FC2ブログ

みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
見て頂いてありがとうございます!是非こちらもご覧下さい!!
東京でカポエイラ教室!カポエィラ・テンポ
このブログに出てくるあんな人もこんな人も、最初は超初級クラスで未経験者からスタートしました!是非みなさんも挑戦して下さい!
広告
2019/07/19(金)
こんにちは~黄帯のSininhoです!
日照時間が短い日が続いてますが…夏を感じたい方はぜひ!カポエイラ・テンポへ~♪

ブラジルから先生方が来て濃い日々を過ごしています~
みんながバチザードや感動のブログを書いてくれるのでわたしは最近の日常をちょっと写真でご紹介~

まずは練習風景を少し~!
07195.jpg

07194.jpg

子供レッスンもとっても楽しそう!
071914.jpg

071915.jpg

ほかにも毎日盛りだくさん~
毎年恒例 ヴェフメーリョ先生のファイジョアーダ!
毎年めっちゃ美味しいんです!大きなお鍋3つもファイジョアーダ!すぐになくなりました~ww
071917.jpg

みんなでいっせいに取りにいく!笑
071916.jpg

ヴェフメーリョ先生のお誕生日
めっちゃ楽しそうな~!詳細は今後のブログをお待ちください~今日は写真だけ♪
07198.jpg

トニー先生と動物園!トニー先生は動物園で動物の食べ方を教えてくれるとかwww
07191.jpg

先生と一緒にフットサル大会~なんと優勝~!バーベキューの賞品ゲット!
みんな強そう~
071921.jpg

07122.png

こちらも毎年恒例!すき焼き~
ヴェフメーリョ先生は世界一すき焼きが好きなんですって~!嬉しいですね~
ハードな練習後にめっちゃ食べますw
071912_20190719084102c35.jpg

07196.jpg

07197.jpg

07199.jpg

そして明日からいよいよ代々木公園ブラジルフェスティバル!ブラジルの先生たちももちろん出演されます!
土曜日日曜日はカポエイラスペース是非いらしてくださいね~!

土曜

13:30-14:00 カポエィラ・テンポ
14:00-15:00 コハダン ジ コンタス
15:00-16:00 カポエイラ ナラハリ
16:00-17:00 カポエィラ・テンポ

日曜

12:30-13:00 サムライ カポエイラ
13:00-14:00 カポエイラ アライエ
14:00-15:00 カポエイラ バトゥーキ
15:00-15:30 カポエイラ ヘジョナウ ジャパォン パフォーマンス
15:30-16:00 カポエイラ アンゴーラ トーキョー キッズワークショップ
16:00-16:30 カポエイラ ヘジョナウ ジャパォン パフォーマ

日曜日はなんとメインステージでのパフォーマンスもありますのでお楽しみに~

https://www.facebook.com/events/305096213773672/

今年も素敵過ぎるパフォーマンスやってます~

0917111.jpg
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル代々木公園

2019/07/17(水)
ぼくがはじめてカポエィラをはじめたとき、ふあんでみうごきもできず見学しました。
二か目はちょっとだけやってはんこが二つふえました。
三回目は、はんこが三こおされました。
そしてどんどんはんこがたまっていってついにメンバークラスに入ることができました。

_P7078827_20190717123152004.jpg

そのときちょっとうれしくなりでもメンバーのクラスの先生が「こわいのかな」とかんじてでもがんばってセクエンシアをがんばり1から8までやっていよいよしょうだん式です。

しょうだん式では、はじめに、ジョーゴをしました。
ぼくは、りおくんとやりました。

20190707ct_0078.jpg

ぼくはアウーがとくいなので、本番はもっと、とくいにできました。

20190707ct_0438.jpg

20190707ct_0444.jpg

で、きみどりおびをとれてうれしかったです。

20190707ct_0534.jpg

そしてアペリードがきまりました。
ぼくは「ボエータ(ポエータ)」になりました。
いみは詩人です。
詩人のいみがわかりませんでした。

20190707ct_0538.jpg

なおたか

2019-07-15 175404

2019-07-15 175415
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 小学生 側転

2019/07/16(火)
のEclipse 春日です。というより、さわママです。久しぶりに日記を書きます。

ささの葉さらさら のきばにゆれる〜

66427029_368393977195812_5720657487766487040_n.jpg

去年の七夕の娘の願いは、来年に青を取れますように。

は戦うです、責任のある重たいだと思います。
上は目指して欲しいけれど、戦うとなると…どうかな。でも願いが叶うといいなという、ちょっと複雑な気持ちでもありました。
でもいつだか、そのチャレンジをやめようかなと考えた事もあったみたいで、本人が決めるならまあそれはそれでいいのかと。

仲間の青挑戦のかんちゃんりおちゃんが、先に青帯練習に参加してた。
青帯練習とは防具を装着して戦うカポエイラの練習をするのです。
さわ出ないの?とか言われたり刺激になったのか、見学から始まって参加するようになりました。

どうしたいかは自分で決めてねと伝えた。
先生に青帯取りたいですと自分で話してました。
じゃあ私はとことん応援すると決めました。

だけどもだけど。できない事多いじゃないか。
絶対一番はビリンバウ。

67172002_2403546763237826_486644671087378432_n.jpg

トーキはなんとかだけれど、弱々しいったら。
そして持っていられない。
どうしたもんかね。
でもやるっきゃないんだよ。
何回か2人で自主練したけど、私とだとふざけてばかりでダメだ。私も甘い。
家でもやりました。
上手く音が出ないと、習ったばかりのカバッサの紐の調節をしてみたらちょっと引き締まった、と言ってた。
まあ復習する事は良い事で、すごいねと褒めました。褒めて伸びるならいくらでも褒めたいです。

青帯練習は見た事ないからわからないけれど、練習どうだった?と聞くと、「出来たよ。」
なにが?じゃあ出してみてよ。ジョーゴで。
…シーン。です。
難しいもんね。そうすぐ出せるものではないもんね。そっか、頑張ってるじゃん!て、なんですぐに言ってあげられないのかな私は。

帰り道は歌の練習をよくしました。
習った曲を歌ってもらったり、じゃあ5曲繋いでみてよって。(親って偉そうだ)
もちろん学校の話や、エンドレスな私のお説教の日も多かったです。

毎日のようにカポエイラ
本当にカポエイラが好きなのかな。みんなに会えるのが楽しいだけなんじゃない?
行ってるだけではダメなんだよ。
必死さが伝わらない、青帯取る資格ない(言える立場じゃないけど)とか言ったりしました。
彼女なりに頑張っているのに、認めてあげられない自分がすごい情けないなと、娘にひどい事を言ってしまったなと何回思ったかな。
かんちゃんりおちゃんと何かしら比べてるなと。
人は人、自分は自分ってママは言うのに人と比べてるのはママだ!と泣いて訴えられました。
そうだよね。本当にひどいね。ごめんねと謝りました。

良いところいっぱい、わかってるよ。知ってるよ。しっかりとテンポのカポエイラをしようとしているところも、ひたすらマルテーロゥとか、しかもやたら高いマルテーロゥとか笑
限りなく出てくるので書くのはこれくらいにしておきます。親バカです。

いよいよブラジルからメストレトニー、フラカォン先生、ヴェフメーリョ先生、レウが到着。
遠い遠いブラジルから沢山の熱いエネルギーを連れて。
毎日がスペシャル!です。

その先生方による青帯の試験を受けます。
アヴァリアサォン。

66320551_935798526755270_6266526197337817088_n.jpg

66621418_485297922043552_2319597397165998080_n.jpg

66421300_342445559991262_9029506782300471296_n.jpg

66752388_482381325842545_8099205613172555776_n.jpg

ものすごい緊張しました。私なんか見てるだけなのにね。
受けた三人ともやっぱり相当緊張したみたいで、いつもできてたことも忘れちゃったり。
でもそれでも普段見たことないみんながそこにいて、感動しました。
無事に…かどうかはわからないけれど合格となりました。
良かったね。沢山の方々のおかげだね。
そしてかんちゃんりおちゃんにも心からありがとうだよね。本当に一緒で良かった。


迎えた7月7日 七夕。カポエイラ・テンポ バチザード&トロッカ・ジ・コルダス。
皆さん準備の素晴らしさ、良いバチザードにしたいと言う気持ちが同じ方向を向いているんだなという事にも心打たれます。

笹森先生林先生が昇段される年に、青帯を取れた事も光栄な事です。
子供青帯昇段の時、やっぱり涙は出てしまいましたが、結構冷静で見ていられたし、みんなに大きなパワーを大きな声で届けたいなと頑張ってたつもり。

66750868_2417605605186882_7430402999580622848_n.jpg

66328296_892582141092843_1323928758528245760_n.jpg

66693612_479757759247534_8976623781992726528_n.jpg

なんかあんまり覚えてないです。ただ、有り難い事に娘と一緒にジョーゴさせてもらえた事は私の最高の宝物。(私のひどすぎる動きはもう仕方ないけどさ。)

66762353_910271399311727_8760222791086637056_n.jpg

かんちゃんもりおちゃんもさわも。本当におめでとう!肩車、めっちゃ笑顔でイイネ!

66459887_650049602139454_8806811525412028416_n.jpg

バチザード中で、カプーの月先生がテンポの曲を歌ってくださった。私の大好きな大好きなcasa14の時は本当に嬉しかったです。
ジェライスの加藤先生の、Aidê Negra Africana が聞けたことも感動でした。コーラス覚えておいて良かった。
これってテンポの大切にしている言葉の1つ、união なんじゃないかなって。団体を超えての団結な感じがしました。
いがちゃんや皆さんとバテリーアの後ろで大声で応援した事も楽しい思い出。
あ、あ、アタバキ大事件なるものがあったのですが、そこでフラカォン先生がどんなに大きな愛の先生なのかも体感いたしました。
いやいや日々の積み重ねがいかに大切かも。
このあたりはもう胸にしまっておきます。

笹森先生、林先生の昇段はものすごい熱気と激しさと本気と愛で、トニー先生もフラカォン先生ヴェフメーリョ先生そしてレウも他団体の先生方も全力で向き合っていて涙がでました。
強さを目の当たりにした気がしました。
心からおめでとうございます!

熱い一日も終わりに近づいてきた頃、思いがけずにご褒美の言葉。
さわ、小さい子の面倒をよ〜く見ていたよって。
なんか嬉しかったなあ。また涙出た。
青帯になった娘の決意新たにの表れ?なのかな。
違うか。普段から本当は優しいの知ってるよ。

子供担当の私からしたら、青帯ゲット三人とも子供の面倒本当によく見てました。アドバイスすると、ささっと動いてた。素晴らしいですよ!まだまだ素直。みんな可愛い。
これからも頑張ってね。一緒にね。

そしていつもお世話になっている、竜太先生に感謝の気持ちを伝えたい。本当にありがとうございます。
いつかの練習ホーダで先生が、三人一緒じゃないと青帯にさせない!って言ってた事、なんか嬉しかったし忘れられないです。

あーそうだ。いつも大人しく協力してくれる大ちゃん。ありがとう。土曜日のリハーサルでの試し撮り、どんだけやったかなあ。

とにかく沢山沢山の皆さんにお世話になりました。どれだけ感謝の言葉を述べても足りないくらいです。

それにしてもカポエイラを始めてから人生が豊かになった気がします。いろいろな人と繋がっていく事も本当に楽しく面白い。
それぞれの良さを認め合って、お互いを高め合う。素敵な事です。
カポエイラの輪がどんどん広がっていくといいなあと思います。


青帯はキラキラ眩しい。いろんな事学んで感謝を忘れずにそして元気いっぱいで、短冊の願い叶った青帯にふさわしいカポエィリスタになってください。
どんな壁も乗り越えておくれ。応援するよ。
ずっとずっと続けてくださいね。
みーんな本当に楽しみです。
おめでとう!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 小学生

2019/07/15(月)
サウヴィ!
今回、黄帯に昇段いたしました、エスコルピアォンこと小林です。
日記を書くのは初めてです。
大久保アカデミーアから徒歩3分の研究センターに勤務している私は、調査発表や研修報告などは書き慣れているのですが、こういう文章を書くのはとても苦手です。
ですが今回大切な節目を迎えることができたので、がんばって文章にしてみたいと思います。

24831700495_8de3018c57_o.jpg
カポエィラを始めてこの夏で6年目になります。
最初の帯をもらったのは芸能花伝舎で行われたバチザードでした。
そのときフラカォン先生からいただいたアペリード(カポエィラのあだ名)が「エスコルピアォン」(サソリ)。
その理由を後で教えてもらうと、「君の姿がサソリが動いているようだったから」と。
確かに体が小さくて固いので、自分に合ったアペリードだと感じました。
と同時になにやら同じ名前の蹴り技があるらしい…?
それからアペリードと蹴り技「エスコルピアォン」との付き合いが始まりました。

28348962496_3f45816684_z.jpg
かっこいいアペリードを付けてもらった私は、バリバリ練習に出て、応用の蹴り技も出せるようにグングン上達していった……わけではまったくありませんでした。
翌年には緑帯に昇段させてもらいました。
さらにその翌年、黄帯の昇段試験を受けようと一旦は名乗りを上げましたが、結局その年は練習が全く足りておらず途中で断念しました。
当時は多くて週に1回、ときには1カ月単位で練習に出ていなかったので当然と言えば当然の状況でした。
行けない期間が長くなると後ろめたい気持ちが強くなり、ますます行きづらい負の循環に陥ることもありました。
しかし昇段はあきらめてもカポエィラ自体は続けられたのは、テンポのメンバーのみなさんがいつでも暖かく接してくれたからだと思います。
竜太先生に今年の昇段はあきらめますと伝えたときは叱られるのではないかと思いましたが、「無理に取ろうとしても辛くなってカポエィラが楽しくなくなるかもしれない。楽しくやれるように続けられればいい」と言ってもらえて、とても気が楽になったのを覚えています。
なので少しずつでも練習は続けて、黄帯を取るという自信が持てたときに改めて挑戦しようと決意していました。


FB_IMG_1563104379245.jpg
昨年、今の職場に移りアカデミーアにとても通いやすくなり、練習にも週2コマ~4コマくらい出られるようになりました。
これを機に、再び黄帯を目指すことにしました。
継続的に練習に出ていると、それまで自分には才能がないと端からあきらめていた技も少しずつできるようになっていくのを感じました。
アウー・セン・マォンやアウー・ヘヴェルサォンなど自分には一生できないんじゃないかと思っていた技もスタンプを押してもらえて、あきらめずにチャレンジし続ける大切さを実感しました。

途中竜太先生からは、月に一つエスコルピアォンの技を覚えて行けという課題が…。
アルマーダ・コン・エスコルピアォン、サントアマーロ・コン・エスコルピアォン、マカーコ・コン・ドルフィン・コン・エスコルピアォン…
(エスコルピアォン・プランドってなんですか!?)
FB_IMG_1563104376454.jpg
アルマーダ・コン・マルテーロゥも頑張りました。自分おとめ座の男ですが。

できる技は徐々に増えていきましたが、ただ、それでもやっぱり苦手なものは苦手で、なかなか試験が進まなくて先生に迷惑をたくさんかけましたし、どうして昇段するなんて言ってしまったんだろうと苦悶する日も多くありました。
しかしテストで上手くいかないと、そのあとすぐに上帯の先輩たちがアドバイスしてくれたり、一緒に練習してもらえたりして、なんて優しい人たちなのだろうと感激しました。
一緒に黄帯を目指していた緑帯同士でも、知識系のテストでどんな問題が出たか聞いたり、技や歌のアドバイスをお互いにしあって、スタンプが進められたものがたくさんありました。
昇段にかかわった全てのみなさんに感謝してます。ありがとうございました。
昇段は1人でするものではないと強く感じましたし、それがたくさんの人が集まってカポエィラを形作っていることと同じなのだと、この期間を通じて思いました。

いよいよブラジルから先生たちも到着されて、昇段式当日を迎えました。
黄帯の昇段は、何度も交代しながらたくさんの先生たちに相手をしてもらうコンプラ・オ・ジョーゴです。
私の頭の中は、(エスコルピアォンは絶対出さなきゃ、アルマーダ・コン・マルテーロゥもできたら出したい、でもそもそもいつもどおりのジョーゴをしなきゃ…)と緊張して思考がぐるぐるしていました。

いざ本番が始まると、さっそくエスコルピアォンを出すチャンスが!
決まった!(…かなぁ)
そこからは緊張が吹っ切れて、ただただ楽しくて時間がゆっくり過ぎているような気がしました。早く次のジョーゴに出たい!
20190707ct_1189.jpg
最後は、竜太先生に逆にエスコルピアォンをお見舞いされて終了。

したかったことが全部できたわけではありませんでしたが、とても充実した時間だったと感じました。
黄帯を巻いてもらい、数年前は遥か遠い目標だったところにようやく来ることができたと実感しました。
20190707ct_1202.jpg


最後にですが、黄帯の昇段試験を受けるということがどういうことか考えてみました。
もともと私はアクロバシーアの技をかっこよく決められるようになりたいという気持ちが強くて、ビジターからメンバー入りをしました。
黄帯に昇段しようと思ったのも、黄帯以上だけが練習で取り組む技があってそれを学びたいと思ったのが一番の理由でした。
しかし昇段してみて、黄帯に求められていることが技術だけではないということに気が付きました。
昇段式翌週の超初級のレッスンに初めて出たとき、初めての体験の方が3人いて、その人たちにジンガを教えてあげる機会がありました。
それまでも度々、超初級レッスンにアシスタントとして出ていたのですが、お手本になれるように意識しつつも、基本的には自分も先生のレッスンを一緒に受けている感覚でいました。
しかし黄帯を取ったことで、自分が教える側になって常に生徒さんの動きに注目したりアドバイスする意識が芽生えた気がしました。
さらにレッスンだけではなく、ホーダで場面に合わせて歌や楽器で場を作り出すこと、視野を広げて子供を守ったり、下帯の人にわからないことを教えてあげたりするなどなど、黄帯を巻くことで自分が主体的に考えてテンポの場を作っていくことが大切だと思いました。

テンポでカポエィラを始めて、たくさんの学びを得て、たくさんの経験を得て、たくさんの人とのつながりを得ることができました。
また今日から一歩ずつその恩返しをしていけるように努力していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
アカデミーアでお会いした時は、一緒に楽しくカポエィラしましょう!
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 大久保 アクロバット

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド