FC2ブログ

みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)

東京・新宿区、渋谷区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
見て頂いてありがとうございます!是非こちらもご覧下さい!!
東京でカポエイラ教室!カポエィラ・テンポ
このブログに出てくるあんな人もこんな人も、最初は超初級クラスで未経験者からスタートしました!是非みなさんも挑戦して下さい!
広告
2020/09/16(水)
ポルト

Olá!

ポルトガル地図
ポルトガル国内地図

ポルトへやってきました。

タルタルーガ、ポルトガルのポルトへやってきました。

大変久々の登場です。読者のみなさまご無沙汰しております。


※このレポートはコロナウィルス発生前のお話になります。


2020年はコロナ禍のため世界中が混乱し、苦難の年となっています。

タルタルーガも多分に漏れず、今年は全く旅行の見通しが立たない状態です。

そんな中なので、この機会に過去のストックを少しずつですがリリースしようと思いました。

最近、TVの旅行番組でも過去放送やってますよね。そんな感じ。

・・・違うか。

まあ、リアルタイム情報としては微妙ですが、読み物としていつかの参考にしてください!


porto

ポルトはポルトガル北部の港湾都市で、国内では2番目の規模の都市とし屈指の観光都市となっています。

アズレージョ

ポルトガルと言ったらアズレージョ(azulejo)。アズレージョは装飾タイルで、古くはスペインを通じて北アフリカから伝わり、

「サント・イルデフォンソ教会(Igreja Paroquial de Santo Ildefonso)」

ポルトガル独自のタイル文化として発展し、今でもポルトガル中の教会やお城、邸宅、駅と言った建築物の外壁、内壁に見る事が出来ます。

アルマス聖堂(Capela das Almas)

こちらはアルマス聖堂(Capela das Almas)。 壁面全体が青白の見事なアズレージョに覆われた素敵な聖堂です。

アズレージョを行き交う人が非常に画になりますね!

壁面のアズレージョを行き交う人が非常に画になりますね!

ポルトガルのお土産にもアズレージョ柄が定番です。

ポルトガルのお土産にもアズレージョ柄が定番です。

ヨーロッパ
ヨーロッパらしくキレイな街並みです

ポルトの街中はヨーロッパらしくキレイな街並みです。

クレリゴス教会

坂の上に見えるのがクレリゴス教会 (Igreja dos Clérigos)。

クレリゴス教会はバロック様式の教会で、横にある鐘楼は『クレリゴスの塔』(Torre dos Clérigos)と呼ばれ、ポルト市内各所から眺められる、市の象徴となっています。

市内にはドウロ川が横切って流れます

ポルトは海に面しており、市内にはドウロ川が横切って流れ、そこにドン・ルイス1世橋(ポルトガル語:Ponte Dom Luís I), が架かっています。

ドン・ルイス1世橋

この勾配がポルトの代表的な景色として有名で、多くの観光客を魅了します。いやーいい景色ですね!

「ポルト歴史地区」
世界遺産に登録されています。

ポルトの旧市街地区は「ポルト歴史地区」として世界遺産に登録されています。

ポルト歴史地区で

タルタルーガ、ヨーロッパのレポートは久々なので、非常に楽しんでおります。

ドウロ川

ポルトではこのドウロ川をクルーズ出来るので早速参加してみます。

川沿いにきました

坂道の多い町中を下り、川沿いへ。

ドウロ川クルーズ

そこからクルーズ船に乗り込みます。

クルーズ

船から見たドン・ルイス1世橋の高さも壮観です。

橋
橋下

ドウロ川にはほかにもいくつか橋が架かっていて、クルーズではそれら通りながら迂回して戻ります。

クルーズ
クルーズ2
沿岸
お店が立ち並ぶ

川沿いにはお店が並びます。

沿岸2

ポルトの街並みを下から見ながらのクルーズは楽しいです!ぜひ読者の皆様もポルトに来れるようになったら参加してみてください。


タルタルーガ、クルーズ後ちょうどお昼ごろでお腹も空いてきたため、ランチにします。

フランセジーニャ

ポルトの名物B級グルメである、「フランセジーニャ (Francesinha)」を注文します。

フランセジーニャはトーストに牛肉のステーキ、数種類のソーセージ、ハムなどを挟んだものにたっぷりのチーズをのせて、

トマトとビールを煮込んだソースを豪快にかけるという料理です。

ボリュームが多く重いです

味は・・・まあ美味しいですがボリュームが多く重いです。これでお腹いっぱいです。

他の国ではまず見かけないないので、ポルトに来た際にはぜひ食べてみてください。

ガイア市

さて、ドウロ川の対岸はヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア(Vila Nova de Gaia)地区といって、有名なポートワインのワイナリーが軒を連ねています。

ポルトの特産

ポートワイン(ポルトガル語:Vinho do Porto)はポルトの特産として、世界でも有名です。

商店にもこの通りたくさんのポートワインを売っています

街の商店にもこの通りたくさんのポートワインを売っていますね。

ワイナリーへ

ガイア地区ではポートワインのワイナリーを見学できるツアーがあるので、タルタルーガも参加してみました。

ポートワインの説明
壁にポートワインの説明がされています

まずは初めの建物内。ワイナリーの壁にポートワインの説明がされています。

ポートワインは酒精強化ワインに分類され、まだ糖分が残っている発酵途中に アルコール度数77度のブランデーを加えて酵母の働きを止めるのが特徴で、 この製法によって独特の甘みとコクが生まれます。

また、アルコール度数は20度前後と通常のワインの10 - 15度に対し5 - 10度程も高く、保存性が非常に優れています。

ポートワインのスタイルは大きく分けて3つあって、

黒ぶどうから造られている「ルビー・ポート(RUBY)」「タウニー・ポート(TAWNY)」と、

白ぶどうから造られている「ホワイト・ポート(WHITE)」の3つです。

飲むこともできます。

ここで希望者は飲むこともできます。

ワイナリー入口

続いて次の建物へ。

ツアー受付

こちらが実際のワイナリーで、ツアーの受付をします。

フランスからのご一行と同席

今回のツアーはフランスからのご一行と同席。説明はフランス語と英語でした。

ポートワインの入った樽が並んで熟成されております。

ワイナリーは薄暗く、ポートワインの入った樽が並んで熟成されております。

デカいワイン樽

長いものだと40~50年熟成させて、芳醇な香りとまろやかな味わいのポートワインになります。

ポートワインの歴史を紐解くと、14世紀中頃からポルトガル北部で生産が始まり、18世紀にはポルト港からイギリスに大量に輸出されました。

理由として、当時イギリスとフランスが植民地争いで交戦中のため、フランスからのワインの輸入がストップされてました。

そのためそれに代わる物として、ポルトガルのワインの需要が増えたという訳です。

ポルトガル語のポルト(Porto)は「港」の意味で、英語のポート(Port)と同源であるため、イギリスではポートワインと呼ばれ有名になっています。

最後はお楽しみのテイスティングです

ツアーの最後はお楽しみのテイスティングです。参加者にポートワインが配られます。

ポートワイン

茶褐色はタウニー・ポートです。
※ちなみにタルタルーガはお酒がほとんどといっていいほど飲めません。

まあ、タルタルーガ、お酒飲めませんが残すのもアレなんで、味見くらいはしましょうか。

・・・一口ゴクリ。

・・・・・。

ちょっとこれはキツイな・・・。アルコール度20はありますからね。
※繰り返しますがタルタルーガはお酒がほとんどといっていいほど飲めません。


・・・・・。


というわけで・・・・ちょっとで・・・・テイスティング終了。

フランス人のご一行様は非常に楽しく飲んでおります。さすがフランス。

フランス人のご一行様は非常に楽しく飲んでおります。さすがフランス。

工場直産で買えます。

テイスティング後は、ツアー終了で解散。ワイナリーでは工場直産でポートワインが購入できます。


ワイナリー前の道

いや~~~~~~~ワイナリ~見学楽しい面白かったですよ。

ワイン好きな人には~~おススメですね!~ 景色もいいし、ポルト最高~~~!!


え~~~、さてこの後は何をするんだっけか~? あ~~?ん~~~?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・。

ZZZzzzzzzzzzz。



























----------------------ここからカポエイラのお話-----------------------

・・・・・。

さて、ポートワインで意識が曖昧なタルタルーガですが、ここポルトでもカポエイラ団体を訪問します。


Grupo de Capoeira Regional Porto da Barra

Grupo de Capoeira Regional Porto da Barra

URL:https://capoeiraregional.wixsite.com/portodabarraportugal


Porto da Barraはテンポと同じくカポエイラ・ヘジオナウ(Regional)の団体で、

Mestre Caramurú

ここポルトではブラジル人Mestre Caramurúが指導されています。

Grupo Cultural e Desportivo Realidade

向かった先はポルトの郊外北部のこちらの建物。

ここは「Grupo Cultural e Desportivo Realidade」というスポーツ複合施設で、練習場所はこの奥の建物内でした。

この日の練習は並んで基本の蹴りから始まり、二人組でのメイアルーア・ジ・コンパッソに対する反撃やハステイラ(倒し技)の練習でした。

最後はみんなでジョーゴ!!

そして最後はみんなでジョーゴ!!

ケイシャーダ
アウー
ゴリゴリに厳しいジョーゴ

この日のメンバーはメストレ以外にも、二人のブラジル人フォルマードに、他も上級者が多く、

ゴリゴリに厳しいジョーゴになりました。

油断すると
やられます!!

油断するとこんな感じでやられます!!

みんな強いです
パンデイロもやります
フォルーマード
低いメイアルーア

みんなへジオナウらしく厳しいジョーゴをします。

Mestre Caramurúとジョーゴ!

Mestre Caramurúとジョーゴ!

Mestre Caramurúとジョーゴ1
Mestre Caramurúとジョーゴ2
Mestre Caramurúとジョーゴ3

タルタルーガ、昨日深夜にポルトに着いてからの観光にカポエイラですから、クタクタでしたが何とか練習終了!

Porto da Barraの本部道場

Porto da Barraは本部がテンポと同じくサルバドールにあるカポエイラ・ヘジオナウの団体なのですが、

海外にあるカポエイラ・ヘジオナウの団体って実はそんなにありません。

なので、今回はとても良い経験なりましたね。

Mestre Caramurúはサルバドール出身で、まだ2番目の帯のころにメストレ・トニーに相手をしてもらったことがあるそうです。

ブラジルではPorto da Barraとテンポはどちらかというとバチバチ戦う相手といった存在だそうですが、

ここポルトにサルバドールの団体の日本人カポエイリスタが訪問してきたことに喜んでくれ、

練習の終わりにはにメンバーへ自身とテンポについて話していました。

こういったつながりを感じられるのも、外国でカポエイラのいいところですね!

というわけで、

Porto da Barraのみなさんと

Capoeira Porto da Barra Salve!


---------------------------------------------------------------

ポルトの早朝

タルタルーガ、ポルトでも観光にカポエイラと満喫できました。

首都リスボンへ

次はポルトから電車に乗って首都リスボンへ向かいます。

サン・ベント駅

出発はここ「サン・ベント駅(Estação de São Bento)」 から。

サン・ベント駅構内
美しいアズレージョ
近郊電車

サン・ベント駅構内は美しいアズレージョで飾られ、その美しさは、アメリカの旅行雑誌「Travel & Leisure」によって、世界で最も美しい駅のひとつにも選ばれたことがあるほどです。

ポルトガル国鉄

電車がやってきました。

ポルトガルにも慣れたところで、次回はリスボン編です!

ポルトガル国鉄 サイド

読者のみなさま、コロナ禍でモヤモヤしている旅行好きのみなさま、どうぞお楽しみに!

Até mais!


Até mais!


関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル ポルトガル

2020/04/06(月)
こんにちは。
皆さんお元気ですか?
と、言っていいのかわからないけれど。

世界がこんなに大変だけれど、一つ言いたい事があります。
私はカポエイラが好きだと言うことです。
ちっとも上達しないですが、ジョーゴして笑顔で握手できるカポエイラがとても楽しいです。
笑顔のカポエイラは私の目標です。

received_147364206702586.jpeg

received_3272701779426219.jpeg

received_929234354179343.jpeg

received_1168423050166017.jpeg

received_1611298899027572.jpeg


カポエイラ出来る事は当たり前ではなく、いろいろな人のおかげでということ、そして生かされている事への感謝の気持ちも忘れずにいたいなと心から思うのです。
す。

先生はじめ、先輩や仲間、子供達、そして出会えた沢山の皆さんに出会えたのは宝もの。
大人も子供も関係なく、いろんな事教えてくれてとても嬉しいです。
なので、なかなか会えないのは寂しいです。

今はちょっと我慢だけれど、きっと落ち着いて、また素晴らしい時間が来る日を楽しみにしています。

無理せず、今やれる事をできる時にちょっとでも出来たらいい。そんな風に感じたり。

でも早くマスク外して大きな声で歌いたいなあ。
カポエイラの音楽はとても素晴らしいですもの。

_2020-04-05164441.jpg

ちょっとオーバーだけど、なんとなく忘れたくなくて書いてみました。

カポエイラに出会えて幸せです。
これからももっともっと繋がって行くと良いです。
そして、いっぱいのパワーをくださる皆さんにありがとうを言わせてください!

笑顔で元気。それが最高です。

関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ こども 子供 新宿 大久保

2020/03/10(火)
こんにちは!
黄色帯のSininhoです~
いつかカッコイイバク転してみたいな・・・と思ったことありませんか?
わたしはTVやイベントでバク転をみるとそう思います(*≧∪≦)
わたしの同期のペナやアセロラはあんな軽々とバク転を・・・
いつかわたしも・・・でも何すればよいか・・・わからず・・・(´;ω;`)

そんな風に思っていると夢のような教室が!

バク転教室!すごい!素敵な教室~
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

いってみたい!と思いつつ仕事のスケジュールを待っていたら満員に。
これは限定なんです。なんで?って。林先生が1人1人補助してくれるから
あと、70キロ以上NGですww
70キロ以上で参加しい方はダイエットもできて一石二鳥!
※そして70キロ以上の人に朗報です。次回から75キロまでOKだそう~

と冗談はさておき、次回の参加を狙っているわたしは
でも運動神経もないし、どんなことするかどきどきしちゃうので見学させてもらいました~
せっかくなのでここでご紹介。

まずは準備体操~
03094.jpg

03096.jpg

030911_20200310001424951.jpg


早速!!!!!
03098.jpg

030910.jpg

03095.jpg

03097.jpg

03099.jpg


めっちゃ楽しそう~(* ´ ▽ ` *)
しかも絶対安心!だって林先生が身を削って、補助してくれてるからwww
翌日先生は腕が猛烈に筋肉痛になったそうで・・・

でも・・・林先生次回の開催も待ってます~

030912.jpg

参加してた女子メンバーは一生見ることのできないかもしれない逆さの世界を体験できたと~
めっちゃ素敵。わたしもそんな逆さの世界を味わいたい
そんな中子供のバク転教室は20日にあるそうです~
さすがに子供に扮することは無理なのでわたしは次回の開催を待ちます。

03092.jpg

03093.jpg

03091.jpg

楽しそうヾ(o´∀`o)ノ
関連記事

タグ : バク転 カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル アクロバット

2020/02/17(月)
2/24()ブラジル串焼肉とブラジル風付け合わせを作ろうの会」を開催します。
(↓メニュー等詳細は最後に↓)

今回の主旨はブラジル料理を学ぶだけでなく、現地で食べるような雰囲気でみんなでご飯を食べることです!

私がブラジル料理に魅了される理由は味が好きというのはもちろんなのですが、何が特によいかというと「ばーんと作ってみんなでワイワイ食べる」ってところなのです。



ばーん!フェイジョアーダ。
th_IMG_4174.jpg



ばーん!ピカーニャ(イチボ)。
th_IMG_5649_202002171538113ed.jpg



ばーん!フィレ肉チーズトマトソースがけ。
th_IMG_9398.jpg



ばーん!ヴェフメーリョママのごはん。
th_IMG_2674.jpg



ばーん!ぶつ切りにも程があるぜサーモンプレート。
th_IMG_3381.jpg



ばーん!
サラダ目立つけどメインはお魚フリット。
th_IMG_6993.jpg



ばーん!串焼肉盛り。
th_83FB62C7-080E-4C82-AF07-1FE9F772980E 2



レストランで食べたもの、誰かのお家でご馳走になったもの、教わりながら作ったもの。
いずれにしてもこのボリューム感、サイコーです。
そしてそれをみんなでワイワイ食べるがまたサイコーで。



練習後にアカデミーアでラザーニャ。
th_IMG_0408_20200217154517590.jpg



フェイジョアーダ。
th_IMG_0209_2020021715422007d.jpg




バチザード後に会場でフェイジョアーダ。
th_IMG_1606_2020021715421536a.jpg



お家でムケカ。
th_IMG_9687 2



アカデミーアで焼き立てのシュハスコ。
th_IMG_1668.jpg



ホーダ後に串焼肉。
th_DE9008BB-476D-4AFC-BD82-B3D9631AEE32 2


ブラジルではいろんな人にいろんなところに連れて行ってもらって、知らない人たちとご飯を食べました。ただ一緒にご飯を食べるだけでも親近感がわくし、「あー何か幸せ」って思うことがよくありました。

みんなでごちゃ混ぜになってごはんを食べる。
ただそれだけでも幸せなんだから一緒に料理した仲間とならもっとおいしいはず。

難しいことぬきで気軽に楽しめたらと思います。

今回は串焼肉(牛・豚・鶏)がメインです。付け合わせ3種ファロッファ・カスキーニャジシリ風ホタテ・ヴィナフレッチとチキンたまねぎクリーム煮でばーんと食卓を飾り、お肉を焼いたそばからみんなでワイワイと食べます。
(メニューの詳細は最後に)


お肉が食べたい、ブラジル料理に興味がある、この日空いてるなどなど、理由は何でもアリです。人がたくさんいた方が楽しいのでぜひお越しくださーい!もちろんお子様の参加も大歓迎です


メニューのついて
ブラジルのミニ串焼肉シュハスキーニョと、ファロッファ(キャッサバ芋の粉に味付けしたふりかけのようなもの)、ヴィナグレッチ(酸味の効いたブラジル風モザイクサラダ)、カスキーニャジシリ(ホタテのおつまみバイーア風)を作ります。
試食にチキンのたまねぎクリーム煮も作る予定です。

串焼肉
th_IMG_0024_20200217154425f2c.jpg

モザイクサラダ、ファリーニャ、カスキーニャジシリ
th_90243687-54AF-41CD-8BFA-CE91A0E05C95.jpg

チキンのたまねぎクリーム煮
th_IMG_1716.jpg


ファロッファはお肉のソテーやホワイトシチューにかけてもおいしいし、ご飯にそのままかけてもおいしいし、それだけでもお酒のつまみになるというまさに魔法の粉。

カスキーニャ・ジ・シリはカニの剥き身とデンデーオイルを使ったおつまみ。今回はホタテを使って作ります。
ヴィナグレッチはさっぱりしたサラダ。お肉だけでなくホタテのおつまみとも相性バッチリです。

ご家庭で再現する場合、ファリーニャ(キャッサバ芋の粉)とデンデーオイル(ヤシ油)はブラジル食材店やネットショップで購入していただく必要がありますが、それ以外は日本のスーパーでも手に入る材料でできるメニューです。

どれもシンプルで簡単。でも自分のお皿でいろいろ混ぜて食べると驚きの美味しさ!ブラジルご飯の魅力の一つです。
日本とは違ったブラジルの食のアイディアやおいしさをみんなで楽しめたらと思います。

詳細
日時 2月24日(月・祝)午前11時~15時予定
場所 西新宿(お申し込みの際にお知らせします)
料理 ミニ串焼き肉/付け合わせ3種(キャッサバ粉万能ふりかけ・ホタテのおつまみバイーア風・ブラジル風モザイクサラダ)
料金 大人3300円 子供1500円
(釣り銭の無いようご用意をお願いします)
持物 1人あたり米0.5合・エプロン・食器ふきんと台拭き・ゴミ袋・余った時の持ち帰り容器


お申し込みはカナコpintaまでメッセージまたはxxchocopetal@gmail.comまでお願いします。
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ ブラジル ブラジル料理 料理

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド