fc2ブログ

みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京)

東京・新宿区で教室活動するカポエイラ・テンポ(カポエラ)のみんなが書くブログ。 練習やイベント情報、ブラジル日記やメディア裏話も!
見て頂いてありがとうございます!是非こちらもご覧下さい!!
東京でカポエイラ教室!カポエィラ・テンポ
このブログに出てくるあんな人もこんな人も、最初は超初級クラスで未経験者からスタートしました!是非みなさんも挑戦して下さい!
広告
2022/02/25(金)


釧路へ

こんにちは。

釧路空港

タルタルーガ、釧路にやってまいりました。

※こちらもコロナ前のレポートになります。

Welcome to Las Vegas!

前回予告ではラスベガス編の続きのサンフランシスコ編を書く予定だったんですが、

シーズンということもあって、久しぶりに国内編を書くことにしました。

なので比較的ライトな内容になっております。

いや、決して海外のレポート書くのがめんどくさくなった訳ではないです(とりあえず)。

北海道地図

釧路市は北海道東部(道東地方)の太平洋沿岸にある市で、道東地方を管轄する国や道の出先機関のほか、

外国の領事館や国際機関の置かれている道東の政治の中心都市です。

空港バス
車窓

訪問時の1月終わりの気温はマイナス5度。空港バスからの車窓は雪景色です。

釧路駅

タルタルーガ、釧路駅にやってきました。



ボス?

シュン「くしろしないにつきました。さあどういうふうにそうさをはじめますか?」

ボス「?





『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』

釧路駅といってやはり思い出すのはドラゴンクエストの堀井雄二がシナリオを手がけたアドベンチャーゲーム、

『北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ』ですよね。読者のみなさま。

晴海ふ頭

ゲームのストーリーは、東京で起こった殺人事件が北海道が関与している事を知り、北海道に渡った主人公(ボス)は、

釧路署の刑事である猿渡俊介(シュン)と共に捜査を始めるが、第二、第三の殺人事件が次々に起こってしまう。

犯人の目的は一体何なのか。被害者たちの関連性を調べていくうちに、ある重大な過去が浮かび上がる。

摩周湖です

という内容で、北海道を舞台として摩周湖や屈斜路湖を始め、網走刑務所や北浜駅、夕張炭鉱などの現実の観光スポットが登場し、

シナリオだけでなく旅行的な側面でも面白い作品です。


・・・・・・。

・・・・・・・・・。

いや、いきなり昭和のファミコンゲームを出してくるのはお前だけだろ!とツッコミが入りそうですが、ちょっと待った。


JR北海道の観光列車「流氷物語号」とコラボ企画

調べてみたら、2021年からJR北海道の観光列車「流氷物語号」とコラボ企画なんかをやっているんですね。

コラボグッズ

網走〜知床斜里駅間を走るこの列車ではオリジナルのヘッドマークが掲示され、コラボグッズも販売されたそうです(ちょっと欲しい)。

昨年は「オホーツクに消ゆ」原作者の堀井雄二さんと一緒に現地を旅するツアーも実現するほど気合の入った企画で、

2022年も1/29〜2/27まで運航しているので、まだギリギリ間に合いますのでオホーツクに消ゆが好きな方は乗ってみたらいかがでしょうか?
(※北海道では3/6までまん防重点措置期間なので、現地入りはくれぐれもご注意ください)

ファミコンソフトの発売が1984年ですから40年近く前の話を令和の時代に企画するって実にアツいですね!

ちなみにですね、このゲームの犯人は(ry


・・・・・・・・・。



タルタルーガ、釧路の街を歩きます。

幣舞橋

まずはこちら幣舞橋(ぬさまいばし)です。

幣舞橋2
デッキ

幣舞橋は釧路川の最下流部にかかるヨーロッパスタイルの橋で、札幌の豊平橋、旭川の旭橋と並ぶ北海道三大名橋のひとつ。

幣舞橋 夕日

黄昏時は夕日に染まる釧路港を見ることが出来る観光スポットです。

MOO

幣舞橋の傍には「釧路フィッシャーマンズワーフMOO(ムー)」という複合商業施設が建っています。

観光案内所
MOO内部

内部にはお土産屋や食堂、観光案内所や公共施設なんかが入っています。

MOO内部2

1階には北海道らしく、海産物をお土産に売っている店が多く、

カニのUFOキャッチャー

こんなカニのUFOキャッチャーなんかもありました。

カニ
茹でてもらうことが出来るようです

採れたらここで茹でてもらうことが出来るようです。面白いですね。

MOOは釧路空港へのバスも発着しているので便利ですので、釧路観光のスタートにいいかもしれませんね。

釧路港

水揚げ量

釧路といえば、国際貿易港である釧路港を擁し、漁獲の水揚げ量は道内1位、全国でも2位を誇っています。

せっかく冬の釧路に来ているので、タルタルーガも海産物を堪能することにしました。

「鮭番屋」

今回タルタルーガが向かったのはこちら。

工場直売店

「鮭番屋」です。こちらは創業60年の水産メーカー(株)マルア阿部商店の工場直売店です。

直売店内

直売所では地場産の海産物を買って、隣の食堂で食べることが出来ます。

直売所では地場産の海産物が
北海道らしいラインナップ

実に北海道らしいラインナップ。どれも美味しそうです。

タルタルーガ、イクラ丼と鮭ハラスを食べることにしました。

併設の食堂
併設の食堂内

併設の食堂はこんな感じです。テントですが、ストーブガンガンなので中は暖かいです。

イクラ丼

イクラ丼きました!(タルタルーガはイクラが大好きです)。もちろん美味い!

鮭ハラス焼く
鮭ハラス

鮭ハラスも美味しいです。やっぱり北海道はいいですね!

このお店ではイクラや鮭の他にもホッケ、牡蠣、ホタテなど直売所ならではの海産物を楽しむことが出来ます。

やっぱりみんなで来た方が楽しいと思いますね。

朝7時からやってますので、釧路グルメのスタートにどうぞ。

「なごやか亭」です

さて、タルタルーガ続いて向かったのがこちら。

「なごやか亭」です。北海道で人気の回転寿司チェーンです。

看板からも自信にみなぎった感じがありますね。

看板からも自信にみなぎった感じがありますね。

「なごやか亭」内

開店と同時に入店してお寿司を食べます!

メニューはどれも美味しそうで目移りしますね。

メニューはどれも美味しそうで目移りしますね。

北海づくし サーモンづくし

北海づくし(筋子・アブラガレイ・トロサンマ)と

サーモンづくし(サーモン・トロサーモン・オーロラサーモン)です。

味はどれももちろん美味しいです。

店の名物こぼれイクラ

お店の名物こぼれイクラです。これはヤバいですね!

味も最高です。


なごやか亭のこぼれいくら

ちなみにこぼれイクラはこんな感じで実演もしてくれるので、

家族やお友達行く際には実演ありにすると楽しめると思います。

いやー北海道はやっぱり美味しいものいっぱいですね。

タルタルーガ、釧路でグルメを満喫です。

ぜひみなさんも釧路へ行ったら北海道ならではの海産物を楽しんでみてください。


------ここからカポエイラのお話・・・・・







ではなくて、今回の釧路観光のメインを忘れていました。

阿寒国際ツルセンターへ

というわけで、到着日釧路空港から向かったのはこちらの場所。

阿寒国際ツルセンター

「阿寒国際ツルセンター(グルス)」です。

施設内

ここは国内で唯一、タンチョウの生態や行動などの研究を行っている施設で、施設内にはタンチョウの生活や習性をはじめ、

生体の仕組みなどを分かりやすく解説した展示コーナーやタンチョウに関する文献や映像資料を集めたライブラリーなどを備えています。

屋外では自然に近い状態で飼育されるタンチョウを通年観察できます。

冬場のタンチョウを見てみたくて釧路に来ました。

屋外の観察センター
タンチョウ4

屋外の観察センターに行くと・・・タンチョウいました!

白銀のフィールドにタンチョウが映えます

かなりのタンチョウたちがいます!

タンチョウ(丹頂 Grus japonensis)

「タンチョウ(丹頂 Grus japonensis)」は、鳥綱ツル目ツル科ツル属に分類される鳥類で、

日本で鶴と総称される鳥類のうちでは大型で代表的な種とされ、タンチョウヅルとも呼ばれています。

冬期には150羽近くのタンチョウがここに飛来するそうです。

冬期には150羽近くのタンチョウがここに飛来するそうです。

「たんちょう釧路空港」

釧路空港の愛称は「たんちょう釧路空港」ですから、どれだけ町のイメージになっているかが分かりますね。

タンチョウ6

タンチョウ1

白銀のフィールドにタンチョウが映えます!冬の道東らしく幻想的な風景です!

タンチョウ3

特別天然記念物であるタンチョウは白・黒・赤の美しいコントラストと気品に満ちた佇まいは日本のシンボルであり、

アイヌの人々にも古くから「サロルンカムイ(湿原の神)」と呼ばれてきました。

タンチョウ2

また、タンチョウは生涯をかけて互いを守り慈しむ、夫婦円満のシンボルとしても尊ばれています。

タンチョウ7

無事冬のタンチョウが見れて大満足です!

タンチョウを見にぜひ冬の釧路へどうぞ!

読者のみなさま、タンチョウを見にぜひ冬の釧路へどうぞ!




-----------ここから本当にカポエイラのお話-----------

さて、久々の国内編ですが、外国でカポエイラシリーズ同様現地のカポエイラ団体を訪問します。

今回訪問した団体はこちら。

カポエィラ・アンゴーラ釧路

カポエィラ・アンゴーラ釧路

URL:https://www.instagram.com/raposa946/

釧路で唯一のカポエイラ団体です。

国内外含めてカポエィラ・アンゴーラの団体訪問は初めてですね。

簡潔に説明するとカポエイラには流派があって、テンポはカポエイラ・ヘジオナウという流派で、

アンゴーラは別の流派で動きとかに違いがあります。

raposa

先生はアペリード,ハポーザ(RAPOSA:キツネ)こと大和田さんです。

暗くて判りにくいですが、民家をリフォームしたスタジオです。

練習場所こちらの建物。

暗くて判りにくいですが、民家をリフォームしたスタジオです。

スタジオ内部

普段はフラメンコスタジオとして使われているそうです。

練習は夜で外はやっぱり寒い!ですが、室内は北海道らしく暖房ガンガンなので快適です。

この日の練習参加は子供メンバーと、大人はハポーザさんの甥っ子さんとタルタルーガです。

さあ、久々の国内団体の練習参加、釧路でがんばります!

アンゴーラの動きを指導
アンゴーラの動きを指導2

ハポーザさんからアンゴーラの動きを指導してもらいました。

靴を持ってきました

タルタルーガ、アンゴーラの団体を訪問するということで、靴を持ってきました。

帯も入れてアンゴーラ仕様

帯も入れてアンゴーラ仕様です。

アンゴーラ独特の動き1
アンゴーラ独特の動き2
アンゴーラ独特の動き3

普段の練習しているカポエイラと違って、床の動きが多いです。

じっくりとした動きからこんな感じで攻撃
じっくりとした動きからこんな感じで攻撃2
じっくりとした動きからこんな感じで攻撃3

じっくりとした動きからこんな感じで攻撃したりします。

床の動きはまあキツイです
床の動きはまあキツイです2

アンゴーラ独特の動きに慣れていないものあるのですが、

体重が重いタルタルーガにとって床の動きはまあキツイです。

こんなアウーの練習
こんなアウーの練習2

こんなアウーの練習も。

クロスした腕に沿ってアウー1
クロスした腕に沿ってアウー2

クロスした腕に沿ってアウーをするのですが、勢いを付けれないので中々怖いです。

普段の練習でもたまにアンゴーラの動きの練習をすることもありますが、

アンゴーラ団体の練習参加はほとんどないので、参考になります。

最後はみんなでジョーゴです。

最後はみんなでジョーゴです。

ハポーサさんと甥っ子さんがジョーゴ1
ハポーサさんと甥っ子さんがジョーゴ2

ハポーザさんと甥っ子さんがジョーゴ。

アンゴレイロ同士のジョーゴはやはり様になっていますね。

いい感じのマッチョをしています。

甥っ子さんはベストボディとかの大会にも出ているそうで、いい感じのマッチョをしています。

タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ5

タルタルーガもジョーゴ!

タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ4
タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ6

子供たちもしっかりアンゴーラのジョーゴをしています。

ハポーサさんとジョーゴ

ハポーザさんとジョーゴ!

タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ1
タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ2
タルタルーガもアンゴーラのジョーゴ3

アンゴーラは動きが基本ゆっくりというイメージがあると思いますが、

アンゴーラのジョーゴ1
アンゴーラのジョーゴ2
アンゴーラのジョーゴ3
嫌なタイミングを突いてくるので気が抜けません。

いきなり速い蹴りが来たり、嫌なタイミングを突いてくるので気が抜けません。

もうヘロヘロです

アンゴーラは一回のジョーゴが長いので、もうヘロヘロです。

こんな感じで練習終了!今回も楽しみました。

カポエイラ団体としては釧路は日本の北東の果てにある団体で、いい経験しました。

ハポーサさんと甥っ子さんです

練習後はハポーザさんのお知り合いのお店で海の幸を頂くことになりました。

見ての通りすごいカニです

いやー見ての通りすごいカニです、さすが北海道。

さすが北海道
ハナサキガニ

このシーズンのハナサキガニはとても美味しいとおススメの通りとても美味しいです。

ハポーサさんたちといろいろとお話

食事をしながらハポーザさんたちといろいろとお話をしましたが、釧路という地方都市でカポエイラをするのは中々大変で、

東京に仕事で行った時に練習参加して、地元に還元しているそうです。

タルタルーガが知る限り北海道には札幌、釧路、帯広にカポエイラ団体があって、

釧路-帯広間は約120キロ、札幌までは300キロくらいありますから、ちょっと一緒に練習というには結構大変です。

北海道ってやっぱりデカい

北海道ってやっぱりデカいんですよ。両端で測ると千葉から神戸くらいまでの距離がありますからね。

道内便

タルタルーガも帰りは札幌経由の飛行機で東京に帰りましたが、同じ道内で飛行機ってどんだけデカいんだって感じですね。

あと、面白かったのがメンバーにはハンティングが趣味の方が何人かいて、シーズンには山でシカをハントしているそうです。

さすが北海道。ワイルドですね。

「ところで、タルタルーガさんは今回釧路へは何を観光に来たんですか?」

私「ええ、冬のタンチョウを見たくて来たんですよ」

「タンチョウってそんなに珍しいですかね?」

私「・・・・・・・・。」




郊外に出ると普通に飛んでたりする

そう、郊外に出ると普通に飛んでたりするんですよ。さすが北海道。スケールが違いますね。

いつもは海外での練習参加が多いですが、国内でも頑張っている人と練習すると刺激になりますね。

とても楽しかったです。というわけで、


カポエイラ・アンゴーラ釧路のみなさま ありがとうございました!

カポエイラ・アンゴーラ釧路のみなさま ありがとうございました!

-------------------------------------

釧路で美味しい海産物にカポエイラにタンチョウと楽しんだタルタルーガですが、

最後にもう一か所観光地を紹介して終わります。

阿寒湖へ

タルタルーガ、タンチョウを見学後そのまま北上して阿寒湖へ向かいました。

阿寒湖バスセンター
(阿寒湖バスセンター)

阿寒湖は釧路市にある淡水湖で、全域が「阿寒摩周国立公園」に含まれる観光地です。

阿寒湖畔エコミュージアムセンター

まず、「阿寒湖畔エコミュージアムセンター」へ行きます。

阿寒湖には特別天然記念物のマリモを初め、ヒメマスやワカサギ等の魚が生息しています。

ここでは阿寒地域の様々な分野の自然に関して紹介をしていて、マリモや阿寒湖の魚類の生態展示もしています。

館内

外は雪景色ですが、館内は暖かいです。

「阿寒摩周国立公園」のマップもあります。

「阿寒摩周国立公園」のマップもあります。
(左上にはヒグマ出没情報もあります)

阿寒湖はここです。
阿寒湖拡大

阿寒湖はここです。

展示コーナーは床面が航空写真になっています

展示コーナーは床面が航空写真になっているので、

スリッパに履き替えます
スリッパに履き替えます2

スリッパに履き替えます。

床面が航空写真

床面オシャレでカッコいいですね。

ヒメマス説明
ヒメマス

ヒメマスです。

イトウ説明
イトウ

こちらはイトウ日本最大の淡水魚です。

イトウは(魚偏に鬼)と書きます。漢字がイカツイですね。

マリモ説明
マリモ

そして、マリモです。

マリモについて
マリモ説明2

マリモについての説明もあります。

結構大きいです

結構大きいですね。

マリモはチュウルイ島のマリモ観察センターが有名ですが、

冬期は島に渡れないのでマリモを間近に見れるのは阿寒湖畔エコミュージアムセンターだけですから、阿寒湖観光のスタートに来るのをおススメしますね。

阿寒湖畔
阿寒湖畔2

阿寒湖に行く前にタルタルーガ、阿寒湖畔を歩きます。

阿寒湖の南側は温泉街が広がり観光の拠点となっています。

見てのとおり雪が積もっています。まあ寒いです。

郷土料理の店

タルタルーガここで食事にします。こちらのお店へ。

店内
メニュー

このお店では阿寒湖の魚を使った郷土料理が楽しめます。

ハーフハーフ

ワカサギ天丼とニジマス丼のハーフハーフを注文しました。

ワカサギ天丼
ニジマス丼

見てのとおり美味しいです。当地ならではの味というのは旅行の楽しみでもありますね。

アイヌコタン案内板
アイヌコタン入口

もう一つ説明したいこととして、阿寒湖温泉街の一角には約30戸、120人程度が暮らす北海道最大のアイヌコタン(アイヌの集落)があります。

お土産屋が並ぶ

アイヌコタンには木彫製品などを販売する土産物店などが並んでいます。

アイヌ劇場

ここにはアイヌの伝統舞踊を公演する演舞場の「オンネチセ」や、アイヌの伝統文化を紹介する2つの資料館(アイヌ生活記念館、森と湖の藝術館)もあります。

パンフレットが置いてあります

北海道観光にはアイヌ文化は興味深くて、先ほど訪れたエコミュージアムセンターにもパンフレットが置いてあります。

ウポポイ1
ウポポイ2

最近では2020年7月に「ウポポイ」というアイヌ文化の復興・創造・発展のための拠点となるナショナルセンターが北海道白老町に出来たので、

アイヌ文化に興味のある方は訪問してみたらいかがでしょうか?CMもやってますね。

タルタルーガも次回北海道を旅行する時は行ってみたいですね。


さて、あれこれ引っ張りましたが、湖に行ってみます。

ここが阿寒湖です。

ここが阿寒湖です。

あかんこで

ちなみに阿寒湖もこんな感じでオホーツクに消ゆに出てきます。

冬期は全面結氷

見ての通り冬期は全面結氷しています。

スケートリンクもある
冬期は全面結氷

スケート、スノーモービルなどのウィンタースポーツが盛んで、湖面にはテントやモービルがあります。

カチカチです

下はカチカチで、雪も積もっています。

タルタルーガいつも通り記念撮影です!

湖をしばらく歩いたところで、タルタルーガいつも通り記念撮影です!

エイ!

エイ!

あれ?

あれ?

※雪面でのアウーバチドゥは危ないです。


ムカエダスタイルが限界

というわけで今回は以前のムカエダスタイルが限界でした!

阿寒湖1

読者のみなさま、釧路編いかがだったでしょうか?

海外もいいですが、日本は四季もあって北は冬景色、南は南国ですから、

旅行先として見どころ多く、魅力的な国だと思います。

まだ冬の釧路や道東を楽しめる季節ですので、十分に感染状況を調べた上でご旅行ください。

どうもありがとうございました!

ボス?


どうしますか ボス?

ボス?





関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 北海道

2021/12/31(金)

Welcome to Las Vegas!

Welcome to Las Vegas!



ラスベガス地図

ラスベガスにやってきました。

※ この旅行もコロナ前の話になります。

合衆国州別
ネバダ州地図

ラスベガス(Las Vegas)は、アメリカ合衆国のネバダ州南部にある都市。同州最大にしてアメリカ合衆国西部有数の世界都市です。

ラスベガスにやってきました。

読者のみなさま、今回もどうぞよろしくお願いいたします。

Welcome_to_Fabulous_Las_Vegas

タルタルーガの後ろに見えるのは「WELCOME TO FABULOUS LAS VEGAS SIGN」という有名な看板で、

映画、アメリカのドラマ、日本のバラエティ番組や旅番組などのラスベガスのシーンでは必ずと言って良いほど登場する有名な看板です。

並んでる

ラスベガスの町の入口に建っているので中心からちょっと離れてますが、夕方あたりでもこの通りたくさんの観光客が並んで撮影を楽しんでいます。

ラスベガス・ストリップ)

アメリカ有数の観光地であるラスベガスの主要産業はカジノで、中心のラスベガス・ストリップ沿いにはカジノが併設されたホテルが立ち並んでいます。

ラスベガス・ストリップ夜
(夜のラスベガス・ストリップ)


ホテルフラミンゴ

ラスベガスはホテルの激戦地でもあり、コンベンション(大規模展示会)やスポーツイベント、ライブショーが行われることもあって多くの大きなホテルがあります。

ニューヨーク・ニューヨーク

ホテルも実に個性的でニューヨークの都市をイメージしたホテル「ニューヨーク・ニューヨーク」や、

パリス・ラスベガス

エッフェル塔が敷地にある「パリス・ラスベガス」、

ルクソール

古代エジプトをイメージした「ルクソール・ホテル」なんかがあります。

ギラギラ
ギラギラ2
ギラギラしています

夜のラスベガスは実にギラギラしています。

タルタルーガ、ラスベガスのホテルには様々なアトラクションがありますが、今回はこちらに行ってきました。

ミラージュ

ここホテル「ザ・ミラージュ」では無料アトラクションの火山ショー(The Volcano)が毎晩行われています。

この日も多くの観光客が来ています。

しばらく待つと。


・・・・・。

火山ショー1

ドカーン!!!

火山ショー2

おおお!

火山ショー3

中々の迫力!観客から歓声が沸きます!

これが無料というのはさすがラスベガスです。

ベラージオ・ラスベガス

続いて向かったのがこちら「ベラージオ・ラスベガス」。

ここは光と噴水のショーが見れるということで有名です。

ここも観光客でいっぱいです。


再びしばらく待つと。

光と噴水のショー1
光と噴水のショー2

・・・・・。

光と噴水のショー3
光と噴水のショー4

プシュー!!!

光と噴水のショー5

シュボボボー!!!!!

おおおお!

これもすごい!

光と噴水のショー6

町自体がアミューズメントパークのようです。

これもまた無料というのすごいです。

さすがラスベガスですね!


In-N-Out Burger入口

ちなみにこの日の夕食はこちら。

In-N-Out Burger

In-N-Out Burger(イン・アンド・アウト・バーガー)です。

アメリカと言ったらやっぱりハンバーガーですね!

In-N-Out Burgerはアメリカ南西部や中部で展開しているファストフードのチェーンストアです。

東海岸側では見かけないご当地のハンバーガーチェーンです。

店内

人気があるので、店内はこの通り人でごった返しています。

メニュー

バーガーメニューはハンバーガー、チーズバーガー、そして"Double-Double"と呼ばれるパティとチーズが二枚ずつ入ったチーズバーガーの3種類しかなく、それ以外は、フライドポテトと各種ドリンクだけという非常にシンプルなメニュー構成となっています。

タルタルーガ、今回はシンプルにハンバーガーとポテトのコンボセットにしました。

ハンバーガーとポテトのコンボセット

ハンバーガー来ました!

ハンバーガーを食べる

早速食べます!

美味い!ホームメイド感があっておいしいです。

ハンバーガー

ここでは注文を受けてから調理するため、出来たての物を食べられ、特にフライドポテトは店でカットした新鮮なものを提供しているそうです。

メニューは3種類ですが具材の追加などカスタマイズが出来るので自由度は高いようです。

パティたくさん

こんなにパティたくさんにしたり、

バンズ無しのバーガー

バンズ無しのバーガーのオーダーも出来たりします。

アメリカのバーガーチェーンはマクドナルドやバーガーキングが有名ですが、

アメリカ南西部に訪問の際には、ぜひIn-N-Out Burgerを食べに行ってみてください。

----------------------------------------------------------------

ラスベガスはエンターテイメントの街です。

空港のターンテーブル
(空港のターンテーブルにもたくさんの宣伝が)

各ホテルでは連日華やかなショーが催されています。

トラム乗り場

タルタルーガもショーを見るためにトラムに乗って向かいます。

MandalayBay tram

ラスベガス中心はコンパクトにまとまっていますが、車道は渋滞しているので、一部のホテル間にトラムが走っています。

mandalay bay las vegas.

マンダレイ・ベイ・リゾート アンド カジノ(Mandalay Bay Resort & Casino)に到着。

ロビー

ここマンダレイ・ベイ・リゾート アンド カジノの常設劇場では、

Michael Jackson ONE

シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Solei)の『マイケル・ジャクソン ワン(Michael Jackson ONE)』のステージが公演されています。

看板
チケット売り場

タルタルーガ、せっかくラスベガスに来たので、ショーを見ることにしました。

「ゼロ・クリミナル」の本物の衣装
ゼロ・クリミナル

ロビーにはマイケルジャクソンの「ゼロ・クリミナル」の本物の衣装が飾られたり、

スケール

いかにもマイケル気分にさせてくれるパネルなんかもあります。ポゥ!

劇場内
(劇場内)

ショーは開演後は撮影禁止なので、オフィシャルのトレイラーで感じてみてください。

Michael Jackson ONE | Official Preview



「まさに驚きのシーンのオンパレードだ」とローリングストーン誌から絶賛された『マイケル・ジャクソン ワン(Michael Jackson ONE)』は、アクロバットとダンスにビジュアル的要素もミックスされた衝撃的な作品。そこにはキング・オブ・ポップと称されたマイケル・ジャクソンのダイナミックなショーマンシップが反映されており、彼の名曲から生み出される世界に一瞬たりとも目が離せません。圧倒的な臨場感を生む最先端の音響システムからは、これまでとは一味も二味も印象が違う彼のメガヒットが放たれ、音とビジュアルのモンタージュが次々と展開されていきます。その中心にある舞台には、壮麗で、魅力的で、遊び心があり、どこか心温まる世界が創出されていきます。『マイケル・ジャクソン ワン』は、63 人のダンサーとパフォーマーによる躍動感に満ちたエネルギーを通じて彼の精神を感じ取ることができる作品でもあります。そこで大きな役割を果たしている空中パフォーマンスと豪快なアクロバット、そしてバイタリティーあふれる振り付けには、新たな試みへの仕掛けとして、都会的なヒップホップスタイルが取り入れられています。天才と謳われたキング・オブ・ポップであり、先見の明の持ち主であり、まさにオンリーワンな存在だったマイケル・ジャクソン。このショーからは、彼の残した作品と革新的な精神と伝説に対して心からの敬意が払われていることがはっきりとうかがえるでしょう。(ネバダ州観光局HP)



いや~凄い。タルタルーガ、正直なところマイケルジャクソンといえば晩年の奇行のイメージが強くてそれほど興味が無かったのですが、

今回ショーを見てすっかり好きになってしまいました。さすがKING OF POPですね。

迫力のステージ

パフォーマンスも超一流です。大満足です。

ラスベガスではここマンダレイ・ベイ以外のホテルでもシルク・ドゥ・ソレイユのいろいろなショーが開催されています。

"O" (オー) by Cirque du Soleil | Official Preview


KÀ(カー) by Cirque du Soleil | Official Preview


さらに言うとシルク・ドゥ・ソレイユの他にもタイミングがよければ有名なアーティストのライブやボクシングやUFC(総合格闘技)なんかの大会もやっているので、イベントには飽きさせない街だと思います。

ぜひラスベガスに来たら華やかなエンタテイメントを楽しんでみましょう!

POW!

ポゥ!


-------------ここからカポエイラのお話-------------------

-ある朝-

-ある朝-

Good morning!

アメリカらしいモーテル

今回タルタルーガ、ラスベガスではいかにもアメリカらしいモーテルに宿泊していました。

コーヒーメーカー
自由に飲めます

アメリカのモーテルでは大体こんなコーヒーメーカーがあって、自由に飲めます。

ダイナー
店内

この日は近所のアメリカンダイナーで朝食です。

アメリカンな朝食

パンケーキとオムレツを注文しました。アメリカらしい朝食です。

ラスベガスのカジノホテルは料金は週末にかけて値上がりするので、たまにはこんなモーテルに泊まるのも庶民的なアメリカを体験出来て楽しいと思います。

さて、ラスベガスを満喫しているタルタルーガでしたが、このブログはカポエイラのブログです。

美味しい朝食でお腹いっぱいになったところで今回もラスベガスのカポエイラ団体を訪問します!

道が広い

ラスベガスは元々は砂漠の真ん中に発展した都市でもあるので、ホテルエリアから離れると道も空も広いです。

SUNSET PARK

向かった先はこちらの場所。

SUNSET PARK 園内図
SUNSET PARK内

SUNSET PARKという大きな公園です。

飛行機が結構大きく見えます

公園はラスベガス・マッカラン国際空港の近くなので、飛行機が結構大きく見えます。

事前のコンタクトでは毎週日曜は公園でオープンホーダをやっているというので現地にやってきました。

というわけで、今回訪問した団体はこちら。

Capoeira Brazilian Pelourinho da Topazio

Capoeira Brazilian Pelourinho da Topazio - Las Vegas

URL: https://m.facebook.com/vegascapoeira


パリャッソことウェリントン・リマ

先生はこの方。パリャッソことウェリントン・リマ。

シルク・ドゥ・ソレイユのブラジル人パフォーマーです。

実はパリャッソ先生、以前からカポエイラ・テンポと縁があって、過去にこのブログや竜太先生のブログにも登場しております。

来日中

「歓喜!!シルク・ドゥ・ソレイユからの喜びの刺客!!」
http://capoeiratempo.blog121.fc2.com/blog-entry-1358.html

「シルク・ドゥ・ソレイユとうち(カポエィラ・テンポ)の関係…彼が来日する!」
https://ameblo.jp/lyuuta/entry-11466163720.html

しかも個人のwikipediaあるんですね。
https://en.wikipedia.org/wiki/Wellington_Lima

彼がラスベガスにいるとは聞いていたので、せっかくなので訪問することにした訳ですね。

パリャッソと

一応タルタルーガも日本では何度か会ったことはあるので覚えてくれていたようです。

Ligeirinho(竜太先生)は元気かい?と言ってましたね。

こういう縁がで繋がっているのはカポエイラの面白いところですね。

彼の生徒や他団体のカポエイリスタもやってきました。

彼の生徒や他団体のカポエイリスタもやってきました。

ホーダは日曜の朝の公園ということもあって、のんびりな感じです。

日向は直射日光がすごいので、木陰でホーダです!

青空ジョーゴ

ホーダは日曜の朝の公園ということもあって、のんびりな感じです。

皆さん楽しんでいます。

皆さん楽しんでいます。

タルタルーガもラスベガスでジョーゴです!

タルタルーガもラスベガスでジョーゴに参加します!

ラスベガスでジョーゴ2
ラスベガスでジョーゴ3

快晴の日のジョーゴは楽しいですね!

パリャッソとジョーゴ!

パリャッソとジョーゴ!

パリャッソとジョーゴ1
パリャッソとジョーゴ2
パリャッソとジョーゴ3

さすがにラスベガスではショーにもでているので、本気モードではありませんが、

所々厳しい攻撃が入ります。

パリャッソとジョーゴ4
パリャッソとジョーゴ5
パリャッソとジョーゴ6

Topazioという団体はブラジルではガチガチに攻撃的な団体なので攻めも厳しいです。

来日中のホーダで

初めて彼を見たのはまだビジター生徒の時でしたが、ものすごいアクロバットや容赦ない攻めにはカポエイラ、ヤバい!!と思いましたね。

それほど衝撃的でした。

アクロバット

カポエイラをやっているとこんな超人に出会ったりするんですよ。読者のみなさま。

最後は早くなります1
激しくなります

最後はジョーゴも激しく早くなります!

ホーダジガンチ
アウーバチドゥ ラスベガス

こんな感じでこの日のホーダは終了!日曜の朝にいい運動でした。

終わった後はビリンバウを練習

終わった後はビリンバウを練習したりしてます。

いいですよね。こういうの。

いいですよね。こういうの。

バチザード2021

この話はコロナ前の話ですが、パリャッソ自身はラスベガスでカポエイラ指導もやっていて、

今年もバチザードを開催したようです。

コロナが落ち着いたらまた日本で暴れて欲しいですね!

というわけで、

VIVA! Capoeira Brazilian Pelourinho da Topazio - Las Vegas!


VIVA! Capoeira Brazilian Pelourinho da Topazio - Las Vegas!

---------------------------------------------------

さて、無事にラスベガスでのカポエイラを終えてきたタルタルーガでしたが、

もう一つやることを忘れてますね。



そう、ラスベガスといえば・・・



CASHINO!


CASHINO!

カジノですね。

ラスベガスのカジノは24時間営業ですのでいつでもギャンブルすることが出来ます。

ブラックジャック・クラップス・ルーレット・バカラ・ポーカーといったテーブルゲームや、

スロットマシン・ビデオポーカーなどマシーンゲームがあります。

今回はとっつきやすいスロットマシンをすることにしました。

今回はとっつきやすいスロットマシンをすることにしました。


スロット!

とりあえずやってみます!スロット!


・・・・・・



タルタルーガ、フィーバー!


24.42ドル勝ちました!

24.42ドル勝ちました!(大体2,700円くらい)

ここから勝負!


スロット!

スロット!


・・・・・・。


・・・・・・・・・。



とりあえず終了。



さて、最終結果ですが、


・・・・・。



1.52ドルの勝ち!

1.52ドルの勝ち!(大体170円)



勝ちました!!!1.52ドル。


・・・・・・・。


こんなセコいギャンブルブログはあんまり見たことがありませんね。
(タルタルーガは普段全くギャンブルをやりません)


まあ、まったく面白さが伝わりませんでしたが、ラスベガスといえばカジノですから読者のみなさま、ラスベガスにきたらカジノで一発大儲けしましょう!

----------------------------------------------

ラスベガスでショーにカポエイラにカジノと楽しんだタルタルーガでしたが、

実は今回の旅行のメインはラスベガスではありません。

ラスベガスの郊外には8ヵ所の国立公園と16の国立モニュメントが点在しています。

Grand Circle

これらは「グランドサークル(Grand circle)」と言われ、アメリカの大自然や原風景を見ることが出来ます。

グランドサークル地図

今回はここがメインで、グランドサークルへのアクセスのためにラスベガスに来た感じですね。

グランドサークルへは沢山の現地ツアーが催行されているので、タルタルーガも参加してきました。

車でのツアー

グランドサークルへは公共交通機関はないので、車でのツアーになります。

車窓
車窓2

車窓はには荒涼な景色が広がります。

グランドサークル地図 セドナ

まず訪れたのはセドナという町です。

セドナに着きました
セドナ市街

セドナ(Sedona)は、アメリカ合衆国アリゾナ州中北部にある町で個性的な形をした赤い砂岩の岩山に囲まれた場所にあります。

赤い砂岩の岩山に囲まれた場所
パワースポットの町

パワースポットの町として知られ、ボルテックス(Vortex)がもたらすパワーがあるスピリチュアルな町として世界中から多くの観光客が訪れています。

ホーリークロス教会

さて、向かったこちらの建物は「ホーリークロス教会」。

教会は岩の上にあります
教会入口

教会は岩の上にあります。

ホーリークロス教会内部
(教会内部)

岩山に囲まれているがわかるのではないでしょうか

教会からみた景色にはセドナの自然が広がります。

教会からみた景色

天気は快晴、いい景色です。

展望エリアへ
展望エリア

続いて山の展望エリアへ。

素晴らしいパノラマビュー

素晴らしいパノラマビューです。

次回予告はここセドナの写真

ちなみに前回バリ編の最後に載せた次回予告はここセドナの写真です。

わかった方いましたでしょうか?

この場所にもボルテックスがあると言われているそうなので、タルタルーガもボルテックスを感じようと思います。

DSC00533 (2)

ハッ!


・・・・。

・・・・・・・。

Vortex-Yoga1

実はセドナは大地からのエネルギーを感じるとかで、ヨガのレッスンをやっているのでも有名です。

Vortex-Yoga2

検索するとたくさんのヨガの写真が出てきます。

というわけでタルタルーガ、ヨガのポーズでボルテックスを感じてみました。

ヨガクラス1

ちなみにカポエイラ・テンポでは青帯pintaタチカワさんが月1でヨガクラスをやっています。

タチカワさん.
↑タチカワさん

ヨガクラス2

興味のある方はぜひどうぞ。

このポーズ合ってますか?

で、このポーズ合ってますか?タチカワさん。


・・・・・・。


--------------------------------------------

-翌朝-

グランドサークル地図 -グランドキャニオン

セドナでボルテックスを多分感じてきたタルタルーガですが、翌朝グランドキャニオンへ向かいます。

グランドキャニオン 地形図

グランド・キャニオン(Grand Canyon)はアリゾナ州北部にある峡谷で、コロラド高原が長年のコロラド川による浸食作用で削り出された地形です。

グランド・キャニオン国立公園として1979年に世界遺産に登録されています。

早朝にアタック

グランドキャニオンへはラスベガスから日帰りで訪れることも可能なのですが、今回のツアーは明け方の峡谷を見に行くので、

早朝にアタックすることにしました。

展望エリアに到着

展望エリアに到着。

寒い!

寒い!

訪問時は9月半ばでしたが、グランドキャニオンは標高が高いために朝晩の寒暖差が激しいです。

日が出てきました
日が出てきました2

だんだんと日が出てきました。

グランドキャニオン1

この通り雄大な景色が広がります。

グランドキャニオン2

グランドキャニオンの起源は今から7000万年前、この一帯の広い地域がカイバブ・アップリフトとよばれる地殻変動により隆起したことに始まり、約4000万年前コロラド川による浸食が始まる。

峡谷は500万年前にほぼその全容を現し、現在見られるような峡谷になったのは、約200万年前で、今もなお、浸食は続いているようです。

グランドキャニオン3

アメリカの大自然を感じますね。グランドキャニオンは期待を裏切らないと思うので、ぜひ読者のみなさまも訪問ください。

グランドキャニオンパノラマビュー1
グランドキャニオンパノラマビュー2

--------------------------------------------

ツアーはもう少しだけ続きます。

グランドサークル地図 -アンテロープキャニオン

次にアンテロープ・キャニオンを訪問します。

アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)はアリゾナ州ページ(Page, Arizona)近郊の、ナバホ族の土地に位置する渓谷です。

ちなみにナバホ族(Navajo)はアメリカの南西部に先住するインディアン部族で、

Navajo Nation

アリゾナ州北東部・ユタ州南東部とニューメキシコ州北西部の3つの州にまたがって位置するナバホ・ネイション(ナバホ語: Naabeehó Bináhásdzo, 英語 Navajo Nation)という準自治領を領有しています。

Navajo flag
(ナバホ準自治領旗)

アメリカ国内に州以外に自治領があるのは知らない人も多いのではないでしょうか。

アンテロープ・キャニオン
渓谷に行きます

受付して、渓谷に入ります。

渓谷に入ります
渓谷に入ります3

アンテロープ・キャニオンは2つの岩層から成り、

浸食された地層に太陽光が当たることで独特なウェーブを見ることが出来ます。

独特なウェーブ
独特なウェーブ

写真撮影の人気スポットです。

幻想的な写真が撮れたりもします

この通り幻想的な写真が撮れたりもします。

非常に面白い浸食された地層に太陽光が当たるです

実は肉眼で見るよりも写真のほうがよりウェーブがはっきりします。

これはこれで非常に面白いです。

写真のほうがよりウェーブがはっきりします

インスタのネタに詰まったらぜひアンテロープ・キャニオンに行ってみましょう(笑)。

-------------------------------------------

グランドサークルの最後に紹介するのはモニュメントバレーです。

グランドサークル地図 -モニュメントバレー

モニュメント・バレー(Monument Valley)は、ユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて広がる地域一帯の名称で、

メサといわれるテーブル形の台地や、さらに浸食が進んだ岩山ビュートが点在し、あたかも記念碑(モニュメント)が並んでいるような景観を示していることからこの名がつきました。

モニュメント・バレー

どうですか!この壮大な大自然。まさにアメリカの原風景ではないでしょうか。

まさに西部劇の舞台です。

モニュメント・バレーは映画やCMなど多くの撮影地として使われているので見たことあるかもしれませんね。

荒れ地が広がる世界は、まさに西部劇の舞台です。

キューブ
多くの観光客が訪れてます

ナバホ族の聖地とも呼ばれ有名な観光地として多くの観光客が訪れてます。

モニュメントバレーに一番行きたかったので、タルタルーガ大興奮です。

今回の旅行では、モニュメントバレーに一番行きたかったのでタルタルーガ大興奮です。

ビュート


以上でグランドサークルのツアーは終わりです。いやー楽しかった!

やっぱりアメリカの大自然は壮大ですね!

グランドサークルは他にも見どころは沢山あるので、ラスベガス+グランドサークルの組み合わせは都市と自然両方楽しめると思います。

読者のみなさまもぜひグランドサークルへ!


-----------------------------------------------------------------

「ラスベガス・マッカラン国際空港」
(ラスベガス・マッカラン国際空港)

空港にもスロットマシンがあります
(空港の出発ゲート前にもスロットマシンがあります。さすがラスベガス!)

ラスベガスとグランドサークルを満喫したタルタルーガでしたが、

今回の旅行はここだけではありません。

サンフランシスコへ

ラスベガスからサンフランシスコに飛びます!

読者のみなさま、次回サンフランシスコ編でお会いしましょう。

サウスウエスト航空

-------------------------------------------------------

さて、2021年の外国でカポエイラシリーズはこれで最後になります。

みなさま2021年はいかがだったでしょうか?

コロナは多少落ち着きましたが、マスクの生活もまさか2年以上続くとは思いませんでした。

個人的には公私共に環境の変化もあって、とにかく忙しく落ち着かない感じでした。

まだ海外へは行けず、練習参加も以前より減ってしまいましたが、

ブログのストックがまだあるので(苦笑)、来年も少しずつ消化していこうと思います。

2022年もまたよろしくお願いします!



See you next year!

See you next year!

関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ アメリカ ラスベガス

2021/11/11(木)
 私は今年で四回目のバチザードで、黄帯を取りました。
私にとって黄帯は特別な帯です。
なぜなら、私がメンバーになったばかりの時に、今の中学生メンバーたちが黄帯をつけていて、歌や楽器、技がとても上手だったので、私もいつか取れるようになりたいな、と思っていたからです。

 黄帯のか題で一番大変だったのは、パンデイロのヘピーキで長い歌を三曲歌うことでした。
まず、三曲も歌うことが出来なかったので、先ぱいが歌詞をかしてくれたり、三曲続けて歌うコツを教えてくれました。
パンデイロのヘピーキは空いている時間で練習をしました。
難しかったけど、これが黄帯のレベルなんだな、と思いながらがんばって練習しました。

 その他にも、ビリンバウのイウーナは大人メンバーの人に教えてもらってひけるようになったし、バク転やそくちゅうも先ぱいが見てくれました。

 帯なしの時から毎年いっしょに帯を取ってきた同きのメンバーと二人で、楽器やバチザードでひろうするセクエンスィアの自主練もしました。

 今回、色々な人がきょう力してくれて本当にうれしかったです。
ありがとうございました。
そして、今度は私が誰かの目ひょうになれるように、これからももっと練習をがんばりたいです。

PA311288.jpg

PA311538.jpg

PA311562.jpg

PA311606.jpg

20211031monami11.jpg

202111031monami12.jpg
関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ こども 子供 小学生 ダンス アクロバット

2021/10/02(土)
バリ上空
バリ島へ

TARTARUGA in Bali!

TARTARUGA in Bali!

タルタルーガ、バリ島にやってきました。

※ この旅行もコロナ前の話になります。

就航記念プロモーション

この頃エアアジアが成田-デンパサール(バリ)直行便を新規就航していて、

お得なプロモーション価格の航空券をゲットしたので初めてバリ島にやってきました。
(残念ながら不採算で、その後この路線は撤退)

バリの日記と言えば、以前黄帯の西村Caranguejoさんがこのブログ内に書いていて、

自身初めての「外国でカポエィラ」をした話が、当時とても評判の良かった日記です。(西村さん元気してますか?)

「Surf Trip in Bali & カポエィラ」

西村さんの日記→ 「Surf Trip in Bali & カポエィラ」


今回のレポートは西村さんの前作をオマージュして、タルタルーガ的にフィーチャーした本人未公認の正統続編です。

読者のみなさま、今回もどうぞよろしくお願いいたします。



・・・・・・・・・。


Bali

バリ島(インドネシア語: Pulau Bali)は、東南アジアのインドネシア共和国バリ州に属する島です。州都はデンパサール。

バリ島位置

首都ジャカルタがあるジャワ島のすぐ東側に位置し、面積5,633km2、2019年の島内人口は約436.2万人となっています。

バリ・ヒンドゥーが根ざした地域として知られます。

訪問した時期はちょうど「ガルンガン(Galungan)」という、バリ島の祭礼日の期間で、

島内の各々の家の前にはペンジョール(Penjor)という七夕の竹飾りにも似た、竹の飾り付けが立てられます。

ペンジョール

ガルンガンとは210日ごとに巡ってくるバリの祭礼日で、世の中の善(ダルマ)の悪(アダルマ)に対する勝利を記念する祝日と言われており、

各家の家寺や村の寺院に天上界の神々や自然霊、祖先霊が降り立ち、人々は供物でもてなし、祈りを捧げます。

お供え

祖先霊が各家庭に帰ってくる事から日本のお盆のような宗教行事と言われる事もあります。

ペンジョール立ち並ぶ姿はとてもバリらしく画になります

街中にペンジョール立ち並ぶ姿はとてもバリらしく画になります。いい時期に来ました。


バリ島はインドネシアの観光地の中では圧倒的な人気を誇っていて、みなさんも観光についてはインドネシア=バリみたいなイメージなのではないでしょうか。

南部リゾートエリアに集中

バリ島のメインの観光エリアは主に空港やサーフポイントのある南部に集中していますが、島内には高原や火山湖といった景勝地に、神秘的な遺跡も点在しています。

西村さんはバリ島にサーフィンをしに来ましたが、タルタルーガは今回マリンアクティビティはやっていないので、

パート2ではいつものタルタルーガ的な観光紹介をしたいと思います!

タナロット寺院へ

まず最初に紹介するこちらは「タナロット寺院」です。

タナロット寺院(インドネシア語:Pura Luhur Tanah Lot)はバリ島中西部の海岸にある寺院でバリ六大寺院の一つとなっています。

寺院入口

入口の割れ門(Candi Bentar)はバリ島で神聖な存在であるアグン山を連想させることから、邪気を寄せ付けない門で山を割った形になっています。割れ門はバリの至るところで見かけることが出来ます。

タナロット寺院内

中に入ると向こうはもう海です。

タナロット寺院をバックに

タルタルーガのバックに見えるのがタナロット寺院です。

タナロット寺院全景

青い空に海が映えますね。

タナロット寺院横から

海に面したその姿がとてもいい感じで、実にバリらしい画になります。

干潮時には陸続き

ヒンドゥー教徒以外は寺院には入れませんが、干潮時には陸続きとなり歩いて渡ることができます。

タナロット夕暮れ時

夕暮れ時には美しいシルエットのサンセット見に多くの観光客が訪れる人気スポットです。

バリと言えばまずは海ですからこのコントラストはとても良いです。

バリに来たらマストで行ってほしい場所ですね!


島内部に入ったこちら

続いて島内部に入ったこちら。

コーヒーハウス入口
Kampung kopi

ここはコーヒー農園経営のコーヒーハウスです。

バリ島では主に北部の高原地方でのコーヒー生産がされていて、バリコーヒーとして出荷されています。

売り場

島内には農園経営のコーヒーハウスが点在していて、そこでは観光客向けにコーヒーの紹介と販売を行っています。

バリコーヒーや紅茶を試飲させてくれます
試飲

中ではバリコーヒーや紅茶を試飲させてくれます。

ここでの目玉は「コピ・ルアック(インドネシア語:Kopi Luwak)」です。

Luwak

コピ・ルアックはジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことで、「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアック」はマレージャコウネコの現地での呼び名です。

コーヒー生産の説明

独特の香りを持ったコピ・ルアックは、産出量が少ないその希少性により、高額で取り引きをされています。

ここでは実際にルアックを飼っていて、工程の説明や実際にコピ・ルアックを飲むことができます。

園内
ルアックを飼っています
ルアック

「糞から採られる未消化のコーヒー豆」の時点でインパクトが強いですが、スタッフさんの話だとルアックは美味しいコーヒー豆しか食べないので、

バリらしい服装
コーヒー
コーヒーの説明

出てくるものは必然的に美味しいコーヒーだとの事です。なるほど。

メニュー

というわけで、タルタルーガも注文してみました。現地相場としても値段は高めです。

コピ・ルアック来ました!

来ました!

コピ・ルアックを淹れる

スタッフさんが淹れてくれます

コピ・ルアック

早速飲みます。・・・・・。ちょっと酸味が強い感じですが、まあ飲めます。

美味い!って感じではないですが、これはこれで面白い経験ができましたので、バリ島に来た際はどうぞ。

----------------------------------------------------------------

道すがら
車内から

タルタルーガ、バリ島内を移動している道すがら、車内から気になる行列を見かけました。

行列を見かけました。
行列

先に説明した通り、このガルンガンの時期はバリの人々は民族衣装を身に付け、綺麗に飾り付けられたお寺に参拝に行くようで、

一行

普段とは違った賑やかな街並みを楽しむことが出来ます。

一行2

インドネシアの宗教は87%がイスラム教なので、ヒンドゥー教は約2%。その内の多くがバリで暮らしてます。

タルタルーガは既に東南アジア各地行っていますし、インドネシアも3回目ですが、

バリ・ヒンドゥーの世界観が根付くこの島の独特な雰囲気

バリ・ヒンドゥーの世界観が根付くこの島の独特な雰囲気はとても興味深く面白いです。

繰り返しますが、本当にいい時期に来ました。



ウブドの位置

さて、次に訪問したのはバリ島内部では人気の観光地ウブドから8キロほど北上したところにあるこちらの場所。

ウブド中心
(ウブド中心エリア)

テガララン・ライステラスへ

「テガララン・ライステラス(Tegallalang Rice Terrace)」です。

テガララン・ライステラス

テガラランは北から南に流れるトゥンガン川やマス川に削られた南北に細長い舌状台地にあり、川沿いに作られた棚田(ライステラス)の風景が特に有名です。

この棚田を見るために多くの観光客が訪れます。

カフェが並ぶ

棚田反対側にはカフェやお土産屋が並び、棚田を見ながら食事やお茶をしたりとのんびりできます。

タルタルーガもここで一休み。

タルタルーガもここで一休み。

棚田内部
きれいな棚田

いやー美しい緑の眺めです。きれいな棚田が連なっております。

インドネシアでは米(nasi)は主食の一つですから、米作が盛んなんですね。インドネシア人の米の消費量は日本人以上だそうです。

ナシゴレン
(定番のナシゴレン)

棚田ルーガ

バリ島には他にも「ジャティルイ」という世界遺産にもなったライステラスがあるのですが、結構遠いため、アクセスしやすいテガラランはおススメです。

美しい棚田

ぜひ美しい棚田を見ながらのんびりしてみましょう。

テガラランで一息ついた後、タルタルーガさらにその先に進みます。

ティルタ・ウンプル寺院へ

テガラランからさらに北上したところにある「ティルタ・ウンプル寺院(インドネシア語: Pura Tirta Empul)」へ向かいます。

ティルタ・ウンプル寺院入口
(寺院入口)

ティルタ・ウンプル寺院はバリのワルマデワ王朝(10~14世紀)に建設された寺院で、バリ島内に数ある寺院の中でも由緒あるところです。

サロンは入り口でレンタルすることが出来ます

寺院は聖なる場所でもあるので、半ズボンなど露出が多い服装の場合は入場の際にはサロン(腰布)を巻いて入ります。

サロン

サロンは入り口でレンタルすることが出来ますので、タルタルーガもレンタルして身に付けます。

どうですか、似合ってますか?

どうですか、似合ってますか?

民族衣装に着飾ったバリの人々1
民族衣装に着飾ったバリの人々

ここもガルンガンの時期のためか、多くの民族衣装に着飾ったバリの人々がいます。

寺院内を練り歩く集団1
寺院内を練り歩く集団2

楽器を鳴らしながら寺院内を練り歩いています。

寺院内を練り歩く集団3
寺院内を練り歩く集団4

集団のその姿は実に煌びやかです。

割れ門

では、寺院の中に入ってみましょう。

寺院内部

ティルタ・ウンプル寺院は泉から聖水が豊富に湧き出る「聖水の寺院」として知られ、沐浴場としてバリ人にも観光客にも有名です。

沐浴は「ムルカット」といって、バリ・ヒンドゥー教徒にとって心身の浄化のために様々な場面で行われます。

沐浴場に着きました

沐浴場に着きました。

沐浴1

見てのとおり多くの人々が沐浴を行っています。

沐浴2

これは壮観です!

沐浴3

写真では伝わりにくいですが、水の音と人の声や熱気には外から見てもすごいエネルギーを感じます。

また『プジャティ』と呼ばれるお供え物のカラフルさも目を引きます。

沐浴4

これはバリでしか見れない光景かと思います。

寺院に沸く泉

「ティルタエンプル寺院」の名前にあるティルタは「水」を、エンプルは「聖なる」という意味を表していて、

伝説によるとこの寺院に沸く泉は、魔王マヤ・ダナワと戦った神インドラが杖で大地突き不老不死の水を沸きださせた泉と伝えられています。

泉

この泉から沸く聖水は、伝説にもあるように不老不死・無病息災の力があると信じられているそうです。

バリ様式の門

この島に来てから感じるのはバリの人々と神々との関係が日常に生きていることですね。

お祈りする人たち

人々は信心深く、その世界観で日々生きています。

いい写真バリ

読者のみなさま、ぜひバリへ、バリ・ヒンドゥーの世界を感じてみてください!


-------------ここからカポエイラのお話-------------------

「Surf Trip in Bali & カポエィラ」パート2も当然バリでカポエイラをやります。

タルタルーガ、今日の練習場所に向かいます。

クロボカン

練習場所はバリ島南部にあるリゾートエリア、クロボカン (Kerobokan)にあるこちらの建物の2階です。

こちらの建物

入口
(入口)

パート1で西村さんが訪問したところと同じ場所です

というか、パート1で西村さんが訪問したところと同じ場所です。

西村さんは中に入るのにかなり緊張した模様でしたが、

タルタルーガも各国様々な団体を訪ねていますが、やはり中に入るときはいつも緊張しますね。

外国でカポエイラシリーズではよくあるんですが、早めに行ったら誰もいない。とかは定番です。

あと、西村さんみたいに連絡が当日まで来ないとかも普通です(全く来ないこともよくある)。


というわけで、今回訪問した団体はこちら。


Zungu Capoeira Bali

Escola Cultural Zungu Capoeira Bali

URL: https://www.capoeirabali.com

Zungu Capoeiraのバリ支部です。 

Zungu Capoeiraはブラジル人「Mestre Cacá」がサンパウロで師事する団体で、バリ以外にもインドネシア各地に拠点を持っています。

Mestre Cacá
(Mestre Cacá)

Zungu Capoeiraと言えば、去年レポートしたジョハンさんのスラバヤ支部に続いての登場になりますね。


スラバヤ編
スラバヤ編) 

ここバリの先生はインドネシア人カポエイリスタNoko。

Noko
(Inst.Noko)

彼はジャワ島出身で、元々はジャワ島の団体でカポエイラを学び、2006年にバリに移住して2007年にバリに初のカポエイラ団体を立ち上げたそうです。


内部

中はこんな感じで、普段はヨガやダンスのスタジオとして使われています。

この日の参加人数はタルタルーガ含めて6人。

インドネシア人と、フランス人1名と日本からタルタルーガです。

ガルンガンのため実家に帰っている人も多く、普段よりも参加者が少ないそうです。

バリはインドネシアでも一大観光地ですから、島外からも多くのインドネシア人が仕事で来ているそうです。

さあ、パート2ではタルタルーガがバリで頑張ります!

この日の練習は主に二人組で行いました。

カベサーダへのブロック
チゾーラ

床の動きからアウーでカベサーダの対応や、チゾーラなどでした。

NOKO説明

Noko先生の実演説明。上手いです。

面白かった練習は二人組で向かい合ってしゃがみ、

一人が手の平に石を持って

一人が手の平に石を持って、

もう一人がアウーフェッシャードをしながら石を取る

もう一人がアウーフェッシャードをしながら石を取るというもの。

これが中々難しく体に効きます。

全体的に動きはじっくりとした感じの練習が多かったですね。

このあたりは慣れないので、キツイですが面白かったです。

最後はみんなでジョーゴです!

最後はみんなでジョーゴです!

バリでもジョーゴ
初めは床をメインに使ったゆっくり目のジョーゴです。

初めは床をメインに使ったゆっくり目のジョーゴです。

タルタルーガ割って入ります!

タルタルーガも割って入ります!

コンパッソ
柔軟に避け

器用に避けます。皆さん上手いです。

チゾーラの体制
チゾーラ

この日やったチゾーラ!

バリジョーゴ
得意のバナネイラからの攻撃!

近距離をキープしながら引き付けて得意のバナネイラからの攻撃!

床の動き
アウー入りの
所々魅せます!

タルタルーガ、所々魅せます!!

夜とはいえ室内はバリの熱気がこもります。


フランス人の彼とジョーゴ

フランス人の彼とジョーゴ!

フランス人の彼とジョーゴ2

聞くと彼はカポエイラ自体はフランスで習っていて、今は旅行者として1年近くアジアを旅行する予定で、その途中でバリにいるそうです。

この後も各地でカポエイラをしていくつもりだと言ってました。

この後も各地でカポエイラをしていくつもりだと言ってました。いい生き方だなあ!


さらにジョーゴ
最後は早いリズムのジョーゴでガンガンいきます!

タルタルーガ、最後は早いリズムのジョーゴでガンガンいきます!

避ける
ホーダジガンチ
バナネイラ バリ
ハステイラ!

パート2はこんな感じで練習終了!タルタルーガもバリでもいい経験ができました。

バリは世界的な観光地のため外国人旅行者や移住者も多く、受け入れてくれる土壌が出来ていますので、

外国でカポエイラをしやすい場所ではないかと思います。実際に多くの外国人が来ているそうです。

Zungu Capoeiraもインドネシアのイベントはバリで行っています。

今回もパート1に続いて、

"Can I have a group photo?"

ということで、


Zungu Capoeira Bali Suksma!

Escola Cultural Zungu Capoeira Bali 

Suksma!


-------------------------------------------

さて、読者のみなさま、無事にパート2でもタルタルーガがバリでカポエイラしてきたところで今回もラストになります。

タマンアユン寺院へ

タルタルーガ、バリ島中西部ムングゥイにある世界遺産「タマンアユン寺院(Pura Taman Ayun)」を訪問しました。

タマンアユン寺院入口

この寺院は、かつてこの地にあったムングゥイ王国の国寺として1634年に建てられ、バリ島で2番目に大きな寺院です。

寺院の周囲はお堀がめぐらされ
美しい芝生が広がっています

タマンアユンとは美しい庭園という意味で、寺院の周囲はお堀がめぐらされ、寺院内は美しい芝生が広がっています。

境内周囲

原則的に異教徒は寺院の中には入れませんが、境内周囲を取り囲むように遊歩道が造られ、一般の観光客も遊歩道から境内を見物することができます。

メルが並ぶ

この寺院の最大の特徴として、境内に「メル」と呼ばれる多重塔が10基も立ち並んでいることです。

メル

メルは霊峰アグン山を模しているとも言われ、山の精霊が祭られています。

メルとタルタルーガ

整然と並ぶメルの姿は神秘的ですね。

バリ・ヒンドゥの神々の世界観が生きるこの島の独特の空気は、長年多くの旅行者を引きつけています。

新庄

元野球選手の新庄剛志もCM撮影で来たバリが気に入って即断で移住したのも分かる気がしますね。

野球なんかマジバイト

--------------------------------------------------------

サヌールの路地

さて、読者のみなさま、「Surf Trip in Bali & カポエィラ パート2 」いかがだったでしょうか?

いつものタルタルーガの日記じゃねーか!というツッコミは勘弁していただくところで、

普段は大体が初めての場所や団体を訪問することが多いので、先人に続いてレポートをするというのは面白かったですね。

黄帯のイソガイさんがこの団体を訪問しています

ちなみにその後、黄帯のイソガイさんがこの団体を訪問しています。

イソガイさんは元々サーフィンでバリによく行っているので、コロナが収まったらまた訪問してくれると思います。(パート3あるかな?)

フランジパニ

今回紹介したのはバリのほんの一部分です。この島の魅力は底知らずなのでコロナが収まってきたら、

ぜひ読者のみなさまも神々の住む島バリへ!

------------------------------------------------------

ああ、そうだ。

今年も気づいたら10月になっていました。残り3か月ですが、まだブログのストックがあるので(苦笑)、

年内また作成を頑張ろうかと。

ちょっとプレッシャーをかけるために久々に次回の予告をしようと思います。

次回の「外国でカポエイラ」の舞台は・・・・・・・

































U・S・A!



・S・



U・S・A!!

自由の国アメリカです。北米だと以前カナダのバンクーバーに行った時の話は書きましたが、アメリカは初登場になります。

50州もあって広大です

アメリカといっても50州もあって広大ですからね、一体どこが舞台なのでしょうか?また次回お会いしましょう!



アウーバチドゥ バリスタイル

Sampai nanti!



関連記事

タグ : カポエィラ カポエイラ カポエラ 海外 バリ インドネシア

 | Copyright © みんなのカポエィラ・テンポブログ(東京) All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド