラの練習日を泣く泣く削って個人で練習しているわけなので、頑張らないと!!と思っていました。

20181215114845aff.png


頭の中にはずっと竜太先生がいましたね。

アウーヘヴェルサォンの向き間違えたら殺される。。。(過大妄想)

201812151359224ee.png

※林様

※一人で行うアクロバスィーアは、お客さんの方に顔を向けてやらなくてはいけません。

前回のイベントでまんまとお客さんにケツを晒してしまった私に、アタバキを叩いていた竜太先生が、ついその場で「逆だよ!」ってツッコんだっていう。そのツッコミを、マイクがしっかり拾っていたっていう。

アドリブだとそんな当たり前のことがわからなくなってしまうんですよね… 。そして、アクロバスィーアは左右両方出来なきゃだめだよって話です。はい、練習します…。

すごいですよね。地球で最も遠い場所にいるハズなのに、なんなんですか、この圧!!このプレッシャー!!(勝手に感じてるだけ)

課題が山積みだから会うの怖いけど、髭が伸びた竜太先生を早く生で見てみたい。

201812151152079b6.png


その日まで頑張ります。


20181215141433bbc.jpg


※とある日のLINEより(笑)

関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル アクロバット

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド